DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »横浜駅
このページの記事一覧

2010年7月17日 首都圏鉄道を巡る三連休3 京急本線の編成写真撮影  

横浜に到着しました。

20100717_yokohama-01.jpg

駅改良工事が進められているJR横浜駅は横須賀線のホーム拡張が実施され、これまでの倍以上の幅になりました。
用地の一部はみなとみらい線開業時に地下駅に移った東急東横線の跡地を利用しています。

20100717_yokohama-02.jpg

ここで昼食タイム。

20100717_lunchi-01.jpg

昼食後は京急本線内で編成写真撮影。

20100717_yokohama-03.jpg

京急蒲田駅周辺の連立事業に進捗により上り線が高架切り替えられたのと同時に実施されたダイヤ改正で運転系統が変化が見られ、横浜・逗子方面~羽田急行のエアポート急行が設定されるようになりました。

20100717_yokohama-04.jpg
20100717_keikyu_n1000al-01.jpg

京急本線では例によって生麦で撮影。

20100717_keikyu_n1000al-02.jpg
新1000形4次車 アルミ車 1433-1436編成

20100717_keikyu_n1000sus-01.jpg
新1000形7次車 ステンレス車 1081-1088編成

20100717_keikyu_800-01.jpg
800形1次車 801-802編成

800形のトップナンバーの801編成は当時3両編成で登場し後に802編成をペアで6両固定編成に改造され現在に至ります。

20100717_keikyu_2100-01.jpg
2100形2次車 2133編成

2000形に代わり本線系統の快特で使用される2100形は非常扉が左側にオフセットされたことにより泉岳寺まで入線しています。

20100717_keikyu_2000-01.jpg
2000形 2031編成

2100形導入後に格下げされた2000形でも8両固定編成は平日のラッシュ時を中心に使用されていましたが、今年5月のダイヤ改正で新逗子・横浜~羽田空港系統のエアポート急行に使用されるようになってます。
実は2000形は4両編成の方は比較的捉えることがあるのですが、8両編成の方は撮影したのも今回が初めてです。

20100717_keikyu_1500-02.jpg
1500形 1537編成(更新工事施工車)

1500形では中期に製作された1537編成はアルミ車体の界磁チョッパ制御車で竣工当初は4両編成でしたが、界磁チョッパ制御の6・8両編成であった1600番台の制御装置換装と編成組み換えで6両編成となっています。

20100717_keikyu_1500-03.jpg
1500形 1713編成(更新工事施工車)

1500形でも後期に製作された1700番台は当初からインバータ制御方式です。

20100717_keikyu_n1000al-03.jpg
新1000形5次車 アルミ車体 1441-1444編成

新1000形の中ではアルミ車体の最終グループの編成で、写真の5次車よりあとに製作された編成はステンレス車体となっています。
写真は新1000形を2本つないだ列車ですが、横浜方面~羽田空港系統のエアポート急行ではこのように4両編成を2本つないだ列車が多くみられました。

20100717_keikyu_800-02.jpg
800形 813編成

800形813編成は竣工当初は3両編成でしたが、のちに新造された中間車が挿入されて6両編成化されています。
800形の6両編成化801編成~810編成と811編成以降では手法が異なり、後者が中間車を新造して挿入したのに対し、801-802編成をはじめとする前者は2本つないで中間に入る先頭車を中間車化改造して6両編成化されています。

20100717_keikyu_1500-04.jpg
1500形 1701編成(更新工事施工車)

1500形のインバータ制御車グループ1700番台の第1編成。

20100717_keikyu_800-03.jpg
800形 811編成

20100717_keikyu_n1000sus-03.jpg
新1000形9次車 1461-1464編成

20100717_keikyu_2100-02.jpg
2100形 2125編成

20100717_keikyu_600-01.jpg
600形4次車 655編成。

生麦での撮影は終了し移動します。

→「京急本線・空港線連続立体交差事業見聞1」に続く。
スポンサーサイト

category: 関東地方遠征

tag: 駅改良工事  JR東日本  横浜駅  京浜急行電鉄 
tb: 0   cm: 0

2010年2月6日 編成写真撮影と新年会な首都圏遠征1 大雪を突破して東京入り  

2010年2月6日(

2010年2月6日~7日は上京してきました。

今遠征の当初の目的は前回と同じ編成写真の撮影を予定していたのですが、遠征初日の2月6日に吉田一紀さんが都内で新年会を行う事を知り、興味本位で今遠征の予定に組み込むことにしました。

早朝4時過ぎの起きて5時過ぎに出発し近鉄大阪線の上り初電に乗るのですが、出発前の準備に手間取ってしまったため、デフォルトの環状線経由から大阪難波乗り換え御堂筋線に急遽変更して新大阪でのぞみ204号になんとか乗り込めました・・・。

しかし、当日は滋賀県から中京圏あたりにかけて大雪に見舞われることに・・・。
まず、栗東辺りから減速し始め、伊吹山の麓あたり大垣市辺りまでは在来線並みの速度まで落ちてしまいました。
そして名古屋で雪落としのために20分遅れ。

20100206_nazgoya-01.jpg

さらに豊橋でも名古屋同様の理由で臨時運転停車と言う憂き目にあってしまいました。
臨時停車した豊橋は普段使用されない11番線に入線したのがあまりにも珍しかったので、ある種の証明のために撮っておきました。

20100206_toyohashi-01.jpg

豊橋辺りでは雪もなくなり、すっかり晴れ渡った静岡県内を東へ進むと、先月に引き続き富士山が綺麗に見えました。

20100206_mt_fuji-01.jpg

品川に到着。

20100206_jrcentral_tec_n700_0-01.jpg

ここで鞄をロッカーに預けて現地行動開始。

20100206_shinagawa-01.jpg

次の撮影のために横浜へ移動するのですが、ここで成田エクスプレスで使用されている車両の撮影。
世代交代が始まったこの列車は現行の253系と2世代目となるE259系の両方を捉えました。

20100206_jreast_ec_253-01.jpg
20100206_jreast_ec_e259-01.jpg

この後、横須賀線で横浜へ移動。
横浜ではみなとみらい線開業よる地下化により撤去された東急の旧駅跡を利用して横須賀線のホーム増設工事が着々と進められていました。

20100206_yokohama-01.jpg
20100206_yokohama-02.jpg

これと同時に進んでいる駅改良工事は改札階の内装工事が進められていますが、横浜駅は延々と工事しているイメージですね。

20100206_yokohama-03.jpg
20100206_yokohama-04.jpg

ここからは相鉄に乗換えです。
2009年2月以来ですが、丸1年乗ってないのですっかり変った相鉄横浜駅の改札口を見て感心しきりです。
でもホーム階へ上がると代わり映えしませんが・・・。

20100206_yokohama-05.jpg

西谷へ移動。
ここは東海道新幹線との交点にあります。

20100206_nishiya-01.jpg

ここではE233系ベース11000系の編成写真を捉えます。

20100206_sotetsu_11000-01.jpg

二俣川から乗り換え。

20100206_sotetsu_10000-01.jpg

二俣川から瀬谷へ移動。
ここでは8000系の編成写真を捉えます。

20100206_sotetsu_8000-01.jpg

大和から小田急江ノ島線に乗換え。
相鉄と共有の改札階ですが、ここには小田急の発車案内板があります。
表示デバイスがLCD式となっているのですが、同じLCD式でも近鉄で使用されているモノとは異なり、装置自体は一体的なものとなっている他、表示自体もややデザイン寄ったものになっている感じです。

20100206_yamato-01.jpg

乗換え序でに8000形更新車を捉えます。

20100206_odakyu_8000-01.jpg

ここから中央林間へ移動して昼食を挟み東急田園都市線の編成写真を捉えていきます。

→次に続く。

category: 関東地方遠征

tag: JR東海  JR東日本  駅改良工事  横浜駅  相模鉄道  小田急電鉄 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop