DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »近鉄特急
このページの記事一覧

2017年1月15日 更新された近鉄の特急券券売機  

大阪難波駅下りホームに4台設置されている特急券券売機のうち1台が新型に更新されました。

近鉄のホーム上に設置されている特急券券売機は2004年にタッチパネル式液晶モニタの大型化とフルカラー化が行われインターネット予約した特急券の発行やクレジットカードへの対応などの改良が行われた現行モデルへ更新されましたが、2016年末から大阪難波駅に1台置換えられた事を知り実機を確認してきました。

ホーム設置形の特急券券売機としては3世代目(?)になるそうで、新型は指定券券売機をベースに開発されたと見られます。

20170115_kintetsu_ltdexp_ticket_machine-01.jpg
20170115_kintetsu_ltdexp_ticket_machine-02.jpg

券売機上部のモニタには発券対象の列車と空席情報が表示されます。

20170115_kintetsu_ltdexp_ticket_machine-03.jpg

見た感じでは普通乗車券の券売機と変わりません。

20170115_kintetsu_ltdexp_ticket_machine-04.jpg

タッチパネル。
操作感は列車指定と座席マップが使えないなどの点を除けば改札外コンコースの特急券券売機とほぼ同じ感じです。

20170115_kintetsu_ltdexp_ticket_machine-05.jpg

金額投入および発券周り関係。
新型券売機でクレジットカードが利用できるか不明ですが、確かなのはICカードは使えないようです。

20170115_kintetsu_ltdexp_ticket_machine-06.jpg


発売時間外の表示。
現行形と同じく発券対象列車の15分前(?)まではインターネット予約分の受取りのみとなります。

20170115_kintetsu_ltdexp_ticket_machine-07.jpg

今回はここまでですが、著者自身これで発券したことがないため、機会があれば追ってレポします。
スポンサーサイト

category: 関西地区の鉄道

tag: 近畿日本鉄道  近鉄特急 
tb: 0   cm: 1

週末日記 2014年3月23日  

2014年3月23日(

23日は朝早くに三宮へ出向いて乗り入れを開始した近鉄特急を、その後は鉄道工事と鉄道イベント巡りをしてきました。

まずは三宮へ。
ツアー組込みの団体臨時列車として乗り入れを開始した近鉄特急を待ち構えることにしました。

8時過ぎの時点でご覧の通り。

20140323_sannomiya-01.jpg

待っている間に三宮折返しの5000系の車内写真を撮影。
なかなか撮れないんです。こんな感じで・・・。

20140323_hanshin_5000-in01.jpg

車止め側は人集りが多いため、下りホームの梅田側へ

20140323_sannomiya-02.jpg

団体臨時列車が到着。
今のところ、阪神乗入れ対応工事が施工されているのは22600系の一部のみで、事実上特定の編成が専用車両として充てられるようです。

20140323_kintetsu_22600-01.jpg

団体扱いのため発車標は「貸切」表示。
該当時間帯は直通の快速急行が新開地発であるため、前2本に普通車が2番線折返しで入る以外は調度空きがあるタイミングのようです。
なので、定期運用となると現行ダイヤで設定されている三宮対伊勢志摩観光に絞るなら何とかなりますが、フルタイムで入るなら三宮駅構内のやり繰りに影響が出そうです。

20140323_sannomiya-03.jpg

団体列車を撮影後は尼崎へ先回りして編成写真を撮影。
かなり無理をしていますが・・・。

20140323_kintetsu_22600-02.jpg

阪神へ乗入れた近鉄特急を追いかけた後は近鉄奈良線の高架工事の見聞。
いよいよ今年秋に上り線の高架切替工事が実施されるため、現段階の進捗状況の確認をしてきました。

各駅ともほぼ形が出来ている状態ですが、若江岩田と河内花園駅は切替え後の地上線撤去まではホーム幅と階段幅が狭い暫定状態で供用開始される模様です。

20140323_wakae_iwata-01.jpg
20140323_kawachi_hanazono-01.jpg
20140323_higashi_hanazono-01.jpg

京都へ。
京都市による案内表示のリニューアルが実施され、京都駅烏丸口側には総合案内表示板が整備されました。

ただ分かり易いかどうかと言うことに関しては「・・・」

20140323_kyoto-01.jpg

嵐電のイベントへ。
数年前に来場した叡電よりも手狭な車庫であるため、色んな意味で凝縮されています。

20140323_randen_event-01.jpg

帰りは京都特急ニュースター号で。
来る4月1日に実施されるダイヤ変更で所要時間の短縮が図られるそうで・・・。

20140323_kyoto-02.jpg

23日はここまでです。

category: 日記

tag: 阪神電気鉄道  近畿日本鉄道  近鉄特急  連続立体交差事業  近鉄奈良線  京都市交通局  京福電気鉄道  大阪バス 
tb: 0   cm: 0

2013年4月28日 東海地方の史跡と鉄道を巡る旅3 再び50000系「しまかぜ」を狙う  

遠征2日目は初日夕方に捉えた50000系「しまかぜ」を再び捉えに行きます。
前日とは違い、当日は名古屋発の下り列車を狙います。

撮影場所を探しつつ編成写真などを撮っていきます。

20130428_kintetsu_1000-01.jpg

四日市から1010系に乗換えましたが、たまたま人が居ない車内だったため撮っておきました。
この編成自体はB更新を施工車のようで、化粧板が5800系と同じものになっていました。

20130428_kintetsu_1010-in01.jpg

楠に到着。

20130428_kusu-01.jpg

移動途中iPhoneで調べていたところこの駅で撮影する方が都合が良さそうだったため降車した次第。
楠は2面4線で待避線の外側にホームを配した新幹線の通過型駅に多いタイプ。

20130428_kusu-02.jpg

待つこと15分。
名古屋発の「しまかぜ」がやって来ました。

20130428_kintetsu_50000-01.jpg

「しまかぜ」を難なく撮影した後は松阪へ。
ここでは1200系を撮影なのですが、写真の編成は2430系と併結された4両編成で長距離運用にも入ることから、サ1380形には便所が設けられています。

20130428_kintetsu_1200-01.jpg
20130428_kintetsu_1200-in01.jpg

竣工当初から設けられている便所。
該当箇所の窓は竣工当時は明かり窓が設けられていましたが、更新工事施工後は埋められています。

20130428_kintetsu_1200-02.jpg

便所が設けられている区画。
1200系でこの使用になっているのは2本だけなので、他社との共通化のためか視線対策は特にとられておらず、ロングシートのままとなっています。

20130428_kintetsu_1200-in02.jpg

便所は和式。
シリーズ21の一系列である5820系50番台に設けられている便所は洋式ですが、それまでの一般車における便所は和式だったようです。

20130428_kintetsu_1200-in03.jpg

→次に続く。

category: 東海地方遠征

tag: 近畿日本鉄道  近鉄特急  しまかぜ 
tb: 0   cm: 0

2013年4月27日 東海地方の史跡と鉄道を巡る旅2 50000系「しまかぜ」と渦中のナローを巡って  

津城を出て次なる目的は50000系こと「しまかぜ」を捉えるため移動しますが、その前に着替えの入った大きめの鞄が邪魔になるため一旦、名古屋へ出向いて荷物を預けてから再び伊勢中川方面へ移動しつつ「しまかぜ」を出迎えることにしました。

さて、肝心の撮影場所ですが、まず停車駅である四日市を考えたのですが、既に先客がいたため断念。
そこで伊勢中川方面へ一駅先にある新正にするしかありませんでした。

20130427_shinsho-01.jpg

ひとまず撮影開始。
先にやって来たのは1230系。

車両制御装置が日立製で主に近鉄奈良線・京都線系統で使用されるのですが、一部編成は近鉄大阪線・名古屋線系統でも使用され、さらにワンマン運転対応に改造された編成も存在します。

20130427_kintetsu_1230-01.jpg

そしてやって来ました50000系「しまかぜ」
ある意味厳しい撮影でした・・・。

20130427_kintetsu_50000-01.jpg

撮影後は平田町へ移動。
ここからは三重交通の路線バスに乗って内部へ移動。

20130427_hiratacho-01.jpg

存廃問題巡って近鉄と四日市市と揉めている内部線へ。

20130427_utsube-01.jpg

内部・八王子線の主力260系。

20130427_kintetsu_260-01.jpg

車内写真も撮っておきました。
まずは先頭車。

路線バスのような1列+1列配置のクロスシート。

20130427_kintetsu_260-in01.jpg

天井周り。
扇風機の代わりに補助送風機が設けられています。

20130427_kintetsu_260-in03.jpg

中間車。
こちらは旧型車両ですが、座席配置はロングシートとなっています。

20130427_kintetsu_260-in02.jpg

扇風機。

20130427_kintetsu_260-in04.jpg

乗務員室後方。
こちらは四日市方。

20130427_kintetsu_260-in05.jpg

同じく内部・西日野方。

20130427_kintetsu_260-in06.jpg

内部・西日野方には両替機がありますが、50円と100円硬貨しか両替出来ません。
変造硬貨・紙幣対策のための機器更新を渋っているようですが、考えられる理由は後述します。

20130427_kintetsu_260-in07.jpg

運転台。

20130427_kintetsu_260-cab01.jpg

さて、基本的な流動ですが近鉄四日市を軸とする地方郊外路線の典型です。

近鉄四日市駅に到着。

20130427_yokkaichi-02.jpg

歴史的な経緯などからやや離れた場所にある近鉄名古屋線とは離れた場所にあるため、改札口が別々となっています。
また、券売機の無い小古曽から近鉄四日市で後者または同駅跨いで利用する場合は改札口で精算する必要があります。
改札口が分離していることと内部・八王子線の流動が、あの両替機がお古のまま放置されている要因の一つだったりします。

20130427_yokkaichi-03.jpg

この路線自体、北勢線と違うのは距離が短いことが取りこぼしの額が比較的小さいと言うことにもつながりそうで、投資しても利益にならないことと車両の足回り自体が特殊すぎて初期投資が高く付くなどがあり、近鉄としては投資意欲が遠のく要因とも見られているのでしょう。

では、北勢線のようにリニューアルと高速化すれば取りこぼしが押さえられて利用も増えて万々歳かというとそうでも無く、北勢線は国や自治体からの補助で100億円ほど投じた結果であり、それも北勢線と並走する形で設定されていた路線バスの利用が相対的に減少した影響でバスの路線網が縮小して空白地帯発生したという本末転倒な結果になっています。
また、リニューアルと高速化の費用負担で言うと表向きは三岐鉄道の自己負担となっているが、実際は沿線市町からの向こう10年間の赤字補填のための運営資金や補助金が大きく含まれていると言う点で、地域輸送を民間企業に丸投げしようとしている四日市市の姿勢に違和感を抱かざるを得ません。

日本の陸上交通で見る限り、思うに任せろ的にネットワークを広げたた結果、撤退するのが困難な状況に陥っているのが現在の姿であることは明白なのですが・・・。

20130427_yokkaichi-04.jpg
20130427_yokkaichi-05.jpg

さて、遠征初日の活動はこれで終了。
名古屋へ向かって夕食とします。

20130427_yokkaichi-06.jpg
20130427_yokkaichi-01.jpg

名古屋での夕食。

20130427_diner-01.jpg

夕食をさらっと頂いた後はホテルへ向かい、遠征2日目を迎えます。

→次に続く。

category: 東海地方遠征

tag: 近畿日本鉄道  近鉄特急  しまかぜ  近鉄内部・八王子線   
tb: 0   cm: 0

2010年6月13日 お城とモリコロを巡る日帰りの旅1 松阪へ  

6月は大きな遠征はしていませんが、6月13日に思いつきで松阪城と2年ぶりに名古屋郊外のモリコロパークへ来訪しました。
遠征ネタが尽きたので(汗)今回から詳細を報告していきます。

当日はブログの更新で徹夜状態となって明け方を迎えたということもありましたが、まだ起きれそうだったので「起きれるならそのまま出かけてしまおう!」ということで明け方4時ごろに手近で行ける場所を選定。

手近なら岡山か名古屋という線で、岡山は日本100名城の岡山城・鬼ノ城・備中松山城がありますが、これらは個別で巡るよりも岡山連泊のほうが楽なのでパス。

名古屋は中京圏にある日本100名城は来訪済み(夜間来訪だった岐阜城は別途考えています)ですが、モリコロパークこと愛・地球博記念公園には動きが見られないだろうと思いここ2年程来訪しておらず、瀬戸会場にあった天水皿nの周辺を整備した瀬戸万博記念公園(愛・パーク)へは来訪してないということもあり、まずはここを目指すことします。

それで折角なので、名古屋へ出向く途中に三重県内では伊賀上野城と共に日本100名城に選定されている松阪城への登城も加えるということにしていつものカメラ一式を携えて5時過ぎに自宅を出発しました。

まずは松阪を目指します。
今回は一度上本町まで出て、折り返し賢島行き特急に乗り込みます。

20100613_uehommachi-01.jpg
20100613_kintetsu-01.jpg

あらかじめ上本町駅近くのコンビニで買っておいた朝食を頬張りながら松阪城のある旧伊勢国へ入ります。
伊勢志摩への特急としては短めの4両編成ですが、乗車率的には4割~5割程度といったところです。

途中の伊勢中川では短絡線の橋梁架け替え工事が進められています。
曲線が若干緩和されているように感じますが、実際の所要時間には大きく影響しないと思われます。

20100613_ise_nakagawa-01.jpg

松阪に到着。
今回乗ったのは22000系。

20100613_kintetsu_22000-01.jpg

到着後ちょうどいいタイミングで入線してきた名古屋行き特急の先頭が2本しか存在しない12600系。
この12600系は在籍が富吉検車区で専ら名伊特急に就き、阪伊特急や名阪特急系統には滅多に入らないので、逃すまいと思い撮っておきました。

20100613_kintetsu_12600-01.jpg

さて、改札口を出て松坂城を目指します。

20100613_matsusaka-01.jpg

→次に続く。

category: 東海地方遠征

tag: 近畿日本鉄道  近鉄特急 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop