DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »名古屋鉄道
このページの記事一覧

2017年2月12日 名鉄瀬戸線連立事業見聞  

連立事業による高架化工事が着手された名鉄瀬戸線の工事を見てきました。

今回は喜多山駅周辺です。
喜多山駅は仮線への切替が順次進められており、来訪した時点では下り線の仮線への切替済みで、上り仮線の工事が進められています。

20170212_kitayama-01.jpg

尾張瀬戸方から。
見た感じだと仮線切替後の配線は島式ホームを2面挟んだ2面3線と思われます。
高架後の配線は2面4線になる計画のようです。

20170212_kitayama-02.jpg
20170212_kitayama-03.jpg

上り仮ホームの工事は基礎工事が終わって上物のホーム構築の段階まで進んでいます。

20170212_kitayama-04.jpg

仮駅舎への出入口がある栄町方。
フルカラーLED式の発車標はこの箇所のみ設置されています。

20170212_kitayama-05.jpg

スロープ。

20170212_kitayama-06.jpg
20170212_kitayama-07.jpg

下り待避線を横断する下りホームへの構内踏切。
現状においては通常使用されることがないため作動する姿は見られませんが、工事の進捗状況次第では見られるかも知れません。

20170212_kitayama-08.jpg

仮ホームが東側にある関係上、仮駅舎とは通路を介して繋がっています。

20170212_kitayama-09.jpg

上りホームへの構内踏切。
旧駅舎は現在残存する旧下りホームに隣接する形で、この画像を撮るために著者が立っている仮通路がある辺りまであり、その北側に駅前ビルである喜多山ビルが建っていました。
下り仮線に切替後、上りホームへ行くには構内踏切を2つ渡らないといけません。

20170212_kitayama-10.jpg

仮駅舎。

20170212_kitayama-11.jpg
20170212_kitayama-12.jpg

駅西側の踏切。
北側から撮影。

20170212_kitayama-13.jpg
20170212_kitayama-14.jpg

続いて南側から。
車両基地の線路があった場所は現在の橋まで踏切がセットバックされて舗装の再舗装されています。

20170212_kitayama-15.jpg
20170212_kitayama-16.jpg

今回のレポは以上です。
スポンサーサイト

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 連続立体交差事業  名古屋鉄道  名鉄瀬戸線 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2017年2月12日  

2017年2月12日(

12日は名古屋へ撮影のため外出。

20170212_sakae-01.jpg

まずは栄でバスの撮影。
短時間の撮影でしたが・・・。

20170212_mie_kotsu-01.jpg
20170212_shizutetsu_justline-01.jpg

続いて喜多山へ。

20170212_kitayama-01.jpg

連立事業に伴う高架工事のため仮線への切替が実施されている喜多山駅周辺は下り線の仮線切替が完了し上り線の仮線工事が進められています。

20170212_kitayama-02.jpg
20170212_kitayama-05.jpg
20170212_kitayama-09.jpg
20170212_kitayama-11.jpg

尾張瀬戸から名鉄バスに乗車。
目的は愛・地球博記念公園駅行きの路線バスに乗ることが目的。

20170212_meitetsu_bus-01.jpg

微妙に距離がある陶磁美術館を結ぶ目的がメインに据えられているようですが、利用の実態は瀬戸市側の住宅地を中心に双方向から利用が目立ちます。

20170212_meitetsu_bus-02.jpg

バス乗車後はモリコロパークに寄り道して園内バスでも撮ろうかと思ったのですが、当日は園内の周回路を使ってマラソン大会が実施されていたため終日運休でした・・・。

20170212_moricoro_park-01.jpg
20170212_moricoro_park-02.jpg
20170212_moricoro_park-03.jpg
20170212_moricoro_park-04.jpg

公園西駅周辺は万博閉幕後に一度原状水田地帯に戻されていたのですが、南側は宅地の造成が始まり、北側はIKEAの新店舗建設工事が進められていて、随分変わりました。

20170212_koen_nishi-01.jpg
20170212_koen_nishi-02.jpg
20170212_koen_nishi-03.jpg

これに合わせて駅の増築工事も行われ、八草方にエレベータを新設する工事が進められていました。

20170212_koen_nishi-04.jpg
20170212_koen_nishi-06.jpg
20170212_koen_nishi-07.jpg
20170212_koen_nishi-08.jpg
20170212_koen_nishi-09.jpg

名駅へ戻って名鉄の撮影。
ここ数年の名鉄は地味に車両が置き換わったり、リニューアルされたりするのでサボると面倒なことになります。

20170212_meitetsu_3300-01.jpg
20170212_meitetsu_2200-01.jpg
20170212_meitetsu_1000n-01.jpg

1000・1200系のリニューアル車を車内写真を撮りたかったのですが、人がそこそこいる豊橋や岐阜ではやや困難で、都合が良い場所となると知多半島エリアの末端にある内海か河和に限られました。

20170212_meitetsu_1000n-02.jpg
20170212_meitetsu_1200n-01.jpg

40分程待って河和行きがリニューアル車でやって来たので、そのまま終点まで乗って車内写真を撮影。

20170212_meitetsu_1200n-in01.jpg
20170212_meitetsu_1000n-in01.jpg

序でに編成写真も撮っておきました。

20170212_meitetsu_1200n-02.jpg

河和から国府宮へ移動。
1時間足らずでしたが、ここでは1700・2300系の編成写真を撮影。

20170212_meitetsu_1700-01.jpg

これで12日の撮影は終了。
アーバンライナーに乗って帰阪しました。

20170212_kintetsu_21000-01.jpg

category: 日記

tag: 名鉄バス  三重交通  しずてつジャストライン  名古屋鉄道  連続立体交差事業  リニモ  駅改良工事 
tb: 0   cm: 0

2017年1月29日 名鉄知立駅連立事業レポ  

名鉄知立駅の連立事業見聞。

前回の見聞から経過している間に仮線への切替が進められている知立駅へ来訪しました。

仮線への切替は名古屋本線上り線まで切替が完了し、現在は名古屋本線下り線の仮線工事が進められています。
旧上り線ホームを一度撤去してから仮ホームなどを構築するようで、ホーム中程まで工事が進んでいます。

20170129_chiryu-01.jpg

名古屋方の様子。

20170129_chiryu-02.jpg
20170129_chiryu-04.jpg

三河線から本線への渡り線が設けられており、車両の送り込みや直通列車の設定は出来るようになっているほか、引き上げ線も用意されています。

20170129_chiryu-03.jpg

既に仮線へ移転した三河線と共に。

20170129_chiryu-05.jpg

名古屋方から下り仮ホーム工事の様子。

20170129_chiryu-06.jpg

仮跨線橋からの眺め。
名古屋方。

20170129_chiryu-07.jpg

続いて豊橋方。
工事着手前に豊橋方あった地下連絡通路は埋め戻されています。

20170129_chiryu-08.jpg

本線上り仮ホームへ降りてきて豊橋方へ。

20170129_chiryu-09.jpg

本線上り線の仮線には既に下り仮線のスペースが確保されています

20170129_chiryu-10.jpg

電気関係の配線が物々しいです。

20170129_chiryu-11.jpg
20170129_chiryu-12.jpg

豊橋方の仮ホーム工事の様子。

20170129_chiryu-13.jpg

名古屋方同様、これからのようです。

20170129_chiryu-14.jpg

今回の知立駅の連立事業レポは以上です。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 連続立体交差事業  名古屋鉄道  名鉄名古屋本線 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2017年1月29日  

2017年1月29日(

29日は何となく三河国へ。

まずは渥美半島の中程にある三河田原へ。

20170129_mikawa_tahara-01.jpg
20170129_mikawa_tahara-02.jpg

最後に来訪したのが2013年4月29日なので、約4年近く来訪していない間に随分と変わってしまいました。

20170129_mikawa_tahara-03.jpg

都市計画道の整備に合わせて実施された駅前整備事業によって新駅舎になり、のりばも1面2線から2面4線と留置線1線となり発着能力と夜間の収容能力が向上されています。

20170129_mikawa_tahara-14.jpg
20170129_mikawa_tahara-19.jpg
20170129_mikawa_tahara-21.jpg
20170129_mikawa_tahara-35.jpg

三河田原駅新駅舎などの詳細は稿を改めて後日報告します。

続いて知立へ。

20170129_chiryu-04.jpg

連立事業のが着手されて年数が経過している知立駅は名古屋本線上り線の仮線移設が完了。
引き続き名古屋本線の下り仮線の工事が進められています。

20170129_chiryu-07.jpg
20170129_chiryu-08.jpg
20170129_chiryu-09.jpg

この日は午後前に名古屋入りしたことで時間があまりなかったことからここで切り上げて帰阪しました。

category: 日記

tag: 豊橋鉄道  駅改良工事  名古屋鉄道  連続立体交差事業 
tb: 0   cm: 0

三連休日記 2014年9月15日  

2014年9月15日(

遠征最終日である15日は上小田井で編成写真の撮影からスタート。

狙うは名古屋市営地下鉄のN3000形だったのですが、上小田井に到着する直前に入れ違いに・・・。
やむを得ず粘ることにしたのですが、やってくるのは3050形と名鉄100系ばかり・・・。

P9151783
P9151783 posted by (C)dk_kawachi

P9151788
P9151788 posted by (C)dk_kawachi

P9151789
P9151789 posted by (C)dk_kawachi

P9151794
P9151794 posted by (C)dk_kawachi

P9151801
P9151801 posted by (C)dk_kawachi

P9151805
P9151805 posted by (C)dk_kawachi

P9151810
P9151810 posted by (C)dk_kawachi

P9151813
P9151813 posted by (C)dk_kawachi

P9151815
P9151815 posted by (C)dk_kawachi

時折、3000形・・・汗。

P9151826
P9151826 posted by (C)dk_kawachi

P9151832
P9151832 posted by (C)dk_kawachi

P9151835
P9151835 posted by (C)dk_kawachi

P9151840
P9151840 posted by (C)dk_kawachi

粘ること2時間。
ようやくやって来たN3000形。

P9151848
P9151848 posted by (C)dk_kawachi

撮影終了し、午後からは西尾城へ。

20140915_nishio_castle-01.jpg

西尾駅から西へ歩いて15分ほどの場所にある西尾城跡は西尾市歴史公園として整備され、近年整備されたと思われる二の丸の櫓台などがお出迎え。

20140915_nishio_castle-02.jpg
20140915_nishio_castle-03.jpg
20140915_nishio_castle-04.jpg
20140915_nishio_castle-05.jpg

以前来訪した刈谷城もこれに近いイメージで復元されるのかな?

西尾城跡へ来訪した後は吉良吉田へ移動。

20140915_kira_yoshida-01.jpg

ここからは「ふれんどバス」に乗車。

「ふれんどバス」はかつて存在した名鉄三河線の吉良吉田~碧南の代替バスで、西尾市と碧南市から名鉄バス東部への委託により運営されている路線で、ICカード乗車券などのプリペイドカードが利用出来ないものの、自治体補助により高校生以下は100円、大人は200円となっています。

20140915_meitetsu_bus-01.jpg

碧南に到着。
もう真っ暗です。

20140915_hekinan-01.jpg
20140915_hekinan-02.jpg

名古屋へ戻り現地での活動は終了。

20140915_hekinan-03.jpg

名古屋からのぞみ407号に乗って帰阪しました。

20140915_nagoya-01.jpg

category: 日記

tag: 名古屋市交通局  名古屋市営地下鉄  名古屋鉄道  日本の城郭  三河西尾城 
tb: 0   cm: 0

三連休日記 2014年9月14日  

2014年9月14日(

遠征2日目である14日は愛知県東部の城趾巡り。
まずは足助城(真弓山城)へ。

20140914_sanage-01.jpg

景勝地である香嵐渓を有する足助へは浄水または猿投から豊田市の「とよたおいでんバス さなげ・足助線」を利用。
名鉄三河線の廃線区間の代替バスとして登場したものの、市町村合併によって豊田市へ移管し運営は地元の豊栄交通が担っています。
(※:豊栄交通ではICカード乗車券や磁気カードは利用できません。

P9141508
P9141508 posted by (C)dk_kawachi

香嵐渓の一つ東にある一の谷口で降車し、急な坂道を20分ほど歩いて城址公園として整備された足助城公園に到着。

20140914_asuke_castle-01.jpg
20140914_asuke_castle-02.jpg

戦国時代に築城された足助城は江戸時代に城主が不在になったことから廃城となってというあまり聞かれない経緯を持つ城で、ふるさと創生1億円などによって発掘調査と復元工事を経て現在に至ります。

20140914_asuke_castle-03.jpg
20140914_asuke_castle-04.jpg
20140914_asuke_castle-05.jpg

下山した後は香嵐渓を散策して三州足助屋敷へ来訪。

20140914_korankei-01.jpg
20140914_asuke-01.jpg

足助から豊田市へ戻り、午後からは松平氏発祥の地とされている松平郷へ。
こちらも豊田市の「とよたおいでんバス 下山・豊田線」を利用。

20140914_matsudairago-01.jpg

松平郷に到着すると先に松平城跡へ来訪。

20140914_matsudaira_castle-01.jpg

平山城としては比較的小規模で、さほど時間を掛けずに巡りました。

20140914_matsudaira_castle-02.jpg
20140914_matsudaira_castle-03.jpg

続いて松平東照宮へ。
本殿の方は修復工事が行われているため仮の囲いに覆われているという状態・・・。

20140914_matsudairago-02.jpg

さらに山手にある高見院(こうげついん)と松平郷展望テラスにも来訪しました。

20140914_matsudairago-03.jpg
20140914_matsudairago-04.jpg
20140914_matsudairago-05.jpg
20140914_matsudairago-06.jpg

豊田市へ戻り、再び名鉄三河線へ。
狙うは6000系6042編成。

P9141740
P9141740 posted by (C)dk_kawachi

まずは越戸で編成写真を撮影。

P9141755-e01
P9141755-e01 posted by (C)dk_kawachi

続いて猿投で1時間ほど待って車内写真を撮影。

P9141773-e01
P9141773-e01 posted by (C)dk_kawachi

化粧板がパープルの柄を用いられたものに変更されているほか、座席にスタンションポールが新設されていましたが、西武30000系のようなヘアライン仕上げものが採用されていました(既存のものは施工前のまま)

P9141774-e01
P9141774-e01 posted by (C)dk_kawachi

この日はここで終わりとしホテルへ戻りました。

category: 日記

tag: 豊栄交通  日本の城郭  三河足助城  真弓山城  松平郷  三河松平城  名古屋鉄道 
tb: 0   cm: 0

三連休日記 2014年9月13日  

2014年9月13日(

9月13日から15日までの三連休を名古屋近郊の城趾巡りをメインとした遠征をすることにしました。

その初日である13日は午後出発。
ここ数日仕事がハードであったため体がバテ気味であったことも考慮してのこと。

往路は近鉄特急を乗り継いで名古屋入り。

20140913_yamato_yagi-01.jpg
20140913_ise_nakagawa-01.jpg

名駅で大きい鞄をロッカーに預けたあと、名鉄に乗って知多武豊へ。
武豊ではかつて存在した旧国鉄・武豊港駅の跡地に駅転車台が保存されていることを知り現地へ赴いてきました。

20140913_taketoyo-01.jpg

転車台ポケットパークと称される場所に保存された転車台はレールが交差する二線式と呼ばれるタイプで、武豊港駅が手狭であったことから採用されたとのことです。

20140913_taketoyo-02.jpg
20140913_taketoyo-03.jpg

武豊駅へ向かい電化を控えて武豊線を走破。
軌道も電化に合わせて手入れされているものの、最高速度は現行と同じく85km/hのままだそうです。

P9131463-e01
P9131463-e01 posted by (C)dk_kawachi

豊田市駅へ移動。
ここでは名古屋市営地下鉄N3000形の車内写真を撮影できました。

P9131490-e01
P9131490-e01 posted by (C)dk_kawachi

P9131482-e01
P9131482-e01 posted by (C)dk_kawachi

この間、撮影中に名鉄6000系にフルカラーLED式の行先表示器へ変更された編成に遭遇。
車内も3150系・3300系並みにリニューアルされていたことから大規模修繕工事を受けた編成だったようです。
名鉄の公式リリースによると2014年度の事業計画において三河線向けワンマン運転対応の6000系2両編成3本に対し施工されるとのことで、当日遭遇した6042編成はその1本目だったようです。

P9131478-e01
P9131478-e01 posted by (C)dk_kawachi

この日はここで終了。
知立経由で今回の宿へ向かいました。

category: 日記

tag: JR東海  名古屋鉄道  名古屋市交通局  名古屋市営地下鉄 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2014年4月20日  

2014年4月20日(

20日は城巡り。
まずは桑名城跡へ。

20140420_kuwana_castle-01.jpg

廃城後の桑名城は幾度かの改変を経て現在は九華公園として整備されています。

20140420_kuwana_castle-02.jpg

改変の影響で城としての以降は殆ど残されておらず、一部石垣にその痕跡が残されている程度となっています。

20140420_kuwana_castle-03.jpg

九華公園に隣接した三ノ丸公園にある蟠龍(ばんりゅう)櫓。
この建物は水門統合管理所の建設に際してかつて存在した櫓の外観を復元したのだたそうです。

20140420_kuwana_castle-04.jpg

蟠龍櫓の近くにある七里の渡し跡。
揖斐川の堤防から撮ったものですが、嵩上げされた堤防が水害に悩まされた歴史が窺えます。

20140420_kuwana_castle-05.jpg

九華公園の外縁部から撮影。
写真は二の丸堀なのですが、築城当時よりも拡張されているらしいです。

20140420_kuwana_castle-06.jpg
20140420_kuwana_castle-07.jpg

本丸跡に建つ石碑。

20140420_kuwana_castle-08.jpg

外堀跡に残される石垣。

20140420_kuwana_castle-09.jpg

刈谷城へ移動途中、名鉄名古屋本線知立駅の連立事業見聞。

20140420_chiryu-01.jpg

ホーム中程に仮設の乗換通路が設けられたため、この場所から駅構内を一望出来るようになりました。

20140420_chiryu-02.jpg
20140420_chiryu-03.jpg

乗換通路の上り口に案内表示板が設けられていますが、表示装置自体はハーフカットサイズのLCDが用いられていました。

20140420_chiryu-04.jpg

刈谷城跡へ。
刈谷城の廃城後は華族の私邸を経て亀城公園として整備され現在に至ります。

20140420_kariya_castle-01.jpg

こちらも廃城後に改変を受けたため城址公園としての印象は希薄です。

20140420_kariya_castle-02.jpg

本丸跡。

20140420_kariya_castle-03.jpg

それでも城址公園として遺構の一部を復元するため事業が行われるそうで、発掘調査などが実施されているそうです。

20140420_kariya_castle-04.jpg

復元されるのは写真の場所のみで全体としてはほんの一部だけですが、それでも十分と言えるかも知れません。

20140420_kariya_castle-05.jpg

20日の城巡りは以上です。

category: 日記

tag: 日本の城郭  伊勢桑名城  三河刈谷城  連続立体交差事業  名古屋鉄道 
tb: 0   cm: 0

2013年4月29日 東海地方の史跡と鉄道を巡る旅13 豊橋駅でのICカード乗車券対応状況を見る  

次の目的地へ向かう途中に立ち寄った豊橋駅でICカード乗車券システムの導入状況を見てきました。

JR東海と名鉄との共同使用駅である豊橋駅では両者が採用するICカード乗車券が異なり、名鉄側が名古屋都市圏の交通事業者を中心採用する「manaca」をJR東海が採用している「TOICA」であるため、これまで一度改札を出るかなどの対応をするしかありませんでした。

ところが、2012年春から両者において相互利用開始されることになったことから、豊橋駅の改札内コンコースに乗換え用ICカード専用改札機が導入されてました。
設置されている場所は名鉄とJR東海の供用区画となる1番のりば~4番のりば。

利用方法については
JR東海→http://toica.jr-central.co.jp/howto/railway/transfer-toyohashi.html
名古屋鉄道→http://manaca.meitetsu.co.jp/transportation/gate.html

ICカード専用の乗換え改札機はJRから名鉄をピンク色、名鉄からJRをブルーの筐体で色分けされています。
JR側の4番~8番のりばから名鉄側3番のりばへ乗換えた場合はこういう感じに。

20130429_toyohashi-04.jpg

逆に名鉄側3番のりばからJR側の4番~8番のりば乗換えてゆくと・・・。

20130429_toyohashi-03.jpg

名鉄(3番のりば)と飯田線(2番のりば)とホームを共有している側にも設けられています。
ちなみに、飯田線への乗換えについてはICカード乗車券が豊橋~豊川に限られているため、非対応となる豊川以北の新城や本長篠方面へ行く場合は券売機や窓口で乗車券を購入する必要があります。

20130429_toyohashi-01.jpg
20130429_toyohashi-02.jpg

一方、豊橋鉄道でもICカード乗車券システムが採用されています。
こちらは鉄道線の渥美線と軌道線の東田本線に採用されましたが、路線バスには採用されていません。

鉄道線の方は簡易形カードリーダタイプの改札機が導入されています。
駅舎がない駅の場合、ホームの出入口付近や待合所付近に設けられています。

20130429_toyohashi-05.jpg

新豊橋駅は駅前の再開発事業により現在の場所へ移設。
それと同時にのりばを1面1線から1面2線へ拡張され、ダイヤの作成における制約と乗車待ちの利用者に対する着座性と居住性の改善に寄与しています。

20130429_toyohashi-06.jpg

ここから終点の三河田原へ移動します。

20130429_toyohashi-07.jpg

豊鉄渥美線における現在の主力は元東急7200系。
もとは東横線の地上線専用車として日比谷線直通用の7000系をベースに製作された車両ですが、東横線の大型化により目蒲線・池上線へ転用され、1000系の導入と東京メトロ南北線の都営三田線との相互乗り入れによる大型化と目蒲線の運用分離により中小私鉄への転用が開始され、ここ豊鉄では2000年に譲渡されています。

20130429_toyotetsu_1800-01.jpg

出発待ちの間に車内写真も撮っておきましたが、それについては稿を改めて紹介します。

20130429_toyotetsu_1800-in01.jpg

現在は新塗装となる「渥美線カラフルトレイン」の模様替えが進められていて、先に提示したピンク系の「桜」とここで提示する緑系の「しでこぶし」と編成によって異なる配色となる予定でそうです。
参考→豊鉄の公式サイト「カラフルトレイン」

20130429_toyotetsu_1800-03.jpg

三河田原に到着後は目的地まで徒歩で移動します。

20130429_mikawa_tahara-01.jpg

→次に続く。

category: 東海地方遠征

tag: 名古屋鉄道  JR東海  ICカード乗車券システム  豊橋鉄道 
tb: 0   cm: 0

2013年4月29日 東海地方の史跡と鉄道を巡る旅12 名鉄2200系の車内写真  

次の目的地へ移動する前に名鉄の2200系を撮影します。

20130429_meitetsu_2200-01.jpg
20130429_meitetsu_2200-02.jpg

一般車の車内全体。

20130429_meitetsu_2200-in01.jpg

逆エンドから撮影。
クロスシートの配置が2+1列であることから撮影している編成は2次車(1次車は2+2列)

20130429_meitetsu_2200-in02.jpg

岐阜・犬山方の妻面側。
こちらはクロスシート。

20130429_meitetsu_2200-in03.jpg

豊橋・中部国際空港方の妻面側。
こちらはロングシート。

20130429_meitetsu_2200-in04.jpg

ドア周り。

20130429_meitetsu_2200-in05.jpg

特別車の車内全体。
現行の機材で撮影するのは今回が初めて。

20130429_meitetsu_2200-in06.jpg

客室側の仕切。

20130429_meitetsu_2200-in07.jpg
20130429_meitetsu_2200-in08.jpg

荷物置場。

20130429_meitetsu_2200-in09.jpg
20130429_meitetsu_2200-in10.jpg

デッキ周辺。

20130429_meitetsu_2200-in11.jpg

洗面所。
奥に見えるのは男子用小便所。

20130429_meitetsu_2200-in12.jpg

反対側は車椅子対応の洋式便所。

20130429_meitetsu_2200-in13.jpg

レール方向に細長いタイプは大型化された近年では一世代前の仕様とも言える。

20130429_meitetsu_2200-in14.jpg

便器の向かい側にはオムツ交換用の台が用意されています。

20130429_meitetsu_2200-in15.jpg

これに乗って豊橋まで移動しました。

→次に続く。

category: 東海地方遠征

tag: 名古屋鉄道 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop