DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »斎宮
このページの記事一覧

2013年4月28日 東海地方の史跡と鉄道を巡る旅6 斎宮跡・その3  

博物館をあとにして、残りの史跡を見てきます。

20130428_itsukinomiya-28.jpg

斎王の森。
斎宮が廃絶された後は耕作地に変わり、斎宮は伝承として語られるだけでしたが、この斎王の森とよばれるこの一角だけは現在に至るまで残されてきました。

20130428_itsukinomiya-06.jpg
20130428_itsukinomiya-29.jpg

斎王宮跡の碑。

20130428_itsukinomiya-30.jpg

敷地内から見る。
正面の道は古代の道路跡。

20130428_itsukinomiya-31.jpg

東側。

20130428_itsukinomiya-32.jpg

こちらは掘立柱建物跡があります。

20130428_itsukinomiya-33.jpg
20130428_itsukinomiya-34.jpg
20130428_itsukinomiya-35.jpg

さらに東へ。

20130428_itsukinomiya-36.jpg

寮庫跡。
案内板によると火災による延焼を防ぐため建物の間隔を広くとっていたとされています。

20130428_itsukinomiya-37.jpg

内因跡。

20130428_itsukinomiya-38.jpg

斎宮の中央部に位置する場所にあったとされ、斎王の御殿は内側にあったとされています。

20130428_itsukinomiya-39.jpg
20130428_itsukinomiya-40.jpg

こちらは歴史公園整備に伴う柳原区画の復元事業が行われています。

20130428_itsukinomiya-07.jpg
20130428_itsukinomiya-41.jpg

ここでは建物の一部も復元されるそうです。

20130428_itsukinomiya-08.jpg

斎宮跡巡りはここまでとします。

20130428_itsukinomiya-42.jpg

→次に続く。
スポンサーサイト

category: 東海地方遠征

tag: 斎宮 
tb: 0   cm: 0

2013年4月28日 東海地方の史跡と鉄道を巡る旅5 斎宮跡・その2  

奈良古道を西へ歩いて行きます。

20130428_itsukinomiya-16.jpg

突き当たりに出てくると斎宮歴史博物館の敷地が見えてきます。

20130428_itsukinomiya-17.jpg

敷地内にある古代道路跡。
背後に広がるのはふるさと芝生広場。

20130428_itsukinomiya-18.jpg

斎宮歴史博物館。

20130428_itsukinomiya-05.jpg

傍らに掲げられている日章旗と三重県旗。

20130428_itsukinomiya-19.jpg

博物館の内部は斎宮の縮小模型、群行・帰京の路を示した模型など斎宮および斎王に関する資料の他、発掘調査の状況や各種映像資料などが展示されています。

20130428_itsukinomiya-20.jpg
20130428_itsukinomiya-21.jpg
20130428_itsukinomiya-22.jpg
20130428_itsukinomiya-23.jpg
20130428_itsukinomiya-24.jpg

館外にある塚山1号墳。

20130428_itsukinomiya-25.jpg

塚山2号墳。

20130428_itsukinomiya-26.jpg

博物館の敷地外にある塚山3号墳。

20130428_itsukinomiya-27.jpg

次回は斎王の森を含む残りの史跡を見てきます。

→次に続く。

category: 東海地方遠征

tag: 斎宮 
tb: 0   cm: 0

2013年4月28日 東海地方の史跡と鉄道を巡る旅4 斎宮跡・その1  

「しまかぜ」の撮影後は史跡斎宮跡を訪れました。

20130428_saiku-01.jpg

斎宮とは古代から南北朝時代にかけて伊勢神宮に奉仕した斎王の御所を差し、斎王とは伊勢神宮または賀茂神社に巫女として奉仕した未婚の内親王または女王を指すそうです。
ちなみに賀茂神社の場合は平安時代から鎌倉時代における斎王の御所を斎院と称し伊勢神宮のそれと区別されているそうです。

20130428_itsukinomiya-02.jpg

ここ三重県明和町は斎宮があった場所で、史跡自体は近鉄山田線斎宮駅の周辺に東西約2km、南北0.7km、総面積は約137ha(およそ甲子園球場35個分)という広大なものだったそうです。

20130428_itsukinomiya-01.jpg

斎宮駅近くにある「いつきのみや歴史体験館」

20130428_itsukinomiya-09.jpg
20130428_itsukinomiya-10.jpg

歴史体験館の背後にある史跡。
手前は古代米水田。

20130428_itsukinomiya-03.jpg

史跡自体は大規模であるため、10分の1の縮尺再現された史跡全体模型。

20130428_itsukinomiya-04.jpg

これによると史跡の東西を近鉄山田線が横断しています。
20130428_itsukinomiya-12.jpg

奥に広がるのは上園芝生広場。

20130428_itsukinomiya-13.jpg

奈良古道付近から撮影した上園芝生広場。

20130428_itsukinomiya-14.jpg
20130428_itsukinomiya-15.jpg

ここから奈良古道を西へ歩いて斎宮歴史博物館へ向かいます。

→次に続く。

category: 東海地方遠征

tag: 斎宮 
tb: 0   cm: 0

黄金週間日記 2013年4月28日  

2013年4月28日(

遠征2日目は午前中に50000系「しまかぜ」を捉えるため近鉄名古屋線を軸に活動。
基本的に走行写真を捉えるためですが、近鉄名古屋線で「しまかぜ」を狙う時間帯となると順光になる場所に難儀します。
沿線から捉えるのなら何とかなりそうですが、駅撮りとなると・・・ということなので、移動しながら撮影場所を吟味してきました。

20130428_kusu-01.jpg

今回は外側にホームを配した2面4線である楠で撮影することにしました。
移動中に調べて出しておいた撮影の候補地の一つですが、ここだと「しまかぜ」がやってくる時間帯が順光であることが分かったので急遽降車。

20130428_kusu-02.jpg

待ち構えること15分ほどしてお目当ての「しまかぜ」が通過。
難なく捉えることが出来ましたが、今回は賢島方を先頭とした走行写真です。

20130428_kintetsu_50000-01.jpg

楠での撮影を済ませた後は斎宮へ。

20130428_saiku-01.jpg

斎宮駅がある明和町は古代から南北朝時代にかけて、伊勢神宮に奉仕した斎王の御所が置かれた場所で、中心部があった斎宮駅付近から四方に2kmほどあったそうで、現状は斎宮の縮尺模型などがあるだけですが、数年後に一部建造物が復元される計画が進められています。

20130428_itsukinomiya-01.jpg
20130428_itsukinomiya-02.jpg

斎宮跡を巡るだけで、2時間ほどかかりますが、明星駅から徒歩圏にある遺構へ来訪することが出来ませんでした。
如何せん、移動中に見かけて来訪することを決めたものですから、いい加減なものです・・・。

20130428_itsukinomiya-03.jpg
20130428_itsukinomiya-04.jpg
20130428_itsukinomiya-05.jpg
20130428_itsukinomiya-06.jpg
20130428_itsukinomiya-07.jpg
20130428_itsukinomiya-08.jpg

斎宮跡を巡ったあとは数年ぶりに三岐鉄道へ乗ろうかと思ったのですが、日も暮れてきたので断念。
近鉄八田経由で高畑へ移動し、名古屋市営地下鉄東山線の車内写真の撮影。

東山線は常に人が絶えない路線であるため、夜間の高畑で撮影するしかありません。
結果としては5500形とN1000形の車内写真を撮影できました。

20130428_nagoya_subway_5050-01.jpg
20130428_nagoya_subway_5050-in01.jpg
20130428_nagoya_subway_n1000-01.jpg
20130428_nagoya_subway_n1000-in01.jpg

高畑での撮影で遠征2日目は終了。
ホテルへ戻って最終日の備えます。

20130428_nagoya-01.jpg

category: 日記

tag: 近畿日本鉄道  50000系「しまかぜ」  斎宮  名古屋市営地下鉄 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop