DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »鉄道工事
このページの記事一覧

週末日記 2015年10月18日  

2015年10月18日(

遠征最終日である18日は小田急の10両編成対応状況の確認。

参宮橋は延伸工事は完了。

20151018_sangubashi-01.jpg
20151018_sangubashi-02.jpg

代々木八幡は現行の2面2線から島式1面2線の橋上駅舎への大規模な改良工事が行われるため、小田原方に仮駅設置の工事の準備が進められていました。

20151018_yoyogi_hachiman-01.jpg

そのため今回は現状の撮影ということになりました。

20151018_yoyogi_hachiman-02.jpg
20151018_yoyogi_hachiman-03.jpg
20151018_yoyogi_hachiman-04.jpg
20151018_yoyogi_hachiman-07.jpg

一方、複々線化工事は東北沢駅では小田原方の本設工事の進捗にともない、本設の一部が確認出来ました。

20151018_higashi_kitazawa-01.jpg
20151018_higashi_kitazawa-02.jpg

下北沢駅では地上部分の撤去工事が終わったらしく、上物の建築物の工事が進められ、一部通路が変更されていました。

20151018_shimo_kitazawa-01.jpg
20151018_shimo_kitazawa-02.jpg

午後から、小田急ファミリー鉄道展の会場である海老名へ。

20151018_odakyu_event-01.jpg
20151018_odakyu_event-02.jpg

数年ぶりの来場となる今回のメインは50000形VSEと1000形リニューアル車の展示で、後者は車内も公開されていましたが、通電されていないため照明も灯されず、窓全開、そしてトレインビジョンは無表示・・・。

20151018_odakyu_event-05.jpg
20151018_odakyu_event-03.jpg
20151018_odakyu_event-04.jpg
20151018_odakyu_1000n-01.jpg
20151018_odakyu_1000n-02.jpg
20151018_odakyu_50000-01.jpg
20151018_odakyu_50000-02.jpg

海老名の会場を早々に出た後は箱根登山鉄道へ。

20151018_hakone_yumoto-01.jpg
20151018_hakone_yumoto-02.jpg

しばらく乗っていないための来訪だったのですが、いきなり最新鋭の3000形を引き当ててしまいました。

20151018_hakone_tozan_3000-01.jpg

ここまま強羅まで乗車して、折り返しのところを捉えました。

20151018_gora-01.jpg
20151018_hakone_tozan_3000-02.jpg
20151018_hakone_tozan_m1-01.jpg

30分ほど撮影した後は東京へ戻り、のぞみ259号で帰阪しました。

20151018_tokyo-01.jpg
20151018_tokyo-02.jpg
スポンサーサイト

category: 日記

tag: 鉄道工事  鉄道イベント  小田急電鉄  箱根登山鉄道 
tb: 0   cm: 0

2015年5月24日 おおさか東線工事見聞  

5月24日におおさか東線第2期工事の進捗状況を確認してきました。

20150524_hanaten-01.jpg

第2期工事区間の各駅は島式ホームが主体の第1期と異なり相対式2面2線が基本で、工事の工程としては駅本屋が入る部分は盛土を単線分崩して高架橋とホームを構築し軌道を敷設、新軌道の切替。
その後、もう片側の盛土を撤去して高架橋とホームも構築および軌道の敷設が行われ、複線分の工事が完了という流れで現状は片側が完成しきりか絵が終わった、いわばその折返し地点にあたります。

駅本屋以外のホームは盛土の法面を強化してから構築されています。

まずは野江。

20150524_noe-01.jpg
20150524_noe-02.jpg

都島は信号所があった場所に構築されていますが、こちらも駅本屋がある部分は高架橋に作り替えています。

20150524_miyakojima-01.jpg

赤川鉄橋こと淀川橋梁へ。
淀川の堤防までの坂道は盛土の法面強化が施工されたのに合わせて真新しくなっています。

20150524_yodogawa_rev-01.jpg

一部区間を除いて立体交差化されるため、橋梁の手前にあった策はコンクリート製の高欄に作り替えられています。
また、撤去された歩道跡の軌道の敷設が完了し暫定の切替が実施されています。
つまり、新設された軌道が現在の本線になっています。

20150524_yodogawa_rev-02.jpg
20150524_yodogawa_rev-03.jpg
20150524_yodogawa_rev-04.jpg
20150524_yodogawa_rev-05.jpg

淀川橋梁の淡路側にある踏切は複線化されています。
この踏切の北側に立体交差出来るように車道と歩道を通す準備がなされているのですが、西側に尼崎市水道局の、東側に北越紀州製紙の取水場がある関係で当面は立体交差化されず踏切のままになりそうです。

20150524_yodogawa_rev-06.jpg
20150524_yodogawa_rev-07.jpg

淡路駅は久宝寺方面のホームと駅本屋部分の土木工事が完了。

20150524_awaji-01.jpg

新大阪方面の側はこれから工事に着手することから、仮設の自転車置場が移転することになっていました。

20150524_awaji-02.jpg

category: おおさか東線工事の話題

tag: 鉄道工事  JR西日本  おおさか東線 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2014年6月15日  

2014年6月15日(

新塗装への変更が進んでいる相模鉄道では今年度中になくなる旧塗装の車両を集めた「さよなら赤帯旧塗装 車両撮影会」を6月15日に相模大塚駅構内において催されたことを先週末の遠征で知ることとなり、当日日帰りで遠征してきました。

20140615_shin_osaka-01.jpg

のぞみ204号での上京であったため、開催時間までの間に渋谷駅の工事見聞。
東急の旧線跡である高架橋の解体工事が順調に進み、あの蒲鉾屋根は跡形も無く姿を消していました。

20140615_shibuya-01.jpg
20140615_shibuya-02.jpg

撮影会場へ行くに序でに、先週末遠征に試乗したものの豪雨でダイヤが乱れて失敗した相鉄の特急を再試乗することにしました。
先に横浜~湘南台の方を試乗しましたが、決して早いというわけでは無く、流すように走って行く感じで、二俣川までは詰まり気味。

20140615_yokohama-01.jpg

湘南台から大和経由で相模大塚に到着。

20140615_sagami_otsuka-01.jpg

会場は駅構内にある留置線を利用したもので、赤帯の旧塗装となっている7000系・新7000系・8000系・9000系の4本が展示されていました。

20140615_sotetsu_event-01.jpg
P6158677
P6158677 posted by (C)dk_kawachi

IMG_1992
IMG_1992 posted by (C)dk_kawachi

IMG_1993
IMG_1993 posted by (C)dk_kawachi

手短に撮影を済ませると大和へ移動。
ここでは小田急の編成写真撮影。

P6158683
P6158683 posted by (C)dk_kawachi

あまり撮ったことがない30000系「EXE」の4両編成側。

P6158684
P6158684 posted by (C)dk_kawachi

海老名へ移動し、相鉄本線の特急に乗って横浜へ。
こちらはいずみ野線系統とは違いそこそこ走ってくれる感じです。

20140615_ebina-01.jpg

この日はここで切り上げてのぞみ239号で帰阪しました。

20140615_tokyo-01.jpg

category: 日記

tag: 東京急行電鉄  鉄道工事  相模鉄道  小田急電鉄 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2014年5月18日  

2014年5月18日(

18日は北急関連のため外出。

まずは9000形の編成写真を撮るために桃山台へ。
やってくる列車の比率が大阪市交の車両が多いのは仕方が無いのですが、肝心の9000形は遭遇出来ず。
とは言え、30000系の最新3本目である31603編成が撮れただけでも収穫といったところ。

IMG_1954-e01
IMG_1954-e01 posted by (C)dk_kawachi

IMG_1958-e01
IMG_1958-e01 posted by (C)dk_kawachi

IMG_1960-e01
IMG_1960-e01 posted by (C)dk_kawachi

IMG_1968-e01
IMG_1968-e01 posted by (C)dk_kawachi

IMG_1972-e01
IMG_1972-e01 posted by (C)dk_kawachi

IMG_1973-e01
IMG_1973-e01 posted by (C)dk_kawachi

IMG_1978-e01
IMG_1978-e01 posted by (C)dk_kawachi

IMG_1981-e01
IMG_1981-e01 posted by (C)dk_kawachi

桃山台での撮影を切り上げて、千里中央以北への延伸予定区間を徒歩で見聞。
実際の見聞のまとめは稿を改めて出す予定ですが、地形的に厳しい丘陵地とできる限り用地取得コストを抑えるという課題をいかに克服したのがあのルートなのかなと思ったりしました。

20140518_kitakyu-01.jpg
20140518_kitakyu-10.jpg
20140518_kitakyu-02.jpg
20140518_kitakyu-03.jpg
20140518_kitakyu-04.jpg
20140518_kitakyu-05.jpg
20140518_kitakyu-06.jpg
20140518_kitakyu-07.jpg
20140518_kitakyu-08.jpg
20140518_kitakyu-09.jpg

延伸予定区間を見た後はバスで再び千里中央へ。
ここでは30000系31000番台の2次車となる31603編成の車内写真を撮影。

近畿車輛製の31601編成に対し2次車の31602編成と31602編成では川崎重工業車両カンパニー製となっていますが、このグループで変更となっているのは照明が蛍光灯から直管式LED照明になっていることと、平日のみ設定される女性専用車とそれ以外車両で照明の色調が異なると言う点です。

P5188438
P5188438 posted by (C)dk_kawachi

一般車。

P5188437-e01
P5188437-e01 posted by (C)dk_kawachi

平日に女性専用車が設定されている車両。
照明の色調が非設定の一般車と異なる。

P5188445-e01
P5188445-e01 posted by (C)dk_kawachi

31603編成で南下して行くと途中で9000形とすれ違い。
「あ~あ」と思いつつ、西中島南方で待ち構え。

P5188448-e01
P5188448-e01 posted by (C)dk_kawachi

9000形がやってくる前に新大阪から折り返してきた21系更新車の編成写真を撮影。

P5188449-e01
P5188449-e01 posted by (C)dk_kawachi

P5188454-e01
P5188454-e01 posted by (C)dk_kawachi

ようやくやって来た9000形。
それにしても無骨な前面デザインです。

P5188456-e01
P5188456-e01 posted by (C)dk_kawachi

この日はここまでとし帰宅しました。

category: 日記

tag: 北大阪急行電鉄  鉄道工事  大阪市交通局  大阪市営地下鉄 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2014年2月22日~2月23日  

2014年2月22日(

週末に入る前に以前から言っていたWindowsXPマシンであるKawachiPC6号機の代替となるノートPCを購入しました。

メーカー公式の通販サイトでカスタマイズ出来るモデルを購入したのですが、納期の都合と当方の都合で3月1日に手元に届きます。
何処モデルなのかはやその理由は届いたときにここで書きますが、一応Windows8.1マシンで国内メーカー品とだけ言っておきます。



2014年2月23日(

今度の週末に届くノートPCの準備に向けて梅田へ出向くついでにおおさか東線の工事見聞。
この日来たのは前日の2月22日の深夜から2月23日の早朝にかけて学研都市線鴫野~放出で切替工事が実施された事を受けて。

まずは鴫野駅。
近いうちにエレベータの供用が開始されるのか?囲いが撤去されて新高架橋側のエレベータが見られるようになりました。

20140223_shigino-01.jpg

そして下り京橋方面ホームと新高架橋側との間に仮設の通路が設けられていました。

20140223_shigino-02.jpg
20140223_shigino-03.jpg

放出へ移動して切替箇所の確認。

20140223_hanaten-01.jpg
20140223_hanaten-02.jpg

切替箇所は放出大橋の西側から平野川放水路の橋梁の東側までで、踏切道を立体交差化させるための工事ですが、今回の切替で立体交差化は完了。
あとは旧上り線の撤去と2線分の構築が行われます。

20140223_hanaten-03.jpg
20140223_hanaten-04.jpg

平野川放水路には新しい橋梁が架けられました。

20140223_hanaten-05.jpg
20140223_hanaten-06.jpg
20140223_hanaten-07.jpg

梅田で買物を済ませた帰りに大阪駅JR高速バスターミナルを見聞。

20140223_umeda-01.jpg

あるフォロアーさんのツイートに端を発したことによる一部の方々が大騒ぎした高速バス運休騒動に関連して、実態はどうなのかを競合他社の高速バスを見聞してきた次第。

20140223_umeda-02.jpg

実際の感想は裏ブログに書くとして、ざっくりとした見立てでは「需要がある云々は関係無しに競合が激しくて新規参入には厳しい」と言ったところでしょう。

category: 日記

tag: JR西日本  おおさか東線  鉄道工事  駅改良工事  高速バス   
tb: 0   cm: 0

年末日記 2013年12月31日  

2013年12月31日(火)

2013年の大晦日は今年最後の外出。

まずはおおさか東線の工事の見聞。
野江から鴫野までの工事は見ていなかったので、今回は野江から南へ歩いてみてきました。

始めに野江(仮称)駅の設置場所。
工事は着手されていましたが、複線化のための盛土補強工事などが進められています。

osaka_higashi_line-01.jpg
osaka_higashi_line-02.jpg

京阪本線を跨いだ南側は旧淀川電車区への引き込み線の分岐点より南側は一部を除いて盛土補強工事が終わっており、寝屋川橋梁の北側にある蒲生(がもう)踏切道の年内に行われた切替工事で複線化への対応は完了しています。

osaka_higashi_line-03.jpg
osaka_higashi_line-04.jpg

吹田信号所方の橋梁が腹付け増線の形で新設され、旧本線は一時的に閉鎖されています。

osaka_higashi_line-05.jpg
osaka_higashi_line-06.jpg

鴫野駅は既存の高架下から新高架橋下へ駅事務室などが移転されています。

20131231_shigino-01.jpg
20131231_shigino-02.jpg

既存のホームは特に手が入っていませんが・・・。

20131231_shigino-03.jpg

腹付け線増される新高架橋側には学研都市線下りホームが姿を現わしています。
現状は未整備であったエレベータは新ホームでは設置されるようで、こちらは木津方に新設されています。

20131231_shigino-04.jpg
20131231_shigino-05.jpg

一方、上りホーム側にも木津方にエレベータが新設されるようですが、現下りホーム側には設置される様子すらありません。
おそらく先に学研都市線の下り線が切替えられた後、一時閉鎖して改修工事が着手→改修工事と平行してエレベータ・エスカレータの新設工事も進められると言う流れなのだろうと勝手に予想しているのですが・・・。

20131231_shigino-06.jpg

工事見聞後は阪急宝塚線へ。
目的は12月25日に営業運転に入った1000系の第2編成を狙うことです。

20131231_hotarugaike-01.jpg

まずは蛍池で撮影。
ここでは6000系などを撮影。

20131231_hankyu_6000-01.jpg
20131231_hankyu_9000-01.jpg

続いて雲雀丘花屋敷へ。

20131231_hibarigaoka_hanayashiki-01.jpg

ここでしばらく待っていましたが、どうやら平井車庫でお休みをしているらしく、運用が一巡して頃合いを見て撤収・・・。

20131231_hankyu_6000-02.jpg

大晦日の外出はここで終了し帰宅して2013年は終りました。

#2013年の更新分はここまでです。

category: 日記

tag: JR西日本  鉄道工事  おおさか東線  阪急電鉄 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2013年10月27日  

2013年10月27日(

今月最後のお休みは今月末をもって人道橋が閉鎖される赤川鉄橋(おおさか東線・淀川橋梁)へ行ってきました。
ですが、その前におおさか東線の工事を・・・。

20131027_awaji-01.jpg

阪急京都本線と交差地点より南側におおさか東線の淡路駅が設置されますが、駅本体部分は既存の盛土から高架橋へ切り替わるらしく、盛土自体は単線のままであることから腹付け線増される側の橋脚が構築されています。

20131027_awaji-02.jpg

淀川橋梁の淡路側。
駅以外の区間は盛土を拡張させる形で線増されるようです。

20131027_yodogawa_bridge-01.jpg

では、赤川鉄橋(淀川橋梁)
今回の週末が最後週末となるため人出が多いです。

20131027_yodogawa_bridge-02.jpg
20131027_yodogawa_bridge-03.jpg

都島区側へ渡ります。

20131027_yodogawa_bridge-04.jpg
20131027_yodogawa_bridge-05.jpg

これが最後。
次に渡るのはおおさか東線・第二期開業となるでしょうね。

20131027_yodogawa_bridge-06.jpg

今週末はこれで・・・。

category: 日記

tag: JR西日本  鉄道工事  おおさか東線  赤川鉄橋 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2012年12月16日  

2012年12月16日(

16日はおおさか東線の関連工事として新大阪駅の在来線5号ホームの供用が開始されたことから、現在進められているおおさか東線の第2期工事の見聞も絡めて見てみることにしました。

南から順に、まずは放出~鴫野の地下道の工事から。
おおさか東線の工事により複々線化される放出~鴫野間で現在踏切が残されている箇所の解消と、地下道の設置工事が進められていましたが、1回目の切り替えが実施されています。

20121216_hanaten-01.jpg

阪東大橋から京橋方面を撮ったもの。
写真で言うと1線だけ上り勾配になっている場所がそれに当たり、この先にある平野川分水路の架かる城東運河橋梁が平野川放水路の河川改修事業による橋桁嵩上げによるを目的とした橋梁架け替えが行われる模様で橋梁付近はフェンスで閉鎖されていました。

20121216_hanaten-02.jpg

段階的に地下道へ切替えられる放出西第一踏切道。
現在は学研都市線の上下線が踏切側にありますが、城東運河橋梁架け替え工事が進捗により、学研都市線下り線(京橋方面)が南側の線路の切り替わり立体交差化され、その後2014年までに順次切替えられる予定。

20121216_hanaten-03.jpg

南側から撮影。
右側が自転車用のスロープ、左側が階段。

20121216_hanaten-04.jpg

鴫野駅へ。

20121216_shigino-01.jpg

こちらは南西側に学研都市線の高架橋を新設し3面4線になる予定で、現在は駅構内の京橋方と木津方の一部が構築されている状態。
最終的には既存の2線はおおさか東線、新設側が学研都市線となる予定です。

20121216_shigino-02.jpg
20121216_shigino-03.jpg

2期工事の複線化工事区間へ。
今回は野江から東吹田を超えて東淀川までひたすら歩いて見てきました。

該当区間は腹付け線増で対応される予定で、道路との立体交差化所もそれに対応しているのですが、実際には完全に架け替えが行われているなどケースが見られます。
第1期区間はJR俊徳道以南が地上区間だったため全面高架へ切替えられた事を考えると2期工事区間はまだマシと言ったところです。

20121216_osaka_higashi_line-01.jpg
20121216_osaka_higashi_line-02.jpg

通称赤川鉄橋こと淀川橋梁も渡りました。

20121216_osaka_higashi_line-03.jpg
20121216_osaka_higashi_line-04.jpg
20121216_osaka_higashi_line-05.jpg
20121216_osaka_higashi_line-06.jpg

淡路~東吹田間の貨物線分岐箇所。
実際は方少し先の神崎川橋梁の手前なのですが、工事が着手されているため立入れません。

20121216_osaka_higashi_line-07.jpg

神崎川橋梁南側から撮影。
実際はこの付近から分岐します。

20121216_osaka_higashi_line-08.jpg

神崎川橋梁を撮影。
おおさか東線は城東貨物北線の下流側に橋梁を新設して東吹田に向かって大きくカーブします。

20121216_osaka_higashi_line-09.jpg

既に橋脚新設のための工事が着手されています。

20121216_osaka_higashi_line-10.jpg

西吹田駅の予定地。

20121216_osaka_higashi_line-11.jpg
20121216_osaka_higashi_line-12.jpg

JR京都線の合流地点東側から撮影。
この箇所は東海道線こ線橋外新設他工事と呼ばれ、JR京都線を跨いで神崎川橋梁の手前で梅田貨物線と合流する計画となっています。

20121216_osaka_higashi_line-13.jpg

最後は新大阪駅。
5号ホームの供用開始に伴いこれまで17・18番のりばとして使用されていた4号ホームが使用停止となりました。

20121216_shin_osaka-01.jpg

新たに17・18番のりばとなった5号ホームは在来線側東端。
一つ手前がそれまで使用されていた4号ホームへの下り口。

20121216_shin_osaka-02.jpg

階段周りの様子。
案内板はLEDを用いた電照式掲示板。

20121216_shin_osaka-03.jpg

5号ホームの駅名標。
こちらもLED式の電照式掲示板が用いられています。

20121216_shin_osaka-05.jpg

エスカレータ・エレベータとも中央付近に配置。

20121216_shin_osaka-04.jpg

ホーム結う有効長自体は14両編成まで対応していますが、実際に停車する列車は12両まで。
それでも14両対応なのは、輸送障害発生時にサンライズ瀬戸・サンライズ出雲が臨時停車する場合も含めてのことですが・・・。

20121216_shin_osaka-06.jpg

新幹線改札側もホーム増設に合わせたリニューアルが進められ、やや古めかしい雰囲気だったのが、モノトーン主体イメージに一新されています。

20121216_shin_osaka-07.jpg

駅北側には阪急が建設した駅ビルが隣接し、1階には自社専用のバスターミナルが設けられています。

20121216_shin_osaka-08.jpg

これで工事見聞が終了。
梅田へ戻ってパフェを頂いてから帰宅しました。

20121216_pafe-01.jpg

category: 日記

tag: 鉄道工事  おおさか東線  駅改良工事  新大阪駅 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2012年8月4日  

2012年8月4日(

8月最初のお休みは何となく阪和線へ出向くため天王寺へ向かったところ、偶然にも205系1000番台の体質改善工事施工車に遭遇。
まだ、更新1本目であることから即決で乗り込んで終点の日根野まで粘ることにしましたが、熊取到着時点で最後尾が無人状態になったことから車内写真を撮影しておきました。

後ほどサイトの方には反映させる予定です。

20120804_jrwest_ec_205_1000-in01.jpg

日根野到着後はアイコンショット的に撮影。
外観上は行先表示がLED式になっていることと、運行表示が使用停止となっている点や屋根上の通風器が撤去されている以外は大きく変わらないものの、内装は化粧板や貫通扉が225系や321系の意匠に準拠したものに交換されるなど、比較的手が入っています。

20120804_jrwest_ec_205_1000-01.jpg

日根野ではバリアフリーの一環としてエレベータの設置工事などが進められていましたが、すでに供用が開始されている状態でした。

20120804_hineno-01.jpg

駅舎自体にスペースが無いことから天王寺方を拡張した上で、エレベータと下りホームの階段を追設するという形となっています。

20120804_hineno-02.jpg
20120804_hineno-03.jpg

改札口を再度通って折返しの合間に103系の車内写真の撮影も行いました。
といっても体質改善工事施工車ですが・・・。

20120804_jrwest_ec_103-in01.jpg
20120804_jrwest_ec_103-in02.jpg

三国ヶ丘乗換で天下茶屋へ移動。
日根野から三国ヶ丘までは熊取以南各駅停車で関空快速の併結のないB快速に乗車。

20120804_jrwest_ec_225_5000.jpg

天下茶屋では車内写真の撮影。

大阪市交の66系は近年22系グループに施行されている制御装置換装とリニューアル工事が施工されることになり、今年6月から第5編成が正雀のアルナ車両に入場しています。

20120804_osaka_subway_66-01.jpg

外観などが竣工当初とは若干異なることが判明していることから、現状の車内外とも撮影することにしたわけです。

20120804_osaka_subway_66-in01.jpg

阪急3300系。

20120804_hankyu_3300-01.jpg

2300系に次いで長期にわたり使用されている車両ですが、こちらも7000系に負けず劣らずリニューアル内容にばらつきが見られます・・・。

20120804_hankyu_3300-in01.jpg

この日の撮影はここまでとし帰宅しました。

category: 日記

tag: JR西日本  体質改善工事  鉄道工事  大阪市交通局  大阪市営地下鉄  阪急電鉄 
tb: 0   cm: 0

2012年1月9日 首都圏の近郊電車を追う旅12 東北縦貫線工事見聞  

遠征の締めくくりとして東北縦貫線の工事を見てきました。
記事のタイトルの通り2012年1月9日に撮影したものであるため、最新の状況を反映されていません。

まずは御徒町駅。

20120109_okachimachi-02.jpg
20120109_okachimachi-01.jpg

秋葉原駅。

20120109_akihabara-01.jpg
20120109_akihabara-02.jpg

総武緩行線と交差した南側で東北新幹線の直上へ高度を上げるため勾配が設定されています。
この関係で橋梁の桁が新に設けられる高架の勾配に合わせられる感じのようです。

20120109_akihabara-03.jpg
20120109_akihabara-04.jpg

神田駅。

20120109_kanda-02.jpg

東北縦貫線は新幹線の真上を通ります。

20120109_kanda-03.jpg
20120109_kanda-01.jpg

東京駅。

20120109_tokyo-01.jpg

ホーム端部から撮影。

20120109_tokyo-04.jpg

工事見聞はここで終了。
現地での活動のここで終了と言うことで、あとは帰阪するだけです。

20120109_tokyo-03.jpg

帰阪はのぞみ243号。

20120109_tokyo-02.jpg
20120109_jrcentral_n700_0-01.jpg

予め買っておいた弁当を車中で頂いて。

20120109_diner-01.jpg
20120109_diner-02.jpg

爆睡といういつもの流れで遠征は終りです。

#「2012年1月7日~1月9日 首都圏の近郊電車を追う旅」おわり

category: その他の鉄道工事レポ

tag: JR東日本  鉄道工事  東北縦貫線 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop