DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »東急7000系(2代目)
このページの記事一覧

2010年7月17日 首都圏鉄道を巡る三連休2 東急新7000系  

旗の台から池上線に乗り換えて蒲田へ移動してきました。
ここでの目的は折り返し待ちの列車の車内写真を撮るためで、前回は1000系の車内写真を捉えました。

20100717_kamata-01.jpg

今回は新7000系。
初乗車からしばらく経過していますが、これまでは編成写真とアイコンショットのみで、車内写真は撮影できてませんでした。

20100717_tokyu_7000_2g-01.jpg

まずは車内全体の写真。
化粧板は木目調のデコラ、側窓枠とドア鴨居部のカバーは木目調に合わせたブラウン系の部材が使用されています。

20100717_tokyu_7000_2g-in01.jpg

新7000系の座席。
座面がブルー系、背面がグリーン系で纏められています。

20100717_tokyu_7000_2g-in02.jpg

車端部は基本的に3タイプ。
まずは片側がボックスシートともう片側は車椅子スペース。

20100717_tokyu_7000_2g-in03.jpg

両側ともボックスシート。

20100717_tokyu_7000_2g-in04.jpg

ロングシートのみ。

20100717_tokyu_7000_2g-in05.jpg

FRP製の部材が基本の天井回り。

横軸ファンの吹き出し口は大邱の地下鉄放火事件を受けて改定された耐火基準に対応するためにアルミ製となっています。
これは他の事業者の新造車両でも改定後は基本的にアルミ製を基本としています。

20100717_tokyu_7000_2g-in06.jpg

車内案内表示装置は4:3のLCDモニタがドア鴨居部に2画面。
:初回投稿時「TOQビジョン」と書きましたが、配信内容は広告ではなく「TOQビジョン」のステッカーも貼られていないため違いますという指摘があり訂正しました。

20100717_tokyu_7000_2g-in07.jpg

ドア回り。
ドア窓の固定方式は車内側からの接着する方式で、近年の新造車両では標準的なものです。

20100717_tokyu_7000_2g-in08.jpg

7000系の車内写真は以上ですが、これらを弊サイトの鉄道フォト&データベースの方に後日アップする予定です。

→「JR武蔵小杉駅横須賀線ホーム新設工事見分・その1」に続く。
スポンサーサイト

category: 関東地区の鉄道

tag: 東京急行電鉄  東急7000系(2代目)  車内写真 
tb: 0   cm: 2

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop