DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »土佐くろしお鉄道
このページの記事一覧

2010年5月4日 日本100名城を巡る四国の旅36 高知へ  

中村からは南風24号に乗って高知へ向かいます。

予定では1本あとに乗る予定でしたが、足摺岬からのバスが予定通りに到着したため、近くのコンビニに寄って昼食を買ってきたも余裕で乗り込むことができました。
これで、高知市内での土佐電撮影タイムが確保出来ます。

20100504_jrshikoku_2000-01.jpg

土佐くろしお鉄道の中村線と宿毛線は前回夜間だったため今遠征ではじっくりと車窓を楽しみます。

20100504_nanpu24-01.jpg

ループ線となる第一川奥トンネルを抜けて宇和島からの予土線に合流。

20100504_nanpu24-02.jpg

合流地点の川奥信号所の真下から先程通った線路が顔を覗かせています。

20100504_nanpu24-03.jpg

窪川から土讃線を東へ進みます。
この途中には高速道路の工事が進められています。

20100504_nanpu24-04.jpg

土讃線の高知以西もこれまでは夜間だったためじっくりと車窓を眺めてました。

20100504_nanpu24-05.jpg

高知に到着。

20100504_kochi-03.jpg

前回来訪時は地上駅でしたが、その後高架駅となってから初めて降り立った高知駅は2面4線で、窪川側に引き上げ線を有しています。

高松方。

20100504_kochi-04.jpg
20100504_kochi-05.jpg

窪川方。

20100504_kochi-06.jpg
20100504_kochi-07.jpg

出発待ちのキハ54形。

20100504_jrshikoku_dc_54_0-01.jpg

高架切替後は自動改札機が導入されています。

20100504_kochi-08.jpg

高知駅南口から撮影。

20100504_kochi-01.jpg

1本早めに列車に乗ったことからホテルにチェックインするまでの時間を利用して土佐電の撮影。

20100504_kochi-02.jpg

ここでは偶然にも元名鉄の590形に遭遇出来ました。

20100504_tosaden_590-01.jpg
20100504_tosaden_200-01.jpg
20100504_tosaden_600-01.jpg

撮影終了後はホテルへ向かいました。

→次に続く。
スポンサーサイト

category: 四国地方遠征

tag: 土佐くろしお鉄道  JR四国  土佐電氣鐵道 
tb: 0   cm: 0

2010年5月4日 日本100名城を巡る四国の旅32 足摺岬へ  

遠征4日目を迎えました。
朝5時半頃に起きたのですが、朝食にありつくことが出来ずにチェックアウトすることになります。

チェックアウトしたのが7時頃なのですが、朝食時間が7時から。
しかし朝食をいただいてしまうと中村から乗車予定の足摺岬行のバスを逃すことになるため、あきらめました。

20100504_hotel_avan_sukumo-01.jpg

前日に宿毛駅近くのコンビニがあることは知っていたので、宿毛を離れる前に朝食を調達しておきました。

20100504_sukumo-01.jpg

土佐くろしお鉄道のローカル列車の車両に乗るのは今回が初めて。

20100504_tosakuro_tkt_8000-01.jpg

霧が立ち込める中を行く列車の車中を進みます。

20100504_tosakuroshio-01.jpg

中村に到着。

20100504_nakamura-01.jpg

中村駅の改札口には液晶式の発車案内板が設けられていますが、第三セクター鉄道では珍しいものです。

20100504_nakamura-02.jpg
20100504_nakamura-03.jpg

中村から高知西南交通の路線バスに乗って足摺岬へ向かいます。

20100504_nakamura-04.jpg
20100504_nakamura-05.jpg

中村駅を出るとしばらくは市街地を進み、市街地を抜けると四万十川の西岸に沿って南へ進みます。
河口付近から半島の付け根を横断し市街地に入ると土佐清水市の中心部となります。

半島のくびれのような場所にある土佐清水市の中心部を抜けると海を右手に南へと進みますが、しばらくすると海岸沿いにある中浜地区など集落にある隘路を通り始めます。この辺りから足摺岬手前の集落までは高知県道27号線の未改良区間。

20100504_kochi_seinan_bus-04.jpg
20100504_kochi_seinan_bus-05.jpg

隘路をガンガン飛ばしていくものの、集落を縫うように進むためなかなかすすなない上に、迫り来る自家用車にはかなわず道を譲ることもしばし見られました。

20100504_kochi_seinan_bus-06.jpg

数十分ほどすると右手にリアス式海岸が見えてきます。

20100504_kochi_seinan_bus-07.jpg

程なく足摺の集落が見えて来ると、10分ほどで到着となります。

20100504_kochi_seinan_bus-08.jpg

と思ったら、手前の足摺岬バスセンターで降ろされました。

20100504_kochi_seinan_bus-01.jpg

実はGWや行楽シーズンになると交通規制が敷かれるそうで、当日も該当日であることから手前の足摺岬バスセンターでシャトルバスに乗り換えることになりました。

シャトルバス自体は短時間乗るだけ。
要はバスセンターなどの駐車場と足摺岬の便を図るためにあるバスで、ここでは日野リエッセを2台活用して5分間隔で運行されていました。

20100504_ashizuri_cape-08.jpg

足摺岬停留所に到着。

20100504_kochi_seinan_bus-02.jpg

ここから徒歩で足摺岬灯台などを巡ります。

20100504_ashizuri_cape-09.jpg

→次に続く。

category: 四国地方遠征

tag: 土佐くろしお鉄道  高知西南交通  足摺岬 
tb: 0   cm: 0

2010年5月3日 日本100名城を巡る四国の旅31 宿毛へ。  

徳島から遠征3日目の宿泊先である宿毛へ移動します。
宿毛にしているのは4日目に足摺岬への来訪を設定している関係と土佐くろしお鉄道のローカル列車に乗るためも兼ねています。

徳島地区は1500形の導入が進められていますが、写真のキハ47形などが勢力を縮めています。

20100503_jrshikoku_dc_47_0-01.jpg

写真のようにリバイバルカラーで登場するあたりはあと数年でなくなりますよ~と言っているようなものです。

20100503_jrshikoku_dc_47_0-02.jpg

徳島からは徳島線に乗って阿波池田を目指します。

20100503_tokushima-03.jpg

ここでは進出著しい1500形に乗車。

20100503_jrshikoku_1500-01.jpg

この1500形自体は以前にも一度乗っていますが、徳島線を全線乗り通しのようなに長時間乗る自体は今回が初めて。
ボックスシートやロングシートがメインになりがちな中で転換クロスであるのが特徴ですが、いまのところ徳島運転所に在籍している関係で高徳線・徳島線・牟岐線といった徳島を中心に使用されているだけです。

20100503_tokushima_line-01.jpg
20100503_tokushima_line-02.jpg

阿波池田での乗り換えは3分程度の短時間でしたが、ここでも編成写真の撮影。
乗り継ぎが別のホームだったのもあって撮影自体は慌ただしかったです。

20100503_jrshikoku_1500-02.jpg

阿波池田から南風17号に乗り換えて宿毛を目指します。

20100503_awa_ikeda-01.jpg

県境の渓谷を突っ切り高知県入りします。

20100503_dosan_line-01.jpg

2007年以来となる高知に到着。

20100503_kochi-02.jpg

この南風17号は後にしまんと7号の2両を繋いだ6両編成でしたが、ここ高知で後ろ2両切り離し。
実は阿波池田で何も考えずに乗り込んでしまったのですが、幸い座ったのが南風17号の最後尾だった難を逃れましたが、危うく尻切れとんぼにされてしまうところでした…汗。

20100503_kochi-01.jpg

高知を出ると19:00過ぎ。
真っ暗になり暗闇の中を延々と西へ進んで行きます。
宿毛に到着は21:00過ぎとなりました。

20100503_jrshikoku_2000-01.jpg
20100503_sukumo-01.jpg

3日目の宿泊先はホテルアバン宿毛。
宿毛では数少ないビジネスホテルで、今回はシングル。

ビジネスホテルとしては標準的な広さ。

20100503_hotel_avan_sukumo-01.jpg

ベット周り。

20100503_hotel_avan_sukumo-02.jpg

デスクトップ周り。

20100503_hotel_avan_sukumo-03.jpg

エントランス。

20100503_hotel_avan_sukumo-04.jpg

ユニットバス。

20100503_hotel_avan_sukumo-05.jpg

ここで一晩過ごして4日目を迎えます。

→次に続く。

category: 四国地方遠征

tag: JR四国  土佐くろしお鉄道 
tb: 0   cm: 0

黄金週間日記 2010年5月4日  

2010年5月4日(

遠征4日目であるこの日は足摺岬観光でほぼ一日を使いました。

朝は7時前に宿毛市内のホテルをチェックアウト。
中村から乗り換えるバスの都合で朝食にありつけられなかったので、宿毛駅近くのコンビニによって朝食を調達し窪川行に乗り込み。

20100504_sukumo-01.jpg

土佐くろしお鉄道のロール列車の車両に乗るのは今回が初めて。

20100504_tosakuro_tkt_8000-01.jpg
20100504_nakamura-01.jpg

中村から高知西南交通の路線バスに乗って足摺岬へ。
土佐清水市の中心部を抜けて南側の海岸沿いにある中浜地区など集落にある隘路を通ったり、高知県道27号線の未改良区間も隘路をガンガン飛ばしていくものの、自家用車にはかなわず道を譲ることもしばし見られました。

20100504_kochi_seinan_bus-01.jpg

中村から2時間近くかかって足摺岬に到着ですが、当日は交通規制が敷かれているため手前の足摺岬バスセンターでシャトルバスに乗り換えることになりました。

20100504_kochi_seinan_bus-02.jpg

足摺岬停留所から東へ歩いたところに観光案内所があり、周辺マップを受け取ると少し歩いたところにある展望台へ。

20100504_ashizuri_cape-01.jpg

晴れてはいたのですが、遠くが霞んでいて状態だったため太平洋をクリアに見ることができませんでした。

20100504_ashizuri_cape-02.jpg
20100504_ashizuri_cape-05.jpg
20100504_ashizuri_cape-06.jpg

展望台の次に東側に突き出している天狗の鼻へ。

20100504_ashizuri_cape-07.jpg

天狗の鼻のあとはビロー自生地へ行ってから足摺岬灯台へ。

20100504_ashizuri_cape-03.jpg

灯台を見たあとは白山洞門とアロウド浜を巡ってきました。
白山洞門は県の文化財・天然記念物に指定されていて、間近で見ると圧倒させられます。

20100504_ashizuri_cape-04.jpg

午後からはひたすら中村へ戻ります。

20100504_kochi_seinan_bus-03.jpg

中村からは予定より1本早めの南風24号に乗って高知へ。
中村を出た時点で7割ほどの乗車率で、須崎と佐川の乗り込みで立ち客が出るほど混んでました。

20100504_jrshikoku_2000-01.jpg
20100504_kochi-01.jpg

高知に到着すると土佐電の撮影。
偶然にも元名鉄の590形に遭遇出来ました。

20100504_kochi-02.jpg
20100504_tosaden_590-01.jpg
20100504_tosaden_200-01.jpg
20100504_tosaden_600-01.jpg

1時間近く粘ったあとは駅構内の物産店によってお土産を購入・発送の手配をしてからホテルへ。
ホテルにチェックインして荷物をおいてから街へ出てきて夕食タイム。
半年ぶりに1杯だけビールを飲みました。

20100504_diner-01.jpg

この後はホテルへ戻ってこの日は終了。
明日は遠征最終日です。

category: 日記

tag: 土佐くろしお鉄道  高知西南交通  足摺岬  JR四国  土佐電氣鐵道 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop