DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »鉄道遺構
このページの記事一覧

2009年9月21日 東海地方の城郭と鉄道を巡る旅22 旧名鉄谷汲駅・その3  

旧谷汲駅構内に静態保存されている車両を見てきます。

現在谷汲駅に保存されている車両は鉄道線専用車のモ750形と美濃電気軌道時代からある軌道線直通車で丸窓電車のモ510形が1両ずつ保存されています。
当初は車両直上に屋根が無く雨晒し状態でしたが、静態保存でのそれは宜しくなかったらしく後に車両を覆う屋根が設置されています。

まずはモ750形。

20090921_meitetsu_m750-01.jpg

旧・名古屋鉄道時代にデセホ700形の増備車として1928年に日本車輌製造で製作された車両で当初はデセホ750形と称され、当時名古屋市電にも乗り入れるために集電装置が鉄道線用のパンタグラフと市電用のポールを両方搭載した車両でもありました。

その後、名岐鉄道に改称された後、さらに愛知電気鉄道の合併されて再び名古屋鉄道に改称された時にモ750形に改番。しばらくは名古屋本線系統で使用されていましたが後年1500Vへの昇圧が進み始めると支線区へ追いやられ、岐阜へ転用される直前は瀬戸線などで使用されていた車両もありました。

岐阜600V区間へ追いやられた後は鉄道線の揖斐線・谷汲線で使用されていましたが、老朽化によりモ780形が導入され始めると揖斐線の末端区間である黒野~本揖斐と谷汲線に封じられる形で使用され、2002年に同区間が廃止されたのと同時に廃車されました。

谷汲駅に保存されている車両は755号車。
谷汲線廃止後に静態保存された車両で、名岐鉄道に高山本線直通列車としてお座敷仕様に改造された経緯を持っています。

20090921_meitetsu_m750-02.jpg

モ750形755号車の車内です。
晩年当時のものでワンマン運転のため整理券発行機が設置されています。

揖斐線・谷汲線へ転用するに際し車体の改修などが実施されているため、車齢80年以上を考えると綺麗に整備されているのが窺えます。

20090921_meitetsu_m750-in01.jpg

名古屋市電乗入れ用として導入された経緯からステップがあります。
揖斐線や谷汲線も鉄道線ですが、ホーム高さが低いためドアステップは必携だったようです。

20090921_meitetsu_m750-in03.jpg

運転席背後の仕切に掲示されている新岐阜駅前~揖斐線・谷汲線の旅客運賃表。
岐阜から本揖斐まで610円、同じく谷汲まで710円ですが、これは忠節以東の岐阜市内線が均一運賃でこれを合算する形となっているためで、運賃施策上では不利に働く要因となっていたようです。

20090921_meitetsu_m750-in02.jpg

運転台。
やはり路面電車の運転台ですね。

20090921_meitetsu_m750-cab01.jpg

続いてモ510形。

20090921_meitetsu_m510-01.jpg

美濃電気軌道時代に製作された車両で1926年に日本車輌製造で製作された車両は当初セミボ510形と称し、現在の岐阜~笠松の鉄道線で使用されていました。

岐阜へ路線網を広げていた名岐鉄道に吸収されて以降は美濃町線の転用され、1967年に岐阜市内線~揖斐線の直通運転が開始されると直通列車用の車両として使用されるなどその車齢とは裏腹に急行列車での高速運転もされていました。

車体構造と車齢の高さから非冷房のままであったため、モ770形やモ780形の導入が始まると定期運用から撤退し予備車として残存したものの2005年3月末の岐阜600V区間全廃により廃車となりました。

モ510形はその特徴ある車体から岐阜県内を中心に保存され、旧美濃駅・金(こがね)公園・旧谷汲駅で保存されているものは足回りも残されています。
ただし、旧美濃駅に保存されているものは座席が撤去されてギャラリースペースに、金公園のものは外観のみ見られますが車内はイベント開催時を除いて立ち入ることが出来ないようになっています。

谷汲駅に保存されているモ510形は514号車。

20090921_meitetsu_m510-02.jpg

谷汲駅に保存されている514号車は座席が残されていて、車内も公開されています。
1+2列の座席配置は車両中央部を境に逆転します。

20090921_meitetsu_m510-in01.jpg

クロスシートは転換式。

20090921_meitetsu_m510-in02.jpg
20090921_meitetsu_m510-in03.jpg

特徴的な丸窓は戸袋窓にあります。

20090921_meitetsu_m510-in04.jpg

運転台背後。
前面形状も特徴があるのが車内側からも確認出来ます。

20090921_meitetsu_m510-in05.jpg

最近整備されたのか?車掌スイッチが真新しくなっています。
保存車両の手入れが行き届いている証です。

20090921_meitetsu_m510-in06.jpg

運転台。
前面形状の関係が前面のRに沿って機器が配置されています。

20090921_meitetsu_m510-cab01.jpg

これで谷汲駅の見学は終了。
滞在時間は30分ほどで折り返し谷汲口行きのバスに乗って樽見鉄道の乗りつぶしを再開します。

20090921_tanigumi-19.jpg

→次に続く。
スポンサーサイト

category: 東海地方遠征

tag: 鉄道遺構    名古屋鉄道  名鉄谷汲線  谷汲駅  保存車両 
tb: 0   cm: 0

2009年9月21日 東海地方の城郭と鉄道を巡る旅21 旧名鉄谷汲駅・その2  

谷汲駅改札内コンコースへ入ります。

20090921_tanigumi-20.jpg

ホームは廃止当時の状態をほぼ保っているように見受けられるのですが、休憩場所としてベンチが設置されているほか、車椅子が入れるようにスロープが設けられています。

20090921_tanigumi-21.jpg
20090921_tanigumi-22.jpg

谷汲駅の駅名標。
廃止当時のものであるかどうかは判りませんが・・・。

20090921_tanigumi-23.jpg

谷汲駅に静態保存されている車両。
鉄道線専用のモ750形(755号車)

20090921_meitetsu_m750-01.jpg

軌道線である岐阜市内線に乗り入れることが出来るモ510形(514号車)

20090921_meitetsu_m510-01.jpg

ホーム端部からの撮影。

20090921_tanigumi-02.jpg

黒野方を撮影。
軌道は駅構内分だけ残されている感じです。

20090921_tanigumi-24.jpg

その先は軌道が途切れて更地化されています。
一部は何らかの形で利用される話があるそうですが、跡地が何に利用されるのかは分りません。

20090921_tanigumi-25.jpg

この後は静態保存されている車両を見てきます。

→次に続く。

category: 東海地方遠征

tag: 鉄道遺構  名古屋鉄道  名鉄谷汲線  谷汲駅 
tb: 0   cm: 0

2009年9月21日 東海地方の城郭と鉄道を巡る旅20 旧名鉄谷汲駅・その1  

谷汲に到着しました。

旧谷汲駅は2001年10月1日に廃止された名鉄谷汲線の終点で、現在の残されている駅舎は1996年に旧谷汲村が2億円を掛けて建設した物で、現在の谷汲昆虫館を併設する形となっていますが、路線廃止後は駅舎・ホームは残されることになり、ホーム側にはモ510形とモ750形が静態保存されているほか、駅舎内にある待合所は谷汲線資料を展示する「赤い電車小さなミュージアム」として早朝夜間を除いた時間帯で公開されています。

20090921_tanigumi-01.jpg

駅前の様子。
駅前広場が整備されていますが、路線バス自体は県道45号線沿いにある停留所で客扱いするためロータリー内は駐車場化されています。

20090921_tanigumi-03.jpg

旧谷汲駅と記されている横にある西暦年数の記述は開業から廃止されるまでを示していて、谷汲駅の開業は1926年です。

20090921_tanigumi-04.jpg

廃止後に掲示された谷汲線と揖斐線の概略。
ここには2002年にモ750形755号車が谷汲駅に静態保存されるところまでが記述されていますが、2005年に揖斐線・岐阜市内線の全廃まではフォローされていないところを見るとそれ以前に整備された物と見受けられます。

20090921_tanigumi-05.jpg

こちらは旧谷汲村周辺の観光案内図。
地図の記述と先の路線概略を合わせるとこれらが整備されたのが旧谷汲村時代であると推定出来ます。

20090921_tanigumi-06.jpg

改札外コンコース。
写真左手が谷汲昆虫館、右手が「赤い電車小さなミュージアム」

20090921_tanigumi-07.jpg

「赤い電車小さなミュージアム」は本巣市の拠点を置き谷汲駅舎と保存車両の整備・管理を行っている市民団体「赤い電車友の会」が谷汲駅待合所を利用して開館したもので、谷汲線が現役当時使用されていた駅名標や路線案内図・駅時刻表などが展示されています。

20090921_tanigumi-17.jpg
20090921_tanigumi-08.jpg

谷汲線のある駅の時刻表ですが「本数少ないですね」
周辺の様子も含めて考えると鉄道線として存続させるには厳しかったようです。

20090921_tanigumi-09.jpg

路線案内図は美濃町線の終点が美濃だったり竹鼻線の終点が大須だった時代の物で、現在の路線網から考えると確実に短くなってきています。
後数年もすれば閑散路線の末端3区間ぐらい消滅しそうですが・・・。

20090921_tanigumi-10.jpg
20090921_tanigumi-11.jpg

こちらは実際に使用されていた行先標や車両の銘板などの備品類です。

20090921_tanigumi-12.jpg
20090921_tanigumi-13.jpg
20090921_tanigumi-14.jpg

その反対側には谷汲線のフォトギャラリー。

20090921_tanigumi-15.jpg

中央に鎮座するのは谷汲線と揖斐線の位置関係とその地形を示す模型。
左下が谷汲、上にある川の模型は揖斐川水系根尾川、右側には揖斐線となっていて、谷汲線が山間部を走行していたのが良く分かります。

20090921_tanigumi-16.jpg

次は実際にホームへ出て静態保存されている車両などを見てきます。

→次に続く。

category: 東海地方遠征

tag: 鉄道遺構  名古屋鉄道  名鉄谷汲線  谷汲駅 
tb: 0   cm: 0

2009年9月21日 東海地方の城郭と鉄道を巡る旅19 樽見鉄道・その1  

3日目は樽見鉄道の乗りつぶしから始めます。
今回は旧名鉄の谷汲駅来訪も絡めながらとなります。

先ずは大垣へ向かいますが、現行ダイヤは基本的に各駅停車が岐阜折り返しで、優等系統のみ大垣へ直通する形になっています。

20090921_gifu-01.jpg

樽見鉄道はTOICA未対応なので、同鉄道から乗り換える際には大垣駅で一旦改札を出て樽見鉄道の乗車券を窓口が買うか、改札内コンコースにある樽見鉄道の窓口で現金精算する必要があります。

樽見鉄道の窓口は7番のりばにあるのですが、来訪当時は駅自由通路の設置工事の関係でのりばが米原寄りに変更されていました。

20090921_ogaki-01.jpg

ここで乗るのはハイモ230形。
樽見鉄道では2世代目に相当する車両です。

20090921_tarutetsu_him_230-01.jpg

ロングシートの座席が全て埋まり、立ち客も出だた状態で大垣を出発。
長良川橋梁までは東海道本線と並走します。

長良川橋梁を渡ると北へ向きを変えていきます。

北方真桑の手前で旧名鉄揖斐線と交差。
廃止となった名鉄の路線は架線柱も残されている状態であるものの、橋梁などは撤去工事が着々と進められてその痕跡さえ消して行く状態らしいという話を聞いています。

近年出来たSCに合わせて新設したレモラ岐阜駅で纏まった降車が見られました。
ここで立ち客が数名程度になった感じです。

樽見鉄道の拠点である本巣で車両交換も兼ねての乗換え。

本巣を出ると田園地帯の割合が増えてきます。
織部を過ぎると揖斐川水系の根尾川に沿って北上します。

大垣から40分ほどで谷汲口に到着。

20090921_tanigumiguchi-01.jpg

本巣から乗り換えた車両はハイモ295形315号車。

20090921_tarutetsu_him_295_315-01.jpg

谷汲口駅の駅舎。
事実上待合所のみの機能しかありません。

20090921_tanigumiguchi-02.jpg

ここからは揖斐川町コミュニティバスに乗り換えて谷汲へ向かいます。
このバスは基本的に大垣方面に合わせて設定されている感じで、基本的には谷汲山へ向かう人が多い感じです。

20090921_meihan_kintetsu_bus-01.jpg

谷汲口を出て県道45号線にはいるとに西へ進みます。
ここ先で旧谷汲線と交差する踏切跡を通りますが、廃線跡が農道のような感じなので見落としてしまいそうでした。

この先谷汲までは以外と残されている感じですが軌道などが撤去されているため、実際は築堤が延々と続いてる感じです。

20090921_meihan_kintetsu_bus-02.jpg
20090921_meihan_kintetsu_bus-03.jpg

谷汲に到着。
ここで降りたのは2人だけ、残りの大多数は1つ先の谷汲山まで向かっていきました。

20090921_tanigumi-01.jpg

→次に続く

category: 東海地方遠征

tag: 樽見鉄道  名阪近鉄バス  名古屋鉄道  鉄道遺構 
tb: 0   cm: 0

シルバーウィーク日記 2009年9月21日  

2009年9月21日(

遠征3日目である21日は午前中を樽見鉄道の乗りつぶしに旧名鉄谷汲駅への来訪を絡めて、午後は大垣城への登城と関ヶ原古戦場巡りをすることにしました。

明日以降の遠征後半の宿泊先は名古屋になるため、ホテルをチェックアウトして大垣へ。
大垣から樽見鉄道に乗り換えのですが、南北自由通路の工事に関連した旧跨線橋の撤去工事のため切り欠きの6番線から7番線へ暫定移転していました。

大垣から乗った列車は樽見行きでしたが、途中の本巣で乗り換えに・・・。
車両基地が本巣にあるのと運用の都合もあるのでしょう。

20090921_tarutetsu_him_230-01.jpg

谷汲口で下車。
ここから名阪近鉄バスの揖斐川町コミュニティバス谷汲線に乗り換えて谷汲へ。

20090921_meihan_kintetsu_bus-01.jpg

名鉄谷汲線の黒野~谷汲は廃止されて10年近くしますが、ほとんどが軌道が撤去されているだけで、道床や築堤はそのまま残されている状態。
だたし撤去工事が停滞するのは厳しい予算の中から捻出されるものなのと、撤去後の活用法が見出せない中そのままということも考えられます。

20090921_meihan_kintetsu_bus-02.jpg

現在の旧谷汲駅は昆虫館との併設となっていますが、事実上の展示館状態なので、改札内コンコースはスロープが設けられているなど手が加えられ、待合所は谷汲線で使用されてきた備品などが展示されているなど手が加えられていますが、ある程度は廃止前の状態となっています。

20090921_tanigumi-01.jpg
20090921_tanigumi-02.jpg

展示されている車両はモ510形514号車とモ750形755号車が静態保存されており、モ510形は岐阜市内の金公園や旧美濃駅に残されている車両が蛻の殻状態であるのとは異なり、現役最終仕様の車内がそのまま残されているのが特徴です。

20090921_meitetsu_m750-01.jpg
20090921_meitetsu_m510-01.jpg

バスの都合上30分程度の滞在で谷汲口へ戻り、再び樽見鉄道に乗って終点の樽見まで乗り通しました。

20090921_tarumi-01.jpg

樹齢1500年以上もするエドヒガンザクラの淡墨桜(うすずみざくら)がある淡墨公園の最寄り駅として知られる樽見駅は2年前の不審火により駅舎が全焼し、現在あるのは「うすずみふれあいプラザ」と交流施設が併設される2代目となっています。

20090921_tarumi-02.jpg

折り返し大垣へ戻ると、空きから南へ10分ほどの場所にある大垣城へ。
現在の大垣城は本丸の一部が残されているだけといことで日本100名城からは外されていますが、天守や隅櫓は概観だけ復元されて、天守内部は史料館として利用されています。

20090921_ogaki_castle-01.jpg

大垣城の後は関ヶ原へ移動し、関ヶ原古戦場巡り。
先に町役場近くにある関ヶ原歴史民族資料館に入ってから入手した「ザ・ウォークマップ」を利用して古戦場の各所を巡りました。

20090921_sekigahara-01.jpg
20090921_sekigahara-02.jpg

今回は徳川家康最終陣後~決戦地~石田三成陣跡(笹尾山)~黒田長政・竹中重門陣跡(丸山)~島津義弘陣跡~開戦地~小西行長陣跡~小早川秀秋陣跡(松尾山)という順で巡りました。

20090921_sekigahara-03.jpg

中でも一番最後に訪れた小早川秀秋陣跡がある松尾山が大変で、高さ的には300m程度の山で東海自然歩道の一部なのですが、回りくねっている上にアップダウンが激しく、通常40分程度のところを日没近かったこともあって往路26分・復路20分のハイピッチで駆け抜けてきましたので、結構きつかったです。

20090921_sekigahara-04.jpg
20090921_sekigahara-05.jpg
20090921_sekigahara-06.jpg
20090921_sekigahara-07.jpg

登山口まで戻ったときには薄暗くなっていて、関ケ原駅へ戻った頃には真っ暗になっていました。

関ケ原から岐阜へ戻り、ロッカーに預けていた鞄の回収と夕食をとって名鉄で名古屋入りしてこの日は修了としました。

category: 日記

tag: 樽見鉄道  鉄道遺構  名古屋鉄道  日本の城郭  大垣城  関ヶ原古戦場 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop