DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »神鉄バス
このページの記事一覧

週末日記 2009年11月8日  

2009年11月8日(

今週末唯一のお休みである8日は神戸方面へ撮影のお出かけ。

現地へ出向く前に改良工事中の大阪駅へ。
新北ビルの南側直下にある新11番線の工事は「ここまで進んでいるか」と言うところまで進んでいました。

20091108_osaka-01.jpg

新快速で三ノ宮へ移動し、JR三ノ宮駅の高架下東側にある神姫バス・三ノ宮バスターミナルへ。

20091108_sannomiya-01.jpg

高架下というロケーションであるため一般的なロータリー式ではなく、車両が横並びで、車両はバックで乗り入れる方式となっています。

下の写真はきっぷ売り場・待合所側から撮影したもので通常の場合、バスは右側(道路側)に待機している車両がのりば側、左側は続行便や回送車などの待機場所となっています。

20091108_sannomiya-02.jpg

三ノ宮BTからは神姫バスの恵比須快速線に乗って神戸市西区の栄へ。
前回2007年4月に乗った時は古めのエアロバスでしたが、今回は比較的年式が新しいエアロエースに乗れました。

20091108_sannomiya-03.jpg

栄駅前停留所は県道22号線上にあり、歩道は整備されていないものの、停留所の部分だけ拡張されています。

20091108_sakae-01.jpg

神鉄栄駅はコンビニを挟んだ北側にあり、県道からだとコンビニの裏側に駅入口があります。

20091108_sakae-02.jpg

5両編成対応の2面2線で、小野・粟生方に構内踏切があります。
実はここへ来るのは2001年7月以来8年ぶりのことです。

20091108_sakae-03.jpg

1100系グループの最終増備車である1500形。
2000系の予備車として導入されたもので、1991年に建造
1:阪急と同じく車両を新造することを「建造」と表現する)

20091108_shintetsu_1500-01.jpg

車体をモデルチェンジした2000系。
3両編成・4両編成の2バージョンあり、後に登場する5000系のベース車両となります。

20091108_shintetsu_2000-01.jpg

その、2000系をベースとした5000系。
抵抗制御からインバータ制御に変更されたこの車両は神鉄の最大勢力となっています。

20091108_shintetsu_5000-01.jpg

1100系グループの初期車である2ドア車1100形。

20091108_shintetsu_1100-01.jpg

1970年代から1980年代にかけて増備された3000系。
神鉄では5000系に次ぐ勢力を持つこの車両は前期形と後期形があり、写真の車両は前期形である3001編成。

20091108_shintetsu_3000-01.jpg

栄から新開地経由で梅田へ戻って、ちょっと買い物。

ヨドバシカメラで先月から発売されたEOS7Dに触れてきましたが、使用感はEOS50Dよりも良い感じ。
それよりも今はボディより広角レンズか望遠レンズが欲しいところです。

20091108_umeda-01.jpg

序でに今月の三連休遠征で利用する列車の指定席を押えてきました。
次の遠征は首都圏遠征で、未乗の2路線を軸にという感じですが、行程の大枠さえ出来ていないのが実情です・・・。

帰ろうと思って改札へ向かうと大阪環状線のダイヤが乱れているようで・・・。
ここは御堂筋線経由で帰宅しました。

20091108_osaka-02.jpg
スポンサーサイト

category: 日記

tag: JR西日本  駅改良工事  大阪駅  神鉄バス  恵比須快速線  神戸電鉄 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2007年4月8日  

2007年4月8日(

この日は18きっぷの残りの処理とGWを利用して仙台・関東遠征と四国遠征のためのきっぷなどの手配のためお出かけしてきました。

北新地駅で仙台・関東遠征の復路の指定と四国遠征で利用する周遊きっぷ+指定席の手配をしてきました。

20070408_jrtickets-01.jpg

今年のWGは3連休と4連休に分かれてしまったため、前後半で遠征先を東西に分けることにしたからです。

前半に予定している方は、今年3月に仙台で開業した例の路線と新型車両の編成写真のゲットに関東遠征を1日挟む行程になる予定ですが、往路は別の手段を利用でネットで予約して後ほど発券するだけにしておいたことから、この時押さえたのは大阪までの指定だけ。
要は細かい行程はまだ決まってないと言うことです・・・。

後半の四国遠征は4日間でコトデン以外は全て走破するつもりで周遊きっぷ(四国ゾーン)を手配。
指定席は、時期的に混雑が予想されるので往路は仕事帰りに手配済なので、ここでは復路のみ押さえたのですが、一つだけ落としてしまい自由席になったのは後々のことを考えると手痛く響きそうです・・・。

指定券を押さえた後は軽く昼食。
食後は久しぶりにパフェと言うことで・・・。

20070408_lunchi.jpg

20070408_pafe.jpg

食後は大阪駅の改良工事の様子を見てきました。
この日から9・10番のりばが切り替えられ、旧9~11番のりばが閉鎖されました。

20070408_osaka-01.jpg

20070408_osaka-02.jpg

また、新ホームに切り替え後は平日ラッシュ時の新快速と共有することから、混雑を避けるためにサンダーバードなど北陸特急の停車位置が神戸寄りに変更されました。
位置的には中央出口西側から神戸方に停車するのが基本となっているようで、その位置に合わせるようにコンビニのデイリーインが設置されていました。

大阪から新快速で三ノ宮へ移動し、三ノ宮バスターミナルから神姫バスに乗り恵比須まで向かいました。

三宮駅周辺のバスのりばは方々に散らばっていることから外地から来ると非常にわかりにくいので知られています。

昨年にミント神戸(神戸新聞会館)の1階に集約し「三宮バスターミナル」としたのの、待機所が無くビルの構造上実質収容能力が劣るため半数以上の路線が従来の道路上のまま。
経由するだけの一般路線バスな致し方ないのですが、空港リムジンバスや中長距離路線が収容し切れていないのはやや問題があります。
神姫バスのターミナルは1ブロック離れた場所にあるため探すのに難儀しました。

本格的なバスターミナルと言うふれこみでしたが、結局のところ中途半端に終わっているのが現状です。

神姫バス三ノ宮バスターミナルはJR神戸線三ノ宮駅の東側高架下にあり交差点側にきっぷうりばや待合所があり、その奥にバスのりばがあるのですが、高架下にあるためのりばは薄暗いです・・・。

20070408_sannomiya-01.jpg

20070408_sannomiya-02.jpg

ここから恵比須快速に乗り込み神鉄粟生線の恵比須まで向かいます。
ルート的には神鉄と競合するのですが、利用はこちらの方が上回ってます。
所用時間的に早い上に、三木市東部の住宅地と神戸市の中心部と神戸空港を直接結ぶだけに神鉄には不利となっています。

20070408_shinki_bus-01.jpg

20070408_shinki_bus-02.jpg

恵比須から神鉄粟生線に乗り三木まで向かい、三木から川を挟んだ対岸にある三木鉄道の三木駅まで徒歩で向かいました。
神鉄三木駅と三木鉄道三木駅までは徒歩でも10分近く掛かる距離ですが、事前に調べてなかったのでEZナビウォークを使ったのは言うまでもありません・・・。

三木鉄道は先月、現在の事業者のトップにいる三木市長が路線廃止を公約に掲げていることからその動向が注目されていたのですが、最終的に3月上旬に廃止を表明し、早ければ来春にバスに転換されることからこの時に乗っておくことにしました。

20070408_miki_miki300-01.jpg

実際に乗り通しましたが、10人にも満たない状況でした。
如何せん、三木市内から神戸方面は先に乗った恵比須快速が便利ですし、基本的には自家用車での移動が基本になっているようなので不利です。
では、改良して加古川への直通ならどうかというと、今度は神鉄粟生線の存続問題に発展することから最も実害の少ない三木鉄道を選択したのでしょうか・・・。
(う~ん、わからん!)

厄神から加古川線に乗り換え。
反対側の列車がラッピング車だったので一応撮っておきました。

20070408_yakujin-01.jpg

帰宅したのですが、その途中でネットで予約しておいた仙台への指定を取りにコンビニへ向かい発券してきました。

仙台遠征の往路として指定したのは、夜行バス「フォレスト号」
下の写真がそれで、上が実券で下が受領書の控えです。
モザイクだらけで申し訳ないのですが、出発日などは秘密にしておきたいからです・・・。

20070408_kintetsu_bus_ticket.jpg

コンビニでの発券自体初体験ですが、夜行バスにも初体験となりますがどうなる事やらです・・・。

category: 日記

tag: 駅改良工事  大阪駅  神鉄バス  恵比須快速線  三木鉄道  JR西日本 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop