DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »旧中山道
このページの記事一覧

2012年9月15日 木曽路の史跡を巡る旅5 奈良井宿・後編  

先ほど歩いてきた奈良井宿を戻ってみます。

20120915_narai-22.jpg

水場「宮の沢」周辺。
この京都方に入口である虎口が設けられていました。

同様の虎口が下町の奈良井駅側にもあったのですが、いずれも現存していません。

20120915_narai-04.jpg

鍵の手。
ここにも水場があり、写真中央のものがそれです。

20120915_narai-23.jpg

中町。

20120915_narai-24.jpg
20120915_narai-25.jpg

下町まで通り抜けると木曽の大橋へ行くため中央線の東側に出ます。

20120915_narai-26.jpg
20120915_narai-27.jpg
20120915_narai-28.jpg

細い通路を抜けると整備された遊歩道を名古屋方へ向かって歩いて行きます。

20120915_narai-29.jpg

道の駅・奈良井木曽の大橋の休憩施設と駐車場の脇を通り、公園のような場所へ出ると木曽の大橋が奥に見えてきます。

20120915_narai-30.jpg

信濃川水系・奈良井川に架かる木曽の大橋。

20120915_narai-31.jpg
20120915_narai-32.jpg
20120915_narai-33.jpg

下流側。

20120915_narai-34.jpg

上流側。

20120915_narai-35.jpg

対岸へ渡って撮影。
こちら側が元からある道の駅奈良井木曽の大橋なので、橋自体は冬季閉鎖されることから、以前は奈良井宿へのアクセスが不便だったのですが、道の駅自体が近年になり奈良井宿側に拡大されたことからアクセス性が改善されています。

20120915_narai-36.jpg

次の松本行きが来るまでの間は道の駅内にある喫茶店でおやつ。

20120915_narai-37.jpg
20120915_sweets-01.jpg

おやつタイムを挟んだあとは奈良井駅へ戻ります。
奈良井駅は2面3線を保線基地が設けられています。

20120915_narai-38.jpg
20120915_narai-39.jpg
20120915_narai-40.jpg

このあと313系と115系を乗り継いで宿泊先である長野市内へ向かいました。

20120915_jreast_ec_115_1000.jpg

→次に続く。
スポンサーサイト

category: 甲信越地方遠征

tag: 旧中山道  重要伝統的建造物群保存地区  奈良井宿 
tb: 0   cm: 0

2012年9月15日 木曽路の史跡を巡る旅4 奈良井宿・前編  

木曽福島から313系1300番台に揺られて奈良井にやって来ました。

20120915_jrcentral_ec_313_1300-01.jpg

ここは中山道の宿場町である奈良井宿の最寄り駅です。

20120915_narai-01.jpg
20120915_narai-05.jpg

跨線橋を渡って駅の外へ。

20120915_narai-06.jpg

その前に駅舎内にある観光案内の窓口で奈良井宿マップを頂いて。

20120915_narai-07.jpg

奈良井駅の駅舎。

20120915_narai-02.jpg

では奈良井宿へ。

20120915_narai-08.jpg

奈良井宿は名古屋方に鳥居峠を控えた旧宿場町で、国の重要伝統的建造物群保存地区としては最長1kmを誇っています。
中山道は京(京都)がある側が上方となりますが、奈良井駅が北側、奈良井宿が南側という位置関係であるため、今回は北側から散策していきます。

まずは最も北側に位置する下町。

20120915_narai-03.jpg
20120915_narai-09.jpg

奈良井宿には複数箇所に水場があり、写真の水場はその中の一つである「横水」で、下町と中町の境界にあります。

20120915_narai-10.jpg

中町。

20120915_narai-11.jpg
20120915_narai-12.jpg

中町の中程に位置する奈良井宿本陣跡。

20120915_narai-13.jpg

上問屋資料館。

20120915_narai-14.jpg

中町と上町の境目にある鍵の手。
これは宿場内に道の屈曲を造ることにより敵の直進と見通しを防いで宿場町を守るという機能を持たせています。

20120915_narai-15.jpg

上町。
奈良井宿では京都側に位置しています。

20120915_narai-16.jpg
20120915_narai-17.jpg

水場「宮の沢」
奈良井宿の水場では最も京都側にあります。

20120915_narai-18.jpg

宮の沢に隣接して掲げられている高札所。

20120915_narai-19.jpg

宿場町外の京都側にある鎮神社。

20120915_narai-20.jpg

さらに京都方にある楢川歴史民俗資料館。

20120915_narai-21.jpg

鳥居峠側から奈良井宿を見る。

20120915_narai-22.jpg

ここから来た道を戻ります。

→次に続く。

category: 甲信越地方遠征

tag: 旧中山道  重要伝統的建造物群保存地区  奈良井宿 
tb: 0   cm: 0

2012年9月15日 木曽路の史跡を巡る旅3 山村代官屋敷  

関所跡を出て山村代官屋敷へ向かいます。
木曽福島関所の関守や木曽代官を代々務めた山村氏の屋敷および庭園の一部を整備したもので、現在こそ屋敷自体は一軒家程度となっていますが、当時は隣接する福島小学校あたりまでが屋敷の敷地だったそうです。

下の写真周辺が東門跡となっています。

20120915_kiso_fukushima-27.jpg

現在の山村代官屋敷の入り口。
近年、リニューアル工事で綺麗に整備されたそうです。

20120915_kiso_fukushima-06.jpg

門を入ると正面に東屋がありますが、お休みのようです。

20120915_kiso_fukushima-28.jpg

奥へ進むと。

20120915_kiso_fukushima-29.jpg

屋敷の玄関に到着。

20120915_kiso_fukushima-07.jpg

それでは中へ。

20120915_kiso_fukushima-31.jpg

展示物自体はそれほど多くはありませんが、歴史系では珍しく当時を再現した料理サンプルが展示されていると言う点ではちょっと変わっています。

20120915_kiso_fukushima-32.jpg
20120915_kiso_fukushima-33.jpg

庭園。

20120915_kiso_fukushima-34.jpg

翠山桜。
山村蘇門の家臣で学友でもあった石作駒石の書斎で、当時は町内の寺の庭にあったったのですが、解体の危機に遭った際、現在の場所に移築されたのだそうです。

20120915_kiso_fukushima-35.jpg
20120915_kiso_fukushima-36.jpg
20120915_kiso_fukushima-37.jpg

時間が迫ってきたため、木曽福島駅へ戻ることにしました。

20120915_kiso_fukushima-38.jpg

15分ほどで木曽福島駅へ到着。
ここからは中山道34番目の宿場町で重要伝統的建造物群保存地区に指定されている奈良井宿へ向かいます。

→次に続く。
20120915_kiso_fukushima-39.jpg

category: 甲信越地方遠征

tag: 旧中山道  木曽福島宿  木曽福島関所 
tb: 0   cm: 0

2012年9月15日 木曽路の史跡を巡る旅2 木曽福島関跡  

旧中山道の関所跡である木曽福島関跡へ来訪しました。

関所跡は木曽路文化ギャラリーより東側にある坂道を歩いて行きます。

20120915_kiso_fukushima-20.jpg

登った先で関所跡の門が出迎えてくれます。

20120915_kiso_fukushima-03.jpg

関所自体はご覧の通り礎石などがあるだけと言ったところで、後年の中央本線の建設や国道の拡大などで一部改変された箇所があるそうです。

20120915_kiso_fukushima-04.jpg
20120915_kiso_fukushima-21.jpg

跡地内に福島関所資料館があるので見てきました。

20120915_kiso_fukushima-05.jpg

建物自体は往時の姿を復元させたもので、内部は関所通行に関する資料などが展示されています。

20120915_kiso_fukushima-22.jpg

福島関所を再現した模型。

20120915_kiso_fukushima-23.jpg

蔵を活用した「ギャラリー関所」

20120915_kiso_fukushima-24.jpg

関所跡から現在の木曽町福島地区の市街地を見る。
塩尻側。

20120915_kiso_fukushima-25.jpg

名古屋側。

20120915_kiso_fukushima-26.jpg

市街地へ下りて山村代官屋敷へ向かいます。

→次に続く。

category: 甲信越地方遠征

tag: 旧中山道  木曽福島宿  木曽福島関所 
tb: 0   cm: 0

2012年9月15日 木曽路の史跡を巡る旅1 木曽福島宿へ  

9月15日~17日の三連休は木曽と信州の史跡巡るの旅をしてきました。
今回の更新分からその詳細を報告していきます。

9月15日から17日まではお休みとなりました。

遠征先をあれこれ思案していたのですが、9月から10月に大きな動きがある首都圏は11月か年末あたりに持ち越し・・・他となるとなんて考えていると一週間前に迫り、ついに宿泊先が満室状態となった九州・北陸は断念。
宿泊先が空いていたのは信州ぐらいとなり、指定席の空席を確認と宿泊先の確保、往復の行程を確定させておいてあとは現地で出たとこ勝負と言ったところです。

初日は旧中山道の宿場町や関所跡を巡りつつ長野を目指します。

往路は新幹線としなの号で。
名古屋の乗り換えの合間はJR東海におけるローカル輸送の顔となった313系を撮影。

20120915_jrcentral_ec_313_1300-02.jpg

今回乗車するしなの号は10:00発の7号。

20120915_nagoya-01.jpg
20120915_jrcentral_ec_383-01.jpg

普通車指定席が確保出来ずグリーン車で・・・。
当日はダイヤが乱れているようで、終日数分ほど遅れている状況。

20120915_shinano7-01.jpg

5分遅れを引き摺ったまま木曽福島に到着。

20120915_kiso_fukushima-08.jpg

木曽福島は島式ホームの1面2線ですが、夜間留置用の側線を有しています。

20120915_kiso_fukushima-09.jpg

御嶽山への玄関口でもあるのですが、時期がアレなのか閑散としています。

20120915_kiso_fukushima-01.jpg

ここからは旧関所跡を目指します。

駅自体は山間部の高い場所に位置しているようで、市街地は木曽川沿いの低い場所に広がっていることから、駅前広場を出ると下り坂・・・。

20120915_kiso_fukushima-10.jpg

道なりに進むと木曽川の支流と中央本線の橋梁が交差する場所に出てきます。

20120915_kiso_fukushima-11.jpg

中八沢橋。
ここを渡ると福島宿の面影を残した上の段地区へ。

20120915_kiso_fukushima-12.jpg

上の段地区。
江戸小路エリアとも呼ばれています。

20120915_kiso_fukushima-02.jpg
20120915_kiso_fukushima-13.jpg

上の段用水。

20120915_kiso_fukushima-14.jpg
20120915_kiso_fukushima-15.jpg
20120915_kiso_fukushima-16.jpg
20120915_kiso_fukushima-17.jpg
20120915_kiso_fukushima-18.jpg
20120915_kiso_fukushima-19.jpg

上の段地区の次は関所跡へ向かいます。

→次に続く。

category: 甲信越地方遠征

tag: JR東海  旧中山道  木曽福島関所  木曽福島宿 
tb: 0   cm: 0

三連休日記 2012年9月15日  

2012年9月15日(

今週末の15日から17日にかけて三連休となることから、この休みを利用して木曽・北信遠征をすることにしました。

初日である15日は旧中山道の関所があった木曽福島関、重要伝統的建造物群保存地区である奈良井宿を巡りつつ長野へ向かうことにしました。

まずはのぞみ312号としなの7号を乗り継いで木曽福島へ。

20120915_nagoya-01.jpg
20120915_jrcentral_ec_383-01.jpg

御嶽山登山の玄関口でもある木曽福島は旧中山道の関所の一つである木曽福島関や宿場町である木曽福島宿があった場所で交通の要衝でもありました。

20120915_kiso_fukushima-01.jpg
20120915_kiso_fukushima-02.jpg

関所跡は木曽福島駅から塩尻方へ徒歩15分ほどの場所にあり、跡地には福島関所資料館があります。

20120915_kiso_fukushima-03.jpg
20120915_kiso_fukushima-04.jpg
20120915_kiso_fukushima-05.jpg

また、市街地内にある山村代官屋敷も来訪してきました。

20120915_kiso_fukushima-06.jpg
20120915_kiso_fukushima-07.jpg

木曽福島から飯田線へ転用された313系3000番台の代わりに導入された313系1300番台に揺られて奈良井へ。

20120915_jrcentral_ec_313_1300-01.jpg
20120915_narai-01.jpg

ここは旧中山道の宿場町である奈良井宿があった場所で、現在は文部科学省の重要伝統的建造物群保存地区に選定されていますが、国内での保存地区では最長となる1kmの宿場とされています。

20120915_narai-02.jpg
20120915_narai-03.jpg
20120915_narai-04.jpg

奈良井の宿場町を巡った後は松本乗換で長野へ向かい初日は終了としました。

20120915_jreast_ec_115_1000.jpg

category: 日記

tag: JR東海  旧中山道  木曽福島宿  木曽福島関所  重要伝統的建造物群保存地区  奈良井宿 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop