DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »改良工事
このページの記事一覧

2009年7月20日 京成高砂駅工事見聞  

北総鉄道に続き京成高砂駅の高架工事も見てきました。

京成高砂駅周辺は連立事業としては検討段階であるものの、それでは列車増加によって踏切遮断時間増加が予想される成田新高速鉄道の開業には間に合わないため、暫定措置として京成本線の高架化を待たず金町線のみ先行して高架化されることになったそうです。

2006年頃から着手された工事は、都道307号線が交差する高砂第1号踏切の上方に高架橋を構築しそこへ金町線専用のりばを設けるようです。
実際に連立事業が竣功した場合は2層高架となるのですが、今回は暫定措置であることから第1階層?だけとなるものと想定される進め方となっています。

20090720_takasago-01.jpg
20090720_takasago-02.jpg

都道307号線が交差する高砂第1号踏切南側から撮ったもの。
この道路は日常的に往来が激しいそうで、来訪時に確認したところでも車・人の往来が多く、さらに路線バスのルートにもなっています。
これは京成高砂駅周辺で南北に抜ける主要道路がここしかないと言うネックがあるようです。

20090720_takasago-04.jpg
20090720_takasago-03.jpg

京成高砂駅自体は橋上駅舎で改札外は自由通路して利用出来るのですが、南口が都道からは分りにくい場所にあります。
(エレベータは踏切すぐの場所にあるのですが・・・)

20090720_takasago-05.jpg

橋上駅舎の自由通路側から見た高架橋。
奥の方に金町線の暫定ホームが構築されています。

20090720_takasago-06.jpg

今回の京成高砂駅のレポは以上です。

→「2009年7月20日 首都圏の鉄道を堪能する三連休の旅11」に続く。

追記:KOYAさんのブログで京成高砂駅の工事の最新レポがアップされていますので該当記事を提示しておきます。

参考:おきらく娯楽工房
「2009年8月29日京成金町線京成高砂駅付近工事調査(1)」
http://okiraku-goraku.com/2009/08/20098291-1.html
「2009年8月29日京成金町線京成高砂駅付近工事調査(2)」
http://okiraku-goraku.com/2009/09/20098292-1.html

追記2:連立事業に関する文献を提示しておきます。

参考文献:葛飾区公式サイト・都市マスタープラン
「第1回勉強会資料3(PDFファイル 749KB)」
http://www.city.katsushika.lg.jp/previews/000/000/179/17937-4.pdf

#2009.9.12 2:25 LastUpdate
スポンサーサイト

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 連続立体交差事業  改良工事  京成電鉄  成田新高速鉄道 
tb: 0   cm: 0

2009年7月20日 北総鉄道改良工事見聞3 東松戸駅  

北総鉄道改良工事レポ。
最後は東松戸駅です。

20090720_higashi_matsudo-03.jpg

東松戸駅の工事はこれまでの1面2線から2面4線に拡張するもので、上り専用として島式ホームを1面2線新設し既存の島式1面2線を下り専用とします。

前回来訪時は新上りホームが構築途上でしたが、今回来訪した時には既に完成し供用が開始されていました。

20090720_higashi_matsudo-02.jpg
20090720_higashi_matsudo-01.jpg

京成高砂方は分岐器の挿入などが完了していますが、副本線に設置されている出発信号機には使用停止中を示す×印が貼り付けられています。

20090720_higashi_matsudo-04.jpg

ホームの各設備は既存の下りホームと同じようなものなのですが、待合所はガラス張りとなっています。

20090720_higashi_matsudo-05.jpg
20090720_higashi_matsudo-06.jpg

防風スクリーンはホーム全長に渡って設置されていますが、下り線側のものとは異なり上部が多数の穴が開けられたタイプが使用されています。

20090720_higashi_matsudo-10.jpg

京成高砂方ホーム端部にはなかったホーム上屋は印旛日本医大側には端部まで設けられています。

20090720_higashi_matsudo-07.jpg
20090720_higashi_matsudo-09.jpg

印旛日本医大方も同じく分岐器の挿入が完了しているものの、下り副本線の出発信号機は使用停止中となっています。

20090720_higashi_matsudo-08.jpg

今回の北総鉄道改良工事レポは以上です。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 改良工事  北総鉄道  成田新高速鉄道 
tb: 0   cm: 0

2009年7月20日 北総鉄道改良工事見聞2 小室駅  

北総鉄道改良工事レポ。
お次は小室駅です。

20090720_komuro-02.jpg

小室駅の改良工事は既存の1面2線に南側に上りホームを新たに1面新設し、既存のホームを下り線専用にして2面3線に拡張するのが主な内容です。

前回来訪時は上りホームの工事の途中でしたが、今回来訪するまでには完了しています。

20090720_komuro-01.jpg

これまで上り本線として使用されていた線路は下り本線となり、これまで下り本線として使用されていた線路は下り副本線に切り替えられています。

また、工事の竣功により下り線のみ待避が可能な配線となっています。
写真は京成高砂方の様子です。

20090720_komuro-03.jpg

新設された上りホームは階段・エスカレータ・エレベータが集中している中央部の幅員が大きく取られていて両端はその3分の2程度の幅となっています。
パッと見た感じでは2面4線にでも出来そうな感じですが、背後は境界の柵が設けられていることから、このまま2面3線で行くものと考えられます。

20090720_komuro-04.jpg
20090720_komuro-05.jpg
20090720_komuro-11.jpg

ホーム新設に伴い、橋上駅舎も南側に拡張されています。

20090720_komuro-06.jpg
20090720_komuro-07.jpg

印旛日本医大・成田空港方の様子です。
ホーム上屋は上下ホームとも同じ長さに揃えられているようです。

20090720_komuro-08.jpg
20090720_komuro-09.jpg
20090720_komuro-10.jpg

→次に続く。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 改良工事  北総鉄道  成田新高速鉄道 
tb: 0   cm: 0

2009年7月20日 北総鉄道改良工事見聞1 印旛日本医大駅  

さて、ここからは成田新高速鉄道に関連する北総鉄道の改良工事を印旛日本医大から順に見ていきます。

まず最初は現状の末端となる印旛日本医大駅から。
ここは末端は引き上げ線があり、その両側には本線の路盤が準備されていましたが、その後成田新高速鉄道の計画が実行に移されると軌道の敷設工事などが着手されてきました。

来訪当時は軌道敷設の他に電気・信号設備の工事も着手されています。

20090720_imba_nihonidai-01.jpg

延伸される本線は引き上げ線の東側から曲線区間になるようです。

20090720_imba_nihonidai-02.jpg

その先には跨線橋が架かっていることから、駅から歩いていったのですが、車道は供用されていましたが歩道の未完成のままだったため、あまり立ち入れませんでした。
下の写真はその時のショットです。

20090720_imba_nihonidai-03.jpg

次の2枚は印旛日本医大駅ホームの成田空港方から撮ったものです。
1枚目が下り線側、2枚目が上り線側から撮っています。

20090720_imba_nihonidai-04.jpg
20090720_imba_nihonidai-05.jpg

京成高砂方は特に手が加えられて無さそうと思ったのですが、出発信号機が3灯から4灯に変更される模様で、機器自体の設置は終わっていました。

20090720_imba_nihonidai-06.jpg
20090720_imba_nihonidai-07.jpg

→次に続く。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 改良工事  北総鉄道  成田新高速鉄道 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop