DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »愛・地球博記念公園
このページの記事一覧

2010年6月13日 お城とモリコロを巡る日帰りの旅5 2年ぶりのモリコロパーク  

松阪城を巡った後は2年ぶりにモリコロパークこと愛・地球博記念公園へ向かいます。

20100613_matsusaka-02.jpg

松阪から名古屋へは近鉄名古屋線急行を利用。
名古屋線系統でしか見られない2800系のL/Cカー仕様に乗車。

20100613_kintetsu_2800-01.jpg
20100613_kintetsu_2800-in01.jpg

名古屋到着後はJR名古屋駅構内の立ち食いうどん屋で昼食。

20100613_lunchi-01.jpg

昼食後は高蔵寺・八草経由でモリコロパーク入りします。
名古屋からは高蔵寺経由愛環線直通の岡崎行きに乗車。

20100613_nagoya-01.jpg

名古屋~高蔵寺~愛環線の系統はJR車のみで、今回は211系5000番台。

20100613_jrcentral_ec_211_5000-01.jpg
20100613_jrcentral_ec_211_5000-02.jpg

車内はJR東の211系2000番台・3000番台と同じくオールロングシートですが、座席の表地を含めた色調が異なります。

20100613_jrcentral_ec_211_5000-in01.jpg

八草で10人足らずしか乗っていないリニモに乗り換えて愛・地球博記念公園に到着。
公園側の通路に変化があり、まず正面に自動ドアが設置されています(まだ、使えませんでしたが・・・)

20100613_aichikyuhaku_kinen_koen-01.jpg

この先に何か通路が設けられているようですが、その先にある建物が工事中の用で供用されていないようです。

20100613_aichikyuhaku_kinen_koen-02.jpg

2年ぶりの来場となるモリコロパークは駅に面する北門周辺が大きく変わって、企業パビリオンゾーンBがあった東側に大きな建造物が建てられている最中でした。

駅出入口側から。

20100613_moricoro_park-01.jpg

自動車と歩行者用出入口側から。

20100613_moricoro_park-02.jpg

案内所付近から。

20100613_moricoro_park-06.jpg

建物の南端。

20100613_moricoro_park-08.jpg

この看板によると地球市民交流センターなる施設が建設されているようです。
完成は2010年度中とのこと。

20100613_moricoro_park-07.jpg

遊歩道の出入り口ですが、整備工事中のため閉鎖されています。

20100613_moricoro_park-09.jpg

下の写真は北口をマンモスラボへ通じる階段があった場所で万博期間中はミニFM局や飲食店がありました。
閉幕後は長らく更地状態だったこの場所も現在は整備工事中となっています。

20100613_moricoro_park-03.jpg

噴水にある西エントランス広場にはモスバーガーの移動店舗車両が止まっていましたが、雨と強風のため店じまいをしているところでした。

20100613_moricoro_park-10.jpg

2年間来ない間に設備の諸々が整備されているようで、林床公園の入り口がきれいに整備されています。

20100613_moricoro_park-11.jpg

2年前の来訪時は整備中だった西口休憩所周辺はモニュメントがずらりと並んでいます。
この場所は万博期間中、長久手愛知県館や中部千年共生村があった場所です。

20100613_moricoro_park-04.jpg

2年前は整備中だったEXPOドームや外国館があったグローバル・コモン4の跡地には野球場や駐車場などが整備されていました。

20100613_moricoro_park-05.jpg

また、この付近には
南駐車場が整備され、ここから公園西入口に通じる通路も整備されています。

20100613_moricoro_park-12.jpg
20100613_moricoro_park-13.jpg

来訪当日は「サツキとメイの家」に空きがあったらしく当日受けが出来るという案内がありましたが、この後に瀬戸会場跡地にある瀬戸万博記念公園(愛・パーク)に行く予定があったため、後ろ髪惹かれながらモリコロパークを後にしました。

→次に続く。
スポンサーサイト

category: 愛知万博の足跡を巡るお出かけ

tag: 近畿日本鉄道  JR東海  愛知万博  愛・地球博記念公園  モリコロ・パーク 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2010年6月13日  

2010年6月13日(

6月13日は午前中に松坂城へ登城し、午後から2008年6月以来2年ぶりとなる愛・地球博記念公園へ来場することにしました。
この日は早朝から出発。

20100613_uehommachi-01.jpg
20100613_kintetsu_22000-01.jpg

松阪に到着後、反対側のホームに到着した名伊乙特急名古屋行の先頭が12600系。
この車両、たった2本しかない上に名古屋線系統の富吉検車区に在籍しているため名伊特急系統にしか就かず、大阪近郊ではまず捉えられないことから、前のほうまで走ってしまいました…汗。

20100613_kintetsu_12600-01.jpg

松阪では日本100名城の一つである松阪城へ登城。

20100613_matsusaka_castle-01.jpg
20100613_matsusaka_castle-02.jpg

松坂城は建物自体は残っていませんが、石垣が残されている箇所が多く、松阪公園として整備された後も石垣の修復
復元が進められています。

20100613_matsusaka_castle-03.jpg

松阪城へ登城したあとは名古屋へ移動。
名古屋で昼食をいただいてから高蔵寺・八草経由でモリコロ・パーク入り。

20100613_jrcentral_ec_211_5000-01.jpg
20100613_jrcentral_ec_211_5000-02.jpg

2年ぶりに来場したモリコロ・パークは企業パビリオン・ソーンBだった園内北東側に新たな建物が整備中、以前から言われていた万博の理念を継承するものになるそうですが、完成にはもう少し時間がかかりそうな気配です。

20100613_moricoro_park-01.jpg
20100613_moricoro_park-02.jpg

これ以外にはミニFM局や飲食店などがあった場所も整備中。

20100613_moricoro_park-03.jpg

2年前の来訪時は整備中だった西口休憩所周辺はモニュメントがずらりと並んでいます。

20100613_moricoro_park-04.jpg

EXPOドームや外国館があったグローバル・コモン4の跡地には野球場や駐車場などが整備されていました。

20100613_moricoro_park-05.jpg

モリコロ・パークをあとにして、今度は2009年に瀬戸会場の天水皿n周辺に整備された瀬戸万博記念公園(愛・パーク)へ足を伸ばしてきました。
愛・パークは海上の森に近接する住宅地の隅にあり、あいち海上の森センター南門の前で左手に進んだ先にあります。

20100613_kaisho-01.jpg

愛・パークに到着。
当時はこの場所に瀬戸ゲートと瀬戸会場を結ぶ通路がありましたが、閉幕後は元に戻されるなどしてすっかり変わってしまってます。

20100613_ai_park-01.jpg

肝心の天水皿nは当時の場所に残されていますが、当時仮設の通路から見たものは、公園の管理棟の屋上から見ることが出来ます。

20100613_ai_park-02.jpg

万博期間中は瀬戸ゲートだった場所は更地になっていて、今後は住宅地として造成される模様です。

20100613_ai_park-03.jpg

瀬戸会場側の一部は愛・パークの東側にあり、写真中央の円形になっている場所が市民パビリオン跡です。

20100613_ai_park-04.jpg

住宅地側からの公園入り口。
こちら側には遊具類がおかれています。

20100613_ai_park-05.jpg

愛・パークへ来訪後は八草駅へ戻って愛環線に。
丁度良いタイミングで青帯に変更された編成に遭遇できました。

20100613_aikan_2000-01.jpg

名古屋からこだま665号に乗って帰阪しました。

20100613_kodama665-01.jpg

category: 日記

tag: 近畿日本鉄道  日本100名城  伊勢松阪城  JR東海  愛知万博  愛・地球博記念公園  モリコロ・パーク  瀬戸万博記念公園  愛・パーク  愛知環状鉄道 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop