DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »富山地方鉄道
このページの記事一覧

三連休日記 2016年10月10日  

2016年10月10日(

遠征最終日である10日は富山地方鉄道にどっぷり浸かりました。

まずは元京阪3000系に乗って立山へ。

20161010_toyama_chitetsu_10030-01.jpg

2連口ではなく中間にアレが組み込まれた「ダブルデッカーエキスプレス」編成。
京阪時代にも乗っている車両でもあり、転籍後もほぼ種車のままなので特別これという印象もなく・・・。

20161010_toyama_chitetsu_10030-02.jpg
20161010_tateyama-01.jpg
20161010_tateyama-03.jpg電鉄立山からはそのまま折り返さずに立山カルデラ茶房博物館へ来館。

20161010_tateyama-02.jpg
>

常願寺川水系の上流域にある立山カルデラの歴史と地震を契機にした土石流を防ぐ砂防事業と常願寺川水系の治水事業に関する資料などが展示されています。

20161010_tateyama-04.jpg
20161010_tateyama-05.jpg
20161010_tateyama-06.jpg

立山から折返しは元西武5000系の「アルプスエキスプレス」を使用した普通列車。

20161010_toyama_chitetsu_16010-01.jpg

観光特急用に改装されたものですが、運用の都合でローカル列車にも入っており、全てのデッキに整理券発行機がある他、乗務員室後方には運賃箱が設けられています。

20161010_toyama_chitetsu_16010-in01.jpg

岩峅寺で不二越線・上滝線に乗換。

20161010_iwakuraji-01.jpg

ここでは昨日と同じく元東急8590系に乗車。

20161010_toyama_chitetsu_17480-01.jpg

午後からは編成写真の撮影をメインに。

20161010_toyama_chitetsu_16010-02.jpg
20161010_toyama_chitetsu_16010-in02.jpg

まずは上市でダブルデッカーエキスプレスを撮影。

20161010_kamiichi-01.jpg
20161010_kamiichi-02.jpg
20161010_toyama_chitetsu_10030-03.jpg

越中三郷で1時間ほど掛けてじっくりと編成写真を撮影しました。

20161010_etchu_sango-01.jpg
20161010_etchu_sango-02.jpg
20161010_etchu_sango-03.jpg
20161010_toyama_chitetsu_10030-04.jpg
20161010_toyama_chitetsu_14760-01.jpg
20161010_toyama_chitetsu_16010-03.jpg
20161010_toyama_chitetsu_14720-01.jpg
20161010_toyama_chitetsu_14720-02.jpg
20161010_toyama_chitetsu_17480-02.jpg
20161010_toyama_chitetsu_17480-03.jpg
20161010_toyama_chitetsu_16010-04.jpg

富山へ戻ると帰阪するまでの間はバス車両の撮影。
比較的短時間だったためあまり成果が得られませんでしたが・・・。

20161010_nagaden_bus-01.jpg
20161010_nohi_bus-01.jpg
20161010_chitetsu_bus-01.jpg

これで現地での撮影は度は終了。
富山からつるぎ725号に乗車して金沢へ。

20161010_toyama-01.jpg

関西だと富山へ行く以外には滅多に乗らない北陸新幹線の車内を撮影できました。

201161010_tsurugi725-01.jpg

金沢に到着後は1時間バッファを確保したので、この間に夕食の調達と編成写真の撮影。

20161010_hanayome_no_ren-01.jpg
20161010_ar_521_0-01.jpg

ここで413系の妙なラッピング車両に遭遇。

20161010_aitetsu_ec_413_0-01.jpg

これは一部編成がJR西日本からあいの風とやま鉄道に譲渡413系のうち1編成が「とやま絵巻」ラッピングを纏っていたもので、遠征中一度見かけたことから撮れたら良いなとは思っていmしたが、ここで捉えることが出来るとは・・・。

金沢からサンダーバード44号で大阪へ戻ることにしたのですが、乗車前に北陸本線の福井県内区間で人身事故が発生。

20161010_kanazawa-01.jpg
20161010_jrwest_ec_683_4000-01.jpg

列車自体は定刻通り出発したものの、小松と粟津で長時間停車、その後は徐行運転状態で運転再開、福井県内に入ってようやく制限解除となったものの、湖西線に入ると先行列車に追いつき糞詰まり状態、堅田で先行列車を追い抜くとようやく快調に・・・。

それでも大阪着は23:30前で約125分遅れ、そして自宅に戻れたのは日付が変わって0:20頃というオチで遠征を締めくくることになりました。

20161010_osaka-01.jpg
スポンサーサイト

category: 日記

tag: 富山地方鉄道  JR西日本  あいの風とやま鉄道  IRいしかわ鉄道 
tb: 0   cm: 0

三連休日記 2016年10月9日  

2016年10月9日(

遠征2日目は富山県内の鉄道巡り。
まずは上り線のみ切り替えられたあいの風とやま鉄道富山駅の見聞。

20161009_toyama-01.jpg

並行在来線から新幹線を見上げることが出来る構造で、高架橋そのものは別々となっているが屋根はつないでいるという形。
下り線は基礎工事も終わって高架橋が順次構築されているものの、まだまだ先のようで・・・。

20161009_toyama-02.jpg
20161009_toyama-03.jpg
20161009_toyama-04.jpg

高岡へ。

20161009_takaoka-01.jpg

ここからは長らく乗っていなかった万葉線に乗車。

20161009_manyosen_7000-01.jpg

まずは旧型車で越の潟まで乗車。

20161009_koshinokata-01.jpg

越ノ潟駅のすぐ近くに掛かる新湊大橋が徒歩で渡ることが出来ることに気づいて、エレベータで上って徒歩で対岸へ渡りました。

20161009_shimminato_bridge-01.jpg

新湊大橋の歩道は自動車用の真下に整備されており対岸へ自由に行き来することが出来ますが、防犯上の理由で9時から20時までに通行可能時間が限られているのと風速25m以上の強風が吹けば通行止めになることがあります。

20161009_shimminato_bridge-02.jpg
20161009_shimminato_bridge-03.jpg
20161009_shimminato_bridge-04.jpg

対岸から越の潟までは県営の渡船で。

20161009_horioka-01.jpg

こちらは先述の理由で新湊大橋の歩道開通後も減便されながらも残されています。

20161009_toyama_tosen-01.jpg
20161009_toyama_tosen-02.jpg

越の潟へ戻ると定刻より少し遅れてアイトラムがやって来ました。
20161009_koshinokata-02.jpg

20161009_manyosen_mlrv_1000-01.jpg

慌ただしく折り返すをする列車に乗って高岡へ戻りましたが、実はアイトラムを全線通しで乗ったのは今回が初めてでした。
(数年前に乗ったときは車両交換のための米島口で乗り換えがあったため)

20161009_manyosen_mlrv_1000-in01.jpg

富山へ戻り、昼食を挟んでから富山地鉄へ。

20161009_toyama_chittetsu_2dat_ticket-01.jpg

一先ず宇奈月温泉まで乗り通し。

20161009_toyama_chitetsu_14760-01.jpg
20161009_umazuki_onsen-01.jpg

宇奈月温泉で黒部峡谷鉄道に乗ることもなく、そのまま折り返し・・・。

20161009_umazuki_onsen-02.jpg
20161009_toyama_chitetsu_10030-01.jpg

寺田で立山行きに乗り換えて岩峅寺へ。

20161009_terada-01.jpg
20161009_toyama_chitetsu_14760-02.jpg

岩峅寺からは開発経由の富山行きに乗り換え。
ここでようやく元東急8590系の17480形に乗ることが出来ました。
富山地鉄では2本しかないため、なかなか遭遇できません。

20161009_toyama_chitetsu_17480-01.jpg

南富山で下車して、市内電車に乗り換え。

20161009_minami_toyama-01.jpg
20161009_toyama_chitetsu_7000-01.jpg
20161009_toyama_chitetsu_9000-01.jpg

ここではコンパクトシティを目指す富山市の理想と実は上手く行かなかったという事実との乖離に迫るべく中心市街地などを見てきました。
今回で3度目なのですが、これじゃあ活力無くて当然と言うしかありません。

20161009_sogawa-01.jpg
20161009_sogawa-02.jpg
20161009_sogawa-03.jpg
20161009_sogawa-04.jpg
20161009_sogawa-05.jpg

遠征2日目は富山県内ここで終了。
ホテルへ戻って最終日に備えることにします。

category: 日記

tag: 万葉線  富山地方鉄道  JR西日本  あいの風とやま鉄道  連続立体交差事業 
tb: 0   cm: 0

2010年2月28日 来る者と去る者を巡る強行軍3 セントラム乗車  

糸魚川から北越4号に乗って富山へ向かいます。
ここで新潟車両センターの485系1000番台ですが、車体の塗装が旧国鉄色の編成でした。

20100228_jreast_ec_485_1000-01.jpg

糸魚川から約54分ほどで富山に到着。
富山駅は北陸新幹線の建設に連動した北陸本線の連立事業に伴う仮線移設工事が進められていて、来訪当時は直江津方面ホームが仮線に切替え済みとなっていますが、それは稿を改めて報告します。

20100228_toyama-01.jpg

ここからは富山地方鉄道の2009年12月に開業した市内電車環状線に乗車します。
今回新設された環状線系統はボンバルディアからライセンスを受けた新潟トランシスで製作された9000形電車が専用車両として充てられています。

20100228_toyama_chitetsu_9000-03.jpg

真っ黒の9003編成に乗り込んで乗りつぶし開始。

20100228_toyama_chitetsu-01.jpg

丸の内から東へ分岐して環状線に入ります。

20100228_toyama_chitetsu-02.jpg

国際会議場前に到着。

20100228_kokusai_kaigijo_mae-01.jpg

新設された環状線は単線なので各停留所も単式ホーム1面のみです。

20100228_kokusai_kaigijo_mae-03.jpg
20100228_kokusai_kaigijo_mae-02.jpg

ここで後続の9001編成を捉えましたが、当日は9001編成と9003編成の2本が運用に入っていて、基本的には2本で賄われて1本は予備という感じです。

20100228_toyama_chitetsu_9000-02.jpg

新設された軌道を行く9000形電車。

20100228_toyama_chitetsu-03.jpg

国際会議場前から丸の内へ徒歩で移動。

20100228_marunouchi-01.jpg

環状線開業にあわせてホームが移設されるなどの工事が施工され、国際会議場前などと共通の仕様と言うよりもこれらは富山ライトレールと共通とも言えるかも知れませんね。

20100228_marunouchi-02.jpg

整備中の接近表示器。
来訪当時は各停留所に対し整備中でした。

20100228_marunouchi-03.jpg

環状線との分岐。
単線と言うことで片方向のみが分岐器が挿入されています。

20100228_marunouchi-04.jpg
20100228_marunouchi-05.jpg

丸の内に停車中の7000形電車。

20100228_toyama_chitetsu_7000-01.jpg

丸の内から9000形セントラムに乗って環状線を乗り通し。
利用状況としては昼時間帯と言うこともあって富山駅前→丸の内→グランドプラザ前は立ち客が疎らでしたが、グランドプラザ前→荒町→富山駅前は家族連れで混雑していました。

富山駅前で9003編成を撮影。

20100228_toyama_chitetsu_9000-04.jpg
20100228_toyama_chitetsu_9000-01.jpg

序でに後追いの8000形も撮影。

20100228_toyama_chitetsu_8000-01.jpg

もうひと序でに富山ライトレールのTLR0600形も撮影しました。

20100228_tlr_0600-01.jpg

富山での撮影はこれで終了。
この後は高岡城へ向かいます。

→次に続く。

category: 北陸地方遠征

tag: 富山地方鉄道 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2010年2月28日  

2010年2月28日(

2月最後の日曜日は北陸新幹線建設に伴い撤去される赤レンガの車庫と今年3月のダイヤ改正で撤退するキハ52形の展示・撮影会が糸魚川駅構内で行われることから、富山地鉄市内電車環状線の乗りつぶしと日本100名城に選定されている高岡城を絡めて北陸遠征をすることにしました。

20100228_itoigawa-01.jpg

早朝現地入りすることにしたため往路はきたぐに号で糸魚川入り。
糸魚川から大糸線に乗り換えて同線のJR西日本エリア内で唯一列車交換設備がある根知へ向かいましたが、単行のキハ52形の車内はラッシュ並みの混雑・・・。

20100228_nechi-01.jpg
20100228_nechi-02.jpg

根知では糸魚川方に架かる根知川橋梁を行くキハ52形を捉えました。

20100228_nechi-03.jpg

根知から先程捉えたキハ52形の折り返しに乗って糸魚川へ戻ってくると撮影イベントの間キハ52形が抜けるのを穴埋めするためにやって来たキハ28形・58形と入れ替りになるところ捉えました。

20100228_jrwest_dc_28_2000-01.jpg

撮影イベントまでの間は海の見える展望台へ行ったりして時間をつぶし。

20100228_itoigawa-02.jpg

イベント会場となる場所では10:30から開始のところ多く集まったことから20分前に開場され、あっという間に人垣が出来てしまいました。

20100228_itoigawa-03.jpg

撮影イベントのすすめからは、1回目は3両が横一線の並び、2回目が糸魚川ジオパークのマスコットキャラクターの「ジオまる」と「ぬーな」を前にした撮影、3回目が1両ずつ前方にずらした並びで、1回目と3回目は20mほど離れての撮影→50mほど後方の望遠撮影隊による撮影の組合わせで行われました。

20100228_jrwest_ec_52_100-02.jpg
20100228_jrwest_ec_52_100-01.jpg

撮影終了後は北越4号に乗って富山へ移動。
たまたま乗った編成が国鉄色の編成に当たりました。

20100228_jreast_ec_485_1000-01.jpg

富山では昨年12月下旬に開業した富山地鉄市内環状線の乗りつぶし。
事実上専用車両として使用されている9000形は3本中の2本が運用に就いていましたが、昼時間帯と言うこともあって富山駅前→丸の内→グランドプラザ前は立ち客が疎らでしたが、グランドプラザ前→荒町→富山駅前は家族連れで混雑していました。

20100228_toyama_chitetsu_9000-01.jpg
20100228_toyama_chitetsu_9000-02.jpg

富山から高岡へ移動。

20100228_jrwest_ec_413-01.jpg

高岡では日本100名城に選定されている高岡城跡へ。
現在は高岡古城公園として整備されている高岡城跡を1時間半で駆けめぐりました。

20100228_takaoka_castle-01.jpg
20100228_takaoka_castle-02.jpg

高岡からサンダーバード44号で帰阪しこの日は終りです。

20100228_jrwest_ec_683_0-01.jpg

category: 日記

tag: JR西日本  鉄道イベント  JR東日本  富山地方鉄道  日本100名城  高岡城 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop