DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »湯築城
このページの記事一覧

2010年5月1日 日本100名城を巡る四国の旅13 湯築城・その2  

湯築城の後半は山頂部の本壇へ。
まずは南側から登りますがここには岩崎神社があります。

20100501_yuzuki_castle-18.jpg

中腹に位置する岩崎神社を横目にさらに上へ登ります。

20100501_yuzuki_castle-19.jpg

約3分ほどで山頂にある展望台に到着。
このあたりには建物が建っていたとされている定石が発掘されています。

20100501_yuzuki_castle-20.jpg

湯築城が築城された当初はこの丘陵部が縄張りだったそうで、後に麓の方にまで拡張されたらしいです。

20100501_yuzuki_castle-21.jpg

本壇の規模が小さいのでさっさと下りて北側半分を見てきます。
道後公園の北側半分は一般的な公園然としていてグラウンドや遊具類があり、そこを横目に西側へ回ります。

写真は園内北西側にある湯釜。

20100501_yuzuki_castle-22.jpg

外堀(園内北西側)

20100501_yuzuki_castle-23.jpg
20100501_yuzuki_castle-24.jpg

これで湯築城巡りは終了。
道後公園から歩いて道後温泉駅へ。

20100501_dogo_sap-01.jpg

丁度いいタイミングで坊っちゃん列車の第2編成が到着。

20100501_iyotetsu_dl_d2-01.jpg

当日の運用が終了のようで、一旦引き上げ線へ向かったあと駅前の留置場所へ移動し店じまいされました。

20100501_dogo_sap-02.jpg

例の時計台には人だかりが…。

20100501_dogo_sap-03.jpg

初日の予定はこれで終了ということで、松山駅へ鞄を回収にし戻ります。

20100501_iyotetsu_m2100-cab01.jpg

鞄を回収したついでに夕食。

20100501_diner.jpg

この後ホテルにチェックインして2日目を迎えます。

→次に続く。
スポンサーサイト

category: 四国地方遠征

tag: 日本100名城  湯築城  伊予鉄道  坊っちゃん列車 
tb: 0   cm: 0

2010年5月1日 日本100名城を巡る四国の旅12 湯築城・その1  

日が西へ傾いた夕方になる中、道後温泉に近い場所にある湯築城跡へ向かいました。

20100501_yuzuki_castle-04.jpg

現在は道後公園となっている湯築城跡は、園内の南側半分が復元整備されているほかに外堀・内堀とも一部を除いて現存しています。
写真は公園の表側になるのですが、城郭であった当時は搦手門。つまり裏手と言うことになります。

20100501_yuzuki_castle-01.jpg

搦手門跡近くにある湯築城資料館。
来訪時は閉館時間となってしまったため入館できませんでした。

20100501_yuzuki_castle-05.jpg

では復元区域へ。
この区域は土塁も復元されています。

20100501_yuzuki_castle-03.jpg

家臣団居住区に復元された武家屋敷。

20100501_yuzuki_castle-02.jpg
20100501_yuzuki_castle-06.jpg

武家屋敷周辺にある遺構群。

20100501_yuzuki_castle-07.jpg

写真の円形石積遺構は発掘調査時に発見されたのですが、何に使われたのかは不明だそうです。

20100501_yuzuki_castle-08.jpg

上級武士居住区・庭園区へ。

20100501_yuzuki_castle-09.jpg

写真にある定石は武家屋敷跡。

20100501_yuzuki_castle-17.jpg

外堀。

20100501_yuzuki_castle-10.jpg

外堀土塁。
写真右側に見えるのは土塁の断面を見ることができる展示室です。

20100501_yuzuki_castle-11.jpg

比較的良好な状態で残っていた排水溝・外堀土塁居石。

20100501_yuzuki_castle-12.jpg

土坑のゴミ捨て場。

20100501_yuzuki_castle-13.jpg

外堀を利用した借景庭園。

20100501_yuzuki_castle-14.jpg

遮蔽土塁。

20100501_yuzuki_castle-15.jpg

大手門跡側から見た復元区域。

20100501_yuzuki_castle-16.jpg

復元区域の観覧はここまで。
お次は山頂部の本壇跡へ向かいます。

→次に続く。

category: 四国地方遠征

tag: 日本100名城  湯築城 
tb: 0   cm: 0

黄金週間日記 2010年5月1日  

2010年5月1日(

2010年のGWは四国の城巡りをすることにしました。
昨年に引き続き日本城郭協会が認定する日本100名城を主に巡り、初日であるこの日は愛媛県で未登城である4つあるうちの3つをめぐってきました。

混雑を避けるために前日に岡山入りとしたため、この日はマリンライナー1号の乗車から始まります。
この列車はグリーン車なしの2両編成という短編成ですが、さほど混んでいるわけでもなく、ほぼ座れてしまう程度利用状況で、宇野線と瀬戸大橋線の初電扱い的要素ということも考えるとそんなものかなと…。

20100501_okayama-01.jpg
20100501_jrwest_ec_223_5000-01.jpg

坂出からいしづち3号に乗り換え、松山から宇和海3号に乗り換えて伊予大洲へ。
松山から乗った宇和海は2000系試作車。

20100501_jrshikoku_8000-01.jpg
20100501_jrshikoku_2000-01.jpg

2007年遠征の時も乗っているのでこれで2度目ですが、何か縁めいているのか…。

伊予大洲では大洲城をメインに大洲市内観光。

20100501_iyo_ozu-01.jpg

先ずは大洲城から。
大洲城の天守は復元されたものですが、掛川城や白河小峰城と同じく木造で再建された天守です。

20100501_ozu_castle-01.jpg

大洲城関係では城の中核以外はほとんど市街地化したため南隅櫓が大洲高等学校に隣接した場所にあったり、苧綿櫓が市民会館の近くに残っていたりして城関係だけで殆どの時間が潰れてしまいました。

20100501_ozu_castle-02.jpg
20100501_ozu_castle-03.jpg

臥龍山荘は建物内部の撮影が禁止されているため撮れませんでしたが、景勝地である臥龍淵に建つ日本家屋です。

20100501_garyu_sanso-01.jpg

昼食を挟んでから松山へ戻ったのですが、伊予大洲で乗る予定の宇和海12号に危うく乗りそびれるところでした…。

松山へ移動してしばらくは伊予鉄の市内電車の再撮影。

20100501_matsuyama_shi-01.jpg

前回と同じく松山市駅前で撮影すると言うお手軽撮影スタイルとなりました。

20100501_iyotetsu_m50-01.jpg
20100501_iyotetsu_m2100-01.jpg
20100501_iyotetsu_dl_d1-01.jpg

撮影後は松山城へ。
前回の四国遠征ではタイムアップで札止めとなってしまったためリベンジとなりましたが、麓の二の丸跡も含めてまとめてやっつけてきました。

20100501_matsuyama_castle-01.jpg
20100501_matsuyama_castle-02.jpg

松山城を出て夕方になった頃に道後温泉の近くにある湯築城跡にも行ってきました。

20100501_yuzuki_castle-01.jpg

現在は道後公園として整備されている城跡は、併設されている資料館には入れなかったものの、園内の半分は復元されています。

20100501_yuzuki_castle-02.jpg
20100501_yuzuki_castle-03.jpg

これでこの日の予定は終了です、最後に道後温泉駅へ足を伸ばして撮影をしてからホテルへ向かい初日を終えました。

20100501_iyotetsu_dl_d2-01.jpg

category: 日記

tag: JR西日本  JR四国  伊予鉄道  日本100名城  伊予大洲城  伊予松山城  湯築城 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop