DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »新大阪駅
このページの記事一覧

2015年1月18日 JR新大阪駅改良工事見聞2  

今回実施された新大阪駅改良工事の3回目切替に際して3号ホームの案内掲示類も一新されましたが、5号・4号ホームの時と異なり路線記号が併記されたものになっています。

20150118_shin_osaka-20.jpg

ホームへの階段下り口。

20150118_shin_osaka-21.jpg

東海道・山陽線系統のJR神戸・京都・琵琶湖線・北陸線(米原~敦賀)は「A」で、「B」は湖西線系統です。

20150118_shin_osaka-22.jpg

1回目切替直後は非電照だった5号ホーム側の案内板は電照式になりましたが、こちらは該当行き先に路線記号がないため案内板自体も路線記号無しです。

20150118_shin_osaka-23.jpg
20150118_shin_osaka-24.jpg

ホーム側の案内板。
4号・5号ホームでは非電照式でしたが、3号ホームではLED照明を用いた電照式に交換されました。

20150118_shin_osaka-25.jpg
20150118_shin_osaka-26.jpg
20150118_shin_osaka-27.jpg

発車標は路線記号併記となりました。

20150118_shin_osaka-28.jpg

改札内コンコースの階段下り口周囲にある案内掲示。
3号ホーム用は停車駅案内は路線記号併記のものになりました。

20150118_shin_osaka-29.jpg

P1184806-e01
P1184806-e01 posted by (C)dk_kawachi

20150118_shin_osaka-30.jpg

20150118_shin_osaka-31.jpg

20150118_shin_osaka-32.jpg

4号ホーム共用再開直後は制定前だったため路線記号が併記されていなかった4号ホーム用の停車駅案内は路線記号併記仕様に更新されました。

20150118_shin_osaka-33.jpg

P1184844-e01
P1184844-e01 posted by (C)dk_kawachi

20150118_shin_osaka-34.jpg

20150118_shin_osaka-35.jpg

今回の新大阪駅改良工事レポは以上です。
スポンサーサイト

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 駅改良工事  JR西日本  新大阪駅  おおさか東線 
tb: 0   cm: 0

2015年1月18日 JR新大阪駅改良工事見聞1  

新大阪駅の改良工事に伴う3号ホームの改修工事が完了し、1月18日に供用が再開されたことから早速見てきました。

20150118_shin_osaka-01.jpg

まずは改札内コンコースの様子。
基本的な内容は昨年の4号ホームと同じですが、案内掲示類がこれまでと若干異なります。
それは後ほど。

20150118_shin_osaka-02.jpg
20150118_shin_osaka-03.jpg

ホームの様子。

20150118_shin_osaka-04.jpg

大阪・神戸方。
ホームの有効長は改修前と同じですが、2016年の実施されると思われる4回目の切替で外側線からの渡り線が設けられることから位置自体は京都よりにセットバックされたため、大阪方は短くなっています。

ただし4号ホームとは異なりキュービクルが設置されていません。

20150118_shin_osaka-05.jpg
20150118_shin_osaka-06.jpg
20150118_shin_osaka-07.jpg

4号ホームの共用開始時とは異なり外側線と離れたため、下り線のよう外側線との転線は出来ませんが、既に上り内側線には分岐器が挿入されています。
これが生かされるのは2016年の実施されると思われる4回目の切替です。

20150118_shin_osaka-08.jpg

乗車位置案内や誘導サイン、CPラインなどは近年のJR西日本におけるガイドラインに則ったものが採用されています。

20150118_shin_osaka-09.jpg

ホーム中程のエスカレータ。
4号ホームと同じく更新されています。

20150118_shin_osaka-10.jpg

京都方はこれまで階段のみでしたが、今回の改修工事で上りエスカレータが併設されました。

20150118_shin_osaka-11.jpg

ホーム中程京都側の様子。

20150118_shin_osaka-12.jpg
20150118_shin_osaka-13.jpg

京都方ホーム端部の様子。
ホームの大阪他が短縮された分、京都方は延長されています。

20150118_shin_osaka-14.jpg
20150118_shin_osaka-15.jpg
20150118_shin_osaka-16.jpg

配線は切替前の関連性を維持したまま位置を変えた感じです。

20150118_shin_osaka-17.jpg

大阪方にある立ち食いうどん屋は改装された上で営業再開しました。

20150118_shin_osaka-18.jpg

→その2に続く。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 駅改良工事  JR西日本  新大阪駅  おおさか東線 
tb: 0   cm: 0

2013年12月15日 JR新大阪駅在来線改良工事・その2  

JR新大阪駅在来線改良工事。
続いては改修後の4号ホームを見てきます。

天井周りの部材や照明器具などは第5ホームと仕様が揃えられています。
床面がアスファルト仕上げではなく床材が用いられているようですが、この点が5号ホームとは異なります。

20131215_shin_osaka-08.jpg

ホーム中程。

20131215_shin_osaka-09.jpg

改修後の4号ホームの発車標。
従来品よりも薄型で表示段数が5段に増えたタイプに更新されています。

20131215_shin_osaka-10.jpg

京都方。

20131215_shin_osaka-11.jpg
20131215_shin_osaka-12.jpg

ホーム端部の処理。
5号ホームと同様ですが、若干京都寄りにホームが伸ばされています。

20131215_shin_osaka-13.jpg

駅構内の京都方の配線。
外側から内側線に入れる構造なのは切替前と同じです。

20131215_shin_osaka-14.jpg

大阪・神戸方。

20131215_shin_osaka-15.jpg
20131215_shin_osaka-16.jpg

奥へは入れないように柵で仕切られています。
外側線ホーム時代にはなかったものですが、柵より神戸方の立入禁止区画に設定された場所には高圧受電設備のキュービクルが置かれています。

また、ホームの一部が撤去されています。

20131215_shin_osaka-17.jpg

神戸方に挿入された外側線への渡り線。

この渡り線の挿入によって3号ホーム時代に外側線から16番のりばへ入線後は大阪駅まで内側線を走行せざるを得なかった下り線の新快速が新大阪出発後も外側線へ戻って走行出来、ダイヤ設定上の制約も緩和されるようになったため、切替えされて早々に下り普通と下り新快速の同時発車が見られるようになっています。

20131215_shin_osaka-18.jpg

写真ではホーム端部ギリギリに設置されているようですが、ホームの一部が撤去されたのはこれに関係しているかも知れません。

停車位置も3号ホーム時代に比べて京都寄りに後退させていることから、渡り線の挿入の条件としてホーム撤去と停車位置変更が必携だったとも見られます。

20131215_shin_osaka-19.jpg

5号ホームと異なる点でもう一つあるのはホーム上屋の照明器具がLED式のものになっています。

20131215_shin_osaka-20.jpg

点灯状態はこちら。

20131215_shin_osaka-21.jpg

今回の新大阪駅在来線改良工事のレポはここまでです。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: JR西日本  おおさか東線  駅改良工事  新大阪駅 
tb: 0   cm: 0

2013年12月15日 JR新大阪駅在来線改良工事・その1  

おおさか東線第二期工事による受け入れ準備に合わせた在来線大規模改良工事が行われている新大阪駅では、2013年12月8日に2回目の切替工事が実施されました。

今回は2回目の切替工事が終わった新大阪駅を見てきます。

20131215_shin_osaka-01.jpg

今回の工事により閉鎖された第3ホームへの下り口。
これまで15番・16番のりばとして使用されてきた3号ホームは今後1年ほどの工期をかけて改修工事が施行されたあと、2014年末か2015年初頭に予想される3回目の切替工事により上り内側線用の13番・14番のりばとして供用再開される予定です。

20131215_shin_osaka-02.jpg

新たに15番・16番のりばとなる4号ホームへ下り口周辺。
先に供用が開始された5号ホーム周辺に準じた意匠のものに改装されています。

20131215_shin_osaka-03.jpg

基本的なサインシステムは近年改良工事が施工されたJR西日本の標準的な仕様となっています。

20131215_shin_osaka-04.jpg

神戸方階段下り口。

20131215_shin_osaka-05.jpg

通路中央はエスカレータが配置されていますが、改修前の第4ホームには未設置だったため今回新たに設置されています。

20131215_shin_osaka-22.jpg

京都方。
階段の手前側にエレベータが配置されていますが、こちらはバリアフリー対応の一環として改修前の段階で設置されていたものです。

20131215_shin_osaka-06.jpg

京都方階段下り口。

20131215_shin_osaka-07.jpg

次回は改修後の第4ホームの方を見てきます。

→次に続く。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: JR西日本  おおさか東線  駅改良工事  新大阪駅 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2013年12月15日  

2013年12月15日(

15日は新大阪駅の線路切替工事と桜島駅のロープ昇降式ホーム柵を見てきました。

まずは新大阪駅から。

20131215_shin_osaka-01.jpg

新設された5号ホームの供用開始以降から改修工事に入っていた4号ホームが12月上旬の切替工事により下り内側線用ホームとして供用が開始されました。
工事の内容としては新設の5号ホームに合わせた意匠への改装が施行されています。

20131215_shin_osaka-03.jpg

ホーム階へ。

20131215_shin_osaka-09.jpg

京都方。

20131215_shin_osaka-11.jpg

神戸方。

20131215_shin_osaka-15.jpg

今回の切替工事が注目されるのは神戸方に外側線への渡り線が挿入された点です。
これまでは外側線から転線して新大阪駅16番のりばに到着した新快速は構内配線および線形の制約から大阪駅まで内側線を走行せざるを得なかったのですが、今回の工事で渡り線が挿入されたことから、新大阪駅出発後に外側線へ戻ることが出来、ダイヤ上の制約も緩和されています。

20131215_shin_osaka-19.jpg

続いて桜島駅へ。
こちらはワイヤーロープを利用したロープ昇降式ホーム柵の試験運用が開始されたことを受けて来訪。

20131215_sakurajima-01.jpg

ロープ昇降式と言う点では東急田園都市線つきみ野駅で試験運用されているものと似ていますが、装置自体は田園都市線のゲート形であるのに対しこちらは相鉄いずみ野線弥生台駅で試験運用されているような伸縮式アームによる方式に近い感じです。

20131215_sakurajima-04.jpg

ホーム柵の試験運用に合わせてモニタ装置と各種表示器が新設されています。

20131215_sakurajima-07.jpg

これらの詳細は後日レポートとしてUPする予定です。

category: 日記

tag: JR西日本  おおさか東線  駅改良工事  新大阪駅  ホームドア  ホーム柵  JR桜島駅 
tb: 0   cm: 0

2012年12月16日 JR新大阪駅在来線改良工事・その2  

新大阪駅在来線第5ホームの見聞の続き。
第5ホームの駅名標は白色LEDを用いた電照式掲示板が用いられています。

20121216_shin_osaka-05.jpg

時刻表・路線図などが掲示されている案内板。

20121216_shin_osaka-19.jpg

京都方。

20121216_shin_osaka-20.jpg
20121216_shin_osaka-21.jpg
20121216_shin_osaka-22.jpg

切替え地点周辺の様子。

20121216_shin_osaka-23.jpg

大阪方。

20121216_shin_osaka-25.jpg

ホーム端部に見える建物は乗務員の控え室で、主に福知山線経由の山陰特急担当者が利用しているようです。

20121216_shin_osaka-26.jpg

ホーム端部から撮影。

20121216_shin_osaka-06.jpg

ホーム増設に際し大阪方にある歩道橋も階段の位置変更を実施。

20121216_shin_osaka-27.jpg

東側に変更されたため、歩道橋自体もその分だけ継ぎ足す形で東へ延ばされています。

20121216_shin_osaka-28.jpg

歩道橋から見た増設箇所。
明らかにホーム長が短いのが分かります。

定期列車ベースだと12両が最長になるのですが、サンライズ瀬戸・サンライズ出雲が非常時に停車出来るように14両分あるようです。

20121216_shin_osaka-29.jpg

大阪方は分岐器がもう一つ挿入出来るようになっています。

20121216_shin_osaka-30.jpg

これで新大阪駅の在来線第5ホームの見聞は終りです。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 駅改良工事  JR西日本  新大阪駅  おおさか東線  JR京都線 
tb: 0   cm: 0

2012年12月16日 JR新大阪駅在来線改良工事・その1  

東海道新幹線の輸送力増強によるホーム増設と駅構内改良工事が進められている新大阪駅。

その新大阪駅でJR西日本管轄となる在来線ではおおさか東線の第2期工事に関連して在来線ホームが増設されることになり、これまで増設スペースとして空けられていたものの長年使用されるに社内用の駐車場として利用されていたスペースがようやく日の目を見ることになりりました。

実際の工事は2012年から着手されましたが、増設される第5ホームが完成後は既存の最東端となる第4ホームを使用停止させてから改修工事が施工されるとあとは第3~第1へと順送りで切替え・改修工事が繰り返され、最終的には5面10線となり、その最西端となる第1ホームにおおさか東線が入る予定となっています。

今回は増設の第5ホームが12月16日から供用開始となったことから、現地へ来訪した次第。
1回目の切り替えにより第5ホームが17番・18番のりばとなり、今後の工事の進捗によりのりばの番号が振り直されていく形となりようです。

20121216_shin_osaka-01.jpg

第5ホームの階段は新大阪駅新設当初から予め増設出来るようにスペースが確保されているため、場所的には最も東端に位置しています。
左手の便所前にある階段・エスカレータ・エレベータが第5ホームへのアクセスとなっています。

20121216_shin_osaka-02.jpg

大阪方の階段。
右手のシャッターはコンビニがある場所で、第5ホーム供用開始から数日後の12月20日にはオープンしています。

20121216_shin_osaka-09.jpg

階段下り口の壁面には木目調の化粧板が取り付けられています。
天井がやや低くなっていますが、これは駅構内のリニューアルに伴う天井の改修工事によるものです。

20121216_shin_osaka-10.jpg

エスカレータ。
配置自体は同駅の既存のもの同じ交差形となっていますが、透明のパネルで囲われて感じの意匠となっています。
今後改修工事に入るエスカレータも同様なモノになるのでしょうか?

20121216_shin_osaka-11.jpg

京都方。
エレベータはこちら側には位置されています。

20121216_shin_osaka-12.jpg

同じく階段周り。

大阪方と同じく壁面には木目調の化粧板が取り付けられています。
案内板は白色LEDを用いた電照式掲示板が用いられています。

20121216_shin_osaka-03.jpg

エスカレータでホームに出ます。

20121216_shin_osaka-13.jpg

エレベータとエスカレータの位置関係。
このエスカレータは先ほど利用した下り。

20121216_shin_osaka-04.jpg

大阪方に上り口が向いているのが上りエスカレータ。

20121216_shin_osaka-14.jpg

発車標は3色LED式で3列車表示対応(最下段は3本目の列車表示とフリーパターン表示)

20121216_shin_osaka-15.jpg

ベンチは近年のJR西日本標準。

20121216_shin_osaka-16.jpg

大阪方の階段。

20121216_shin_osaka-24.jpg

京都方の階段。

20121216_shin_osaka-17.jpg

ホーム側の案内板は駅名標を除いて通常の掲示板を用いられています。

20121216_shin_osaka-18.jpg

→次に続く。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 駅改良工事  JR西日本  新大阪駅  おおさか東線  JR京都線 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2012年12月16日  

2012年12月16日(

16日はおおさか東線の関連工事として新大阪駅の在来線5号ホームの供用が開始されたことから、現在進められているおおさか東線の第2期工事の見聞も絡めて見てみることにしました。

南から順に、まずは放出~鴫野の地下道の工事から。
おおさか東線の工事により複々線化される放出~鴫野間で現在踏切が残されている箇所の解消と、地下道の設置工事が進められていましたが、1回目の切り替えが実施されています。

20121216_hanaten-01.jpg

阪東大橋から京橋方面を撮ったもの。
写真で言うと1線だけ上り勾配になっている場所がそれに当たり、この先にある平野川分水路の架かる城東運河橋梁が平野川放水路の河川改修事業による橋桁嵩上げによるを目的とした橋梁架け替えが行われる模様で橋梁付近はフェンスで閉鎖されていました。

20121216_hanaten-02.jpg

段階的に地下道へ切替えられる放出西第一踏切道。
現在は学研都市線の上下線が踏切側にありますが、城東運河橋梁架け替え工事が進捗により、学研都市線下り線(京橋方面)が南側の線路の切り替わり立体交差化され、その後2014年までに順次切替えられる予定。

20121216_hanaten-03.jpg

南側から撮影。
右側が自転車用のスロープ、左側が階段。

20121216_hanaten-04.jpg

鴫野駅へ。

20121216_shigino-01.jpg

こちらは南西側に学研都市線の高架橋を新設し3面4線になる予定で、現在は駅構内の京橋方と木津方の一部が構築されている状態。
最終的には既存の2線はおおさか東線、新設側が学研都市線となる予定です。

20121216_shigino-02.jpg
20121216_shigino-03.jpg

2期工事の複線化工事区間へ。
今回は野江から東吹田を超えて東淀川までひたすら歩いて見てきました。

該当区間は腹付け線増で対応される予定で、道路との立体交差化所もそれに対応しているのですが、実際には完全に架け替えが行われているなどケースが見られます。
第1期区間はJR俊徳道以南が地上区間だったため全面高架へ切替えられた事を考えると2期工事区間はまだマシと言ったところです。

20121216_osaka_higashi_line-01.jpg
20121216_osaka_higashi_line-02.jpg

通称赤川鉄橋こと淀川橋梁も渡りました。

20121216_osaka_higashi_line-03.jpg
20121216_osaka_higashi_line-04.jpg
20121216_osaka_higashi_line-05.jpg
20121216_osaka_higashi_line-06.jpg

淡路~東吹田間の貨物線分岐箇所。
実際は方少し先の神崎川橋梁の手前なのですが、工事が着手されているため立入れません。

20121216_osaka_higashi_line-07.jpg

神崎川橋梁南側から撮影。
実際はこの付近から分岐します。

20121216_osaka_higashi_line-08.jpg

神崎川橋梁を撮影。
おおさか東線は城東貨物北線の下流側に橋梁を新設して東吹田に向かって大きくカーブします。

20121216_osaka_higashi_line-09.jpg

既に橋脚新設のための工事が着手されています。

20121216_osaka_higashi_line-10.jpg

西吹田駅の予定地。

20121216_osaka_higashi_line-11.jpg
20121216_osaka_higashi_line-12.jpg

JR京都線の合流地点東側から撮影。
この箇所は東海道線こ線橋外新設他工事と呼ばれ、JR京都線を跨いで神崎川橋梁の手前で梅田貨物線と合流する計画となっています。

20121216_osaka_higashi_line-13.jpg

最後は新大阪駅。
5号ホームの供用開始に伴いこれまで17・18番のりばとして使用されていた4号ホームが使用停止となりました。

20121216_shin_osaka-01.jpg

新たに17・18番のりばとなった5号ホームは在来線側東端。
一つ手前がそれまで使用されていた4号ホームへの下り口。

20121216_shin_osaka-02.jpg

階段周りの様子。
案内板はLEDを用いた電照式掲示板。

20121216_shin_osaka-03.jpg

5号ホームの駅名標。
こちらもLED式の電照式掲示板が用いられています。

20121216_shin_osaka-05.jpg

エスカレータ・エレベータとも中央付近に配置。

20121216_shin_osaka-04.jpg

ホーム結う有効長自体は14両編成まで対応していますが、実際に停車する列車は12両まで。
それでも14両対応なのは、輸送障害発生時にサンライズ瀬戸・サンライズ出雲が臨時停車する場合も含めてのことですが・・・。

20121216_shin_osaka-06.jpg

新幹線改札側もホーム増設に合わせたリニューアルが進められ、やや古めかしい雰囲気だったのが、モノトーン主体イメージに一新されています。

20121216_shin_osaka-07.jpg

駅北側には阪急が建設した駅ビルが隣接し、1階には自社専用のバスターミナルが設けられています。

20121216_shin_osaka-08.jpg

これで工事見聞が終了。
梅田へ戻ってパフェを頂いてから帰宅しました。

20121216_pafe-01.jpg

category: 日記

tag: 鉄道工事  おおさか東線  駅改良工事  新大阪駅 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2012年8月5日  

2012年8月5日(

5日は昼前に思いつきで名古屋へ。

20120805_yagi-01.jpg

大和八木から近鉄特急に乗換えたのですが、狙ったかのようにリニューアルされたばかりの伊勢志摩ライナーに乗車出来ました。

20120805_kintetsu_23000-01.jpg

先にB更新が施工された30000系「VISTA EX」と同じように木目調の化粧板が用いられていますが、座席自体は表地の張り替えが行われた程度で、テーブルは従来の肘掛収納型のみとなっています。

20120805_kintetsu_23000-in01.jpg

移動中はPocketWi-FiとiPadを使ってネット環境の実証を・・・。

20120805_ipad-01.jpg

伊勢中川では15400系「かぎろひ」に遭遇。

20120805_kintetsu_15400-01.jpg

伊勢中川から名古屋行きに乗換え。

20120805_ise_nakagawa-01.jpg

ここでは22000系。

20120805_kintetsu_22000-01.jpg

名古屋から高蔵寺経由で八草へ。
駅前は典型的な郊外の駅という雰囲気です。

20120805_yakusa-01.jpg

八草ではリニモの車内写真撮影。
万博終了後である数年前にも撮影していますが、現行の機材で撮影するのは今回が初めて。

20120805_linimo_100-in01.jpg

そしてモリコロパークに来訪。
建設中だった地球市民交流センターの利用が開始。

20120805_moricoro_park-01.jpg

そして、万博終了後から整備工事が進められていたサイクリングコースが完成たようで、早速利用してきました。

20120805_moricoro_park-02.jpg

貸し出された自転車は変則機構付き。

20120805_moricoro_park-03.jpg

全長5kmほどあるサイクリングコースには休憩施設がいくつか用意されています。

20120805_moricoro_park-04.jpg

サイクリングコースを1周してモリコロパークを離れ、藤が丘経由で名古屋へ。
名古屋からの帰りは新幹線で・・・。

20120805_shinkansen-01.jpg

新大阪へ戻って乗換改札を出たところで、在来線側にある新幹線用発車標が更新途上にあり、新旧双方の発車標が前後で並んでいる状態でした。

20120805_shin_osaka-01.jpg

新しい発車標はフルカラーLED式となっていて、左側に停車駅表示されるのは旧型と同じですが、違いはこれまで博多までしか表示出来なかったのが、鹿児島中央までの各駅の停車駅表示が出来るようになったと言う点でしょう。
九州新幹線全通後も発車標が対応してなかったのは、駅リニューアルに合わせた表示器の更新時期との絡みだったかもしれませんね。

20120805_shin_osaka-02.jpg

梅田へ寄り道して買物を済ませたあとは環状線経由で帰宅するつもりだったのですが、寺田町の人身事故の影響で運転見合わせの憂き目に遭ったため、御堂筋線に乗って難波経由で帰宅しました。

category: 日記

tag: 近畿日本鉄道  愛知高速交通  JR東海  JR西日本  駅改良工事  新大阪駅 
tb: 0   cm: 0

2011年8月27日 節電モードの首都圏遠征2011夏1 上京・・・  

8月27日はJR東日本東京総合車両センターにおいて一般公開イベントが開催されました。

毎年この時期に開催される大井町の東京総合車両センターのイベントは8月最終末の土曜に開催されるため、これまでは職場カレンダーの関係上、8月の最終末の土曜は出勤日であったため来場することが出来ませんでしたが、今年は職場カレンダーが土日休みを基本にすることになったため、同日開催の西武鉄道のイベントとその他諸々の撮影もかねて8月最後の週末である27・28日に上京してきました。

前日は残業が予想されていたので当日の早朝出発を予定していましたが、予想通り残業になったため予定通り27日早朝出発となりました。

乗車前に改良工事中の新大阪駅の様子を・・・。

20110827_shin_osaka-02.jpg
20110827_shin_osaka-03.jpg

改良工事確認後はのぞみ204号で首都圏入りします。

20110827_shin_osaka-01.jpg
20110827_nozomi204-01.jpg

首都圏入り後はイベント開始時間までには間があるため、品川からは京急へ乗換えます。
編成写真撮影と京急蒲田周辺の連立事業見聞のためです。

20110827_shinagawa-01.jpg

品川駅には新しいアイテムが。
乗車位置案内のようです。

20110827_shinagawa-02.jpg
20110827_shinagawa-03.jpg

青物横丁へ移動して編成写真撮影。

20110827_keikyu_2100-01.jpg
20110827_keikyu_800-01.jpg
20110827_keikyu_2000-01.jpg

京急蒲田周辺の連立事業は目立った動きが見られなかったので、横浜へ移動。
夏の節電モードの入った横浜駅は照明が半減されて薄暗くなっていましたが、流石にやり過ぎ。

20110827_yokohama-01.jpg
20110827_yokohama-02.jpg

横浜駅にも新しいアイテムがあり、こちらは液晶モニタ式の発車案内表示。
モニタを縦にして表示させているのがミソで、意外と見やすい。

20110827_yokohama-03.jpg
20110827_yokohama-04.jpg

まだ時間があるため、横須賀線に乗って移動します。

次に続く

category: 関東地方遠征

tag: JR東海  駅改良工事  東海道新幹線  新大阪駅  京浜急行電鉄  JR東日本 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop