DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »大名庭園
このページの記事一覧

2013年8月18日 加賀・能登の史跡を巡る旅23 兼六園・その3  

霞ヶ池の南側に出てきました。

20130818_kenrokuen_garden-05.jpg

近くにある栄螺山へ登ってみました。

20130818_kenrokuen_garden-31.jpg

栄螺山から見る風景。

20130818_kenrokuen_garden-32.jpg

栄螺山の頂上にはこのようなものがありました。

20130818_kenrokuen_garden-33.jpg

下山して常磐ヶ丘へ
写真は常磐ヶ丘の南側にある黄門橋。

20130818_kenrokuen_garden-34.jpg

常磐ヶ丘の西側にある噴水。
池の水が汚れていますが、これは上流側で水路の清掃しているためによるもの。

20130818_kenrokuen_garden-35.jpg

蓮池門跡。

20130818_kenrokuen_garden-36.jpg

瓢池の西側へ出てきます。

20130818_kenrokuen_garden-37.jpg
20130818_kenrokuen_garden-38.jpg
20130818_kenrokuen_garden-39.jpg

写真右側の塔は海石塔。

20130818_kenrokuen_garden-40.jpg

瓢池の全体。

20130818_kenrokuen_garden-41.jpg
20130818_kenrokuen_garden-42.jpg

これで兼六園の観覧は終了。
真弓坂から出て金沢城いもり堀側へ出ます。

20130818_kenrokuen_garden-43.jpg

→次に続く。
スポンサーサイト

category: 北陸地方遠征

tag: 日本三名園  大名庭園  兼六園 
tb: 0   cm: 0

2013年8月18日 加賀・能登の史跡を巡る旅22 兼六園・その2  

霞ヶ池から千歳台へ移動しました。

20130818_kenrokuen_garden-21.jpg

日本武尊(やまとたけるのみこと)の像。

20130818_kenrokuen_garden-22.jpg

根上松(ねあがりのまつ)

20130818_kenrokuen_garden-23.jpg

花見橋から撮影。
中央に浮かぶ島は鶺鴒島。

20130818_kenrokuen_garden-24.jpg

同じ場所から反対側を撮影。

20130818_kenrokuen_garden-25.jpg

重要文化財「成巽閣」

20130818_kenrokuen_garden-26.jpg

成巽閣は加賀前田家の奥方御殿で1863年に13代目加賀藩主である前田斉泰が母・真龍院にために建てられたものです。
こちらは兼六園内からも入れますが、あくまでも隣接している独立した文化施設なので別途料金が必要です。

建物内部は撮影出来ないため外観のみでご了承を・・・。

20130818_kenrokuen_garden-04.jpg

梅林。

20130818_kenrokuen_garden-27.jpg
20130818_kenrokuen_garden-28.jpg

時雨亭。

20130818_kenrokuen_garden-30.jpg

→その3に続きます。

category: 北陸地方遠征

tag: 日本三名園  大名庭園  兼六園 
tb: 0   cm: 0

2013年8月18日 加賀・能登の史跡を巡る旅21 兼六園・その1  

金沢城の次は日本三名園の一つである兼六園へ。

20130818_kenrokuen_garden-01.jpg

兼六園で利用出来る出入口は4ヶ所あり、今回は金沢城石川門に近い桂坂口から入ります。

20130818_kenrokuen_garden-06.jpg

ここでは金沢城で購入した「兼六園プラスワン」利用券を使います。

20130818_kenrokuen_garden-07.jpg

桂坂から入って最初に見えるのは桜ヶ丘と呼ばれる場所。

20130818_kenrokuen_garden-08.jpg

霞ヶ池。

20130818_kenrokuen_garden-09.jpg
20130818_kenrokuen_garden-10.jpg

霞ヶ池の畔にある微軫(ことじ)灯籠と虎石。

20130818_kenrokuen_garden-02.jpg

園内を流れる曲水。

20130818_kenrokuen_garden-11.jpg

霞ヶ池の近くにある眺望台。

20130818_kenrokuen_garden-12.jpg
20130818_kenrokuen_garden-13.jpg
20130818_kenrokuen_garden-14.jpg

旭桜。

20130818_kenrokuen_garden-15.jpg

雁行橋付近。

20130818_kenrokuen_garden-16.jpg
20130818_kenrokuen_garden-17.jpg

唐崎松。

20130818_kenrokuen_garden-03.jpg
20130818_kenrokuen_garden-18.jpg

霞ヶ池に浮かぶ蓬莱島。

20130818_kenrokuen_garden-19.jpg

→その2に続きます。

20130818_kenrokuen_garden-20.jpg

category: 北陸地方遠征

tag: 日本三名園  大名庭園  兼六園 
tb: 0   cm: 0

三連休日記 2013年10月14日  

2013年10月14日(

遠征最終日は午前中を縮景園、午後は厳島(宮島)へ出向いて来ました。

まず縮景園。

20131014_shukukeien-01.jpg

元は中国の西湖周辺の風景を凝縮させた「泉水屋敷」が始まりで一度大火に見舞われた後に大規模改修され、明治以降は歴代藩主浅野家の別邸として「泉邸」を称されました。
第二次大戦末期の原爆投下により壊滅状態になり、1951年に復元されてから現在の「縮景園」に改称されています。

園内は池泉回遊式庭園です。

20131014_shukukeien-02.jpg
20131014_shukukeien-03.jpg
20131014_shukukeien-04.jpg

昼食前に広電の車両を撮影。
宮島線直通用と市内線専用の最新鋭を捉えました。

20131014_hiroden_5100-01.jpg
20131014_hiroden_1000-01.jpg

昼食を挟んで午後からは厳島(宮島)へ。

20131014_miyajimaguchi-01.jpg

帰阪の時間との勝負となりましたが、修学旅行や観光客で混雑する厳島神社を一回り・・・。

20131014_itsukushima_shrine-01.jpg
20131014_itsukushima_shrine-02.jpg
20131014_itsukushima_shrine-03.jpg

広島へ戻って鞄を回収して、ギリギリのタイミングでのぞみ138号に乗り込んで帰阪しました。

20131014_miyajima_ferry-01.jpg
20131014_shin_osaka-01.jpg

category: 日記

tag: 大名庭園  日本庭園  広島縮景園  広島電鉄  日本三景  安芸の宮島  世界遺産  厳島神社 
tb: 0   cm: 0

夏休み日記 2013年8月18日  

2013年8月18日(

遠征最終日である18日は金沢城と兼六園を中心に巡ってから夕方前に帰阪すると言う流れです。
ホテルをチェックアウトして鞄をロッカーに預けると真っ先に金沢周遊の一日フリー乗車券を購入してバスに乗り込んでひがし茶屋街へ。

20130818_kanazawa_1day_ticket-01.jpg
20130818_hokutetsu_bus-01.jpg

「東山ひがし重要伝統的建造物群保存地区」として指定されているひがし茶屋街は金沢城の城下町を流れる浅野川の東岸界隈に茶屋が建並んでいた場所で現在に至るまで残されている茶屋様式の町屋が特徴で、特に二番丁辺りが有名なのだそうです。

20130818_higashiyama_higashi-01.jpg
20130818_higashiyama_higashi-02.jpg
20130818_higashiyama_higashi-03.jpg

続いて浅野川大橋を挟んで西岸にある主計町(かずえまち)茶屋街へ。

20130818_kazuemachi-01.jpg

ひがし茶屋街と同じく主計町重要伝統的建造物群保存地区に指定されている町屋ですが、前者は江戸時代からあるのに対しこちらは明治初期頃からと少し後に栄えた場所で、加賀藩士・戸田主計の名が由来であるこの町は1970年代に町名自体が隣接する尾張町に吸収される形で一旦は消滅したものの、後の旧町名復活運動によって1999年に分離される形で復活した経緯があります。

20130818_kazuemachi-02.jpg
20130818_kazuemachi-03.jpg
20130818_kazuemachi-04.jpg

二つの保存地区を見た後はメインの金沢城へ。

20130818_hokutetsu_bus-02.jpg

もとは浄土真宗の寺院である尾山御坊だったのを加賀一向一揆でここを攻め落とした佐久間盛政によって跡地に築城された金沢城は後に前田利家の居城となり大改造を経て現在残されている形が形成されたものの、廃城後は陸軍の拠点として戦後は金沢大学の敷地なるなど一部建物の破却や改変の他、火災などによる焼失によって建物の大半が消滅されてしまいました。

20130818_kanazawa_castle-01.jpg

1995年に金沢大学が郊外に移転した後は石川県によって金沢城址公園として整備されることになり、現在も一部建物の復元などの工事や発掘調査が進められています。

20130818_kanazawa_castle-02.jpg
20130818_kanazawa_castle-03.jpg
20130818_kanazawa_castle-04.jpg
20130818_kanazawa_castle-05.jpg
20130818_kanazawa_castle-06.jpg
20130818_kanazawa_castle-07.jpg

金沢城巡りで昼過ぎまで掛かり、昼食後は大名庭園である兼六園へ。

20130818_kenrokuen_garden-01.jpg

こちらは日本三名園の一つで金沢城に隣接した場所に造園された池泉回遊式庭園で、有名なのは園内の樹木を雪から守るために雪吊が張られた冬場なのですが、初来園となる今回は夏の炎天下で見て回ることになりました。

20130818_kenrokuen_garden-02.jpg
20130818_kenrokuen_garden-03.jpg
20130818_kenrokuen_garden-04.jpg
20130818_kenrokuen_garden-05.jpg

兼六園の観覧終了でタイムアップ。
金沢駅へ戻り鞄を回収して、サンダーバード92号で帰阪して再び日常の世界に引き戻されるのであります。

20130818_jrwest_ec_683_4000-01.jpg
20130818_osaka-01.jpg

category: 日記

tag: 重要伝統的建造物群保存地区  日本の城郭  日本100名城  加賀金沢城  大名庭園  兼六園 
tb: 0   cm: 0

2011年8月16日 日本100名城を巡る旅in九州47 島津氏別邸「仙巌園」その3  

御茶菓子と頂いたあとは、花倉御仮屋庭園を中心に巡ってきます。

20110816_senganen-26.jpg

猫神。

20110816_senganen-27.jpg

水道橋。

20110816_senganen-28.jpg

水道橋からの眺め。

20110816_senganen-29.jpg
20110816_senganen-30.jpg

江南竹林。

20110816_senganen-32.jpg

曲水の庭。

20110816_senganen-33.jpg
20110816_senganen-34.jpg
20110816_senganen-36.jpg

曲水の池より下の段にある池。

20110816_senganen-35.jpg
20110816_senganen-37.jpg

茶室「徒然案」

20110816_senganen-38.jpg
20110816_senganen-39.jpg

茶室はもう一つあり、こちらは「秀成荘」

20110816_senganen-40.jpg

このあとは園内の史跡群を見てきます。

→次に続く。

category: 九州・沖縄地方遠征

tag: 日本の城郭    日本100名城  鹿児島城  薩摩鶴丸城  仙巌園  大名庭園 
tb: 0   cm: 0

2011年8月16日 日本100名城を巡る旅in九州46 島津氏別邸「仙巌園」その2  

仙巌園の御殿に着きました。
写真は西側の入口ですが、元々ここに門がなかったと言うことは後ほど判ります。

20110816_senganen-15.jpg

入って直ぐ右手にある獅子乗大石灯籠。
29代当主の島津忠義が御庭方・小田喜三次に作らせた巨大灯籠。

20110816_senganen-16.jpg

本来の門である錫門。
19代当主の島津光久が仙巌園の造園時に建てられた門で、仙巌園が現在の状態に拡張されるまでは正門としても使われていました。

20110816_senganen-17.jpg

御殿前の庭園「花倉御仮屋庭園」。
桜島を背景にして借景庭園。

20110816_senganen-03.jpg
20110816_senganen-18.jpg
20110816_senganen-19.jpg

庭園側から見た御殿。

20110816_senganen-20.jpg

御殿前にある巨大な松は「ヤクタネゴヨウ」と呼ばれる屋久島と種子島のみに自生する五葉松の一種。
仙巌園のシンボルと言われています。

20110816_senganen-21.jpg

それでは御殿へ。
御殿内部の見学はガイド付きで、窓口購入で御殿コースを選ぶと見学出来ます。

20110816_senganen-02.jpg

別名「磯御殿」と呼ばれる仙巌園、19代目当主・島津光久によって造園され、28代目当主・島津斉彬の時代には敷地の西側を製鉄所やガラス工場を建設するなど近代化を図った集成館事業が行われ、明治以降は29代目当主の島津忠義の時代に焼失した鶴丸城から移住。

30代目当主の島津忠重の時代に薩摩藩出身の政府高官命により東京へ転居してからは園内は住人不在となり、戦後の華族廃止にり鹿児島市の管理下に置かれたあと、1957年に島津家に返還されて、現在は島津家の当主が代表を務める島津興業により運営・管理されています。

20110816_senganen-22.jpg
20110816_senganen-04.jpg

御殿の見学が終わると竹徑亭へ案内されて抹茶と和菓子を頂きました。
これも御殿コースの一部に含まれています。

20110816_senganen-23.jpg
20110816_senganen-24.jpg
20110816_senganen-25.jpg

このあとは、花倉御仮屋庭園と園内の史跡を見てきます。

→次に続く。

category: 九州・沖縄地方遠征

tag: 日本の城郭  日本100名城  鹿児島城  薩摩鶴丸城  仙巌園  大名庭園 
tb: 0   cm: 0

2011年8月16日 日本100名城を巡る旅in九州45 島津氏別邸「仙巌園」その1  

維新ふるさと館へ来場した後は旧島津氏の別邸であった仙巌園へ向かいます。

錦江湾に面した仙巌園へは日豊線・鹿児島駅と竜ヶ水駅との間にあることから、現地へは鹿児島市内の観光地などを巡る路線バス「かごしまシティビュー」を利用します。
当日は鹿児島市内の主要道路が渋滞していたため十数分も遅延したまま仙巌園へ。

20110816_kagoshima_city_bus-01.jpg

仙巌園の入口。
ここで入園券を購入して園内へ。

20110816_senganen-01.jpg

出迎えてくれるの「は島津義弘公所用鎧写」

20110816_senganen-05.jpg

入口から入って直ぐの正面

20110816_senganen-06.jpg

鉄製150ポンド砲。
これは復元されたもの。

20110816_senganen-07.jpg

反射炉の跡。
これは武器・兵器を作る集成館時代に作られたもので、現在は石垣と基礎だけが残されています。

20110816_senganen-08.jpg
20110816_senganen-09.jpg
20110816_senganen-10.jpg

国内で最初の洋式帆船「昇平丸」の6分の1模型。

20110816_senganen-11.jpg

園内を東へと進みます。
ここは土産物屋や飲食店が建並んでいます。

20110816_senganen-12.jpg

こちらは、島津氏別邸時代の正門など史跡群がありますが、それは後ほど・・・。

20110816_senganen-13.jpg

潮香亭などが建並ぶ場所を抜けて御殿へと入ります。

20110816_senganen-14.jpg

→次に続く。

category: 九州・沖縄地方遠征

tag: 日本の城郭  日本100名城  鹿児島城  薩摩鶴丸城  仙巌園  大名庭園 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop