DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »若桜鉄道
このページの記事一覧

2008年7月19日 夏の中国地方遠征3 若桜鉄道  

20080719_wakasa-01.jpg

若桜からは若桜鉄道に乗って鳥取へ戻るのですが、日本交通の若桜駅前停留所は若桜鉄道の若桜駅から離れた県道上にあることから、ここから若桜駅までは徒歩で向かうことになります。

停留所から来た道を戻って最初の交差点を右に曲がって進んだ先に若桜駅があります。

20080719_wakasa-02.jpg
若桜駅前停留所から郡家方へ戻ってすぐの交差点に若桜駅への標識がありますので、ここを右に曲がって・・・。

20080719_wakasa-03.jpg
写真の道を真っ直ぐ進むと・・・。

20080719_wakasa-04.jpg
若桜鉄道若桜駅に到着します。

若桜駅の停留所は2ヶ所あるようで、県道上にある若桜駅前停留所は一般の路線バスの停留所で、もう一つが若狭駅停留所で、こちらは実際の駅前広場にあり主にコミュニティーバスが乗り入れています。

20080719_wakasa-05.jpg
若狭駅前の様子(写真は2つの画像をパノラマ合成しています)
写真左側が若狭鉄道若狭駅、
コミュニティバスは写真中央の店先にある停留所から発着。
一般路線バスである日本交通若桜線の若狭駅前停留所は駅正面の道路(写真右側)から歩いた先にある。

早速、乗車することにします。

20080719_wakasa-06.jpg

車内収受方式のワンマン運転である若狭鉄道は、始発駅・中間駅問わず整理券が発行されますが(鳥取駅は除く)、若狭駅には窓口があることから、ここで鳥取までの乗車券を購入したのですが、珍しく硬券が扱われていました。

20080719_wakasa_rail-01.jpg

若狭駅は1面1線とシンプルなものですが側線があり、駅本屋を中心に郡家方が車両基地となっています。

20080719_wakasa-07.jpg

反対側の終端側にはターンテーブルと保存されているSLが留置されていていますが、駅窓口で入構券を購入すると、これら車両が間近で見ることが出来ます。

20080719_wakasa-08.jpg

車内に乗り込み鳥取へ戻ります。
若狭鉄道は転換当初の車両(WT-2500形)から更新されたWT-3000形(写真の車両)とステンレス車両のWT3300形が在籍しています。

20080719_wakasa_wt_3000-01.jpg

若桜を出発すると程なく市街地を抜けて山と川に挟まれた田園地帯を西へ進みます。

20080719_wakasa_rail-02.jpg

途中駅周辺にはその町の中心部である市街地が形成されているのですが、往路のバスで見た限りは如何せん規模が小さく感じたのですが、思っている以上に利用があるようで、郡家に到着した時点では満席になり立ち客が出るほどでした。

20080719_wakasa_rail-03.jpg

基本的には鳥取への流れが顕著で、郡家から因美線に入っても降車はあまり無く乗り込みが多く、鳥取に到着する時点では120pに達しました。

若桜鉄道を乗りつぶして鳥取に戻ったら鳥取砂丘へ向かいます。

→次に続く。
スポンサーサイト

category: 中国地方遠征

tag: 若桜鉄道 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop