DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »智頭急行
このページの記事一覧

週末日記 2011年9月11日  

2011年9月11日(

例によって撮影のお出かけ。

まず、京阪中之島線で2400系に遭遇。
この系列の車内写真を撮ってなかったので、終点の中之島で車内写真撮影。

20110911_kaihan_2400-in01.jpg

さくら夙川駅へ移動。

20110911_sakura_shukugawa-0.jpg

例によって編成写真の撮影。

20110911_jrwest_ec_207_2000-01.jpg
20110911_jrwest_ec_321-01.jpg
20110911_chizukyu_hot7000-01.jpg

神戸へ移動。

20110911_kobe-01.jpg

神戸からは阪急で梅田へ。
ちょうど9000系だったので梅田での折返し待ちの間で車内写真撮影。

20110911_hankyu_9000-01.jpg
20110911_hankyu_9000-in01.jpg

途中の西宮北口で9000系では最新の9004編成に遭遇。
これに気付いたので9000編成の車内写真撮影後に梅田へ入線したところを撮っておきました。

20110911_hankyu_9000-02.jpg

この日はこれで終り。
梅田からは難波経由で帰宅しました。
スポンサーサイト

category: 日記

tag: 京阪電気鉄道  JR西日本  智頭急行  阪急電鉄 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2011年7月23日  

2011年7月23日(

23日は姫路近郊へ。
高架への全面切り替えが完了した姫路駅では北駅前広場整備と新駅ビルにより現在の駅ビルの解体作業が進められています。

跡地にはバス発着所とタクシー乗降場などが整備される計画です。
「姫路駅北駅前広場のイメージパース(ポスター)について」のリンク(PDF)
http://bit.ly/mPOTta

20110723_himeji-01.jpg
20110723_himeji-02.jpg

ここではキハ127系の写真撮影。
単行版のキハ122系は撮影済みなのですが、2両編成版キハ127系はこれまで撮れなかったのです。

20110723_jrwest_dc_127_0-01.jpg
20110723_jrwest_dc_127_0-02.jpg

ダイヤ構成上2本並びとなる時間帯だったことから人気のない車内を撮影。
こちらは他の写真も含めて後日サイトの方にアップします。

20110723_jrwest_dc_127_0-in01.jpg
20110723_jrwest_dc_127_0-in02.jpg

上郡へ移動。

20110723_kamigori-01.jpg

ここから智頭急行に乗り換え。

20110723_kamigori-02.jpg
20110723_chizukyu_hot3500-0.jpg

佐用へ降り立つのは久しぶり。

20110723_sayo-01.jpg

駅前にあるのは駅舎ではなく待合所。

20110723_sayo-02.jpg

きっぷ売り場と改札口は地下。

20110723_sayo-03.jpg

駅構内の様子。
姫新線のりばからの撮影で、向かい側のホームが智頭急行のりば。

こちら側が智頭急行が智頭・鳥取方、姫新線が姫路方。

20110723_sayo-04.jpg

反対側は智頭急行が上郡・姫路方、姫新線が津山方となります。
これは地形上の理由とルート上の理由から。

20110723_sayo-05.jpg

姫路へ戻って播但線103系3550番台を撮影。

20110723_jrwest_ec_103_3550-01.jpg

今回はアイコンショットと運転台撮影のみ。

20110723_jrwest_ec_103_3550-cab01.jpg

姫路からは山陽電鉄・阪神で大阪へ戻りました。

20110723_hanshin_8000-01.jpg
20110723_hanshin_8000-in01.jpg

category: 日記

tag: JR西日本  連続立体交差事業  姫路駅  姫新線  智頭急行  阪神電気鉄道 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2011年5月8日  

2011年5月8日(

GW明けなので今週末唯一のお休みとなった8日はグランドオープンとなった大阪駅へ。
人出が多いので時空(とき)の広場は大部分が閉鎖されて通路化されていました・・・。

20110508_osaka-01.jpg
20110508_osaka-02.jpg
20110508_osaka-03.jpg
20110508_osaka-04.jpg

14Fの天空の農園まで上がってきました。

20110508_osaka-05.jpg

大阪から島本へ移動。
ここでは例によって編成写真の撮影。

20110508_jrwest_ec_281-01.jpg

ここではEF510形に遭遇。

20110508_jrfreight_el_ef_510_0-01.jpg
20110508_jrwest_ec_321-01.jpg
20110508_jrwest_ec_223_2000-01.jpg
20110508_jrwest_ec_681_0-01.jpg

新快速での225系は今回3度目の撮影。

20110508_jrwest_ec_225-01.jpg
20110508_chizukyu_hot7000-01.jpg

新大阪へ送込み回送中の381系。

20110508_jrwest_ec_381_100-01.jpg
20110508_jrwest_ec_223_1000-01.jpg
20110508_chizukyu_hot7000-02.jpg

島本から京都へ。
ここでは225系に当たりました。

20110508_jrwest_ec_225-02.jpg

京都からは折り返して大阪へ戻って再び時空の広場へ。
通路状態から解放され本来の状態にほぼ戻ってましたが、落ち着くまではこの措置がとられると思われます。

20110508_osaka-06.jpg
20110508_osaka-07.jpg

この日はここまでとし帰宅しました。

category: 日記

tag: JR西日本  駅改良工事  大阪駅  大阪ステーションシティ  JR貨物  智頭急行 
tb: 0   cm: 0

2010年8月11日 日本100系城を巡る中国地方の旅6 美作津山城・その5  

天守台を下りて本丸の残りと城郭北側を見てきます。
写真は涼櫓跡。

20100811_tsuyama_castle-53.jpg

本丸と天守曲輪に境目にある石碑。

20100811_tsuyama_castle-54.jpg

本丸北側から本丸御殿跡を見る。

20100811_tsuyama_castle-55.jpg

本丸東側にある石垣。
ここには北(写真左側)から順に十一番門、月見櫓、矢切櫓、瓦櫓などがありました。

20100811_tsuyama_castle-52.jpg

長屋櫓跡と大戸櫓跡。
手前側が長屋櫓、やや奥まった場所に大戸櫓。

20100811_tsuyama_castle-56.jpg

粟積櫓の櫓台

20100811_tsuyama_castle-57.jpg

裏切手門跡とその左側にある腰巻櫓と七軒廊下跡。

20100811_tsuyama_castle-58.jpg

裏鉄門跡。

20100811_tsuyama_castle-59.jpg

麦櫓跡。

20100811_tsuyama_castle-60.jpg

裏中門跡。
虎口の形式としては喰違虎口らしい。

20100811_tsuyama_castle-61.jpg
20100811_tsuyama_castle-62.jpg
20100811_tsuyama_castle-63.jpg

二ノ丸搦手側。

20100811_tsuyama_castle-64.jpg

左(西側)から干飯櫓、道明寺櫓、そして正面の石垣が荒和布櫓の櫓台。

20100811_tsuyama_castle-65.jpg

左から肘櫓、格子門、紙櫓。
正面の石段を下りると裏下門があります。

20100811_tsuyama_castle-66.jpg

裏下門跡。
左側の石垣は紙櫓の櫓台。

20100811_tsuyama_castle-67.jpg

いくつか見落としましたが、時間がないので撤収。
津山駅へ戻って因美線に乗って鳥取へ向かいます。

20100811_jrwest_dc_120_300-01.jpg

智頭から鳥取までは智頭急行のHOT3500形。

因美線は運転系統上は津山~智頭と智頭~鳥取に二分されていますが、前者はキハ120形ばかり、後者は智頭急行の車両に若狭鉄道の車両が入りJR車が少数派という奇妙な運用です。

20100811_chizukyu_hot3500-01.jpg

鳥取に到着後は鳥取城へ向かいます。

→次に続く。

category: 中国地方遠征

tag: 日本100名城  美作津山城  JR西日本  智頭急行 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop