DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »液晶テレビ
このページの記事一覧

週末日記 2011年6月25日~6月26日  

2011年6月25日(

先週末購入した地デジ対応テレビとレコーダーが自宅に届きました。
地デジ完全移行まであと一月という駆け込み需要期の段階での購入で、個人的には初の地デジ対応機材となりました。

自室用に置いたのはPanasonic TH-L26X3という機種。
エントリーモデルのC3シリーズに26Vが用意されていないのと、再生専用と残す既存の機材を接続する関係からランク一つ上のX3シリーズにしたという次第・・・。

レコーダーはPanasonic DMR-BZT700と言う機種。
HDDが1TBの容量なのですが、これは収録可能時間をこれまで使っていたレコーダーと同じ水準に合わせたため。

20110624_panasonic_th_l26x3-01.jpg
20110624_panasonic_dmr_bzt_700-01.jpg

さて、早速使ってみましたが、使い勝手が違い過ぎて難儀。
リモコンが・・・。

それじゃ、どんなに逆立ちしてもAppleには勝てないわけです。


2011年6月26日(

26日は撮影のためお出かけ。
一先ず阪和線を南へ。

20110625_jrwest_ec_225_5000-01.jpg

和歌山からバスに乗換えて南海の和歌山市駅へ。

20110625_wakayamashi-01.jpg

ここで特急サザンの指定席車の車内写真を撮影。
たまたま、先頭車が初期車で中間車が4連化によって増備された後期車の編成だったため、製造年次で異なる車両の車内を撮っておくことが出来ました。

20110625_nankai_10000-in01.jpg
20110625_nankai_10000-in02.jpg

岸和田へ移動。
ここでは岸和田城へ登城しました。

20110625_kishiwada_castle-01.jpg

現在は郷土資料館として整備されていますが、天守は1827年に落雷で焼失して以降再建されることはなかったが、戦後しばらく経った1954年に復興事業として再建されたものです。

20110625_kishiwada_castle-02.jpg

岸和田城を見たあとは泉大津市内の連立事業を見聞。
泉大津・松ノ浜ともに下り高架の構築がほぼ済んで、軌道を敷設するための工事などが進められていました。

20110625_izumi_otsu-01.jpg

松ノ浜では現在地上を行く下り線が高架橋構築の支障となるため、切替え後も新設の下り高架ホームの一部がフェンスで仕切られる状態となります。

20110625_matsunohama-01.jpg
20110625_matsunohama-02.jpg

折り返し関西空港駅へ移動。
ここで2代目8000系の車内写真をようやく捉えました。

1000系導入以降の南海の車両は内装がモノトーンでありましたが、2代目8000系では暖色系に寄った内装となっています。

20110625_nankai_8000_2g-01.jpg

関空では空港北側に展望ホールがあり、1F南側出るシャトルバスに乗って移動。

20110626_kansai_airport-01.jpg
20110626_kansai_airport-02.jpg
20110626_kansai_airport-03.jpg

羽田や成田と違いターミナルの屋上に展望スペースが設けられなかったためですが、違った角度から旅客機を見ることが出来ます。

20110626_kansai_airport-04.jpg
20110626_kansai_airport-05.jpg

1時間ほど滞在してから帰宅しました。
スポンサーサイト

category: 日記

tag: 地上デジタル放送  液晶テレビ  HDDレコーダー  JR西日本  南海電気鉄道  連続立体交差事業  南海本線  関西空港   
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop