DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »昇降式ホーム柵
このページの記事一覧

2014年11月29日 JR六甲道駅昇降式ホーム柵設置工事  

JRゆめ咲線桜島駅で試験運用されている昇降式ホーム柵がJR神戸線六甲道駅下りホーム緩行線側に設置される工事が11月より着手されていることを知り、11がち29日に現地へ赴きました。

今回設置される昇降式ホーム柵は桜島駅における試験運用で判明した課題に加え、現行では複雑で且つ過酷な条件下における未確認事項そそれら対策検証も含めた長期試験を実施するためのものです。

20141129_rokkomichi-01.jpg

来訪時点では昇降式ホーム柵本体の設置工事そのものは完了してました。

20141129_rokkomichi-02.jpg
20141129_rokkomichi-03.jpg

下の画像にある表示灯類は運転手へホームドアの昇降状態を知らせるもののようで、路線末端の折返し駅である桜島駅では西九条側に設置されていました。
六甲道駅では大阪方に設置されますが、停車する列車の編成が6両・7両・8両・10両・12両であることから、それぞれに対応した停止位置の前方に設置されるものと思われます。

20141129_rokkomichi-04.jpg

神戸方に設置される前方監視モニタ。
直線区間上にある六甲道駅では前後が曲線となる外側線のみ設置されていましたが、内側線に新たに設置されるものは昇降式ホーム柵の状態の確認や利用者の安全を確保するためを目的で、列車に乗務する車掌が確認出来る位置に設置されることになります。
ちなみにホーム柵を操作するスイッチ類が設けられる2箇所に設置される模様です。

20141129_rokkomichi-05.jpg

最後尾側はモニタ設置工事の途中でした。

20141129_rokkomichi-06.jpg

近年よく見られるセンサ類。
主に列車位置を検出するために用いられていますが、写真のものは比較的新しい時期に設置されていることからホーム柵関連のものと思われます。

20141129_rokkomichi-07.jpg
20141129_rokkomichi-08.jpg

今回の六甲道駅のレポは以上です。
スポンサーサイト

category: その他の鉄道工事レポ

tag: JR西日本  可動式ホーム柵  昇降式ホーム柵  JR神戸線  六甲道駅 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop