DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »山陽電気鉄道
このページの記事一覧

週末日記 2016年10月29日  

2016年10月29日(

29日は山陽電鉄のイベントへ。

20161029_sanyo_event-01.jpg
20161029_sanyo_event-02.jpg

会場である東二見車両工場は先週末に来訪した福岡市営地下鉄姪浜車両基地に比べると作業棟そのものは小さいものの、留置線を含めた全体としてはそこそこの広さです。

20161029_sanyo_event-03.jpg
20161029_sanyo_event-04.jpg
20161029_sanyo_event-05.jpg

その留置線では車両の展示が行われていました。

20161029_sanyo_event-06.jpg
20161029_sanyo_event-07.jpg

最新の6000系は2編成とも会場内にあり、1本は撮影用に展示され、もう1本は運転台見学用に使用されていました。

20161029_sanden_6000-01.jpg

2000系現在車籍がないため本線で走行することが出来ませんが、写真の2012編成はアルミ車体製造が確立される以前に製作された試作車であることから産業遺産の観点により、ここ東二見車両工場で保存されています。

20161029_sanden_2000-01.jpg

3000系のトップナンバー編成。
この編成は近年登場当時の塗装に再現されています。

20161029_sanden_3000-01.jpg

会場内で展示されていた山陽電鉄バス。

20161029_sanyo_bus-01.jpg
20161029_sanyo_bus-02.jpg

会場を出て明石へ。
再開発事業の一環として再整備されている南口駅前広場の工事は東側の工事が終盤を迎えています。

20161029_akashi-01.jpg
20161029_akashi-02.jpg

中津へ。

20161029_nakatsu-01.jpg

ここではうめきた第二期の一環として行われる梅田貨物線の地下化工事を。

20161029_nakatsu-02.jpg

現在は仮線の工事と地下区間の一部が着手されています。

20161029_nakatsu-03.jpg

29日のダイジェストは以上です。

20161029_umeda-01.jpg
20161029_umeda-02.jpg
スポンサーサイト

category: 日記

tag: 山陽電気鉄道  山陽電鉄バス  JR西日本  連続立体交差事業 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2016年5月29日  

2016年5月29日(

29日は山陽電鉄の6000系を追いかけに出向きました。
今回追いかけるターゲットである6000系は40年ほど経過した3000系を置換えるために導入された新型車両で、今春から3両編成2本が営業運転に入っています。

この日はそのうちの1本が網干線のワンマン運用、もう1本が本線の運用に入っているとのことで、まずは捉えやすい網干線にいる方を狙いに飾磨へ。
そうすると首尾良く6000系に遭遇、しかもトップナンバーの6000編成。

20160529_sanyo_6000-01.jpg

一先ず乗車。
先に編成写真を撮影するため、平松で下車。

20160529_hiramatsu-01.jpg
20160529_hiramatsu-02.jpg

雨が降る中、山陽網干から折り返してきたところを狙い撃ち。

20160529_sanyo_6000-02.jpg

編成写真を撮影後、山陽網干へ移動。

20160529_sanyo_aboshi-01.jpg

ここで飾磨からやってくる6000編成の車内写真を捉えます。

20160529_sanyo_6000-03.jpg

山陽電鉄では初めて装備された補助送風機はドア付近のみ設けられているようです。

20160529_sanyo_6000-in01.jpg
20160529_sanyo_6000-in02.jpg
20160529_sanyo_6000-in03.jpg
20160529_sanyo_6000-in04.jpg

大塩へ。

20160529_oshio-01.jpg

特徴のある駅構内と客扱いを利用して本線に入っている6001編成を捉えます。

20160529_sanyo_6000-05.jpg
20160529_sanyo_6000-06.jpg

締めは、たまたま大阪駅へ戻ったら遭遇した207系1000番台T5編成。
同グループの4連口では初めて体質改善工事が施工された編成だそうです。

20160529_jrwest_ec_207_1000n-01.jpg

29日のダイジェストはここまでです。

category: 日記

tag: 山陽電気鉄道  JR西日本 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2012年3月24日  

2012年3月24日(

仕事休みである24日は朝から外出。

ここの日は3月20日のダイヤ変更に合わせて新開地発の近鉄奈良行きに登場と供用が開始された阪神三宮駅の東改札口を中心に見てきました。

まずは新開地駅へ。

20120324_shinkaichi-01.jpg

ここで新開地発奈良行き快速急行を捉えます。

今回のダイヤ変更により3本設定された快速急行に充てられるのは阪神車のみですが、これは元町と西元町の両駅が近鉄車の21m×6連に対応出来ないため。

20120324_shinkaichi-02.jpg

快速急行を見送ったあとは三宮駅へ移動。

20120324_sannomiya-01.jpg

新設された東改札口とその直下にあるホームの見聞。
東改札口供用開始に合わせて2番線の停車位置が梅田方へ後退させ、新下り線敷設の支障となる神戸方の一部を閉鎖して解体工事が着手されています。

20120324_sannomiya-02.jpg
20120324_sannomiya-03.jpg

尼崎へ移動。
こちらも神戸方の配線が変更となり、新たに挿入された分岐器により3線ある引き上げ線の全てが阪神なんば線の3番線へ入線出来るようになりました。

20120324_amagasaki-01.jpg

ここでは1時間ほど撮影タイムをしました。

20120324_kintetsu_5820-01.jpg
20120324_hanshin_5131-01.jpg
20120324_hanshin_8000-01.jpg
20120324_sanden_5000-01.jpg
20120324_hanshin_5500-01.jpg
20120324_hanshin_8000-02.jpg
20120324_hanshin_1000-01.jpg

撮影後は大阪上本町へ移動。
ここでは近鉄大阪線では新種別となる区間準急の初乗車。

20120324_uehommachi-01.jpg

今回は大阪上本町から大和八木まで乗車。

20120324_kintetsu_2430-01.jpg

大和八木から橿原神宮前へ移動。

20120324_kashiharajingu_mae-01.jpg

ここではリニューアルされたさくらライナーの撮影。

20120324_kintetsu_26000-01.jpg

橿原神宮前から京都へ移動。

20120324_kintetsu_22000-01.jpg

近鉄京都駅では1線分増設されて4面4線となった状況を確認。
南側2線を特急が主に使用し、新設された1線を含めた北側2線分は特急以外の列車に充てられています。

20120324_kyoto-01.jpg

京都からは321系に乗って梅田へ。
ここで321系の運転台を撮影。

20120324_jrwest_ec_321-cab01.jpg
20120324_jrwest_ec_321-cab02.jpg

梅田ではヨドバシカメラでレンズケースを購入。

20120324_umeda-01.jpg

超広角レンズでの撮影がデフォルトとなっているため、外しておいた標準ズームレンズを保護するために購入したものです。

20120324_lens_case-01.jpg
20120324_lens_case-02.jpg

改良工事たけなわの大阪駅では御堂筋南口側の発車標がフルカラーの更新されました。

20120324_osaka-01.jpg
20120324_osaka-02.jpg

上屋の撤去工事が進められている環状線のりばはご覧の通り。

20120324_osaka-03.jpg

これで24日の外出はここまでです。

category: 日記

tag: 駅改良工事  阪神電気鉄道  阪神三宮駅  山陽電気鉄道  近畿日本鉄道  JR西日本 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2011年11月12日  

2011年11月12日(

12日は夜勤明けでしたが、網干総合車両所において一般公開イベントが開催されることから網干へ出向いてきました。

20111112_jrw_event-01.jpg

最寄りの網干駅へのアクセスは大阪から新快速でしたが、先行列車が遅れて7分延着。

20111112_aboshi-01.jpg

イベント会場へはシャトルバスが出ているのですが、網干駅前はご覧の通り手狭であるため、住宅地を通った先にある更地をシャトルバスの乗降場所して使用されていました。

20111112_aboshi-02.jpg
20111112_aboshi-03.jpg

シャトルバスを山陽本線北側を西へ向かい車両所の岡山方にある踏切を渡って南側の車両所の西門前に横づけられるという回りくどいルートですが、これは網干駅周辺も含めて道路が狭隘であるため一方通行状態に得ざるを得ないから。

西門を入ると直ぐ西側の第2検修庫では125系を使った車両つり下げ移動が実施。

20111112_jrw_event-02.jpg

天井走行クレーンによる車両つり上げ実演は鉄道イベントの人気コンテンツの一つです。

20111112_jrw_event-03.jpg

第1検修庫ではジャッキアップされた車体と台車と言った走行装置がゴロゴロと・・・。

20111112_jrw_event-04.jpg
20111112_jrw_event-05.jpg

西引き上げ線と第3検修庫は車両の展示が実施されていました。

20111112_jrw_event-06.jpg
20111112_jrw_event-07.jpg

南引き上げ線には車両洗浄体験を終えた225系がお休みしていましたが、使われていた編成は6連口のL編成。

20111112_jrwest_ec_225_0-01.jpg

行先表示が実際にはあり得ない「丹波路快速|天橋立」が表示。

20111112_jrwest_ec_225_0-02.jpg

1時間ほどで撤収。

20111112_jrw_event-08.jpg

姫路駅へ移動。
数ヶ月前にあった旧駅ビルは解体されて、跡地にはバスのロータリーなど駅前広場が整備される予定です。

20111112_himeji-01.jpg

姫路駅からは山電で。
当日はB-1グランプリ開催日と重なり直通特急を中心に混んでいたため、明石までは各駅停車に乗りましたが、アイコンショットの他、車内写真と運転室を撮っておきました。

20111112_sanden_3050-01.jpg
20111112_sanden_3050-in01.jpg
20111112_sanden_3050-cab01.jpg

このあとは阪神なんば線経由で帰宅しました。

category: 日記

tag: JR西日本  鉄道イベント  網干総合車両所  山陽電気鉄道 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2011年10月2日  

2011年10月2日(

2日は神鉄の鈴蘭台車両基地でイベントがある事から神戸へ出かけてきました。

20111002_shintetsu_3000-01.jpg

会場入りする前に神鉄の車内写真撮影。
ここではまだ撮影してなかった3000系の前期車を・・・。

20111002_shintetsu_3000-in01.jpg

鈴蘭台へ移動。

20111002_suzurandai-01.jpg

ここで下車するのは初めて。

20111002_suzurandai-02.jpg

会場の鈴蘭台車両基地は鈴蘭台駅から新開地方へ歩いて10分の場所。

20111002_shintetsu_event-01.jpg

車両基地自体が小さいため瞬く間に見終えてしまいました。

20111002_shintetsu_event-02.jpg
20111002_shintetsu_event-03.jpg

会場を出てから再び神鉄に乗り三木へ移動。

20111002_shintetsu_1100-01.jpg
20111002_shintetsu_miki-01.jpg

三木へ出向いたのは廃止された三木鉄道の三木駅を活用した記念公園がオープンしたという事で来訪した次第。
駅舎自体は曳屋工法で移設されて「三木鉄道ふれあい館」としリニューアルされていました。

20111002_miki-01.jpg

元の状態が軌道跡が部分的に残されている以外には広場と公園という感じです。

20111002_miki-02.jpg

再び神鉄に乗車。
乗って列車は小野止めだったため、折返し待ちの車内を撮影。

20111002_shintetsu_1100-02.jpg
20111002_shintetsu_1100-in0.jpg

ついでなので改札の外へ出て撮影。

20111002_ono-01.jpg
20111002_ono-02.jpg

粟生行きに乗り終点へ。

20111002_ao-01.jpg

久しぶりに降り立った粟生駅がすっかりリニューアルされていました。
調べたところ2009年10月から供用開始されたとのこと。

20111002_ao-02.jpg

103系で加古川へ。

20111002_jrwest_ec_103-01.jpg

ちょうど2本並びの折返し待ちで無人になったのを見逃さずに車内写真を撮っておきました。

20111002_jrwest_ec_103-in01.jpg
20111002_jrwest_ec_103-cab01.jpg

明石へ移動。
最後は阪神なんば線経由で帰宅するため乗換えたのですが、ここで3050系に遭遇。

20111002_sanden_3050-01.jpg

4両中1両だけ無人になったので車内写真を撮っておきました。

20111002_sanden_3050-in01.jpg

category: 日記

tag: 神戸電鉄  三木鉄道  三木鉄道記念公園  JR西日本  山陽電気鉄道 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2009年11月15日  

2009年11月15日(

15日は午前中を山陽電鉄の編成写真撮影、午後は姫新線に導入されたキハ122系・127系の初乗車と編成写真撮影、夕方は日本100名城の1つである赤穂城への来訪という流れです。

山陽電鉄へのアクセスは阪神なんば線経由で、早さならJRの方が上なのですが、乗換えの負担は同一ホーム上の乗換えが主軸となるこちらの方が軽いのです。

20091115_sanden_3050-01.jpg

撮影場所への移動途中に西新町駅周辺が高架化されるようで、この見ただけだと仮線の工事が進められていました。

20091115_nishi_shinmachi-01.jpg

山陽電鉄での撮影場所として選んだのは別府駅(「べっぷ」じゃなくて「べふ」と読みます)
基本的に地上区間を行く山陽明石以西では数少ない高架駅で丁度良い感じで捉えられそうと思ってこの場所なのです。

20091115_befu-01.jpg

ターゲットを特定しないままの撮影でしたが、ここではなかなか捉えられない阪神9300系を捉えることが出来ました。

20091115_sanden_5000-01.jpg
20091115_hanshin_9300-01.jpg

姫路まで移動して、昼からは姫新線。
撮影ポイントが良く分からないのでひとまず播磨新宮まで乗りましたが、ここで遭遇したのはキハ40形。
キハ122系・127系が導入されてもまだ残るわけで、高速化完了後も増発用として3両ほどが残されることになっています。

20091115_jrwest_dc_40_2000-01.jpg

播磨新宮までは35分ほどで到着。

20091115_harima_shingu-01.jpg

折り返しは単行のキハ122系ですが、こちらは同系が2本繋がれていました。
(姫路から乗ったのは佐用行き)

20091115_jrwest_dc_122-01.jpg

ちゃっかり車内も撮っておきましたが、先客がいるので支障のないアングルでしか撮れませんでした。
姫新線で車両の車内写真を撮るとなると、今回の播磨新宮・佐用・上月でしか出来ないようですが、それはタイミング次第、本竜野は折り返し時間短く、ある程度の人数が乗るため無理、主要ターミナルである姫路はもっとダメなので、以下にチャンスをモノにするかですが・・・。

20091115_jrwest_dc_122-in01.jpg

本竜野では一旦降車(駅の外へは出ず)して、編成写真をゲット。
今回はキハ122系だけでしたので、今度は2両編成のキハ127系を狙いたいです。

20091115_jrwest_dc_122-02.jpg

本竜野から姫路乗換えで播州赤穂へ。

20091115_banshu_ako-01.jpg

ここでは日本100名城の1つである赤穂城跡へ来訪。

20091115_ako_castle-01.jpg

現在の赤穂城は大手門などを含めた城壁や櫓などが復元されていますが、周辺が市街地化されている上に、資料が乏しいため思うように復元されていないと言うのが実情で、現在復元工事が進められているのも二の丸庭園で城門や櫓以外の建物の復元はないようです。

城の中核となる本丸は本丸門が復元されていますが、肝心の本丸御殿は復元出来ずに原寸大の間取をモニュメントで再現されている状態です。

20091115_ako_castle-02.jpg

ここには天守台もありますが、天守自体は建てられることはなかったそうです。

20091115_ako_castle-03.jpg
20091115_ako_castle-04.jpg

赤穂城を観覧した後はJRで帰宅しました。

20091115_jrwest_ec_115_1000-01.jpg

category: 日記

tag: 山陽電気鉄道  連続立体交差事業  山陽電鉄本線  阪神電気鉄道  JR西日本  姫新線  日本100名城  赤穂城 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2009年5月31日  

2009年5月31日(

5月最後の週末は日曜日だけ。
この日は阪神・神鉄・山陽の工事・施設確認と車両の撮影のお出かけをしてきました。

20090531_mukogawa-01.jpg

まずは阪神本線の武庫川~甲子園の連立事業を。
阪神本線の西宮市域では立体交差されていない区間1で、昨年辺りから仮線を設けるための工事が着手されていました。

当日は仮線工事の進捗状況を確認するため武庫川から甲子園まで徒歩で確認。

20090531_hanshin-01.jpg

甲子園まで歩いた後は編成写真の撮影。
ここでは1000系・9000系・8000系の赤銅車3本のみ。

20090531_hanshin_1000-01.jpg
20090531_hanshin_9000-01.jpg
20090531_hanshin_8000-01.jpg

甲子園から新開地経由で神鉄に乗り換えて長田へ。
六甲山系の斜面に面した神鉄の長田は前後を急勾配に挟まれています。

20090531_shintetsu_5000-01.jpg

この近くにある房王子踏切から神鉄の車両を撮影。
今回はサイトの素材として使用するため神鉄最急勾配の50パーミルの勾配標を絡めて撮りました。

20090531_shintetsu-01.jpg

新開地へ戻り、新開地~山陽須磨までの区間をちょっと検証してみました。
現行の阪神なんば線での実績を踏まえながら現地で見立てる限りでは、須磨寺~山陽須磨の急曲線がネックになりそうですが、それ以外は大きな問題は無さそうです。

その途中、高速長田では東改札口新たに設けられることになり、梅田・神戸方には階段とエレベーターを新設されるのですが、既存のホームにドンと設けるのではないようです。

20090531_kosoku_nagata-01.jpg

ここでは遊び的に8両編成の可否を見るための検証も・・・。
震災後に地下化された板宿は拡張出来るようにスペースが用意されていますが、それ以外の新開地以西の各駅はもう一度開削しなければ8両化が難しい感じです。

東須磨で3000系のリニューアル車に遭遇。

20090531_higashi_suma-01.jpg
20090531_sanden_3000-01.jpg

設計的には一世代古くなった5000系グループが最新鋭である中、さらに古い3000系も何本かリニューアルされているようです。
首都圏では同年代の車両が置換えられていますが、関西地区ではまだ主力で活躍している方が多い感じですね。

category: 日記

tag: 阪神電気鉄道  神戸電鉄  山陽電気鉄道  連続立体交差事業  西宮市 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop