DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »外部フラッシュ
このページの記事一覧

2009年12月4日 外部ストロボ「Canon スピードライト 430EX II」その2  

さて、実際にEOS50Dに取り付けるのですが、その前に電源となる電池を装填します。

EX430 IIは単三乾電池が使用出来るほか、単三のニッケル水素電池やリチウム電池が使用出来ます。
このため、仕切が奥まったところにあるため、単三乾電池などを装填する時は少しもたつくかも知れません。

20091204_canon_430ex_ii-14.jpg

装填するとこのような感じとなります。
写真は単三アルカリ乾電池を使用したものです。

20091204_canon_430ex_ii-15.jpg

ではEX430 IIをEOS50Dに取り付けます。

一般的にカメラの場合、外付けストロボの取付位置はレンズの中心線の上部に用意されています。
機種によっては若干左側にオフセットされている場合もあります。

20091204_canon_eos_50d-01.jpg

アクセサリーシューのガイドに合わせてスライドさせるようにEX430 IIをセットします。

20091204_canon_430ex_ii-16.jpg

止まるところまでスライドさせるとロックレバーを右方向へカチッという音が鳴るまでスライドさせて固定します。
ロック位置にするとEX430 IIの取付脚と本体が挟む形で固定されます。

20091204_canon_430ex_ii-17.jpg

取付はこれで終わりです。

20091204_canon_430ex_ii-18.jpg

取付が終わるとEX430 IIの電源を入れます。
PILOTの表示が赤色に点灯すれば使用出来るようになります(消灯している場合は充電中か電源が切れているかも知れません)

20091204_canon_430ex_ii-19.jpg

基本的な情報を表示する液晶パネルはバックライトにより一定時間(数秒程度)点灯させることが出来ます。
(液晶パネル左下の電球マークが記されたボタンを押せば点灯します)

20091204_canon_430ex_ii-20.jpg

実際にEX430 IIを取り付けたEOS50Dの写真。
まずは標準的な状態で・・・。

20091204_canon_eos_50d-02.jpg

続いてバウンス撮影時の状態で。

20091204_canon_eos_50d-03.jpg
20091204_canon_eos_50d-04.jpg

これで実際に使うことになるのですが、使いこなすには数を重ねないといけませんね。

今回のレポは以上です。
スポンサーサイト

category: デジタル家電の話題

tag: デジタル一眼  キヤノン  EOSシステム  EOS50D  外部フラッシュ 
tb: 0   cm: 0

2009年12月4日 外部ストロボ「Canon スピードライト 430EX II」その1  

今度の週末に結婚式に出席するに際しカメラを持ち込むことを考えたのですが、どうしても外部ストロボが必要になりそうだったので、仕事が早く終わった12月4日に梅田まで出向いて買ってきました。

今回はEOS50Dに付けるストロボなので、純正の「スピードライト430EX II」にしました。
上位機種の580EX IIでの良かったのですが、そこまで大きなものが必要でもなかったので、ミドルレンジに位置するこの機種でも十分と判断したわけです。

20091204_canon_430ex_ii-01.jpg

開封して中身を取り出すと本体はソフトケースに収められているようです。

20091204_canon_430ex_ii-02.jpg

取扱説明書と一緒に。

20091204_canon_430ex_ii-03.jpg

430EX II本体。
通常はライトが上に向いた状態で収納されます。

20091204_canon_430ex_ii-04.jpg

同梱のミニスタンドに取り付けた状態で・・・。
こちら側が表で、AF補助光投光部とワイヤレス受信部があります。

20091204_canon_430ex_ii-05.jpg

裏側は液晶表示パネルと操作スイッチ類が並んでいます。

20091204_canon_430ex_ii-06.jpg

バッテリーは単三乾電池の他、単三ニッケル水素電池、リチウム電池が使用出来ます。
交換の際は本体側面にある蓋を下にスライドしてから手前へ開く方式です。

20091204_canon_430ex_ii-07.jpg

バウンズ撮影に対応するためストロボの発光部は向きが変えられますが、その際は側面のバウンズロックボタンを押しながら動かします。

20091204_canon_430ex_ii-08.jpg

角度自体は上0~90度・左0~180度・右0~90度の範囲内で設定出来る仕様になっています。
以下のような感じとなります(参考までに)

20091204_canon_430ex_ii-09.jpg
20091204_canon_430ex_ii-10.jpg
20091204_canon_430ex_ii-11.jpg

430EX IIの照射角は35mm換算で24mm~104mmまで対応されているそうですが、超広角となる14mm相当に対応するためのワイドパネルが用意されていて、使用する時は写真のように引き出して使用します。

20091204_canon_430ex_ii-12.jpg

ワイドパネル使用時の状態。

20091204_canon_430ex_ii-13.jpg

お次は実際にEOS50Dへ取り付けて見ます。

→次に続く。

category: デジタル家電の話題

tag: デジタル一眼  キヤノン  EOSシステム  外部フラッシュ 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop