DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »美濃松尾城
このページの記事一覧

2009年9月21日 東海地方の城郭と鉄道を巡る旅29 関ヶ原古戦場・その4  

関ヶ原古戦場埋めぐりの締めくくりとして小早川秀秋の陣跡へ向かうのですが、その前にお遊び的ショットを・・・。

20090921_sekigahara-41.jpg
20090921_sekigahara-42.jpg

小早川秀秋陣跡は関ヶ原の南側にある松尾山にあります。
元はこの場所に南北朝時代に建てられた美濃松尾城跡(松尾山城とも呼ばれる)があったそうで、陣跡は山頂付近にある城跡を利用して布陣したのでそうです。

ここへ登るのですが、思っている以上に遠くにある感じで、山頂付近にある旗がチョンとある感じです。

20090921_sekigahara-04.jpg

東海道線の跨線橋を越えて市街地の南側に出するとすぐ近くを通る国道を渡ります。

20090921_sekigahara-44.jpg

国道を渡って市街地をさらに南進すると東海道新幹線の高架橋が見えてきます。

20090921_sekigahara-45.jpg

東海道新幹線高架橋の南側はご覧の様子。

20090921_sekigahara-46.jpg

上の写真の場所は西側に水田があり、ここから東海道新幹線を北に名神自動車道を南に見ることが出来ます。

20090921_sekigahara-48.jpg
20090921_sekigahara-47.jpg

名神自動車道のガード下を潜ってすぐ右手に曲がると脇坂安治陣跡がありますが、日没まで時間がありませんのでパスして川沿いの農道を進みます。

20090921_sekigahara-49.jpg

駐車場が見えてくると松尾山の登山口に到着です。

20090921_sekigahara-50.jpg

松尾山の登山道は山頂の松尾山城との由来から城山林道として整備されていますが、東海自然歩道の一部として組み込まれています林道となっています。

20090921_sekigahara-51.jpg

登山口にはハイカーや観光客向けに杖が備え付けられています。

20090921_sekigahara-52.jpg

17:04に登山口を出発。
松尾山山頂を目指します。

登山口から10分ほどして最初の分岐点が見えてきます、この写真だと松尾山は右側へ。

20090921_sekigahara-53.jpg

1~2分ほどで2つ目の分岐点に到着。
ここ分岐点は松尾山山頂へ向かう道と山頂を避ける道で、いずれも山を挟んで反対側にある今須の集落に通じています。
ここでも松尾山山頂へ向かう右側の道を行きます。

20090921_sekigahara-54.jpg
20090921_sekigahara-55.jpg

ここから先は尾根をいくつか越えるためアップダウンが激しくなります。
この辺りから山頂付近は松尾山城跡であることから曲輪跡が見られるようですが、確認する余裕がないまま先を急ぎます。

20090921_sekigahara-05.jpg

17:27 登山口をスタートして23分で小早川秀秋陣跡がある松尾山山頂に到着。
通常は片道40分と案内されているのを6割の時間で駆け抜けたことになりますが、結構きつかったです。

20090921_sekigahara-06.jpg

→次に続く。
スポンサーサイト

category: 東海地方遠征

tag: 関ヶ原古戦場  日本の城郭  美濃松尾城 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop