DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »四日市あすなろう鉄道
このページの記事一覧

四日市あすなろう鉄道 260系 冷房改造・リニューアル車 車内編2  

四日市あすなろう鉄道260系レポの続き。
最後は車内写真の後半です。

先頭車の床置き形冷房装置
写真は先頭車の後位側のもので、冷房装置本体のみが配置されている。

20151004_yar_260n-in09.jpg

先頭車の前位側は冷房装置の他に第1ドア寄りに冷房制御盤が配置されている。

20151004_yar_260n-in10.jpg

天井周り。
冷房ダクトが配置され(先頭車は2本、中間車は山側に1本のみ)、中央部の照明は電球色のLED照明が採用された。
補助送風機も一新されている。

20151004_yar_260n-in11.jpg

案内表示器。
レシップ製のOBC-VISION Dが採用され、中間車には両端に配置されている。

20151004_yar_260n-in12.jpg

先頭車の案内表示器は乗務員室後方の仕切上部にのみ配置されている。

20151004_yar_260n-in13.jpg

ドア周り。

20151004_yar_260n-in14.jpg

前位側のドア周り。

20151004_yar_260n-in15.jpg

乗務員室後方の仕切周り。
運賃箱が新しいものに交換されている。

20151004_yar_260n-in16.jpg

改造に際し、機器の追加更新が施工された運転台周り。

20151004_yar_260n-cab01.jpg

今後4年掛けて、残り4本が近鉄高安検修センターで改造を受ける予定となっています。

今回のレポは以上です。
スポンサーサイト

category: 東海地区の鉄道

tag: 近畿日本鉄道  四日市あすなろう鉄道 
tb: 0   cm: 0

四日市あすなろう鉄道 260系 冷房改造・リニューアル車 車内編1  

四日市あすなろう鉄道260系レポの続き。
今回は車内編の前半。

まずは先頭車の車内全体。
これは後位側から撮影したもの。

20151004_yar_260n-in01.jpg

同じく前位側から撮影したもの。
先頭車の座席の向きは基本的に前位側に固定されている。

20151004_yar_260n-in02.jpg

中間車の車内全体。
新造車となった中間車は片側1ヶ所のみのドアが千鳥配置されている。
また、座席の向きが車端部の一部を除いて進行方向左側が前向きになるように配置されているのが特徴。

20151004_yar_260n-in03.jpg

車端部。
先頭車の後位側は山側に冷房装置、海側に簡易形のベンチシートが配置されています。
こちらは四日市方先頭車の車端部。

20151004_yar_260n-in04.jpg

同じく内部方先頭車の車端部。

20151004_yar_260n-in05.jpg

中間車の内部方車端部。
山側に冷房装置が配置されているが、新たに製造された中間車には戸袋がないことから、海側に配置された座席は向かい合わせ配置となっている。

写真がありませんが、四日市方車端部は冷房制御盤などの配電盤が配置されている関係から中間車においてこの一画だけは座席の向きが例外となっている。

20151004_yar_260n-in06.jpg

先頭車の冷房装置後方から前方を撮影。
改造を期に第1ドアを乗務員室後ろに移設した前位側には海側に冷房装置と同制御盤を、山側に車椅子スペースが配置されている。

20151004_yar_260n-in07.jpg

改造前よりもシートバックの高さと角度が改善された座席。
ハートマークの手摺りが特徴的です。

20151004_yar_260n-in08.jpg

側窓は固定窓と内折れ窓が交互に配置されている。
写真は内折れ窓(開放時)

20151004_yar_260n-in17.jpg

後半に続きます。

category: 東海地区の鉄道

tag: 近畿日本鉄道  四日市あすなろう鉄道 
tb: 0   cm: 0

四日市あすなろう鉄道 260系 冷房改造・リニューアル車 外観編  

2015年4月に近鉄から移管された四日市あすなろう鉄道に冷房化と車体更新と老朽化した中間車の新造車置換えが施工された260系が9月27日より営業運転が開始されたことを受けて翌週の10月4日に四日市へ来訪しました。

20151004_yar_260n-03.jpg

近鉄から移管された四日市あすなろう鉄道は近鉄と四日市市が出資した第二種鉄道事業者、車両と設備を四日市市が第三種鉄道事業者として所有する公設民営方式が採用され、それまで使用されていた260系も四日市市に移管されたのですが、全車非冷房車であることに加えて中間車は三重交通および北勢鉄道時代からの古い車両であることから、車両の冷房化と老朽車置換えが目下の課題となっていました。

そこで比較的新しい先頭車のモ260形とク160形は冷房化と大規模の車体更新を行い、その他の老朽化が激しい中間車のサ120形と先頭車のク110形は車両を新造して置換える方式が採られることになりました。

今回は10月4日に来訪した時の写真を基に3回に分けて報告することにします。
四日市方先頭車モ260形から撮った編成写真。

20151004_yar_260n-01.jpg

内部方先頭車ク160形から撮った編成写真。

20151004_yar_260n-02.jpg

冷房装置は床置き式となったため、車体側にはルーバーが設けられています。
写真右側に接する中間車の方には車端部の窓がありませんが、これは冷房制御盤が車内側に設置されているためだとか。

20151004_yar_260n-04.jpg

側面に新設された行先表示器。
3色LED式のものが採用されている。

20151004_yar_260n-05.jpg

行先表示器と同じく新設された車外スピーカー。

20151004_yar_260n-06.jpg

灯具周り。
前照灯はLED式が採用され、改造前は前面下部にあった尾灯が前面行先表示器があった場所に移設されている。

20151004_yar_260n-07.jpg

前面の行先表示器が廃止されたため、運行板が掲示されるようになっている。
そのため前面には運行板を取り付けるためにステーが新設されている。

20151004_yar_260n-08.jpg

外観編は以上です。
次回は車内編のレポとなります。

category: 東海地区の鉄道

tag: 近畿日本鉄道  四日市あすなろう鉄道 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop