DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »楽寿園
このページの記事一覧

2009年5月4日 日本100名城と未乗路線を巡る東海道の旅35 モケットが交換された211系の座席とゲットしたパンフレット  

小田原城巡りを終えて東京へ向かったのですが、その時乗った211系の座席に変化が・・・。

20090504_odawara-03.jpg

ここでは町田車両センターの0番台ですが、モケットの色が赤系の蘇芳色(すおういろ)から青緑に替えられていました。

20090504_jreast_ec_211_0-01.jpg

これは初期車が登場して20年を超えて劣化してきたことを受けてのことだそうです。

20090504_jreast_ec_211_0-02.jpg
20090504_jreast_ec_211_0-03.jpg

大崎に宿を取っていたため品川で降車。
これで3日目は終了。

20090504_shinagawa-01.jpg

さて、3日目に巡ってきた城跡などのパンフレットです。

まずは三島市観光協会発行の小冊子など。

20090504_mishima-08.jpg

続いて楽寿園のパンフレットと入場券。

20090504_rakujuen-15.jpg

山中城跡を整備した山中城跡公園のパンフレット。

20090504_yamanaka_castle-46.jpg

3日目最後に巡った小田原城と小田原市郷土文化館のパンフレット

20090504_odawara_castle-29.jpg

4日目は八王子城跡を巡ります。

→次に続く。
スポンサーサイト

category: 関東地方遠征

tag: JR東日本  211系  楽寿園  日本100名城  箱根山中城  相州小田原城 
tb: 0   cm: 0

2009年5月4日 日本100名城と未乗路線を巡る東海道の旅27 三島市立公園「楽寿園」その2  

楽寿園観覧の続きです。

写真の灯籠は「楽寿灯籠」と呼ばれるもので、見た感じでは大きさは分りませんが、実物は思っている以上に大きいです。

20090504_rakujuen-09.jpg

三島には富士の湧水を水源とする河川がいくつかあり、楽寿園にある小浜池なども富士の湧水を水源としています。
三島市内を流れる源兵衛川と蓮沼川はこの小浜池を水源としています。

20090504_rakujuen-10.jpg

楽寿園のメインでもある小浜池は地下水の汲み上げの増加により数十年前から下の写真の状態となっている事が多く、豪雨などがあった翌日以外には満水になることがないそうで、近年では2004年に満水になった記録があります。

これでは、ここを水源とする源兵衛川と蓮沼川が枯渇してしまうのですが、実際は三島駅北方に位置する東レ三島工場で冷却水として使用された「温調水」によって水源を確保している状態なのだそうです1・2

20090504_rakujuen-11.jpg

小浜池の畔に立つ楽寿館は接客のために使われていた建物で、主に使用されていた「楽寿の間」から名付けられたものだそうで、1974年に三島市の文化財として指定されています。
内部は一日2回一般公開されているそうですが、楽寿館内部の撮影は禁止されています。

20090504_rakujuen-13.jpg

梅御殿は楽寿館と共に建てられたもので、当時は住居として使用され、園路を挟んで向かい側にある楽寿館と繋がっていたのですが、戦後に分断されて現在に至ります。
梅御殿は一般公開はされていないようで、楽寿園のパンフレットにも記載されていません。

20090504_rakujuen-12.jpg

最後に三島溶岩流を。
これは富士山噴火により流れ出た溶岩流で園内には下の提示した楽寿館付近の他にも数ヵ所あります。

20090504_rakujuen-14.jpg

楽寿園観覧はここまで。
この後は山中城址へ向かいます。

→次に続く。

1:http://www2.tokai.or.jp/yamaneko/data/r_genpeikawa_001.htm
2:http://www2.tokai.or.jp/yamaneko/data/r_hasumumakawa.htm

category: 東海地方遠征

tag: 三島市立公園  楽寿園  小浜池  蓮沼川  源兵衛川 
tb: 0   cm: 0

2009年5月4日 日本100名城と未乗路線を巡る東海道の旅26 三島市立公園「楽寿園」その1  

三島に到着したものの、山中城址へ行く元箱根港行きバスをタッチの差で逃してしまいました。

次の便は1時間後ということで、時間つぶしに何処か適当なところをと思ったところ、三島駅に近い場所に楽寿園というのがあることから行ってみることにしました。

20090504_rakujuen-01.jpg

楽寿園は小松宮彰仁親王の別邸として1890年に造営されました。
その後は1911年に韓国皇太子であった李垠の別邸となり、さらに1927年に伊豆出身の資産家・緒明圭造へ売却されました。
終戦後しばらく経過した1952年に三島市が購入し、市立公園として整備され現在に至ります。

20090504_rakujuen-02.jpg

旧皇族の別邸であったこともあり、自然保護が行き届いた公園内は三島大社と共に市街地における緑の場所を提供しています。

20090504_rakujuen-03.jpg
20090504_rakujuen-04.jpg
20090504_rakujuen-05.jpg

園内には三島市郷土資料館があります。

20090504_rakujuen-06.jpg
20090504_rakujuen-07.jpg

資料館には伊豆の国の国府が置かれていた三島に関する歴史などが紹介・展示されています。
(資料館内部は撮影禁止です)

20090504_rakujuen-08.jpg

次は楽寿園内の名勝でもある小浜池と楽寿園を紹介します。

→次に続く。

#2009.6.17 23:45 LastUpdate

category: 東海地方遠征

tag: 三島市立公園  楽寿園 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop