DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »日本庭園
このページの記事一覧

三連休日記 2013年10月14日  

2013年10月14日(

遠征最終日は午前中を縮景園、午後は厳島(宮島)へ出向いて来ました。

まず縮景園。

20131014_shukukeien-01.jpg

元は中国の西湖周辺の風景を凝縮させた「泉水屋敷」が始まりで一度大火に見舞われた後に大規模改修され、明治以降は歴代藩主浅野家の別邸として「泉邸」を称されました。
第二次大戦末期の原爆投下により壊滅状態になり、1951年に復元されてから現在の「縮景園」に改称されています。

園内は池泉回遊式庭園です。

20131014_shukukeien-02.jpg
20131014_shukukeien-03.jpg
20131014_shukukeien-04.jpg

昼食前に広電の車両を撮影。
宮島線直通用と市内線専用の最新鋭を捉えました。

20131014_hiroden_5100-01.jpg
20131014_hiroden_1000-01.jpg

昼食を挟んで午後からは厳島(宮島)へ。

20131014_miyajimaguchi-01.jpg

帰阪の時間との勝負となりましたが、修学旅行や観光客で混雑する厳島神社を一回り・・・。

20131014_itsukushima_shrine-01.jpg
20131014_itsukushima_shrine-02.jpg
20131014_itsukushima_shrine-03.jpg

広島へ戻って鞄を回収して、ギリギリのタイミングでのぞみ138号に乗り込んで帰阪しました。

20131014_miyajima_ferry-01.jpg
20131014_shin_osaka-01.jpg
スポンサーサイト

category: 日記

tag: 大名庭園  日本庭園  広島縮景園  広島電鉄  日本三景  安芸の宮島  世界遺産  厳島神社 
tb: 0   cm: 0

2009年9月23日 東海地方の城郭と鉄道を巡る旅45 徳川園  

名古屋城をあとにして尾張藩の二代藩主だった徳川光友の大曽根御屋敷跡地に造られた日本庭園の徳川園に向かいます。
地下鉄で行くと大曽根が最寄り駅。

20090923_ozone-01.jpg

出口は3番出口を利用します。

20090923_ozone-02.jpg

大曽根駅から歩かされて約15分で徳川園に到着。
写真は北門。

20090923_tokugawaen-05.jpg

北門から入ると徳川園に東側を通ります。
通り抜けた先に徳川美術館などがある広場に出てきます。

20090923_tokugawaen-06.jpg

広場を突っ切って正門へ。
正門は黒門とも呼ばれ、1889年に建立された欅造りの三間薬医門で、戦災を逃れた徳川邸の遺構として残されています。

20090923_tokugawaen-01.jpg

正門側から見て広場。
左手が徳川園、正面が徳川美術館、右手が名古屋市蓬左文庫です。

20090923_tokugawaen-07.jpg

まずは日本庭園徳川園へ。

20090923_tokugawaen-02.jpg

徳川園は尾張藩の二代藩主だった徳川光友の大曽根御屋敷跡地にある回遊式日本庭園で、徳川光友が隠居後の邸宅として利用し、その後明治中期に尾張徳川家に戻るまで成瀬家など尾張藩家老が所有していました。
その後は尾張徳川家の邸宅として使用された後、尾張徳川家第19代当主徳川義親に時に名古屋市に寄贈されたものの、戦災で消失し跡地は公園として一度整備され、2005年に日本庭園として再整備され現在に至ります。

20090923_tokugawaen-08.jpg

龍仙湖から北側を撮影。

20090923_tokugawaen-09.jpg

西側にある茶屋「瑞龍亭」

20090923_tokugawaen-10.jpg

龍仙湖から南側を撮影。
写真の建物は観仙楼。

20090923_tokugawaen-11.jpg

渓谷「虎の尾」

20090923_tokugawaen-12.jpg

大曽根の瀧

20090923_tokugawaen-13.jpg

続いて徳川美術館と名古屋市蓬左文庫に入ります。

20090923_tokugawaen-14.jpg

徳川美術館は徳川御三家の1つである尾張徳川家伝来の道具類が展示されています。

20090923_tokugawaen-03.jpg

通路伝いにある名古屋市蓬左文庫は、尾張徳川家が所有していた旧蔵書を所蔵する公開文書で、1950年まで旧蔵書を管理していた徳川黎明会から名古屋市へ移管され、それ以降は徳川園と同じ敷地で管理されています。
ちなみに蓬左とは名古屋ことで、蓬莱の宮と位置づけられていた熱田神宮の左側にある町というのが語源となっているようです。

20090923_tokugawaen-04.jpg

徳川園での関連はこれで終わり。
続いては清洲城へ向かいます。

→次に続く。

category: 東海地方遠征

tag: 日本100名城  尾張名古屋城  日本庭園  徳川園 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop