DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »連続立体交差事業
このページの記事一覧

週末日記 2017年3月25日  

2017年3月25日(

25日は上り線が高架切り替えとなった阪神本線へ。

20170325_koshien-01.jpg

先に甲子園駅を見てきましたが、高校野球開催日であるため後日改めて見ることにしました。

20170325_koshien-06.jpg

鳴尾駅は駅設備としては完成状態で供用が開始されたので、あとは旧線の撤去の改札外周りの工事ぐらいです。

20170325_naruo-01.jpg
20170325_naruo-03.jpg
20170325_naruo-04.jpg
20170325_naruo-12.jpg
20170325_naruo-14.jpg
20170325_naruo-15.jpg
20170325_naruo-20.jpg

そのあとは京阪の撮影。
ここで撮影出来たのは臨時特急中之島行きで使用されていた3000系のみ。

20170325_keihan_3000_2g-in01.jpg

この日はここで切り上げて帰宅しました。
スポンサーサイト

category: 日記

tag: 連続立体交差事業  阪神電気鉄道  駅改良工事  京阪電気鉄道 
tb: 0   cm: 0

三連休日記 2017年3月18日  

2017年3月18日(

年度末の三連休を利用して久し振りに遠征をすることにしました。

20170318_kabe-01.jpg

今回は3月4日のダイヤ改正から路線が延伸(法的には復活ではない)された可部線の乗りつぶしと新駅の見聞を絡めつつ、ここ暫く泊まり掛けをやっておらず、連休中西鉄の最新鋭である9000形の営業運転が開始される福岡をメインに据えることにしました。

初日である18日は早朝に自宅を出発しさくら543号に乗車。

20170318_shin_osaka-01.jpg

広島で下車すると、最初の目的である可部線のあき亀山行きに乗り換え。
227系2両編成口が進出し始めた可部線では土休日を中心に2本つないだ4両の列車が大幅に増えています(ただし半数の列車は113系4両編成が充てられています)

20170318_hiroshima-01.jpg
20170318_jrwest_ec_227_0-01.jpg

延伸区間の新駅の一つである河戸帆待川で下車。

20170318_kodo_homachigawa-01.jpg

1面1線のみというシンプルな構造で自動券売機も改札機も簡易型という・・・。

20170318_kodo_homachigawa-02.jpg
20170318_kodo_homachigawa-06.jpg

河戸帆待川から徒歩であき亀山へ移動。

20170318_aki_kameyama-01.jpg

法的には新線扱いとなる延伸区間は原則として立体交差であることが求められるのですが、交渉の末に特例として踏切が復活しています。

20170318_kabe_line-03.jpg

島式ホームの1面2線であるあき亀山は河戸帆待と同じく無人駅ですが、車両の夜間留置を前提としているため乗務員宿泊施設と電車留置線を2線を有しています。

20170318_aki_kameyama-04.jpg
20170318_aki_kameyama-08.jpg
20170318_aki_kameyama-14.jpg

可部へ。

20170318_kabe-02.jpg

路線延伸に合わせて駅構内の改良および縮小が行われた同駅はあき亀山行き用に単式ホームを1面新設した代わりに頭端式の2線閉鎖させているほか、広島方では更地にする工事が進められています。

20170318_kabe-04.jpg
20170318_kabe-03.jpg
20170318_kabe-09.jpg
20170318_kabe-11.jpg
20170318_kabe-13.jpg

可部線の延伸区間を見た後はのぞみ19号に乗って博多へ移動。

20170318_hakata-01.jpg

博多に到着後は博多口側でバスの撮影。

20170318_nishitetsu_bus-01.jpg

狙いは例の連接バスでありますが、当地での撮影は滅多にないので来る車両は兎に角撮るというスタンスで撮っていきました。

20170318_nishitetsu_bus-02.jpg
20170318_jrkyushu_bus-01.jpg
20170318_nishitetsu_bus-03.jpg
20170318_nishitetsu_bus-04.jpg
20170318_nishitetsu_bus-05.jpg
20170318_nishitetsu_bus-06.jpg
20170318_nishitetsu_bus-07.jpg
20170318_nishitetsu_bus-08.jpg
20170318_nishitetsu_bus-09.jpg
20170318_nishitetsu_bus-10.jpg

15時頃に例の連接バスがやって来ました。

20170318_nishitetsu_bus-11.jpg
20170318_nishitetsu_bus-12.jpg

早速捉えた後、乗り込んで終点の博多港国際ターミナルまで乗車しました。

20170318_nishitetsu_bus-13.jpg

折り返し待ちの間にターミナルの展望デッキに上がりましたが、あまりすることがないので戻ってきました。

20170318_hakata_port-01.jpg

折り返しの連接バスに乗って博多へ戻り、博多から折尾へ向かいました。

20170318_orio-01.jpg

全面立体交差化を目指して工事が進められている折尾では鹿児島本線の上下線が新設の高架へ切り替えられ、白を基調とした高架駅を撮りまくってきました。

20170318_orio-11.jpg
20170318_orio-28.jpg

折尾では819系「DENCHA」を撮影できましたが、車内写真は断念しました。

20170318_jr_kyushu_ec_819_0-01.jpg
20170318_jr_kyushu_ec_819_0-02.jpg
20170318_jr_kyushu_ec_819_0-03.jpg

この日はここで終了とし博多近辺のホテルへ向かいました。

category: 日記

tag: JR西日本  可部線  西鉄バス  連接バス  JR九州  連続立体交差事業 
tb: 0   cm: 0

2017年3月12日 東花園駅前整備事業レポ  

東花園駅の駅前広場再整備事業のレポです。

近鉄奈良線の連続立体交差事業による工事で一部閉鎖されていた駅前広場をラグビーワールドカップの開催により会場として使用される東大阪花園ラグビー場(旧:近鉄花園ラグビー場)の玄関口として再整備されることになり、工事が進められています。

20170312_higashi_hanazono-01.jpg

前回のレポの時点で工事が進められていた幕屋根の整備と歩道の工事が一部を除いて完了していました。

20170312_higashi_hanazono-02.jpg
20170312_higashi_hanazono-03.jpg

歩道以外の部分は舗装などがまだ行われていない模様で、現状残されている旧駅前広場の撤去工事が進まないとどうにもならないようです。

20170312_higashi_hanazono-04.jpg

現在モニュメントなどが残されている辺りはバスやタクシーの待機所が整備されるとのことです。

20170312_higashi_hanazono-05.jpg
20170312_higashi_hanazono-06.jpg

幕屋根自体は駅前広場を取り囲むように設けられています。

20170312_higashi_hanazono-07.jpg
20170312_higashi_hanazono-08.jpg

照明はLEDが用いられ、薄屋根を反射させるように下から照射する形で取り付けられています。

20170312_higashi_hanazono-09.jpg

駅出入り口の正面に整備された駅周辺の案内図。

20170312_higashi_hanazono-11.jpg

歩道のガードレールは一部整備途上にものが見られます。

20170312_higashi_hanazono-12.jpg

東側に残されているトライ君は再整備後の駅前広場北側に再設置される模様。

20170312_higashi_hanazono-13.jpg

西側の時計台は故障しているようで、ここまま解体される可能性が高いらしい。

20170312_higashi_hanazono-14.jpg

なお、駅前広場は路線バスが乗り入れることが出来る前提で整備されるそうですが、仮にあるとすれば現状手狭で転回するための要因を終日配している瓢箪山駅前に乗り入れている路線バスをこちらへシフトすることも考えられるのですが、実際にどうするかは近鉄バスの判断次第となります・・・汗。

今回のレポは以上です。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 近畿日本鉄道  連続立体交差事業 
tb: 0   cm: 0

2017年2月18日 近鉄奈良線連続立体交差事業レポ  

2月18日に見てきた近鉄奈良線の高架工事の詳細です。

20170218_wakae_iwata-02.jpg

今回は若江岩田駅の詳細を報告しますが、これまで仮駅舎で営業されていた出改札口の本設となる高架下への移転と上りホームの一部拡張および各昇降設備の使用開始が2月15日の始発実施されたのを受けて来訪した次第です。

20170218_wakae_iwata-01.jpg

2月14日の終電まで使用されてきた仮駅舎。

20170218_wakae_iwata-03.jpg

駅出入口は遂に所定の高架下へ切替えられました。


20170218_wakae_iwata-05.jpg

ただし出入口は北側に面する1箇所だけ、今後の整備工事の進捗により南側からも出入りできるようになる模様です。

20170218_wakae_iwata-06.jpg

駅出入口の上にある駅名標。
すぐ下に金具が3つ取り付けられていることから駅名標を照らす照明が取り付けられるものと思われます。

20170218_wakae_iwata-04.jpg

入口を入ってすぐ左手に自動券売機が3台置かれています。
窓口が設置出来そうなスペースは確保されていますが、若江岩田駅では定期券などの窓口発行業務などは取止められているため、時刻表などの掲示スペースとして割り当てられています。

20170218_wakae_iwata-07.jpg

改札口周り。

改札階は西側が改札外コンコース、東側が改札内コンコースに割り当てられており、下の画像では手前側が改札外、奥が改札内となります。
自動改札機は車椅子兼用1通路、その他3通路の計4通路あり、車椅子兼用の方にはインターフォンが設けられていますが、これは係員が不在になる時間帯があるために設置されたもので、他社でも使用されているような方式が採用されています。

20170218_wakae_iwata-08.jpg

まだ使用されていない南出口。
現在は仮通路として使用されていた旧上りホームなどの地上設備が残されているため、撤去と整備工事が進み次第、こちらからも出入り出来るようになりますが、当面はそのままになると思われます。

20170218_wakae_iwata-09.jpg

改札内コンコース。

20170218_wakae_iwata-10.jpg

来訪時は下り線のエレベータはメンテナンス中。

20170218_wakae_iwata-11.jpg

上りホームの昇降設備。
大阪難波方は階段と上りエスカレータ。

20170218_wakae_iwata-12.jpg

奈良方はエレベータ。
以前は仮通路側に設けられていましたが、今回の切替により本設側となるこちらに切替えられています。

20170218_wakae_iwata-13.jpg

本設への切替まで使用されていた下りホーム~仮駅舎の仮通路。
現在は閉鎖されており、今後撤去工事と本設工事が施工され、最終的には上りホーム側と同じものになると思われます。

20170218_wakae_iwata-14.jpg

奈良方の階段。

20170218_wakae_iwata-15.jpg
20170218_wakae_iwata-16.jpg

仮通路が残されているため、ここから上りホームへは上がることが出来ません。

20170218_wakae_iwata-17.jpg

ホーム階。
上りホームは大阪難波方から3分の2程が所定の幅に拡張されています。

20170218_wakae_iwata-18.jpg

一方、奈良方から3分の1程は閉鎖された仮通路などが残されているため、これらが完成するまではあと2年程掛りそうです。

20170218_wakae_iwata-19.jpg

若江岩田駅のレポは以上です。

category: 近鉄奈良線高架工事の話題

tag: 連続立体交差事業  近畿日本鉄道  近鉄奈良線 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2017年2月18日  

2017年2月18日(

この週末は鉄道工事などを中心とした撮影のための外出。

まずは近鉄奈良線若江岩田駅へ。
上下線が高架切替後もきっぷうりばと改札口は北側の仮駅舎にあった若江岩田駅では2月15日から高架下の本設に移転されました。

20170218_wakae_iwata-01.jpg
20170218_wakae_iwata-06.jpg
20170218_wakae_iwata-08.jpg

詳細は別途レポしますが、切替後は支障となる旧線の撤去があったためホーム幅が狭く昇降設備が仮の暫定状態となっていた上りホームも難波方が所定のホーム幅になり、一部を除いてく昇降設備が本設に切替えられました。

20170218_wakae_iwata-18.jpg
20170218_wakae_iwata-19.jpg

また、駅東側で交差する府道八尾枚方線には駅近くに路線バスを停めるためにバスベイが新設されました。

20170218_wakae_iwata-20.jpg

バスベイ自体は先日まで工事が先日まで工事が行われていた出来たてホヤホヤであるため、停留所ポストはまだ建っていませんが、現在この道路を通っている近鉄バス萱島線(近鉄八尾駅~荒本駅~JR住道駅(南口)~萱島)の停留所になると思われます。
(公式発表が待たれるところです)

20170218_wakae_iwata-21.jpg
20170218_wakae_iwata-23.jpg

東花園駅へ。

こちらは駅前広場の再整備が進められていますが、整備工事の完成イメージが東大阪市公式Facebookの投稿で明らかにされたのを受けて現地を見てきました。

20170218_higashi_hanazono-01.jpg

工事自体は昨年から着手されていますが、来訪時点での進捗状況は歩道の整備と屋根設置工事が進められている段階でした。
こちらも後日詳細を報告します。

20170218_higashi_hanazono-04.jpg

3つ目は学研都市線鴫野駅。
おおさか東線第二期工事による改良工事が進められている同駅では上りホームの改修工事を着手するため島式の2号ホームを暫定的に拡幅した仮ホームへ切替えられました。

20170228_shigino-01.jpg
20170228_shigino-02.jpg

また、これに合わせて高架下のコンコースも拡張され、改札内のトイレも京橋方に設置された本設へ移転されました。
こちらは2月23日頃に詳細を報告します。

20170228_shigino-24.jpg
20170228_shigino-29.jpg

京橋駅では学研都市線上りホームへの可動式ホーム柵設置の工事が行われ、2月25日から使用が開始されるとのことです。
こちらは25日以降の使用開始後のレポと合わせて2月27日以降に詳細を報告します。

20170218_kyobashi-01.jpg
20170218_kyobashi-03.jpg

18日の最後は地下鉄なんば駅の案内板の新サインシステムへの更新工事を見てきました。
同駅の更新工事は千日前線側から着手され続いて御堂筋線側が着手されていますが、天井の低い箇所がある御堂筋線側の処理が興味深いものになっています。

20170218_namba-01.jpg
20170218_namba-02.jpg
20170218_namba-15.jpg

また、同駅の御堂筋線のりばにはホーム床面に誘導サインが張り付けられています。

20170218_namba-31.jpg

まだ始められて日数が経過していないため下の画像のような感じなので、しばらくは様子見ですが・・・。

20170218_namba-38.jpg

こちらは2月24日以降を目処に詳細を報告する予定です。

18日は以上です。

category: 日記

tag: 連続立体交差事業  近畿日本鉄道  近鉄奈良線  JR西日本  おおさか東線  学研都市線  大阪市営地下鉄  駅改良工事 
tb: 0   cm: 0

2017年2月12日 名鉄瀬戸線連立事業見聞  

連立事業による高架化工事が着手された名鉄瀬戸線の工事を見てきました。

今回は喜多山駅周辺です。
喜多山駅は仮線への切替が順次進められており、来訪した時点では下り線の仮線への切替済みで、上り仮線の工事が進められています。

20170212_kitayama-01.jpg

尾張瀬戸方から。
見た感じだと仮線切替後の配線は島式ホームを2面挟んだ2面3線と思われます。
高架後の配線は2面4線になる計画のようです。

20170212_kitayama-02.jpg
20170212_kitayama-03.jpg

上り仮ホームの工事は基礎工事が終わって上物のホーム構築の段階まで進んでいます。

20170212_kitayama-04.jpg

仮駅舎への出入口がある栄町方。
フルカラーLED式の発車標はこの箇所のみ設置されています。

20170212_kitayama-05.jpg

スロープ。

20170212_kitayama-06.jpg
20170212_kitayama-07.jpg

下り待避線を横断する下りホームへの構内踏切。
現状においては通常使用されることがないため作動する姿は見られませんが、工事の進捗状況次第では見られるかも知れません。

20170212_kitayama-08.jpg

仮ホームが東側にある関係上、仮駅舎とは通路を介して繋がっています。

20170212_kitayama-09.jpg

上りホームへの構内踏切。
旧駅舎は現在残存する旧下りホームに隣接する形で、この画像を撮るために著者が立っている仮通路がある辺りまであり、その北側に駅前ビルである喜多山ビルが建っていました。
下り仮線に切替後、上りホームへ行くには構内踏切を2つ渡らないといけません。

20170212_kitayama-10.jpg

仮駅舎。

20170212_kitayama-11.jpg
20170212_kitayama-12.jpg

駅西側の踏切。
北側から撮影。

20170212_kitayama-13.jpg
20170212_kitayama-14.jpg

続いて南側から。
車両基地の線路があった場所は現在の橋まで踏切がセットバックされて舗装の再舗装されています。

20170212_kitayama-15.jpg
20170212_kitayama-16.jpg

今回のレポは以上です。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 連続立体交差事業  名古屋鉄道  名鉄瀬戸線 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2017年2月12日  

2017年2月12日(

12日は名古屋へ撮影のため外出。

20170212_sakae-01.jpg

まずは栄でバスの撮影。
短時間の撮影でしたが・・・。

20170212_mie_kotsu-01.jpg
20170212_shizutetsu_justline-01.jpg

続いて喜多山へ。

20170212_kitayama-01.jpg

連立事業に伴う高架工事のため仮線への切替が実施されている喜多山駅周辺は下り線の仮線切替が完了し上り線の仮線工事が進められています。

20170212_kitayama-02.jpg
20170212_kitayama-05.jpg
20170212_kitayama-09.jpg
20170212_kitayama-11.jpg

尾張瀬戸から名鉄バスに乗車。
目的は愛・地球博記念公園駅行きの路線バスに乗ることが目的。

20170212_meitetsu_bus-01.jpg

微妙に距離がある陶磁美術館を結ぶ目的がメインに据えられているようですが、利用の実態は瀬戸市側の住宅地を中心に双方向から利用が目立ちます。

20170212_meitetsu_bus-02.jpg

バス乗車後はモリコロパークに寄り道して園内バスでも撮ろうかと思ったのですが、当日は園内の周回路を使ってマラソン大会が実施されていたため終日運休でした・・・。

20170212_moricoro_park-01.jpg
20170212_moricoro_park-02.jpg
20170212_moricoro_park-03.jpg
20170212_moricoro_park-04.jpg

公園西駅周辺は万博閉幕後に一度原状水田地帯に戻されていたのですが、南側は宅地の造成が始まり、北側はIKEAの新店舗建設工事が進められていて、随分変わりました。

20170212_koen_nishi-01.jpg
20170212_koen_nishi-02.jpg
20170212_koen_nishi-03.jpg

これに合わせて駅の増築工事も行われ、八草方にエレベータを新設する工事が進められていました。

20170212_koen_nishi-04.jpg
20170212_koen_nishi-06.jpg
20170212_koen_nishi-07.jpg
20170212_koen_nishi-08.jpg
20170212_koen_nishi-09.jpg

名駅へ戻って名鉄の撮影。
ここ数年の名鉄は地味に車両が置き換わったり、リニューアルされたりするのでサボると面倒なことになります。

20170212_meitetsu_3300-01.jpg
20170212_meitetsu_2200-01.jpg
20170212_meitetsu_1000n-01.jpg

1000・1200系のリニューアル車を車内写真を撮りたかったのですが、人がそこそこいる豊橋や岐阜ではやや困難で、都合が良い場所となると知多半島エリアの末端にある内海か河和に限られました。

20170212_meitetsu_1000n-02.jpg
20170212_meitetsu_1200n-01.jpg

40分程待って河和行きがリニューアル車でやって来たので、そのまま終点まで乗って車内写真を撮影。

20170212_meitetsu_1200n-in01.jpg
20170212_meitetsu_1000n-in01.jpg

序でに編成写真も撮っておきました。

20170212_meitetsu_1200n-02.jpg

河和から国府宮へ移動。
1時間足らずでしたが、ここでは1700・2300系の編成写真を撮影。

20170212_meitetsu_1700-01.jpg

これで12日の撮影は終了。
アーバンライナーに乗って帰阪しました。

20170212_kintetsu_21000-01.jpg

category: 日記

tag: 名鉄バス  三重交通  しずてつジャストライン  名古屋鉄道  連続立体交差事業  リニモ  駅改良工事 
tb: 0   cm: 0

2017年1月29日 名鉄知立駅連立事業レポ  

名鉄知立駅の連立事業見聞。

前回の見聞から経過している間に仮線への切替が進められている知立駅へ来訪しました。

仮線への切替は名古屋本線上り線まで切替が完了し、現在は名古屋本線下り線の仮線工事が進められています。
旧上り線ホームを一度撤去してから仮ホームなどを構築するようで、ホーム中程まで工事が進んでいます。

20170129_chiryu-01.jpg

名古屋方の様子。

20170129_chiryu-02.jpg
20170129_chiryu-04.jpg

三河線から本線への渡り線が設けられており、車両の送り込みや直通列車の設定は出来るようになっているほか、引き上げ線も用意されています。

20170129_chiryu-03.jpg

既に仮線へ移転した三河線と共に。

20170129_chiryu-05.jpg

名古屋方から下り仮ホーム工事の様子。

20170129_chiryu-06.jpg

仮跨線橋からの眺め。
名古屋方。

20170129_chiryu-07.jpg

続いて豊橋方。
工事着手前に豊橋方あった地下連絡通路は埋め戻されています。

20170129_chiryu-08.jpg

本線上り仮ホームへ降りてきて豊橋方へ。

20170129_chiryu-09.jpg

本線上り線の仮線には既に下り仮線のスペースが確保されています

20170129_chiryu-10.jpg

電気関係の配線が物々しいです。

20170129_chiryu-11.jpg
20170129_chiryu-12.jpg

豊橋方の仮ホーム工事の様子。

20170129_chiryu-13.jpg

名古屋方同様、これからのようです。

20170129_chiryu-14.jpg

今回の知立駅の連立事業レポは以上です。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 連続立体交差事業  名古屋鉄道  名鉄名古屋本線 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2017年1月29日  

2017年1月29日(

29日は何となく三河国へ。

まずは渥美半島の中程にある三河田原へ。

20170129_mikawa_tahara-01.jpg
20170129_mikawa_tahara-02.jpg

最後に来訪したのが2013年4月29日なので、約4年近く来訪していない間に随分と変わってしまいました。

20170129_mikawa_tahara-03.jpg

都市計画道の整備に合わせて実施された駅前整備事業によって新駅舎になり、のりばも1面2線から2面4線と留置線1線となり発着能力と夜間の収容能力が向上されています。

20170129_mikawa_tahara-14.jpg
20170129_mikawa_tahara-19.jpg
20170129_mikawa_tahara-21.jpg
20170129_mikawa_tahara-35.jpg

三河田原駅新駅舎などの詳細は稿を改めて後日報告します。

続いて知立へ。

20170129_chiryu-04.jpg

連立事業のが着手されて年数が経過している知立駅は名古屋本線上り線の仮線移設が完了。
引き続き名古屋本線の下り仮線の工事が進められています。

20170129_chiryu-07.jpg
20170129_chiryu-08.jpg
20170129_chiryu-09.jpg

この日は午後前に名古屋入りしたことで時間があまりなかったことからここで切り上げて帰阪しました。

category: 日記

tag: 豊橋鉄道  駅改良工事  名古屋鉄道  連続立体交差事業 
tb: 0   cm: 0

2016年12月4日 近鉄名古屋線伏屋駅連立事業見聞 その2  

近鉄名古屋線伏屋駅の高架工事レポの続き。
改札内コンコースへ下りてきました。

下りホームへの上り口周り。

20161204_fushiya-15.jpg
20161204_fushiya-16.jpg
20161204_fushiya-17.jpg

高架下はまだ工事中であるため、現状は通路の部分のみ使用されています。

20161204_fushiya-18.jpg
20161204_fushiya-19.jpg

通路は構内踏切に繋がっています。

20161204_fushiya-20.jpg
20161204_fushiya-21.jpg

駅舎側から下りホームへの通路を撮影。

20161204_fushiya-22.jpg

下り仮ホーム跡は上り高架橋が構築されています。

20161204_fushiya-23.jpg
20161204_fushiya-24.jpg
20161204_fushiya-25.jpg
20161204_fushiya-26.jpg

改札を出て外から撮影。

20161204_fushiya-27.jpg

今回のレポは以上です。

category: 未分類

tag: 近畿日本鉄道  連続立体交差事業 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop