DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »武蔵小金井駅
このページの記事一覧

2010年2月7日 編成写真撮影と新年会な首都圏遠征6 JR中央線連立事業見聞・その2  

JR中央線の連立事業見聞。
武蔵境、東小金井に続いて武蔵小金井、国立の様子を報告します。

まずは武蔵小金井。
来訪時の段階では2面3線です。

20100207_musashi_koganei-01.jpg

東京方の様子。

20100207_musashi_koganei-02.jpg
20100207_musashi_koganei-03.jpg

塩尻方の様子。

20100207_musashi_koganei-05.jpg

E-P1の広角側ギリギリで捉えたE233系。

20100207_jreast_ec_e233_0-01.jpg

塩尻方には豊田車両センター武蔵小金井派出所があり、武蔵小金井構内からの入出庫線がこの場所にあります。
上り側は仮線との位置関係から未完成状態ですが、もう1線設けられそうな雰囲気でホーム側の写真も見る限りでは2面4線になりそうな・・・。

20100207_musashi_koganei-04.jpg

地上と国分寺と堀割の西国分寺は経て国立へ移動。

20100207_kunitachi-03.jpg

連立事業の西側になる区間で唯一高架駅になる国立駅はこれまで1面2線から2面2線になる予定で、来訪時は下り線の切替が終了して上り線の構築が進められています。

高尾方。

20100207_kunitachi-01.jpg
20100207_kunitachi-02.jpg

東京方。

20100207_kunitachi-04.jpg
20100207_kunitachi-05.jpg

有名だった旧駅舎は当初の計画では撤去される予定でしたが、国立市が保存を求めてきたことから、保存することが決定したことから、市の有形文化財の指定を受けた後にJR東日本の手により解体し国立市の予算で保存されています。
なお、再建するに関しては都市計画などの関係から詳細が詰められていないというのが現状です。

20100207_kunitachi-06.jpg

来訪当時の国立駅南口。

20100207_kunitachi-07.jpg

この後は立川へ移動します。

→次に続く。
スポンサーサイト

category: 関東地方遠征

tag: JR東日本    連続立体交差事業  中央本線  武蔵小金井駅  国立駅 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop