DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »西宮市
このページの記事一覧

週末日記 2009年5月31日  

2009年5月31日(

5月最後の週末は日曜日だけ。
この日は阪神・神鉄・山陽の工事・施設確認と車両の撮影のお出かけをしてきました。

20090531_mukogawa-01.jpg

まずは阪神本線の武庫川~甲子園の連立事業を。
阪神本線の西宮市域では立体交差されていない区間1で、昨年辺りから仮線を設けるための工事が着手されていました。

当日は仮線工事の進捗状況を確認するため武庫川から甲子園まで徒歩で確認。

20090531_hanshin-01.jpg

甲子園まで歩いた後は編成写真の撮影。
ここでは1000系・9000系・8000系の赤銅車3本のみ。

20090531_hanshin_1000-01.jpg
20090531_hanshin_9000-01.jpg
20090531_hanshin_8000-01.jpg

甲子園から新開地経由で神鉄に乗り換えて長田へ。
六甲山系の斜面に面した神鉄の長田は前後を急勾配に挟まれています。

20090531_shintetsu_5000-01.jpg

この近くにある房王子踏切から神鉄の車両を撮影。
今回はサイトの素材として使用するため神鉄最急勾配の50パーミルの勾配標を絡めて撮りました。

20090531_shintetsu-01.jpg

新開地へ戻り、新開地~山陽須磨までの区間をちょっと検証してみました。
現行の阪神なんば線での実績を踏まえながら現地で見立てる限りでは、須磨寺~山陽須磨の急曲線がネックになりそうですが、それ以外は大きな問題は無さそうです。

その途中、高速長田では東改札口新たに設けられることになり、梅田・神戸方には階段とエレベーターを新設されるのですが、既存のホームにドンと設けるのではないようです。

20090531_kosoku_nagata-01.jpg

ここでは遊び的に8両編成の可否を見るための検証も・・・。
震災後に地下化された板宿は拡張出来るようにスペースが用意されていますが、それ以外の新開地以西の各駅はもう一度開削しなければ8両化が難しい感じです。

東須磨で3000系のリニューアル車に遭遇。

20090531_higashi_suma-01.jpg
20090531_sanden_3000-01.jpg

設計的には一世代古くなった5000系グループが最新鋭である中、さらに古い3000系も何本かリニューアルされているようです。
首都圏では同年代の車両が置換えられていますが、関西地区ではまだ主力で活躍している方が多い感じですね。
スポンサーサイト

category: 日記

tag: 阪神電気鉄道  神戸電鉄  山陽電気鉄道  連続立体交差事業  西宮市 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop