DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »桜の通り抜け
このページの記事一覧

週末日記 2014年4月12日  

2014年4月12日(

12日は毎春この時期に一般公開が行われる造幣局の桜の取り抜けを見てきました。
昨年も見てきたのですが、タイミングが悪く散り始めた頃だったため今年はそのリベンジをしてきたわけです。

20140412_japan_mint-01.jpg

今年は4月11日~17日でこの日は最初の土曜であったことから比較的混んでいました。
以下の画像は通常更新のFC2ブログではなくフォト蔵にアップしたものを用いており、画像のリンク先ではサイズで見ることも出来ます。

P4127244-e01
P4127244-e01 posted by (C)dk_kawachi

P4127248-e01
P4127248-e01 posted by (C)dk_kawachi

IMG_1740
IMG_1740 posted by (C)dk_kawachi

IMG_1742
IMG_1742 posted by (C)dk_kawachi

IMG_1746
IMG_1746 posted by (C)dk_kawachi

P4127256
P4127256 posted by (C)dk_kawachi

P4127281
P4127281 posted by (C)dk_kawachi
スポンサーサイト

category: 日記

tag: 造幣局  桜の通り抜け 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2013年4月21日  

2013年4月21日(

4月21日は造幣局の桜の通り抜けが今週末明けまでと言うことで、この日は桜宮にある造幣局への来訪と絡めて外出してきました。

造幣局へ出向く前に環状線へ寄り道。
ここでは桃谷での編成写真撮影。

まずは225系5000番台。

20130421_jrwest_ec_225_5000-01.jpg

続いて201系。
行先表示がLED式に交換後の編成を撮っていないため、今回は交換後初の撮影。

205系や213系の体質改善車が高精細であるのに対し201系のがドットピッチが荒いのは、前者が体質改善工事のメニュー内で行われたのに対し、後者は既に体質改善工事済みであったことから行先表示装置交換は単独で行われたことから、両者はそれぞれ別々の予算で執行されていることが影響していると思われます。

20130421_jrwest_ec_201-01.jpg

桃谷での撮影後は造幣局の桜の通り抜けへ。
桜の通り抜けは原則として一方通行であるため、入場は南側から。

20130421_japan_mint-01.jpg

今年は開花の時期が早かったため、来訪時は殆ど散ってしまってます・・・。

20130421_japan_mint-02.jpg

それでも何本かは散り始め状態であることから、そこだけは人垣が出来てます。
撮影する様は正しく涙ぐましい姿です・・・。
(下の写真をクリックすると元の大きさで表示されます)

20130421_japan_mint-03.jpg

そう言う私も人のことは言えず撮っていますが・・・。
(下の1枚目の写真をクリックすると元の大きさで表示されます)

20130421_japan_mint-04.jpg
20130421_japan_mint-05.jpg

北門から出ると北側に桜之宮公園の泉布館地区へ。

20130421_sakuranomiya_park-01.jpg

泉布館。

20130421_sakuranomiya_park-02.jpg

旧桜宮公会堂。

20130421_sakuranomiya_park-03.jpg

大阪駅へ。

20130421_osaka-01.jpg

大阪ステーションシティの北側に隣接するグランフロント大阪は4月26日(金)にオープンします。

20130421_osaka-02.jpg

そして、これまで中央北口でフェンスで囲まれた一区画には花壇が・・・。

20130421_osaka-03.jpg
20130421_osaka-04.jpg
20130421_osaka-05.jpg

上から見るとこのような感じ。

20130421_osaka-06.jpg

この日はここまでとし帰宅しました。

category: 日記

tag: JR西日本  造幣局  桜の通り抜け  大阪駅 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop