DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »阪神三宮駅
このページの記事一覧

週末日記 2014年3月16日  

2014年3月16日(

17日は鉄道工事見聞。
まずはおおさか東線のJR長瀬~新加美の間に設けられる新駅の場所を確認。

場所的には東大阪市と大阪市の境界地なのですが、現地へ行くには近鉄バスの40番系統で。

20140316_kintetsu_bus-01.jpg

最寄りは加美北五丁目停留所。

20140316_kintetsu_bus-02.jpg

停留所より北側にある交差点を東へ歩くと新駅設置場所に出会します。
ホーム自体は大阪市と東大阪市の境界線を跨ぐ形で設けられますが、出改札口・駅事務室などの各種設備などは東大阪市側に設けられる模様で、写真で提示した場所に出入口が設けられます(道路の手前側は大阪市側)

20140316_osaka_higashi_line-01.jpg

新駅設置に伴い駅前広場が整備されると言うことで用地取得のお知らせが掲示されていました。

20140316_osaka_higashi_line-02.jpg

駅前広場周辺はこんな感じ。
この背後に新駅が設置されます。

20140316_osaka_higashi_line-03.jpg

新駅設置は既存の高架橋に腹付けられる形となる相対式2面2線になる模様ですが、用地的には現状を見る限りあまり余裕がありません。
ホーム中程は駅前広場整備により幅員は確保されますが、両端は細長くなりそうです。

これに似た条件となると大和路線の東部市場前駅を思いついたので早速行ってみました。

20140316_tobu_shijo_mae-01.jpg

こちらも既存の高架橋に腹付けられる形でホームが設置されているのですが、本当にギリギリに設置されているのが分かります。
これではエレベータの設置がままならないと言うのも頷けます。

20140316_tobu_shijo_mae-02.jpg

折角なので百済貨物ターミナルへ。

20140316_kudara_freight-01.jpg

ターミナルを一望出来る形で立体横断施設なるものが設置されています。

20140316_kudara_freight-02.jpg
20140316_kudara_freight-03.jpg

森ノ宮へ。

20140316_morinomiya-01.jpg

大阪環状線改造プロジェクトの一環として当駅がリニューアルされ、工事自体は壁面の改装が進められています。
一部箇所では上屋の柱の塗装が施工済みとなっています。

20140316_morinomiya-02.jpg

改良工事中の甲子園駅へ。
こちらは球場開催時で使用される降車専用の改札口が西改札口側の新設。

20140316_koshien-01.jpg

また、西駅舎側の工事進捗により交差する道路側へ抜ける改札口の新設と西側の階段新設が行われ、3月20日には利用出来るようになるそうです。
新設される階段はエスカレータが設置される予定となっていますが、それは今度のシーズンオフ後に予定されているホームの拡張が終わってから着手となることから、早くても2015年度となるようです。

20140316_koshien-02.jpg

西改札口周辺。
写真右奥に見える本設の駅事務室側に改札口が増設される模様です。

20140316_koshien-03.jpg

屋外から西改札口を撮影。
完成後は東側に券売機などが設置されると言うことになります。

20140316_koshien-04.jpg

西改札口南側に設置された工事用構台。

20140316_koshien-05.jpg

上り線側の仮設化も進んで本設の階段が撤去され、仮設の階段が新設されています。
こちらはホーム拡張後には撤去されて本設の軌道が敷設されます。

20140316_koshien-06.jpg

阪神三宮駅はさんちか側のリニューアルが進められていて、先に進んで阪神駅側にあわせる形となっています。

20140316_sannomiya-01.jpg

そごう側の周辺もリニューアルが施行され、案内板がご覧の通りに。

20140316_sannomiya-02.jpg

この日はここで終了としました。
スポンサーサイト

category: 日記

tag: JR西日本  おおさか東線  新駅設置工事  JR貨物  阪神電気鉄道  駅改良工事  甲子園駅  阪神三宮駅 
tb: 0   cm: 0

2013年3月23日 大規模改良工事が完了した阪神三宮駅・その3  

阪神三宮駅大規模改良工事完了後のレポ。
3回目はホーム階の続き。

2番線の車止め周辺。

20130323_sannomiya-22.jpg

前記事で触れた神戸方南西側から伸ばされた空調ダクトは車止め付近の上部につながっています。
写真上部の穴が空いているのがそれ。

20130323_sannomiya-23.jpg

ホーム側の各種案内板は柱に掲示されています。
出来るだけ導線の妨げないための工夫なのですが、如何せん見難いです。

20130323_sannomiya-24.jpg

ホーム側の様子。
まずは上りホーム側から撮影。

20130323_sannomiya-25.jpg
20130323_sannomiya-26.jpg

下りホーム側から撮影。

20130323_sannomiya-27.jpg
20130323_sannomiya-28.jpg

改良工事後の阪神三宮駅の照明はLED式が基本となっています。
天井の高いホーム中程は柱や対向壁側に間接照明が用いられています。

20130323_sannomiya-29.jpg
20130323_sannomiya-32.jpg

配線収容兼用の天井スポット照明。
ここにはホーム側から対向壁を照らす電球色照明が隠されています。

20130323_sannomiya-30.jpg
20130323_sannomiya-31.jpg

時計は文字盤がレトロ調。

20130323_sannomiya-33.jpg

上りホーム神戸方・ホーム中程・東口改札への上り口側にそれぞれ設けられているベンチは、いずれも写真のデザインのものに置換えられています。

20130323_sannomiya-34.jpg

ホーム延伸工事が実施された梅田方。
2番線側は近鉄車が8両ギリギリ対応出来ますが、阪神本線の優等停車駅のホーム有効長が6両編成までである駅が多いため、当面は柵で仕切って使用しないようになっています。

20130323_sannomiya-35.jpg

前回来訪時は照明が灯されていましたが、今回は必要最小限だけ灯されているという感じです。

20130323_sannomiya-36.jpg

今回のレポは以上で終わります。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 駅改良工事  阪神電気鉄道  阪神三宮駅 
tb: 0   cm: 0

2013年3月23日 大規模改良工事が完了した阪神三宮駅・その2  

阪神三宮駅大規模改良工事完了後のレポ。
2回目はホーム階の様子。

まずは西側から順に。
こちらは西改札口から入った場所にある階段とエレベータがホーム階では最も神戸・姫路方に当たるこの場所へ出てきます。
ここには飲料自販機とコインロッカーが配置されています。

20130323_sannomiya-14.jpg

また、証明写真機がエレベータに隣接する形で配置されています。

20130323_sannomiya-15.jpg

エレベータを出るとこういう感じで見えます。
右側に飲料自販機とコインロッカーがあり、正面奥に見えるのが上り線(梅田・大阪難波方面)です。

20130323_sannomiya-16.jpg

階段前付近から撮影。

20130323_sannomiya-17.jpg

壁面にある「HANSHIN SANNOMIYA MEMORIAL」
非常に簡素なものですが、地下化当初の柱の実物ともに阪神三宮駅の歴史と写真が紹介されています。

20130323_sannomiya-18.jpg

西改札内コンコースの梅田寄りあった階段・エスカレータはこの場所。
やはりメインであるため広く取られています。
また、先の階段とエレベータを出ると写真右側奥のベンチがチラリと見える辺りに出てきます。

20130323_sannomiya-20.jpg

ホーム側を撮影。
正面が2番線(阪神なんば線直通の快速急行が主に使用)、左側が1番線(梅田方面)と2番線乗車、右側が2番線降車と3番線(神戸・姫路方面)

20130323_sannomiya-19.jpg

かつて下りホームの階段があった場所。
この場所は空調機器のスペースに充てられ、ここからホーム側へのダクトが通されています。

20130323_sannomiya-21.jpg

ホーム階の画像が多いため分割します。

→次に続く。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 駅改良工事  阪神電気鉄道  阪神三宮駅 
tb: 0   cm: 0

2013年3月23日 大規模改良工事が完了した阪神三宮駅・その1  

2013年3月20日。
阪神三宮駅の大規模改良工事が完了しました。

20130323_sannomiya-37.jpg

1933年に現在の地下駅となった阪神三宮駅は地下化当初、4面3線の頭端式ホームでした。
しかし、神戸以西への延伸構想と実現するべく暫定措置として1936年に元町まで延伸した際、南側を折返し線用で残して北側2線を延伸させる形で中間駅化し、それ以降この形が改良工事の進捗による2012年の切替までの76年間にわたり続くことになりました。

その後、利用増加などによる小規模な改良などが行われましたが、出口が西側1箇所のみと言う防災上の根本的問題とバリアフリー対応を含めた状況の変化に伴い、駅構内の改良工事を着手することが決定。

その内容は梅田方への東口(ミント神戸への直結)の新設、バリアフリー対応による西口改札側コンコースの拡張とそれに伴う配置変更、3番線の神戸・姫路方面への直通化と2番線の折返し線化および降車ホームの撤去によるホーム拡張と配線変更、バリアフライ対応というもので、これに加えて梅田方へのホーム延伸も加わることから箱形トンネルの一部拡張と伴った大規模なもの。

2007年から工事が着手され、2012年3月に東口改札の供用が開始、同年6月には3番線本線接続と2番線の折返し線化による配線変更が実施されました。
この間に2009年3月の阪神なんば線を介した近鉄奈良線との相互乗り入れの開始による21m級車体の近鉄車乗入れなどで3番線が暫定的な有効長延長が行われた他、工事進捗によるは降車ホームの撤去などによる西口改札側を中心に数度にわたり階段の位置が変更されるなどの大きな動きを経て、ようやく完成にこぎ着けました。

今回は工事完了となった阪神三宮駅のレポですが、完了当日の3月20日は仕事のため来訪出来なかったため、完了後の最初の週末である3月23日に来訪した時の様子を3回に分けて報告します。

まずは西口改札北側。

20130323_sannomiya-01.jpg

こちらにはサービスセンターが設けられ、定期券や高速バス乗車券の発行、近鉄特急の特急券発行(9:00~17:00)などが行われます。
また、かつての駅事務室は駅ナカ店舗のスペースに充てられています。

20130323_sannomiya-02.jpg

西口の正面へ。

20130323_sannomiya-03.jpg

手前の柱があった並びが定期券窓口と自動改札機があった場所で、改良後は改札口自体が東側へセットバックされる形で再配置されたため、実質上の通路は拡張されています。

改良工事で美装化された阪神三宮駅ですが、先の写真にも見られるように「さんちか」との見た目の落差が激しい状態です。
これはまだ阪神側だけ美装化されただけの過渡期の状態であり、駅周辺は今後連動して進められるリニューアル工事により数年後には違和感が無いようになる模様です。

20130323_sannomiya-04.jpg

改良前は改札内コンコースだった場所。
改札口のセットバックにより改札外となっていますが、待ち合わせ場所がさんちか側からこの場所へ移った感じです。

20130323_sannomiya-05.jpg

西口改札前にある造花のディスプレイ。
東口には改札内コンコースに大きなものがありますが、西口側は時計付。

20130323_sannomiya-06.jpg

西口の自動改札機。
右側は駅事務室や案内カウンターも兼ねた有人改札。

20130323_sannomiya-07.jpg

西改札内コンコース。

20130323_sannomiya-08.jpg

当駅における導線を配慮したことから北側に駅ナカ店舗、南側にチャージ機能付精算機が配置されています。
また、北側の改札口付近にはチャージ専用機が配置されています。

20130323_sannomiya-09.jpg
20130323_sannomiya-11.jpg

西改札を通って最初の場所にある階段とエレベータ。
ここは改札口からの乗車客の導線をホーム階へ誘導させることで、西改札階コンコースの奥にある階段・エスカレータへの負荷を緩和させる狙いがあります。

20130323_sannomiya-10.jpg

西改札内コンコースの梅田寄りから撮影。

20130323_sannomiya-12.jpg

梅田寄りにあるメインの階段・エスカレータ。
この北側にトイレがあります。

20130323_sannomiya-13.jpg

次はホーム階の様子を見てきます。

→次に続く。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 駅改良工事  阪神電気鉄道  阪神三宮駅 
tb: 0   cm: 0

2013年3月16日 工事完了を控えた阪神三宮駅を見聞する  

2007年から配線変更と東口新設を伴う大規模改良工事が進められていた阪神三宮駅が2013年3月20日をもって工事が完了します。

その工事完了を4日後に控えた3月16日に現地へ赴き工事の進捗状況を見てきました。
先に改良工事と連動して進められていたホーム延伸工事の方を見てきます。

20130316_sannnomiya-01.jpg

ホーム延伸工事の方は完了しているようですが、阪神本線の上位優等停車駅に対する8両編成化が完了していないことから当面は使用されず、暫定措置としてホーム延伸箇所は柵で仕切られて立入禁止となっています。

見聞当日は床面の仕上げ工事を終えたばかりなのか?照明が灯されていました。

20130316_sannnomiya-02.jpg

また、上り本線側にも柵が設けられ、折返しである下り本線と中線側は柵が設けられていないことから将来的には阪神三宮以東を最大8両編成を見越しているものと思われます。

20130316_sannnomiya-03.jpg

では供用箇所へ。
東口側には写真のようなベンチが各ホームとも2箇所設けられ、他の箇所にも設けられているベンチも写真と同じ意匠のベンチに交換されています。

20130316_sannnomiya-04.jpg
20130316_sannnomiya-05.jpg

ホーム中程。
束ねていた配線が剥き出し状態から照明の列内のカバーに収容され始めています。
柱に取り付けられている照明は一部箇所の取付が終わっていないため、まだ灯されていません。

20130316_sannnomiya-06.jpg
20130316_sannnomiya-07.jpg

対向壁は上部を間接照明が・・・。

20130316_sannnomiya-08.jpg

空調の室外機が置かれていた箇所も化粧板が取り付けられました。

20130316_sannnomiya-09.jpg

3月3日来訪時に確認した発車標の更新工事は表示装置自体の設置工事は完了し周囲を仕上げが終わるのを待つだけの状態です。
それぞれの取付箇所は天井高さの制約条件が絡んでいる関係で三者三様です。

20130316_sannnomiya-10.jpg
20130316_sannnomiya-11.jpg
20130316_sannnomiya-12.jpg

西口改札側の上り口に天井の照明設置工事は完了。

20130316_sannnomiya-13.jpg

中央部分に取り付けられた照明はレトロ調。

20130316_sannnomiya-14.jpg

西口改札階。
天井の仕上げ工事がまだ終わっていない段階です。

20130316_sannnomiya-15.jpg

発車標は更新工事が完了しています。
こちらはホーム階の車止め側に取り付けられているものと同じタイプ

20130316_sannnomiya-16.jpg

駅ナカ店舗もオープンに向けた準備が進められています。

20130316_sannnomiya-17.jpg
20130316_sannnomiya-18.jpg

以上で阪神三宮駅の工事完成前レポは終りです。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 阪神電気鉄道  駅改良工事  阪神三宮駅 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2013年3月3日  

2013年3月3日(

3日は前日未明に切替工事が施工された学研都市線へ。

おおさか東線の工事に伴い先月下旬と2日深夜の2度に分けて線路切替工事が行われたのですが、まずは先に実施された放出西第一踏切の立体交差化から。

20130303_hanaten-01.jpg

こちらは学研都市線下り線の切替で、この区間での線路切替は1回目となります。

20130303_hanaten-02.jpg

京橋方にある城東運河に架かる橋梁の架け替え工事は橋脚の構築が進められているところです。

20130303_hanaten-03.jpg

この部分はおおさか東線の工事により複々線化と城東運河改修による橋桁の嵩上げを伴う工事のため、今後数回にわたって線路切替が実施されるものと思われます。

20130303_hanaten-04.jpg
20130303_hanaten-05.jpg

城東運河から鴫野駅方面は本線南側を中心に工事が進められていますが、放出駅では方向別配置となっているのを鴫野駅で線路別配置とするため、学研都市線の上り線がおおさか東線を跨ぐ形をとる必要からこの区間はかなり大がかりな工事になるようです。

20130303_shigino-01.jpg
20130303_shigino-02.jpg

鴫野駅では学研都市線用の新高架橋の構築が順調に進んで、木津方は半分ほど構築された状態となっています。

20130303_shigino-03.jpg

一方、京橋方は基礎工事が進められている段階です。

20130303_shigino-04.jpg

三宮へ移動。
例によって阪神三宮駅の改良工事見聞ですが、改札階コンコースの発車標が更新されました。

20130303_sannomiya-01.jpg

ホーム階側の西改札口への上り口はご覧の通り。

20130303_sannomiya-02.jpg
20130303_sannomiya-03.jpg

ホーム階側の発車標も更新されています。

20130303_sannomiya-04.jpg
20130303_sannomiya-05.jpg

支柱は煉瓦調の化粧板で仕上げられるのですが、そこに照明器具が設置されています。
設置途上のモノを見る限りでは電気配線が通されているため、竣工までには照明が灯されるものと思われます。

20130303_sannomiya-06.jpg

梅田方は新たに発車標を設置するための工事が着手されています。

20130303_sannomiya-07.jpg

下りホーム側は設置工事が完了し稼働しています。

20130303_sannomiya-08.jpg

梅田方のホーム延伸工事の様子。
実車の入線状態から確認した限りでは阪神車・近鉄車とも8両編成までは対応出来そうです。

20130303_sannomiya-09.jpg

この日はここまでとし帰宅しました。

category: 日記

tag: JR西日本  学研都市線  おおさか東線  阪神電気鉄道  駅改良工事  阪神三宮駅 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2013年2月17日  

2013年2月17日(

17日は近場で気になるものを見てきました。

まずは大和八木駅へ。
最近、乗換案内用の発車標が更新されたため来訪したのですが、大阪線ホーム側の階段下り口は全て更新済み。

20130217_yamato_yagi-01.jpg

これまでの発車標と違い、モニタと一体のケーシングで納められているのではなく、モニタ本体は剥き出しとなっていますが、あまり不細工にならないように配慮されています。

20130217_yamato_yagi-02.jpg
20130217_yamato_yagi-03.jpg
20130217_yamato_yagi-04.jpg

改札階・橿原線下りホーム側。

20130217_yamato_yagi-05.jpg
20130217_yamato_yagi-06.jpg
20130217_yamato_yagi-07.jpg
20130217_yamato_yagi-08.jpg

改札口側。
柏原線上りホーム側は現行のCRTモニタのままですが、近いうちにLCD式に更新されるものと思われます。

20130217_yamato_yagi-09.jpg

茨木市駅へ。

20130217_ibarakishi-01.jpg
20130217_ibarakishi-02.jpg

ここでは阪急京都線の車両を撮影。
本当は大阪市営地下鉄66系のリフレッシュ車を狙いたかったのですが、塒である東吹田検車区でお休みしていました。

20130217_hankyu_3300-01.jpg
20130217_hankyu_2300-01.jpg
20130217_hankyu_9300-01.jpg

阪神三宮駅へ。
3月20日の竣工を控えた同駅は内装関連と駅ナカの工事が進められています。

20130217_sannomiya-01.jpg
20130217_sannomiya-02.jpg

西口改札のメインの階段。
正面のスペースは広告が入るものと想定されます。

20130217_sannomiya-03.jpg

ホーム階姫路方の様子。
天井の化粧パネルの取り付けと床面の仕上げ工事が進められています。

20130217_sannomiya-04.jpg

上りホーム階段からホーム階の様子。
壁面や柱は煉瓦調。

20130217_sannomiya-05.jpg

梅田方。
ホーム延伸部分の様子。

20130217_sannomiya-06.jpg

本線側は近鉄車が入らないため乗降扱いされない部分は柵で仕切られるようです。

20130217_sannomiya-07.jpg

この日はこれで終了と言うことで帰宅しました。

category: 日記

tag: 近畿日本鉄道  阪急電鉄  阪神電気鉄道  駅改良工事  阪神三宮駅 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2013年1月26日  

2013年1月26日(

26日は午後から阪神三宮駅の改良工事を見て、夕方前に嵯峨野線二条駅で編成写真の撮影をしてきました。
まずは阪神三宮駅から。

20130126_sannomiya-01.jpg

工事の進捗で土木工事が一巡したことから内装工事を中心に進められています。

20130126_sannomiya-02.jpg
20130126_sannomiya-03.jpg

切替後以来仮設状態だった2番線末端部の本設化工事が着手されました。
車止め側の囲いが本設のモノに置換えられてます。

20130126_sannomiya-04.jpg

車止めから西改札口側の床面は仮設のままとなっていますが、こちらも本設化の仕上げが進められるものと思われます。

20130126_sannomiya-05.jpg

梅田方のホーム延伸工事は床面の列車接近表示灯の設置工事が進められていますが、天井側に関しては何も行われていないようです。
また、ホーム自体の有効長は19m8両編成対応のようで、近鉄車の21m換算だと7両が余裕で8両だとはみ出しそうな感じです。

20130126_sannomiya-06.jpg

その合間にやって来た5500系5505編成が前照灯のLED化が施工されてようで、折り返してきたところを捉えてきました。
どうやら試験的に交換されたようで、梅田方2両の車内も試験的にLED照明に交換されているようです。

20130126_hanshin_5500-01.jpg

西改札口側のエレベータも供用が開始されていました。
こちらは最も改札の内に近い側にある階段の南側に設置されています。

20130126_sannomiya-07.jpg

改札階側。
出入口が前後にある2方向タイプ(メーカーによってはスリム2方向タイプ)を呼ばれるモノが採用されています。

20130126_sannomiya-08.jpg

定期券うりばが北きっぷうりば跡地へ移転しました。
これと同時に暫定的に改札口脇の駅長室へ移転していた近鉄特急券うりばもこちらへ移転しています。

20130126_sannomiya-09.jpg

阪神三宮駅見聞後は二条へ移動。

20130126_nijo-01.jpg

ここでは嵯峨野線の編成写真撮影。
しかし、やって来るのは221系の体質改善工事の未施工車ばかり・・・。

20130126_jrwest_ec_221-01.jpg
20130126_jrwest_ec_221-02.jpg
20130126_jrwest_ec_221-03.jpg

4本目でようやく287系。

20130126_jrwest_ec_287-01.jpg

5本目も体質改善工事の未施工車。

20130126_jrwest_ec_221-04.jpg

二条駅での撮影を終えると難波の旭屋書店へ寄り道してから帰宅しました。

category: 日記

tag: 駅改良工事  阪神電気鉄道  阪神三宮駅  JR西日本 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2012年11月11日  

2012年11月11日(

11日は大阪市交通局のイベントが催されたことから、雨の中を四つ橋線北加賀屋駅の近くにある緑木検車場へ出向いてきました。

20121111_osaka_subway_event-01.jpg

前回来場時は南側のみ公開されていましたが、今回来場時は棟内の公開も行われていました。

クレーン吊り上げ実演。

20121111_osaka_subway_event-02.jpg

検修棟内の様子。

20121111_osaka_subway_event-03.jpg
20121111_osaka_subway_event-04.jpg

南北に長い構内を移動するための専用列車も・・・。

20121111_osaka_subway_event-05.jpg

三宮へ移動。
その際、乗車した阪急7000系が後期リニューアル車であったことから、未撮影の車端部を撮影しました。

20121111_hankyu_7000-in01.jpg

三宮では阪神の駅改良工事の進捗状況を確認。

20121111_sannomiya-01.jpg

ホーム床面に埋込まれた列車接近表示等の使用が2番・3番線において開始されました。
表示パターンは大阪駅の環状線ホームほぼ同じです。

まずは3番線。

20121111_sannomiya-02.jpg

2番線。

20121111_sannomiya-03.jpg

1番線は表示灯がマスキングされている状態であるため、もうしばらく待たされるようです。
また、切替え後の着手された対向壁の化粧パネル取付も順調に進められ、3番線と同じ仕上げになるようです。

20121111_sannomiya-04.jpg
20121111_sannomiya-05.jpg

梅田のヨドバシカメラに寄り道して、傷が目立つようになって張り替え時期となったiPhone4sの保護フィルムとDockコネクタ延長ケーブルの購入と共にiTunesCardも購入。

20121111_yodobashi_umeda-01.jpg

iTunesCardは5,000円のカードを購入するつもりだったのですが、お徳用の3,000円のマルチパックがあることからこちらを2組購入。

20121111_itunes_card-01.jpg

買物を済ませると遠征に向けて切符の購入をしてから帰宅しました。

category: 日記

tag: 大阪市交通局  大阪市営地下鉄  阪急電鉄  阪神電気鉄道  駅改良工事  阪神三宮駅 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2012年10月20日  

2012年10月20日(

夜勤明けの週末は鉄道工事巡りを中心としたお出かけ。

まずは大阪駅。
以前取り上げた環状線側にあった乗換え用発車標の更新がこのほど完了。

20121020_osaka-01.jpg

下の写真の通り稼働していました。

20121020_osaka-02.jpg

また中央口の乗換通路も同様に発車標の整備が完了し稼働していました。

20121020_osaka-03.jpg

三宮へ移動。
10月上旬から切り替えとなった阪神三宮駅の階段と通路の確認へ。

その前にメインの階段は本設化に向けて化粧パネルなどの取り付け工事が進められていました。

20121020_sannomiya-01.jpg
20121020_sannomiya-02.jpg

問題の通路は写真中央奥に見える辺り。

20121020_sannomiya-03.jpg

階段の位置が梅田寄りに切替えため通路が狭くなったことによる代替措置として先行して供用開始となった部分。
写真右側の通路がそれ。

20121020_sannomiya-04.jpg

切替え後の階段。
現状では上り本線側の神戸側にあるこの階段は事実上本設となり、メインの導線を補助する役割を担うことになります。

20121020_sannomiya-05.jpg

西改札口側。
左側にあるのが新設された通路、写真中央にある発車標の右側がこれまで上りホームの階段があった場所。

20121020_sannomiya-06.jpg

三宮を出て堅田へ移動。
ここから江若バスで琵琶湖を渡って対岸の守山へ。

20121020_kojaku_bus-01.jpg

一度乗った見たかったバス路線だったのですが、ようやく乗れました。

20121020_kojaku_bus-02.jpg

梅田へ戻って買物を済ませた後、再び大阪駅へ。
環状線ホームの上屋にあった謎の物体は予想通り放送用スピーカーでした。

20121020_osaka-04.jpg

このスピーカーは先に工事が終わった他のホームでも使用されているタイプと同じものが使われています。

20121020_osaka-05.jpg

この後は環状線経由で帰宅しました。

category: 日記

tag: 駅改良工事  JR西日本  JR大阪駅  阪神電気鉄道  阪神三宮駅 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop