DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »高速バス
このページの記事一覧

週末日記 2014年2月22日~2月23日  

2014年2月22日(

週末に入る前に以前から言っていたWindowsXPマシンであるKawachiPC6号機の代替となるノートPCを購入しました。

メーカー公式の通販サイトでカスタマイズ出来るモデルを購入したのですが、納期の都合と当方の都合で3月1日に手元に届きます。
何処モデルなのかはやその理由は届いたときにここで書きますが、一応Windows8.1マシンで国内メーカー品とだけ言っておきます。



2014年2月23日(

今度の週末に届くノートPCの準備に向けて梅田へ出向くついでにおおさか東線の工事見聞。
この日来たのは前日の2月22日の深夜から2月23日の早朝にかけて学研都市線鴫野~放出で切替工事が実施された事を受けて。

まずは鴫野駅。
近いうちにエレベータの供用が開始されるのか?囲いが撤去されて新高架橋側のエレベータが見られるようになりました。

20140223_shigino-01.jpg

そして下り京橋方面ホームと新高架橋側との間に仮設の通路が設けられていました。

20140223_shigino-02.jpg
20140223_shigino-03.jpg

放出へ移動して切替箇所の確認。

20140223_hanaten-01.jpg
20140223_hanaten-02.jpg

切替箇所は放出大橋の西側から平野川放水路の橋梁の東側までで、踏切道を立体交差化させるための工事ですが、今回の切替で立体交差化は完了。
あとは旧上り線の撤去と2線分の構築が行われます。

20140223_hanaten-03.jpg
20140223_hanaten-04.jpg

平野川放水路には新しい橋梁が架けられました。

20140223_hanaten-05.jpg
20140223_hanaten-06.jpg
20140223_hanaten-07.jpg

梅田で買物を済ませた帰りに大阪駅JR高速バスターミナルを見聞。

20140223_umeda-01.jpg

あるフォロアーさんのツイートに端を発したことによる一部の方々が大騒ぎした高速バス運休騒動に関連して、実態はどうなのかを競合他社の高速バスを見聞してきた次第。

20140223_umeda-02.jpg

実際の感想は裏ブログに書くとして、ざっくりとした見立てでは「需要がある云々は関係無しに競合が激しくて新規参入には厳しい」と言ったところでしょう。
スポンサーサイト

category: 日記

tag: JR西日本  おおさか東線  鉄道工事  駅改良工事  高速バス   
tb: 0   cm: 0

2011年5月5日 筑肥の城を巡る旅33 高速バス「からつ号」で唐津へ  

WG後半遠征最終日は福岡県を飛び出し、佐賀県の東松浦半島にある唐津城と名護屋城を巡ります。

午前中は唐津城へ登城するのですが、現地への公共交通機関のアクセスは鹿児島本線~長崎本線~唐津線を利用した鳥栖・佐賀経由のルート、福岡市営地下鉄空港線~筑肥線ルート、昭和自動車の高速バス「からつ号」の3つ。

鳥栖・佐賀経由は現実的な選択肢でもないので早々に選択肢から外され、筑肥線ルートは以前乗っている事からありますが、唐津駅から唐津城までは距離があるため、今回は「からつ号」で現地入りする事にしまし、その中でも唐津城入口まで乗入れる便を選択しました。

早朝、チョックアウトしてから一旦博多駅へ向かって鞄をコインロッカーに預けて、天神BCへ。
天神バスセンターは西鉄福岡駅も乗入れるソラリアターミナルビルの3階に位置するのですが、手ざまな建物に無理矢理入れているような感のある構造のため、地上・地下からバスターミナルのフロアまでのアクセスが外地から来るものには非常の不親切で、とにかく使い勝手が悪いと言う印象を受けます。

のりばに到達したタイミングに合わせるかのように「からつ号」が到着。
「からつ号」は唐津側が大手口BCを経由して終点が高島への渡船が発着する宝当桟橋までなのですが、駐車場と挟んだ対岸に位置しています。
しかし天神バスセンターを7:21に発車する便が唯一唐津城入口までダイレクトに乗入れていることから、これに合わせる形で行程を組んだわけです。

7割ほどの乗車率で天神BCを出発。
長いスロープを出て新川橋交差点から渡辺通りを北へ進み、博多港側にある天神出入口から福岡高速1号線に入り西へ進みます。

20110505_showa_bus-04.jpg

しばらく博多湾を望みながら進み。

20110505_showa_bus-05.jpg

やがて福岡高速5号線と重福JCT.で合流し西九州道に入ります。

20110505_showa_bus-01.jpg

西九州道は一部区間が未着手であるため、前原IC.西方にある前原暫定出口(東交差点) で途切れ、ここから国道202号線に入ります。

20110505_showa_bus-06.jpg

深江ランプから西九州道の暫定活用道路である二丈浜玉有料道路に入ります。

20110505_showa_bus-07.jpg

浜玉町浜交差点で唐津バイパスを西へ進み唐津大橋を渡り唐津市街地へ入ります。

20110505_showa_bus-08.jpg

唐津バイパスに突き当たりに当たる瀬田原交差点から国道204号線を北へ進み、和多田本村交差点から市道に入り和多田駅前を通過して東町交差点から国道204号線の旧道に入り唐津市の中心部へ進みます。

建替え中のため、暫定の停留所となっている大手口BCでごそっと降車が見られ、気付くと残っているのは私一人・・・。
三ノ丸跡に建つ唐津市役所の前を通過し、坊主町・北坊主町交差点経由で三ノ丸跡北側へ回り込み、そのまま市道を東進し、二の門跡(二の門交差点)を過ぎると北側に早稲田佐賀中学・高等学校が近づき、学校の前にある唐津城入口到着。

ここで降車。

20110505_showa_bus-02.jpg

ここからは唐津城へ登城してきます。

→次に続く。

category: 九州・沖縄地方遠征

tag: 昭和自動車  高速バス  からつ号 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2011年6月4日~6月5日  

2011年6月4日(

この日は午後の遅くに外出。
京阪で京都まで出てふらふらとしてきたのですが、道中は爆睡・・・。

20110604_jrwest_ec_287_0-01.jpg

大阪駅へ。
大阪ステーションシティはグランドオープンしましたが、駅の改良工事自体はまだ。

現状は橋上駅舎直下の工事が続けられて一部が姿を現してますが、ここの照明類はLEDを採用するようです。

20110604_osaka-01.jpg

また、ノースゲートビルディング1Fにバスターミナルが新設されてJRバス系の高速バスと阪急バス加島線、大阪市営バス(一部路線の降り場)がこの場所へ集約されました。

20110604_osaka-02.jpg
20110604_osaka-03.jpg
20110604_osaka-04.jpg

新設のバスターミナルについては動画撮影してますので詳細はこちらを参考に。



大阪駅北地区の再開発事業エリアの交通広場の様子。
まだ更地段階ですが背後のビル群の工事が順次着手されています。

20110604_osaka-05.jpg

ノースゲートビルディング2F出入口と立体駐車場を結ぶ通路は旧11番線ホームが保存される形で活用されています。

20110604_osaka-06.jpg

帰宅後は撮影した大阪駅JR高速バスターミナルの動画編集。
他のことをやりつつ片手間にやったので徹夜状態になってしまいました・・・汗。


2011年6月5日(

5日は14時過ぎまで爆睡。
起きてからは昼食の買い出しと散髪のため外出。

帰宅後は自宅の地デジ対応の準備でHDDレコーダーに溜めていたものをDVDへ移行作業に明け暮れてこの週末が過ぎてしまいました。

category: 日記

tag: JR西日本  駅改良工事  大阪駅  大阪ステーションシティ  大阪駅JRバスターミナル  高速バス 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2011年3月20日  

2011年3月20日(

20日は17日に開設されたばかりの高速バスの試乗もかねて京都へ。

東大阪市内ではおそらく初めてとなる高速バス「京都特急ニュースター号」は布施駅から京都駅を結ぶ高速バスで、地元に路線網を持つ近鉄バスではなく西鉄系観光バスの大阪西鉄観光バスを買収した前田観光系の大阪バスが運営する高速バス路線で同社の高速バス事業参入の2本目(1本目はグループ会社の北海道バスが開設した函館~札幌)だそうです。

・大阪バス「京都特急ニュースター号」の運賃・発車時刻表
http://www.osakabus.jp/pdf/timetable.pdf

随分にニッチな所に開設したなと思うこの高速バス、布施駅は北口のJTBが入居しているビルに面した場所ののりばがあります。

20110320_fuse-01.jpg

車両は三菱ふそう製エアロエース。
公式ブログによるとこのために導入されてようで、路線バスらしく整理券発行機と運賃箱が設けられています。
ちなみに予約不要の定員乗車制で運賃は降車時精算となっています。

20110320_osaka_bus-01.jpg

往路側(京都行き)のルートは布施駅北口(停留所名:東大阪布施駅)~長堂3丁目南交差点~柳通~高井田本通6丁目交差点~国道308号(中央大通)~府道2号中央環状線~花博記念口交差点西~国道1号(バイパス)~第二京阪門真IC~第二京阪自動車道~巨椋池TB~阪神高速8号京都線~上鳥羽出入口~久世橋通り~久世橋通烏丸交差点~烏丸通~京都駅八条口(停留所名:京都駅)となります。

利用状況としては開業間もないことと高速バス事業の経験値不足などによるPR不足のためか、10人弱程度の利用でした。

布施駅から出発して65分で京都駅に到着。

京都駅は南側の八条口が乗降場所になりますが、近鉄バス(同社との共同事業者)が乗入れる駅舎側ではなく、ロータリーを挟んで南側にあるホテルビスタ京都八条口の前になります。

20110320_osaka_bus-02.jpg

この日は開業記念して大人850円が2011年6月16日まで1回限り500円で利用できる開業記念乗車優待券が降車時に配布されていました。

さて、競合する交通機関の比較。
・最速は近鉄~鶴橋~環状線~大阪~JR京都新快速が50分~1時間ですが、新快速は確実に座れる保証がなく運賃は1040円と割高。
・近鉄オンリーだと大和西大寺経由で運賃は860円ですが、所要時間が80分~90分掛かります。
大和西大寺から特急だと60分~70分になりますが、指定料金が500円加算されてしまいます。
・京橋から京阪ルートだと700円(七条まで)と割安で所要時間が1時間ほどで同等となり、着座できる率は半々ですが、京都駅に乗入れないため着地駅によって比較できません。
・梅田から阪急だと烏丸まで710円と割安で所要時間は70分~80分になりますが、京阪同様に目的地次第となります。

「京都特急ニュースター号」ターゲットとするとそこそこの所要時間で乗り換えなしで快適に移動する向きには良い間もしれません。
運行時間帯は布施駅・京都駅発7:00~23:00でまずまずという感じです。

あとは東大阪市側の停留所がいくつか設定されれば、もう少し使えるレベルになりそうなのですが・・・。

20110320_osaka_bus-03.jpg

京都では先週末のダイヤ改正で運用についた287系を捉えます。

20110320_jrwest_ec_287_0-01.jpg

花園へ移動。
二条だと微妙なのでここで撮影です。

20110320_jrwest_ec_221-01.jpg

3+4の7両編成の287系。

20110320_jrwest_ec_287_0-02.jpg

287系が導入されても残存する183系。

20110320_jrwest_ec_183_700-01.jpg

太秦へ移動しここから徒歩で嵐電の帷子ノ辻へ。

20110320_uzumasa-01.jpg

帷子ノ辻では嵐電をちょっと撮影。

20110320_randen_mobo621-01.jpg

京都へ戻って近鉄を乗り継いで帰宅しました。

20110321_kintetsu_3000-01.jpg

category: 日記

tag: 大阪バス  高速バス  京都特急ニュースター号  JR西日本  287系  京福電気鉄道  近畿日本鉄道 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop