DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »肥前唐津城
このページの記事一覧

2011年5月5日 筑肥の城を巡る旅37 肥前唐津城・その4  

唐津城旧城下町の続き。

大手口バスセンター付近の奇妙な形の交差点があります。
これは唐津城の大手門があった場所。

20110505_karatsu_castle-64.jpg

西側へ歩いて行くと櫓をもしたトイレと堀が見えてきます。

20110505_karatsu_castle-53.jpg
20110505_karatsu_castle-54.jpg

ここは三ノ丸堀の肥後堀を一部再現したもので、三ノ丸跡側には唐津市役所の庁舎が建っています。

20110505_karatsu_castle-55.jpg
20110505_karatsu_castle-56.jpg
20110505_karatsu_castle-57.jpg

市役所正面にある交差点をまっすぐ進むとJR唐津駅にたどり着きます。

20110505_karatsu_castle-58.jpg

肥後堀西側。
一部のみ再現されているため陳腐な印象を受けますが、史実の肥後堀はもっと大規模なものでした。

20110505_karatsu_castle-59.jpg
20110505_karatsu_castle-60.jpg

肥後堀から大手門を経て東へ進むと復元された櫓が見えてきます。

20110505_karatsu_castle-61.jpg

これは三の丸辰巳櫓。
三の丸の南東側に建っていた櫓で、廃城後に解体されたものを1992年に復元したものです。

20110505_karatsu_castle-08.jpg
20110505_karatsu_castle-63.jpg

このあとは曳山展示館などを見てきます。

→次に続く。
スポンサーサイト

category: 九州・沖縄地方遠征

tag: 日本の城郭  肥前唐津城 
tb: 0   cm: 0

2011年5月5日 筑肥の城を巡る旅36 肥前唐津城・その3  

ここからは旧城下町に残れている唐津城の史跡を見てきます。

20110505_karatsu_castle-40.jpg

舞鶴橋から見る何かの入口は水ノ門跡らしい。

20110505_karatsu_castle-41.jpg

溝の門跡の先にあるのが、高島渡船の臨時のりばで、これは城下橋を渡った駐車場の対岸にある宝当桟橋が干潮時に入れなくなるために代替で使用されるもので、それ以外の時は宝刀桟橋が使われます。

20110505_karatsu_castle-43.jpg

二の丸跡。

20110505_karatsu_castle-42.jpg

二の門堀。

唐津城は地続きだった真島山を堀で切り離して築城したもので、二の門堀は主郭部になる二の丸と外側になる三ノ丸を区切るために掘られたもの。

この二の門堀は薩摩堀とも呼ばれていますが、それは築城に際しては九州中の大名の助力があり、普請に協力した大名の領地名を堀の名に残したもの。

20110505_karatsu_castle-44.jpg
20110505_karatsu_castle-45.jpg

二の門跡付近にある時の太鼓。


20110505_karatsu_castle-46.jpg

北城内児童公園にある時の太鼓は唐津城市整備計画により再現されたもので。ご覧の通り櫓の形となっています。

20110505_karatsu_castle-47.jpg

埋門ノ館。
観光施設で史跡とはあまり関係ないのですが、この場所に埋門小路と言う道があった事から名付けられたもの。

20110505_karatsu_castle-48.jpg

20110505_karatsu_castle-49.jpg

西ノ門館。
埋門ノ館と同じく観光施設。

20110505_karatsu_castle-50.jpg

旧唐津藩藩校中門。

20110505_karatsu_castle-51.jpg

ここは唐津藩の藩校跡で現在は中門のみ残された南城内児童公園となっています。

20110505_karatsu_castle-52.jpg

→次に続く。

category: 九州・沖縄地方遠征

tag: 日本の城郭  肥前唐津城 
tb: 0   cm: 0

2011年5月5日 筑肥の城を巡る旅35 肥前唐津城・その2  

櫓門を通り本丸へ入ります。

20110505_karatsu_castle-21.jpg
20110505_karatsu_castle-22.jpg

工事用フェンスに描かれている唐津神祭行列図。

20110505_karatsu_castle-36.jpg

石垣修復工事のためご覧の通り手狭・・・。

20110505_karatsu_castle-23.jpg

修復工事の様子。

20110505_karatsu_castle-24.jpg

本丸内にある石碑。

20110505_karatsu_castle-25.jpg
20110505_karatsu_castle-26.jpg
20110505_karatsu_castle-27.jpg

本丸の隅にある櫓をもして休憩所・売店。

20110505_karatsu_castle-28.jpg

唐津城天守。
史実の唐津城には天守が存在してなかった事から写真の天守は模擬天守と言う事になります。

20110505_karatsu_castle-37.jpg
20110505_karatsu_castle-29.jpg
20110505_karatsu_castle-30.jpg

では天守内へ。

20110505_karatsu_castle-31.jpg

天守内は唐津城に関する歴史、武具などが紹介・展示されています。

20110505_karatsu_castle-01.jpg

最上階は展望室になっていて、ここから虹の松原や唐津の市街地、唐津湾に浮かぶ島などが一望できます。

20110505_karatsu_castle-06.jpg
20110505_karatsu_castle-32.jpg
20110505_karatsu_castle-33.jpg
20110505_karatsu_castle-34.jpg

ヨットの練習?

20110505_karatsu_castle-38.jpg
20110505_karatsu_castle-39.jpg

唐津城の天守をあとにして、旧城下町を見てきます。

20110505_karatsu_castle-35.jpg

→次に続く。

category: 九州・沖縄地方遠征

tag: 日本の城趾  肥前唐津城 
tb: 0   cm: 0

2011年5月5日 筑肥の城を巡る旅34 肥前唐津城・その1  

それでは唐津城本丸へ向かいます。
バス停の付近にある石垣は藩主の御殿があった二の丸跡のもので、現在は早稲田佐賀中学・高等学校の敷地となっています。

20110505_karatsu_castle-09.jpg

南側にある駐車場は下曲輪跡。
手前の道路は腰曲輪跡で画像左手に進むと水の手門跡があります。

20110505_karatsu_castle-10.jpg

下曲輪跡から見る唐津城天守。

20110505_karatsu_castle-11.jpg

では正面登り口から石段を登って。

20110505_karatsu_castle-12.jpg
20110505_karatsu_castle-02.jpg
20110505_karatsu_castle-13.jpg

総締門跡。

20110505_karatsu_castle-15.jpg


総締門の枡形を通り石段を登って行くと二の曲輪の藤棚の直下に出ます。

20110505_karatsu_castle-16.jpg
20110505_karatsu_castle-17.jpg
20110505_karatsu_castle-03.jpg
20110505_karatsu_castle-19.jpg

二の曲輪の南東側。

20110505_karatsu_castle-18.jpg

藤棚越しに見る唐津城天守。

20110505_karatsu_castle-04.jpg

二の曲輪は本丸石垣の修復工事のため東側半分だけ立ち入る事が出来ます。

20110505_karatsu_castle-20.jpg

二の曲輪から見る天守。

20110505_karatsu_castle-05.jpg

このあとは本丸へ上がります。

→次に続く。

category: 九州・沖縄地方遠征

tag: 日本の城郭  肥前唐津城 
tb: 0   cm: 0

黄金週間日記 2011年5月5日  

2011年5月5日(

後半遠征最終日は肥前国入り。
目的は唐津城と肥前名護屋城への登城。

20110505_karatsu_castle-01.jpg

天神BCから昭和バスの高速バス「からつ号」に乗って唐津城へ。

20110505_showa_bus-01.jpg

ここで乗った7:21発の便が「からつ号」で唯一唐津城入口付近まで乗入れると言うこともあって大手口からひたすら歩くというのは避けられましたが、最後まで乗ってたのは私だけというのは何ともです・・・。

20110505_showa_bus-02.jpg

唐津城は築城400年を経て緩みなどが発生した石垣の解体修復作業が進められていて、二の曲輪の西半分が立入れない状態。

20110505_karatsu_castle-02.jpg
20110505_karatsu_castle-03.jpg
20110505_karatsu_castle-04.jpg
20110505_karatsu_castle-05.jpg
20110505_karatsu_castle-06.jpg

市街地化された二の丸跡などは各所に石垣が残されているほか、一部の櫓が復元されているなどかつて城下町であったことを示すものが見られます。

20110505_karatsu_castle-07.jpg
20110505_karatsu_castle-08.jpg

午後からは唐津大手口BCからバスに乗って肥前名護屋城へ。
唐津市呼子のさらに西側に位置する名護屋城跡は廃城後石垣が破壊されているものの、各曲輪は比較的広範囲に渡り残されています。

20110505_hizen_nagoya_castle-01.jpg
20110505_hizen_nagoya_castle-02.jpg
20110505_hizen_nagoya_castle-03.jpg
20110505_hizen_nagoya_castle-04.jpg
20110505_hizen_nagoya_castle-05.jpg
20110505_hizen_nagoya_castle-06.jpg

唐津へ戻って博多へは筑肥線・市営地下鉄空港線を利用。

20110505_showa_bus-03.jpg

たまたま快速に乗れましたが、103系1500番台となかなか303系に当たりません。

20110505_jrkyushu_ec_103_1500-01.jpg

筑前前原~姪浜で303系とすれ違ったことから、福岡空港まで乗り通して待ち構えると首尾良く捕まえましたが、車内写真は人が多かったため撮れませんでしたので、アイコンショットで我慢・・・。

20110505_jrkyushu_ec_303-01.jpg

ここで現地行動は終了。
夕食を挟んでさくら580号で帰阪しました。

20110505_diner-01.jpg
20110505_hakata-01.jpg
20110505_jrwest_tec_n700-01.jpg

category: 日記

tag: 日本の城郭  肥前唐津城  日本100名城  肥前名護屋城  昭和バス  JR九州  JR西日本 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop