DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »水間鉄道
このページの記事一覧

週末日記 2009年10月25日  

2009年10月25日(

25日は水間鉄道の編成写真撮影と南海本線の高石市内連立事業見聞をしてきました。

先に水間鉄道の方へ行くため南海難波駅へ向かったところ、ロケット広場であった場所がすっかりリニューアルされて、それまでゴチャゴチャとした印象だったのがスッキリした印象に変っていました。

20091025_namba-01.jpg
20091025_namba-02.jpg

数年ぶりに来訪した貝塚駅で見たのはバスで使用されているICカード対応の運賃箱があり自動改札機が消滅していました。

水間鉄道ではスルッとKANSAI加入により2009年6月1日からPiTaPaが導入されたのですが、他の鉄道事業者のようにコストの掛る自動改札機ではなく、バス事業者が導入している機器でICカード対応がなされています。

20091025_kaizuka-01.jpg

車両は東急から譲渡された7000系にATS関連機器の整備と車体更新が施工されてもので、同時に改番されて1000系と称していました。

20091025_suitetsu_1000-01.jpg

貝塚から三ヶ山口(みけやまぐち)まで乗車し、三ヶ山口から水間までは歩いていきました。

20091025_mikeyamaguchi-01.jpg

両駅間はお互いが見えるほど短く、あっという間に到着しました。

水間駅はPiTaPa導入と同じ時期に水間観音駅に改称されていて、こちらも以前は南海からのお下がりである自動改札機が設置されていたのですが、バス用のICカード対応機器に置換えられていました。

20091025_mizuma-01.jpg
20091025_mizuma-02.jpg

ここから乗車した車両は貝塚から乗った先頭車化改造の非貫通車ではなくオリジナルの先頭車。
1000系になってからは編成ごとに帯が違うようです。

20091025_suitetsu_1000-02.jpg

人気があまりないので、車内の撮影。

20091025_suitetsu_1000-in01.jpg

両端の貝塚と水間観音の以外は無人駅(一部の駅は朝ラッシュ時に係員が配置される)なので、第2ドア(車両の中央部)と運転室後部にICカード対応機器が設けられていて、乗車用となる前者には整理券発行機が併設されていました。

20091025_suitetsu_1000-in02.jpg
20091025_suitetsu_1000-in03.jpg

線内で唯一列車交換が出来る名越で降車。
配線を確認するためです。

20091025_nagose-01.jpg

名越から清児まで徒歩で。
清児駅付近は古くからある市街地であるため、脇道に逸れると狭い路地が入り組んでいます。

20091025_sechigo-02.jpg

清児駅付近の写真ですが、意外と編成写真が撮れそうな感じです。

20091025_sechigo-01.jpg

水間観音行きは下車する人が上の写真手前側にある踏切に向かってくるので、すんなり撮影するためには午後の貝塚行きを捉えた方が良いかもしれません。

20091025_suitetsu_1000-03.jpg

貝塚へ戻って南海本線の高石市内連立事業の見聞をしてきました。
高石駅は上り仮線が出来上がっているようで、後は案内掲示類の整備だけとなっています。

20091025_takaishi-01.jpg

羽衣駅も同じような感じですが、難波方の踏切にある掲示によると今年11月下旬に上り線が仮線に切り替わるとのことです。

20091025_hagoromo-01.jpg
20091025_hagoromo-02.jpg

このあとは汐見橋経由で帰宅しました。
スポンサーサイト

category: 日記

tag: 南海電気鉄道  連続立体交差事業  南海本線  水間鉄道 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop