DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »福岡市営地下鉄
このページの記事一覧

週末日記 2016年10月23日  

2016年10月23日(

23日は福岡市営地下鉄のイベントへ行くことにしていたのですが、その前に御堂筋線の31604編成を捉えるべく夜も明けないうちから中百舌鳥へ出向きました。

公式サイト公開されている22日と23日の運用によると、例の編成の1本目は6時台の中百舌鳥発であることから中百舌鳥の検車場か新金岡の留置線から出庫してくる模様。

そこで該当列車が入線する前に撮影。
初っ端から21系のリフレッシュ車に遭遇したのですが、これがリフレッシュ工事の方針が転換されて以降に施工された編成で一部趣味者の間で「サラミみたいだ」と言われている床面が赤系の柄に張り直されたもの。

20161023_osaka_city_subway_21n-in11.jpg

3本目でようやく31604編成が入線。
じっくりと撮ることが出来、人が殆どいない早朝を狙って正解でした。

20161023_osaka_city_subway_31000-in01.jpg

そのまま、千里中央まで乗車。

20161023_osaka_city_subway_31000-01.jpg

こちらも折返しが2本並びになるタイミングだったので、もう一度撮影。

20161023_osaka_city_subway_31000-in11.jpg

3編成までとの違いは中間車の座席の配置で、これまでは3-5-5-5-3または3-5-5-5-車椅子スペースだったのが、車椅子スペースの位置変更と座席の仕様変更等の理由で3-5-6-5-3または3-5-6-3+車椅子スペース-3に変更となり一部ドア間の座席が車椅子スペースと隣接する事から5人掛から3人掛になっている点と車端部に車椅子スペースの設定がなくなったことで全て3人掛座席が配置されている点でしょう。

#2016.11.7追記 後日確認で先頭車は3-5-5-5(東側)と5-5-3+車椅子スペース-3(中百舌鳥方西側)または3-車椅子スペース+3-5-5(千里中央方西側)の配置となっています。

20161023_osaka_city_subway_31000-in03.jpg
20161023_osaka_city_subway_31000-in04.jpg
20161023_osaka_city_subway_31000-in02.jpg

これらは11月頃を目処にサイトに反映させる予定です。

31604編成を撮影する目的を達したので、福岡市営地下鉄のイベント会場である姪浜へ向かいます。
博多まではのぞみ97号で。

20161023_shin_osaka-01.jpg

久しぶりの九州です。

20161023_hakata-01.jpg

博多から福岡市営地下鉄に乗り換え。
博多駅の発車標がフルカラーに更新され、駅ナンバーも表示されています。
(JRQは駅ナンバーが設定されていないため行先のみ)

20161023_hakata-02.jpg

福岡市営地下鉄空港線系統の車両基地は姪浜ですが、工場の西口から最も近いのは筑肥線下山門駅なので姪浜を過ぎて一駅先にあるこの駅で下車します。

20161023_shimoyamato-01.jpg

通常は使われないと思われる西口か会場入り。

20161023_fukuoka_subway_event-01.jpg

路線規模そのものは東京や大阪とは違い決して大きいわけではないので車両基地そのものの規模もそれになりと言ったところです。

20161023_fukuoka_subway_event-02.jpg
20161023_fukuoka_subway_event-03.jpg

車両基地を出て筑前前原へ。
昼食を挟んでから少しの間だけ撮影。

103系1500番台。
305系に投入で地下鉄乗り入れの運用としては撤退していますが、筑前前原から西唐津のワンマン運転用3連口は今も残っています。

20161023_jr_kyushu_ec_103_1500-01.jpg
20161023_jr_kyushu_ec_103_1500-02.jpg

その103系1500番台を地下鉄乗り入れから駆逐した305系。

20161023_jr_kyushu_ec_305-01.jpg
20161023_jr_kyushu_ec_305-02.jpg

本当は車内写真も撮りたかったのですが、帰阪の時間が迫ってきたので博多へ戻りました。
ここで別の編成をアイコンショットで撮影。

20161023_jr_kyushu_ec_305-03.jpg

博多からはまもなく消滅する700系0番台を使用したのぞみ182号に乗って帰阪しました。

20161023_hakata-03.jpg
20161016_jrcentral_tec_700_0-01.jpg
スポンサーサイト

category: 日記

tag: 大阪市交通局  大阪市営地下鉄  御堂筋線  福岡市交通局  福岡市営地下鉄  JR西日本  JR九州 
tb: 0   cm: 0

2013年1月4日 福岡都市圏を巡る鉄道撮影の旅2 福岡市営地下鉄七隈線・その2  

橋本に到着しました。

20130104_hashimoto-01.jpg
20130104_hashimoto-04.jpg

七隈線橋本駅は島式1面と単式1面の2面3線で、通常は島式ホーム側が使用され、単式ホーム側は降車専用として使用されています。
下の写真は島式ホーム側から見る単式ホームですが、両者は壁で仕切られているためホーム端部しか見えません。

20130104_hashimoto-05.jpg

地上へ出てみます。

20130104_hashimoto-02.jpg

駅前は7年前に来訪した時にあった福岡外環状道路の真上に福岡都市高速道路5号線が、そして道路を挟んだ向かい側にSC「木の葉モール橋本」が出来ているなど様子が変わっています。

20130104_hashimoto-03.jpg
20130104_hashimoto-07.jpg
20130104_hashimoto-09.jpg

駅西側にあるロータリー。

20130104_hashimoto-08.jpg

再びホームへ戻ります。

20130104_hashimoto-06.jpg

車内写真の未撮影箇所の撮影を進めます。
まずは妻面側。

20130104_fukuoka_subway_3000-in08.jpg

どうやら配電盤の有無で4人掛と3人掛の2タイプが存在します。

20130104_fukuoka_subway_3000-in09.jpg

車椅子スペース。

20130104_fukuoka_subway_3000-in10.jpg

4人掛の方は片側に優先席が設定されています。

20130104_fukuoka_subway_3000-in11.jpg

妻面上部にあるLCD式車内案内表示器。

20130104_fukuoka_subway_3000-in12.jpg

車体側面の行先表示器は車端部の窓側上部に設置されています。
車内側から見て窓の天地が小さいのはこれがあるためです。

20130104_fukuoka_subway_3000-02.jpg

博多へ戻って今度は福北ゆたか線へ向かいます。

→次に続く。

category: 九州・沖縄地方遠征

tag: 福岡市交通局  福岡市営地下鉄 
tb: 0   cm: 0

2013年1月4日 福岡都市圏を巡る鉄道撮影の旅1 福岡市営地下鉄七隈線・その1  

2013年1月4日から1月6日まで福岡へ遠征してきました。
今回の遠征は主に福岡都市圏の車両を撮影することですが、基本は撮影ポイントを探ることと車内写真の撮影となります。

三箇日明けの3日間をフルに使うため3日の夜に博多入りをして、翌4日から現地での活動を開始しました。
初日は福岡市営地下鉄の七隈線から。

20130104_tenjin_minami-03.jpg

七隈線は開業翌年の2006年の遠征以来7年ぶりとなります。

20130104_tenjin_minami-01.jpg
20130104_tenjin_minami-02.jpg

七隈線での目的は、同線で使用されている3000形の再撮影。
前回はコンデジの4:3ベースでの撮影だったため、2010年以降の一眼レフに合わせて3:2ベースへの移行と超広角レンズを用いた車内写真の撮影が主な目的。
また、実際の遠征でも乗車機会が少なく、手元の素材がそれに応じて少ないこともその理由です。

20130104_fukuoka_subway_3000-01.jpg

入線してきた3000系を撮影。
車内に数名ほど乗り込まれた状態だったため、天神南駅で撮影出来たのはこの2枚。

20130104_fukuoka_subway_3000-in02.jpg
20130104_fukuoka_subway_3000-in03.jpg

あとは実際に移動しかがら思案していくことにします。
末端に近い次郎丸で人が出払ったため短時間のうちに撮影を敢行しました。

20130104_fukuoka_subway_3000-in04.jpg

車内全体。
デザイン自体は海外のデザイナーによるもので、JRQによく見られる水戸岡デザインとはテイストが異なります。

20130104_fukuoka_subway_3000-in01.jpg

天井周り。

20130104_fukuoka_subway_3000-in05.jpg

ドア鴨居部。
3色LED式車内案内表示器と路線図式案内表示器をそれぞれ千鳥配置されています。

20130104_fukuoka_subway_3000-in06.jpg
20130104_fukuoka_subway_3000-in07.jpg

橋本に到着。

20130104_hashimoto-01.jpg

一度、改札外へ出て地上の様子を見てきます。

→次に続く。

category: 九州・沖縄地方遠征

tag: 福岡市交通局  福岡市営地下鉄 
tb: 0   cm: 0

新年遠征日記 2013年1月4日  

2013年1月4日(金)

1月4日から6日までの3日間は博多を拠点に九州遠征をすることにしました。
今回は前日入りしていることから、遠征初日の4日は朝から活動開始となりました。

午前中は福岡市営地下鉄七隈線と福北ゆたか線の車内写真撮影。

はじめに福岡市営地下鉄七隈線から。
開業後してから翌年の2006年に乗りつぶして以来7年ぶり。

20130104_tenjin_minami-01.jpg

今回の目的は同線で使用されている3000形の車内写真の再撮影。

20130104_fukuoka_subway_3000-01.jpg

7年前の乗りつぶしで撮影していたのですが、サイトの素材としてはやや乏しいことから、もう少しつめて撮影することにしたわけです。

20130104_fukuoka_subway_3000-in01.jpg

七隈線で撮影に適するのはダイヤ上において折返しの2列車が並ぶ終点の橋本と言うことになったのですが、7年も経過した七隈線の橋本駅はいつの間にかSCがオープンし、高速道路が出来るなど様子が変わっていました。

20130104_hashimoto-01.jpg
20130104_hashimoto-02.jpg
20130104_hashimoto-03.jpg

博多へ戻って次の目的は福北ゆたか線。
先の七隈線と同じく車内写真の撮影が目的ですが、如何せん多数の形式の列車が使用されている割には本数自体は少なく思っている以上に手こずります。

ひとまず区間列車系は篠栗の折返しで撮影できますが、あとが問題となりました。
直方で一旦打ち切り。

20130104_jrkyushu_ec_813_500-01.jpg
20130104_jrkyushu_ec_813_0-in01.jpg
20130104_jrkyushu_ec_813_500-in01.jpg

直方では橋上駅舎後も工事が続けられていた自由通路の供用が開始。

20130104_nogata-01.jpg

そして旧駅舎がついに姿を消し、更地になってしまいました。

20130104_nogata-02.jpg

直方から西鉄の都市高速バスで小倉へ。
それにしても西鉄バスがこれまで採用した西工のボディはどうして無骨なデザインが多いのでしょうね・・・。

20130104_nishitetsu_bus-01.jpg
20130104_nishitetsu_bus-02.jpg

小倉では小倉城を来訪。
小倉城は現存建造物が残されているわけでもなく、周囲も北九州市役所や城址公園として整備されて改変されていますが、主郭部はほぼ残されている他、鉄筋コンクリート建ての天守が外観復元されています。

20130104_kokura_castle-01.jpg

ここでは下屋敷跡にある小倉城庭園や二の丸跡にある松本清張記念館へも来訪しました。

20130104_kokura_castle-02.jpg
20130104_kokura_castle-03.jpg
20130104_matsumotoseicho_museum-01.jpg

日も暮れた頃から撮影の活動再開。
再び福北ゆたか線へ出向いて直方で1時間ほどかけて車内写真の撮影のために時間を割きました。

結果は817系1100番台と同系の最新グループである817系3000番台の車内写真の撮影に成功。
JR九州の在来線車両はバリアフリーにおける面で一世代遅れている感があり、特に便所の設備においては2000年代初頭の水準だったりします。

20130104_jrkyushu_ec_817_1100-01.jpg
20130104_jrkyushu_ec_817_1100-in01.jpg
20130104_jrkyushu_ec_817_1100-in02.jpg
20130104_jrkyushu_ec_817_2000-01.jpg
20130104_jrkyushu_ec_817_3000-in01.jpg
20130104_jrkyushu_ec_817_3000-in02.jpg

これが博多行きであったことから博多の一つ手前の吉塚まで乗車し、博多から折り返してくるところを編成写真で撮影しました。

20130104_jrkyushu_ec_817_3000-01.jpg

初日はこれで終了。
博多で遅めの夕食を撮ってからホテルへ戻りました。

category: 日記

tag: 福岡市交通局  福岡市営地下鉄  JR九州  西鉄バス  日本の城郭  豊前小倉城 
tb: 0   cm: 0

2009年6月21日 熊電イベントと城廻で綴る九州の旅19 サイトの素材集めと帰阪  

吉野ヶ里遺跡を見た後は帰阪するだけなのですが、時間的に余裕があるためひとまず博多へ向かいます。

鳥栖からは811系快速に乗車。

811系は博多・北九州都市圏の輸送サービス改善を目的に導入された車両で同年代としては近鉄5200系・JR西日本221系・JR東海311系・JR北海道721系が存在します。

20090621_jrkyushu_ec_811-01.jpg

1990年代以降の近郊形車両では標準的のレイアウトである3ドア転換クロスシート。
九州島内の転換クロスシート自体は旧国鉄の気動車や西鉄でも存在したのですが、いずれも2ドアであり、3ドアでは初といえるものです。

20090621_jrkyushu_ec_811-in01.jpg

811系の座席は車端部がボックスでドア間はオール転換式が4列となっていましたが、今回乗車した100番台は1列追加した5列となり配置が若干変更されたためドア付近の座席が固定されました。

20090621_jrkyushu_ec_811-in02.jpg

南福岡で降車。
車両基地が隣接している同駅は3面5線でそのうち1線は主に南福岡から仕立て列車用として使用されている感じです。

20090621_minami_fukuoka-01.jpg

ここで編成写真を撮ろうと思ったのですが、丁度良いタイミングで813系1100番台が入線してきたので、空かさず捉えました。
このタイプが増えてきたとは言え、まだ少数派なので楽に捉えるまでには至りません。

20090621_jrkyushu_ec_813_1100-01.jpg

博多から福岡市営地下鉄に乗って貝塚へ。
ここへ来たのは車内撮影をするためで、利用者が多いと撮影に気を遣うため無人になりやすい貝塚の折り返し待ちで捉えることにしました。

20090621_kaizuka-01.jpg

まずは1000N系の車内。
茶系の座席と妻面の化粧板が木目中なので特徴です。

20090621_fukuoka_subway_1000-in01.jpg

続いて2000系の車内。
妻面の化粧板も他の箇所と同じベージュ系で、座席のモケットがグリーンになっているのが特徴です。
またドア間の側窓が2分割ではなく1枚窓になっているのもこの車両の特徴となっています。

20090621_fukuoka_subway_2000-02.jpg

姪浜へ移動して2000系の編成写真をゲット。

20090621_fukuoka_subway_2000-01.jpg

姪浜から折り返しとなります。

20090621_meinohama-01.jpg

下の写真は2000系の後期車と1000N系。
2000系には初期の導入された3編成と後期の導入された3編成とでは行先表示器が異なり、前者は幕式、降車は3色LED式となっています。

20090621_meinohama-02.jpg

姪浜からは2000系に乗って博多へ。

20090621_fukuoka_subway_2000-03.jpg

博多で夕食をとった後のぞみ96号で大阪へ帰りました。

20090621_hakata-01.jpg
20090621_jrcentral_tec_n700_0-01.jpg

#「2009年6月20日~6月21日 熊電イベントと城廻で綴る九州の旅」 おわり

category: 九州・沖縄地方遠征

tag: JR九州  福岡市営地下鉄 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2009年6月21日  

2009年6月21日(

21日は吉野ヶ里遺跡の観覧のみとしました。

前日は熊本泊まりということで、朝は9時過ぎに出発。

熊本市電で近年導入された最新鋭の0800形を熊本駅前でゲット。
本数が少なく前日も車庫入りしている編成も確認していたことから、まあ何とか撮れたと言うところでしょうか?
いずれにせよ、熊本の市電は次の熊本観光で来訪する時に捉えないと・・・。

20090621_kumamoto_city_0800-01.jpg

熊本からは813系ワンマン列車に乗って鳥栖へ。
まるで都市型電車のようなオールロングシートですが、車中では寝てしまうのであまり気にしません。

20090621_jrkyushu_ec_815-01.jpg

鳥栖から817系電車に乗り換えて吉野ヶ里公園へ。

20090621_jrkyushu_ec_817-01.jpg

吉野ヶ里公園駅は地域のコミュニティーセンターも併設されたもの。

20090621_yoshinogari-01.jpg

吉野ヶ里公園駅から徒歩で15分の場所にある吉野ヶ里遺跡は発掘調査後は吉野ヶ里歴史公園として整備されていますが、現在も発掘調査が進められいます。
6月は発掘調査現場が見られるかもしれなかったのですが、あいにくの天候で中止となっていました。

20090621_yoshinogari_site-01.jpg
20090621_yoshinogari_site-02.jpg

史跡公園としてはかなり広大ですが、現在も北側へ拡張される計画となっているそうで、発掘調査は該当する辺りで行われているそうです。
結局、環濠集落ゾーンだけでも2時間弱かかりました。

20090621_yoshinogari_site-03.jpg
20090621_yoshinogari_site-04.jpg

吉野ヶ里遺跡を後にして博多へ。
この途上、南福岡で813系1100番台の編成写真をゲット。
あのデカい表示器の車両はなかなか捕らえにくいのでここで捉えたのは運次第でした。

20090621_jrkyushu_ec_811-01.jpg
20090621_jrkyushu_ec_813_1100-01.jpg

博多からは市営地下鉄に乗って2000系の編成写真をゲット。
こちらもアイコンショットのみだったため、ようやくゲットといったところで、今回は車内の写真もセットで。

20090621_fukuoka_subway_2000-01.jpg
20090621_fukuoka_subway_2000-02.jpg

このあと博多へ戻り夕食を挟んだ後、N700系のぞみに乗って帰阪しました。

20090621_jrcentral_tec_n700_0-01.jpg

#2009.6.23 22:00 LastUpdate

category: 日記

tag: 熊本市交通局  日本100名城  吉野ヶ里遺跡  JR九州  福岡市営地下鉄 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop