DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »東北新幹線
このページの記事一覧

2012年8月14日 北海道の史跡と鉄道を巡る旅32 新青森駅  

さて、ここで新青森駅構内を見て回ります。

20120815_shin_aomori-06.jpg

新青森駅は新幹線延伸より前の旧国鉄末期の1986年に開業していますが、新幹線乗り入れを前提であることと共に地元からの要望として先行開業させたものだそうです。

20120815_shin_aomori-01.jpg

新青森駅の在来線側は島式ホームの1面2線。
引き上げ線を有していないため、津軽海峡線特急の白鳥系統は同駅到着後は車内整備のために青森車両センターへ引き上げることになっているようです。

20120815_shin_aomori-02.jpg
20120815_shin_aomori-07.jpg

在来線側の改札口。
有人1、自動3通路と必要最小限と言ったところ。

20120815_shin_aomori-08.jpg

南北自由通路。

20120815_shin_aomori-09.jpg
20120815_shin_aomori-10.jpg

新幹線側改札外コンコース。

20120815_shin_aomori-11.jpg

こちらの改札口は有人1、自動4通路分。

20120815_shin_aomori-12.jpg

東口へ。

20120815_shin_aomori-13.jpg

東口の駅前広場。
こちらは路線バス用のロータリーとタクシー待機所のロータリーが別々に用意されています。

20120815_shin_aomori-03.jpg
20120815_shin_aomori-14.jpg

南口へ。

20120815_shin_aomori-15.jpg

こちらは送迎用の車の待機所がメインで駐車場も構えますが、路線バスも乗入れます。

20120815_shin_aomori-16.jpg

自由通路の南側。

20120815_shin_aomori-17.jpg

新幹線側改札内コンコース。

20120815_shin_aomori-18.jpg
20120815_shin_aomori-19.jpg

ホーム階へ。
函館方。

20120815_shin_aomori-20.jpg

奥に見える分岐点は直線側が北海道新幹線、右手への曲線は盛岡新幹線車両センター青森派出へ向かってます。

20120815_shin_aomori-21.jpg

東京方。

20120815_shin_aomori-22.jpg
20120815_shin_aomori-23.jpg

ちなみにホームは島式の2面4線。

20120815_shin_aomori-04.jpg

青森市中心部への玄関口であるため、改札外へは中規模となっていますが、乗換設備的には北海道新幹線開通後は県北部への乗換に絞られるため、設備的には必要最小限に留められている感じです。

これで新青森駅の見聞は終了です。

→次に続く。
スポンサーサイト

category: 北海道遠征

tag: JR東日本  東北新幹線  北海道新幹線 
tb: 0   cm: 0

2009年10月17日 E5系と103系を巡る旅6 E5系とご対面  

E5系の車両展示イベントの会場となる新潟新幹線車両センターへ向かうため、新発田からE127系に乗って車両センターの最寄り駅である白新線大形駅へ向かいます。

20091017_jreast_ec_e127_0-01.jpg

大形駅は2面2線。
有人駅ですが駅員が常駐しているのは窓口がある北口で南口側は無人です。

20091017_ogata-01.jpg
20091017_ogata-02.jpg

ここから会場へは徒歩で。
駅北口を出ると白新線に沿って新潟方面へ歩き、南北に架かる跨線橋上にあるT字の交差点を渡ると新潟車両センターの敷地が広がっています。

20091017_niigata_shinkansen_cars_deport-03.jpg

保線車両群を左に見ながら北へ進むと車両センターの入口に達します。

20091017_niigata_shinkansen_cars_deport-01.jpg

新幹線の車両基地へ入るのはJR西日本博多総合車両所の公開イベントへ来訪した時以来。

20091017_niigata_shinkansen_cars_deport-04.jpg

車両展示会場は1編成がまるまる収容出来る長さがある検査ピット脇を延々と歩いていきます。

20091017_niigata_shinkansen_cars_deport-05.jpg

検査ピットの下部。
滅多に撮れないので撮っておきました。

20091017_niigata_shinkansen_cars_deport-06.jpg

検査ピットを出てさらに歩かされること約5分

20091017_niigata_shinkansen_cars_deport-07.jpg
20091017_niigata_shinkansen_cars_deport-08.jpg

ようやく展示会場である発着線に到着。

20091017_niigata_shinkansen_cars_deport-02.jpg

各車両は発着線の建物から顔を除かせている形で展示されています。

20091017_niigata_shinkansen_cars_deport-09.jpg

肝心のE5系は一番手前に。

20091017_jreast_tec_e5-01.jpg

JR東日本に在籍している新幹線車両の中では最も長い部類に入るノーズ。

20091017_jreast_tec_e5-02.jpg

現在登場しているE5系は量産先行車で、試験走行などで得られた結果を東北新幹線新青森延伸に向けて導入される量産車にフィードバックされる模様です。

これで目的は達しましたので新潟駅へ戻ります。

→次に続く。

category: 甲信越地方遠征

tag: JR東日本  鉄道イベント  東北新幹線  上越新幹線 
tb: 0   cm: 0

2009年8月12日 東北地方の名城と鉄道を巡る旅2 白河へ  

混乱した前日とは一変し遠征初日は通常通りに東京駅に立っていました。

当日最初に巡るのは福島県の白河小峰城。
最寄り駅は白河駅ですが、東北新幹線の駅は白河より上野寄りにある新白河なので、まずはやまびこ205号に乗って新白河へ向かいます。

20090812_tokyo-01.jpg

一昨年に比べて人が若干少ないようにも思えますが、不況と高速道路1回利用上限1,000円政策の影響が見られるようですが果たして・・・。

20090812_yamabiko205-01.jpg

東京を定刻どおり出発すると、事前に買っておいた弁当を開いて朝食です。

20090812_breakfast-01.jpg
20090812_breakfast-02.jpg

上野と大宮で纏まった乗り込みが見られましたが、その先の小山や宇都宮でも乗り込みがあり、那須塩原で纏まった降車が見られました。
那須塩原ではキャリアカートを転がして行く人が多く見受けられました。

20090812_shin_shirakawa-01.jpg

新白河で降車。
時間にして約1時間半です。

20090812_shirakawa-01.jpg

新白河は新幹線側の出口が主役で在来線の乗換え口は申し訳程度に簡易型の自動券売機と自動改札機が1台ずつ設けられていました。
跨線橋を見下ろすとすでに列車が待っているため、そそくさと乗り換えましたが、その車両も100p~120p(通路と出入り口付近に10人~30人立っている状態)の込み具合で、多くは18きっぷ利用者であると容易に判断できます。

新白河から1区間のって白河に到着。
込んでいる列車を後にして、ようやく白河小峰城へと足を進めます。

20090812_jreast_ec_e721_0-01.jpg

category: 東北地方遠征

tag: JR東日本  東北新幹線 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop