DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »筑前鴻臚館
このページの記事一覧

2011年5月3日 筑肥の城を巡る旅10 筑前福岡城・その7  

最後は三の丸の東側を見てきます。

下の橋から内濠に沿って東へ歩いて行きます。

20110503_fukuoka_castle-111.jpg

上の橋付近に変わったものが・・・。

20110503_fukuoka_castle-115.jpg

これは「スーパーUFO」と言う水浄化システムで、動力源に太陽光発電を用いています。

20110503_fukuoka_castle-112.jpg

ちなみに噴水している様子も見られます。

20110503_fukuoka_castle-113.jpg

三の丸東側にある上の橋。

20110503_fukuoka_castle-114.jpg

上之橋御門跡。

20110503_fukuoka_castle-09.jpg


上之橋御門の枡形を抜けると三の丸東郭(東丸)があり、武家屋敷であったその跡地には福岡高等裁判所が建っています。

20110503_fukuoka_castle-116.jpg

三の丸から東丸側を撮影する。

20110503_fukuoka_castle-117.jpg

武家屋敷が建並んでいた三の丸自体は広大で、先に触れた北丸・東丸があります。
この写真は平和台球場があった場所で、歴史を遡ると福岡城の三の丸ですが、さらに遡ると鴻臚館が置かれていました。

20110503_fukuoka_castle-94.jpg

鴻臚館とは外交および海外交易ための施設でしたが、交易の中心が博多から箱崎の海岸に移ったため衰退しました。
しかし、それから長い時を経た17世紀初期に福岡城を築城した当時は現在の博多駅北方説が一般的となっていたため、遺構の上から築城されました。

廃城後、大正時代に入り九州帝国大学医学部教授の中山平次郎が万葉集の記述などを検討した結果、福岡城址説を提唱したものの、遺構自体は破壊されたものと思われ、実際に遺構の状態が良好であることがされたのは平和台球場の改修工事に際して1987年に行われた発掘調査まで待たれることになりました。

平和台球場が解体された後は本格的に発掘調査が実施され、調査が完了した南側は鴻臚館跡展示館が建てられ、実際に出土した遺構を見ることが出来ますが、今回はパスしました。

フェンスで仕切られた球場跡は復元が検討されているらしく立ち入ることが出来ません。

20110503_fukuoka_castle-08.jpg

これで福岡城趾巡りはおわり。
次の目的地へ移動するため博多駅へ向かいます。

→次に続く。
スポンサーサイト

category: 九州・沖縄地方遠征

tag: 日本100名城  筑前福岡城  筑紫館  筑前鴻臚館   
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop