DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »学研都市線
このページの記事一覧

2017年2月18日 おおさか東線第二期工事レポ JR鴫野駅改良工事 2  

おおさか東線第二期工事に関連した鴫野駅改良工事レポの続き。
まずは改札階から。

改良工事の進捗に伴い順次拡張されてゆく改札口周り。
下の画像を見る限り、自動改札機が2通路分設置できるようですが・・・。

20170228_shigino-21.jpg
20170228_shigino-22.jpg

改札内コンコース。
床の汚れ具合が境目が異なることから、これまで供用されていた箇所と新たに今回が開始されていた箇所が判別できると思われます。
また、点字タイルが本設用のものに切替えられたため、それまで使用されていた仮の点字タイルが剥がされた痕跡が下の画像左側に見られます。

20170228_shigino-23.jpg
20170228_shigino-24.jpg

2番のりばへのエレベーター。
改札口のすぐ近くに設置されています。

20170228_shigino-25.jpg

エスカレータ。

20170228_shigino-26.jpg

階段。

20170228_shigino-28.jpg

階段周りを撮影。
切替前には改札口寄り仮移転されていたトイレが京橋方の本設に移転されました。

20170228_shigino-27.jpg

本設に移転されたトイレ。

20170228_shigino-32.jpg

正面の隠されている辺りが多機能トイレ。
左が女性用、右が男性用です。

20170228_shigino-33.jpg

木目調の壁面を採用したトイレ。

20170228_shigino-35.jpg
20170228_shigino-34.jpg

2番のりばへの階段付近から改札口に向けて撮影。

20170228_shigino-29.jpg

LEDの電照式が採用された案内板。

20170228_shigino-30.jpg
20170228_shigino-31.jpg

4番のりばへ上がります。
3番線側はホーム床面の仕上げ工事がまだ施工されていないようです。

20170228_shigino-36.jpg
20170228_shigino-37.jpg

もう1両分延伸される3番線側の京橋方ホーム端部の様子。

20170228_shigino-38.jpg

以前ホーム中程にあったホーム監視のための保安要員の控え室が京橋方に移転されています。

20170228_shigino-41.jpg

現在の控え室。
以前は奥の自動販売機に近くに設置されていました。

20170228_shigino-42.jpg

曲線上にホームがある鴫野駅ではホーム縁の乗車口に注意喚起するステッカーが貼られています。

20170228_shigino-39.jpg

これはホームと車両との間が特に広い乗車口を対象に貼られているようです。

20170228_shigino-40.jpg

今回の鴫野駅改良工事のレポは以上です。
スポンサーサイト

category: おおさか東線工事の話題

tag: JR西日本  おおさか東線  学研都市線  駅改良工事 
tb: 0   cm: 0

2017年2月18日 おおさか東線第二期工事レポ JR鴫野駅改良工事 1  

おおさか東線第二期工事の関連工事として大規模改良工事が行われている鴫野駅ではこのほど学研都市線木津方面(上り線)のりばが仮設へ切替えられたとのことで、2月18日に来訪してきました。

20170228_shigino-01.jpg

仮設へ切替えられた上り線のりばは京橋方面のりば(下り線)の切替後にホームの改修工事が施工され、上屋の再構築が終わってから旧上り線の真上に仮設ホームを拡張した形となっています。

ホーム床面の舗装の仕上げが本設と仮設の部分とで異なり、仮設の床面の舗装がやや荒いので判別できるかと・・・。

20170228_shigino-02.jpg

木津方。
7両分だけ使用されるため8両分あるうちの木津方の1両分は仮拡張されていないのが分かります。
また、下の画像右手の壁面は本設でありますが、これは該当箇所がおおさか東線部分を跨ぐ勾配の末端に掛かることも一因しています。

20170228_shigino-03.jpg

木津方の端部に位置するエスカレータ。
こちらは今回新設された物です。

20170228_shigino-04.jpg

エレベータ前から撮影。
この部分、本設化されていそうなのに微妙にそうなっていない辺りが気になる所ですが・・・。

20170228_shigino-05.jpg

エスカレータ。
上りと下りが別々に配置されている4番のりば用とは違い、島式ホーム側のこれは上り下りが同じ場所に並んで配置されています。
また、案内板も4番のりばで採用された非電照式からLED照明を用いた電照式となっています。

20170228_shigino-06.jpg

階段。

20170228_shigino-07.jpg

例の向きになっているベンチ。

20170228_shigino-08.jpg

待合室。

20170228_shigino-09.jpg

列車接近表示器。
3番のりば側にも設置されていることからこれらは本設のようです。

20170228_shigino-10.jpg

ホーム中程。

20170228_shigino-11.jpg

発車標は仮となる2番のりば用のみ設置されていることから、3番のりば用は別途設置されると思われます。
画像の発車標は木津方とホーム中程の2箇所に設置されています。

20170228_shigino-12.jpg

上屋の支柱の様子。
改修工事のため使用休止中の1番のりば側と上屋の支柱間隔が合わないため、改修工事が終わるまでの間はご覧のような感じ仮の支柱を追加した状態で使用されるようです。

20170228_shigino-13.jpg

仮に伸ばした上屋は本来架線が取り付けられる場所ですが、仮ホームとして使用される段階では屋外用LED照明が取り付けられた状態となります。

20170228_shigino-14.jpg

改めて京橋方からホーム中程を撮影。

20170228_shigino-15.jpg

京橋方を撮影。
こちらは上屋が仮設部分に拡張されていません。

20170228_shigino-16.jpg

京橋方ホーム端部。

20170228_shigino-17.jpg

2番のりば側は8両分確保されていることからそのままになりそうですが、3番のりば側は高架橋の高欄がなく、ホーム延伸のための工事が施工されるもようで、既に鉄筋が組まれているのが分かります。
これにより3番のりばのホーム有効長も8両分確保されるものと思われますが、2番のりば側は壁か柵などで仕切られるのではないかと思われます。

20170228_shigino-18.jpg

京橋方ホーム端部から撮影。

20170228_shigino-19.jpg

停車中の電車と絡めて。

20170228_shigino-20.jpg

高架下と4番のりば側からのレポは稿を改めて報告します。

→次に続く。

category: おおさか東線工事の話題

tag: JR西日本  おおさか東線  学研都市線  駅改良工事 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2017年2月18日  

2017年2月18日(

この週末は鉄道工事などを中心とした撮影のための外出。

まずは近鉄奈良線若江岩田駅へ。
上下線が高架切替後もきっぷうりばと改札口は北側の仮駅舎にあった若江岩田駅では2月15日から高架下の本設に移転されました。

20170218_wakae_iwata-01.jpg
20170218_wakae_iwata-06.jpg
20170218_wakae_iwata-08.jpg

詳細は別途レポしますが、切替後は支障となる旧線の撤去があったためホーム幅が狭く昇降設備が仮の暫定状態となっていた上りホームも難波方が所定のホーム幅になり、一部を除いてく昇降設備が本設に切替えられました。

20170218_wakae_iwata-18.jpg
20170218_wakae_iwata-19.jpg

また、駅東側で交差する府道八尾枚方線には駅近くに路線バスを停めるためにバスベイが新設されました。

20170218_wakae_iwata-20.jpg

バスベイ自体は先日まで工事が先日まで工事が行われていた出来たてホヤホヤであるため、停留所ポストはまだ建っていませんが、現在この道路を通っている近鉄バス萱島線(近鉄八尾駅~荒本駅~JR住道駅(南口)~萱島)の停留所になると思われます。
(公式発表が待たれるところです)

20170218_wakae_iwata-21.jpg
20170218_wakae_iwata-23.jpg

東花園駅へ。

こちらは駅前広場の再整備が進められていますが、整備工事の完成イメージが東大阪市公式Facebookの投稿で明らかにされたのを受けて現地を見てきました。

20170218_higashi_hanazono-01.jpg

工事自体は昨年から着手されていますが、来訪時点での進捗状況は歩道の整備と屋根設置工事が進められている段階でした。
こちらも後日詳細を報告します。

20170218_higashi_hanazono-04.jpg

3つ目は学研都市線鴫野駅。
おおさか東線第二期工事による改良工事が進められている同駅では上りホームの改修工事を着手するため島式の2号ホームを暫定的に拡幅した仮ホームへ切替えられました。

20170228_shigino-01.jpg
20170228_shigino-02.jpg

また、これに合わせて高架下のコンコースも拡張され、改札内のトイレも京橋方に設置された本設へ移転されました。
こちらは2月23日頃に詳細を報告します。

20170228_shigino-24.jpg
20170228_shigino-29.jpg

京橋駅では学研都市線上りホームへの可動式ホーム柵設置の工事が行われ、2月25日から使用が開始されるとのことです。
こちらは25日以降の使用開始後のレポと合わせて2月27日以降に詳細を報告します。

20170218_kyobashi-01.jpg
20170218_kyobashi-03.jpg

18日の最後は地下鉄なんば駅の案内板の新サインシステムへの更新工事を見てきました。
同駅の更新工事は千日前線側から着手され続いて御堂筋線側が着手されていますが、天井の低い箇所がある御堂筋線側の処理が興味深いものになっています。

20170218_namba-01.jpg
20170218_namba-02.jpg
20170218_namba-15.jpg

また、同駅の御堂筋線のりばにはホーム床面に誘導サインが張り付けられています。

20170218_namba-31.jpg

まだ始められて日数が経過していないため下の画像のような感じなので、しばらくは様子見ですが・・・。

20170218_namba-38.jpg

こちらは2月24日以降を目処に詳細を報告する予定です。

18日は以上です。

category: 日記

tag: 連続立体交差事業  近畿日本鉄道  近鉄奈良線  JR西日本  おおさか東線  学研都市線  大阪市営地下鉄  駅改良工事 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2016年6月12日  

2016年6月12日(

12日は11日夜に大規模運休を伴う線路切替工事が実施された学研都市線へ。

20160612_shigino-07.jpg

今回の切替は寝屋川橋梁架け替え関連によるもので、上り線の新橋梁への切替とおおさか東線の蒲生踏切付近までの線路切替が実施され、これによって全面切替が完了しました。
当日は切替直後と言うこともあって前面展望組が多数いたため撮影は断念し、鴫野駅での撮影に切替え。

20160612_shigino-01.jpg

島式ホームの2号ホームが改修工事中。
現在は上屋の建て直しが進められ、上屋の支柱は新設された3号ホームに合わせられており、上りホームとして使用されている1号ホームも改修工事に際して上屋の建て直しが行われのではないかと思われます。

また、今回の工事に関して2号ホームでは上り線側に仮設で拡張されています。
現状は資材置場化しているため仮の通路として使用されていますが、木津方にも仮設工事が施工されているので1号ホームの改修工事に際して暫定的に1番のりばとして使用されるのではと思うのですが・・・。

20160612_shigino-02.jpg
20160612_shigino-03.jpg
20160612_shigino-04.jpg
20160612_shigino-05.jpg
20160612_shigino-06.jpg

続いて神鉄6500系を狙いに。
TwitterのTLに有馬温泉の折返し運用に就いているらしいので、有馬温泉駅を目指します。

20160612_shintetsu-01.jpg

時間の都合で三田乗換ではなく、西宮名塩で乗換えます。
ここから阪急バス95番系統に乗換えたのですが、移動のタイミングでこれが最速だったためです。

20160612_hankyu_bus-01.jpg

有馬温泉駅に到着。

20160612_arima_onsen-01.jpg

この日は4両編成と3両編成の2本が入っているらしく、6500系は3両編成であるため、そちらを待つことにしました。

20160612_shintetsu_6500-01.jpg

ダイヤの都合上2本並びになることからじっくりと撮影出来ました。

20160612_shintetsu_6500-in01.jpg
20160612_shintetsu_6500-in02.jpg
20160612_shintetsu_6500-in03.jpg

後は編成写真を撮るだけです。
この日はここで切り上げて帰宅しました。

category: 日記

tag: JR西日本  おおさか東線  学研都市線  駅改良工事  阪急バス  神戸電鉄 
tb: 0   cm: 0

2016年4月16日 おおさか東線第二期工事と衣摺駅設置工事  

4月16日に見聞したおおさか東線の工事の詳細。
まずは新加美~JR長瀬の間に新設される(仮称)衣摺駅の工事から。

新駅の場所は東大阪市と大阪市平野区の境界地で近鉄バス加美線または大阪市バス30系統で加美北五丁目停留所で下車し北側にある加美北会館または「かまどや」加美北店が建つ交差点を東へ進んだ場所にあります。



新駅設置場所。

工事用フェンスで仕切られている側が東大阪市、おおさか東線と交差する道路を挟んで手前側が大阪市平野区となります。
以前あった工場や民家は立ち退かれた場所には駅前広場が整備されますが、現在は工事事務所と資材置場となっています。

20160416_kizuri-01.jpg

本線の高架橋の両側では既にホーム用の高架橋の構築が進められており、両市の境界を跨いで設置されることになります。
ホームは一期開業区間では新加美駅と同じく2面2線の配線になります。
駅事務室や改札口などは駅前広場が整備される東大阪市側に設けられるようです。

20160416_kizuri-02.jpg
20160416_kizuri-03.jpg

放出方の様子。

20160416_kizuri-04.jpg

続いて鴫野駅へ。
2号ホームの改修工事が進めれている鴫野駅では学研都市線上り線の車両限界に触れるためホーム縁が数十センチ切り取られました。
これによってレール方向に組み込まれていた鋼材も無くなってしまったため、強度確保のためセットバックさせたホーム縁の真下に鋼材が挿入し直されています。

20160416_shigino-01.jpg
20160416_shigino-02.jpg

木津方は階段が撤去されて、ホーム端部にセットバックした位置にエレベータが新設されましたが、ここに繋がるホーム本体の工事はまだ途中のようです。

20160416_shigino-03.jpg
20160416_shigino-04.jpg

今回のレポは以上です。

category: おおさか東線工事の話題

tag: JR西日本  おおさか東線  学研都市線  駅改良工事 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2016年3月6日  

2016年3月6日(

3月6日はおおさか東線第2期工事に関連した鴫野駅から。

20160306_shigino-01.jpg

2号ホームの改修工事が行われている鴫野駅では木津方にエレベータが新設されました。

20160306_shigino-02.jpg

既設・新設とも高架橋の高欄にホーム用の桁を載せる切り欠きが設けられるいることから、木津方に関しては再構築されるものと思われますが、既設のホームについては新設高架側に軌道をそのまま敷設すると、最終的に学研都市線の上り線となる側が車両限界に触れることから数十センチほど削る必要があるのではと見立てています。

20160306_shigino-03.jpg

京橋駅へ。
今月下旬の改正からの使用開始に合わせて可動式ホーム柵の設置工事が進められている学研都市線・JR東西線下りホームでは付帯設備であるセンサーや運転士用の開閉表示灯などが設置され、電気工事などが終わっていれば最終段階となる模様です。

20160306_kyobashi-01.jpg
20160306_kyobashi-02.jpg
20160306_kyobashi-03.jpg

柴島へ。
淡路駅を中心に行われている連立事業で高架化される柴島駅では都市計画道路と共に本設の高架橋のスペースが確保され、道路の方は整備済みで高架橋の工事はまだまだという段階です。

20160306_kunijima-01.jpg

徒歩で阪急京都線側へ移動。
梅田方からの高架切替予定地点付近から崇禅寺駅近くまでは上下線とも仮線に切替えられました。

20160306_souzenji-01.jpg
20160306_souzenji-02.jpg

崇禅寺へ。

20160306_souzenji-03.jpg

こちらは直上方式で高架化され、現在は京都河原町方面の仮駅舎の工事が進められています。順調にいけば春頃には共用が開始されると思われます。

20160306_souzenji-04.jpg
20160306_souzenji-05.jpg

桂川駅へ。
隣接するイオンモールがオープンしてから月日が経過していますが、工場跡地という纏まった土地を確保した分、上手く整備されているという感じです。

20160306_katsuragawa-01.jpg

洛西口へ。

20160306_rakusaiguchi-01.jpg

昨日(3月5日)に梅田方面の高架が切替られたばかりで、仮線が閉鎖されているだけの状態ですが、幹線道路を交差していたため、踏切で停滞していた流れがスムーズに流れている感じでした。

20160306_rakusaiguchi-02.jpg
20160306_rakusaiguchi-03.jpg

肝心の駅の方は改札外コンコースが残り工事がある一方で、改札内は殆ど終わっているという感じです。

20160306_rakusaiguchi-04.jpg
20160306_rakusaiguchi-06.jpg
20160306_rakusaiguchi-07.jpg
20160306_rakusaiguchi-11.jpg

高槻へ。
いよいよ今月下旬の改正からの使用される新設ホームの工事は可動式ホーム柵を案内表示の整備がほぼ終り、後はホーム柵の付帯設備と電気工事が進められている段階となっています。

20160306_takatsuki-01.jpg
20160306_takatsuki-02.jpg

また、これに合わせて発車標の更新工事も進められていて、路線記号に対応したものが新たに整備されています。
実際に使用開始はまだのようです。

20160306_takatsuki-09.jpg
20160306_takatsuki-10.jpg

ここ高槻では路線記号に対応した種別幕に交換された321系に遭遇。

20160306_jrwest_ec_321-01.jpg

2015年の開始時点では関空方面との結びつきがある大阪環状線に乗入れている奈良の221系と日根野の223系・225系のみでしたが、2015年度下期から明石の207系・321系と宮原の223系・225系にも路線記号対応の種別幕に交換された編成が順次登場してきています。

20160306_jrwest_ec_321-02.jpg

ただし、WESTビジョンのデータが更新されていないため、LCD式の車内案内表示器については未対応のまま。

20160306_jrwest_ec_321-in01.jpg

住吉へ。

20160306_sumiyoshi-01.jpg
20160306_sumiyoshi-02.jpg
20160306_hankai_1001-01.jpg

1月末で廃止された阪堺の住吉~住吉駅前を見聞。
もう撤去工事に着手しているらしく、踏切付近も含めてフェンスで閉鎖され、架線も撤去されてしまいました。

20160306_sumiyoshi-03.jpg

難波へ。
現在、LCD式発車標への更新が進められている南海難波駅では北改札側の大型発車標がLCD式に更新されました。
モニタ4台を組み合わせた6列車表示タイプは近鉄のターミナル駅にもありますが、南海難波駅のモノはデカい。

20160306_namba-01.jpg

設置してから間がないらしく、表示器の裏面カバーが設置されていない状態だったことから、EOS50Dの望遠レンズでモニタの型式を確認したところSHARPのPN-R603と記されていることから法人向けの60インチ。
近鉄のそれは大きくても37インチであるのは公式リリースで確認済みなので、南海難波駅のものがとても大きいことが窺えます。

20160306_namba-05.jpg

この日はここまでとし帰宅しました。

category: 日記

tag: JR西日本  おおさか東線  学研都市線  駅改良工事  阪急電鉄  連続立体交差事業  阪急京都線  阪急千里線  阪堺電気軌道  南海電鉄 
tb: 0   cm: 0

2015年3月8日 おおさか東線第二期工事見聞・鴫野駅  

おおさか東線第二期工事の進捗に伴い3月28日に大規模切替工事が実施されるのに合わせて供用が開始される学研都市線新下りホームの工事を見てきました。

20150308_shigino-01.jpg

京橋方の様子。
おおさか東線との暫定渡り線の挿入が完了し出発信号機の整備も終わっています。

20150308_shigino-02.jpg

新下りホームは8両編成対応で、1両分セットバックさせる形で7両の停止目標が設けられています。

20150308_shigino-03.jpg

PCラインが目立つ新ホーム。
ベンチも整備されていますが、こちらは近年のJR西日本標準のタイプのようです。

20150308_shigino-04.jpg

仮設通路から木津方を撮影。

20150308_shigino-05.jpg

同じくホーム中程。

20150308_shigino-06.jpg

駅名標のラインカラーがJR東西線と共通の桜桃色となっている。
これは路線記号導入に伴いラインカラーの設定が見直されたことによるものです。

20150308_shigino-07.jpg

路線記号に対応した案内板。
てつでん製の非電照式掲示板が用いられていますが、学研都市線とJR東西線の路線記号は「H」。

20150308_shigino-08.jpg

今回の鴫野駅のレポは以上です。

category: おおさか東線工事の話題

tag: JR西日本  おおさか東線  学研都市線 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2014年11月8日~11月9日  

2014年11月8日(

この日は午後から鉄道工事の見聞。

大阪環状線森ノ宮駅のリニューアル工事で小部屋が残されて暫定供用状態だった内回りホームのコミュニケーションスペースが当初の計画通り拡張されました。

拡張された側には外回りホームのようにベンチなどは設置されていませんが、後日の設置も考慮してもう少し様子を見てみます。

20141108_morinomiya-01.jpg

おおさか東線第二期工事の伴う改良工事が行われている鴫野駅では駅入口側が一部リニューアルされて、駅周辺にちなんだものが描かれたパネルが取り付けられていました。

20141108_shigino-01.jpg
20141108_shigino-02.jpg

南海難波駅では照明設備のLED化と耐震補強工事が進められていました。

20141108_nankai_namba-01.jpg



2014年11月9日(

9日も鉄道工事見聞。

8日に引き続き見聞してきた鴫野駅では学研都市線上り線の軌道敷設工事が進められ、それに伴い京橋方に吹田貨物ターミナル方面への分岐の準備も進められていました。

20141109_shigino-01.jpg
20141109_shigino-02.jpg
20141109_shigino-03.jpg

新設されたホームには待合所とエスカレータの設置が進められていますが、既に供用が開始されているエレベータが一時的に使用が停止されるそうです。
おそらく、先に触れた学研都市線の上り線軌道敷設工事の進捗に伴い、新設ホームとの仮設通路が使えなくなるからだと思われます。

放出~京橋の学研都市線新上り線の軌道敷設工事は平野川放水路橋梁の周辺を除いて進められていることから、来年辺りには新ホームへの切替工事が実施されるものと思われます。

20141109_shigino-04.jpg
20141109_shigino-05.jpg

今週末の締め括りに梅田のイルミネーションを・・・。

20141109_umeda-01.jpg
20141109_umeda-02.jpg

category: 日記

tag: JR西日本  おおさか東線  学研都市線  駅改良工事 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2014年8月31日  

2014年8月31日(

8月最後のお休みである31日は鉄道工事巡り。

まずは近鉄奈良線連立事業見聞へ。
いよいよ9月中旬に行われる上り線の切替を控え、工事の最終段階へ進んでいます。

若江岩田駅では切替え後も地上の旧上り線の設備が支障となるため、階段・エスカレータなどが設置出来ないことから、当面の暫定措置として仮設の通路を介して階段とエレベータが設けられることになっています。

20140831_wakae_iwata-01.jpg

また、切替え後の改札は現在下り線用で使われている仮設の北改札が使用され、現在上り線本設で使用されている改札口は閉鎖される予定となっています(閉鎖日時は未定)

20140831_wakae_iwata-02.jpg

河内花園駅も同じく暫定での共用となる予定でエレベータが仮設で設置されていますが、本設の階段が一部使用出来るスペースが確保されていることから仮設の通路は設けられない模様です。

20140831_kawachi_hanazono-01.jpg

東花園駅ではホーム上の付帯設備であるベンチなどが整備されて、切替に向けて完成しつつあるようです。

20140831_higashi_hanazono-01.jpg

学研都市線鴫野駅へ。
おおさか東線第2期工事に伴うホーム増設など規模の大きい土木工事が行われる鴫野駅の前後区間は、駅構内の軌道の敷設準備が進められています。

20140831_shigino-01.jpg
20140831_shigino-02.jpg

鴫野~京橋に架かる寝屋川橋梁でも学研都市線用の橋梁設置工事が切替に向けて着々と進められていました。

20140831_shigino-03.jpg

この後はヨドバシ梅田に寄り道してから帰宅しました。

category: 日記

tag: 近畿日本鉄道  連続立体交差事業  近鉄奈良線  JR西日本  おおさか東線  学研都市線 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2013年3月3日  

2013年3月3日(

3日は前日未明に切替工事が施工された学研都市線へ。

おおさか東線の工事に伴い先月下旬と2日深夜の2度に分けて線路切替工事が行われたのですが、まずは先に実施された放出西第一踏切の立体交差化から。

20130303_hanaten-01.jpg

こちらは学研都市線下り線の切替で、この区間での線路切替は1回目となります。

20130303_hanaten-02.jpg

京橋方にある城東運河に架かる橋梁の架け替え工事は橋脚の構築が進められているところです。

20130303_hanaten-03.jpg

この部分はおおさか東線の工事により複々線化と城東運河改修による橋桁の嵩上げを伴う工事のため、今後数回にわたって線路切替が実施されるものと思われます。

20130303_hanaten-04.jpg
20130303_hanaten-05.jpg

城東運河から鴫野駅方面は本線南側を中心に工事が進められていますが、放出駅では方向別配置となっているのを鴫野駅で線路別配置とするため、学研都市線の上り線がおおさか東線を跨ぐ形をとる必要からこの区間はかなり大がかりな工事になるようです。

20130303_shigino-01.jpg
20130303_shigino-02.jpg

鴫野駅では学研都市線用の新高架橋の構築が順調に進んで、木津方は半分ほど構築された状態となっています。

20130303_shigino-03.jpg

一方、京橋方は基礎工事が進められている段階です。

20130303_shigino-04.jpg

三宮へ移動。
例によって阪神三宮駅の改良工事見聞ですが、改札階コンコースの発車標が更新されました。

20130303_sannomiya-01.jpg

ホーム階側の西改札口への上り口はご覧の通り。

20130303_sannomiya-02.jpg
20130303_sannomiya-03.jpg

ホーム階側の発車標も更新されています。

20130303_sannomiya-04.jpg
20130303_sannomiya-05.jpg

支柱は煉瓦調の化粧板で仕上げられるのですが、そこに照明器具が設置されています。
設置途上のモノを見る限りでは電気配線が通されているため、竣工までには照明が灯されるものと思われます。

20130303_sannomiya-06.jpg

梅田方は新たに発車標を設置するための工事が着手されています。

20130303_sannomiya-07.jpg

下りホーム側は設置工事が完了し稼働しています。

20130303_sannomiya-08.jpg

梅田方のホーム延伸工事の様子。
実車の入線状態から確認した限りでは阪神車・近鉄車とも8両編成までは対応出来そうです。

20130303_sannomiya-09.jpg

この日はここまでとし帰宅しました。

category: 日記

tag: JR西日本  学研都市線  おおさか東線  阪神電気鉄道  駅改良工事  阪神三宮駅 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop