DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »南武線
このページの記事一覧

年末日記 2014年12月29日  

2014年12月29日(月)

年末の29日と30日は18切符の消費とJR東日本の週末パスの購入のなども兼ねて首都圏遠征をしてきました。

往路は早朝出発の定番であるのぞみ204号で現地入り。

20141229_shin_osaka-01.jpg

今回は有明の地に用事もありましたが、先に京急本線の連立事業見聞を済ませます。
全面効果切り替えが完了して時間が経過しましたが、当時は高架下のコンコースの工事がまだ終わっていなかったことから、その後どこまで進捗しているか確かめる意味もあったためです。

この日は時間の関係上、本線側の雑色・梅屋敷・大森町の3駅のみに留め、空港線糀谷駅は日を改めて見ることにしましたが、来訪した3駅のうち梅屋敷駅と大森町駅は本設の改札口に切り替えられていました。

20141229_umeyashiki-01.jpg
20141229_umeyashiki-02.jpg
20141229_zoshiki-01.jpg
20141229_zoshiki-02.jpg
20141229_omorimachi-01.jpg
20141229_omorimachi-02.jpg

京急を離れて大崎経由で東京ビッグサイトへ。

20141229_c87-01.jpg

いわゆるコミケへ参戦するのですが、ここまで人口密度の濃いイベントは2005年の時に16回の入場を果たして愛知万博でも体験できません。

20141229_c87-02.jpg
20141229_c87-03.jpg

2時間でコミケ会場を離れた後は昼食を挟んで立川へ。
ここから南武線に乗り換えたのですが、目的は2015年春の改正で快速運転の全線化が行われる南武線で鍵となる稲城長沼駅の2面4線化(計画通りの本設工事)と同線に導入され初めたE233系8000番台の撮影がメイン。

20141229_inagi_naganuma-04.jpg

稲城長沼駅は旧線が支障となっていた上り本線の工事が完了しており、工事区画の仕切りも簡易な柵となっていました。

20141229_inagi_naganuma-01.jpg
20141229_inagi_naganuma-02.jpg
20141229_inagi_naganuma-03.jpg

このタイミングでE233系8000番台に遭遇。
もう10本目が導入されたということで遭遇率も高まっています。

PC294078-e01
PC294078-e01 posted by (C)dk_kawachi

稲城長沼では折り返し列車での車内写真撮影も行いましたが、不十分だったため武蔵中原と川崎での撮影で補いました。

PC294105-e01
PC294105-e01 posted by (C)dk_kawachi

PC294119-e01
PC294119-e01 posted by (C)dk_kawachi

一端都内へ戻って夕食タイムと鞄の回収を行ってホテルへ向かう予定だったのですが、ここであるお方が新宿の高速バスターミナルで撮影することをツイキャスの通知で知り急遽新宿へ。

京王新宿高速バスターミナルで合流してしばらくの間、撮影に同行することにしました。

裏路地の狭い場所に無理矢理押し込めた感のあるバスターミナルにバスが何台も乗り入れるという光景には目が点になってしまいます。

PC294124-e01
PC294124-e01 posted by (C)dk_kawachi

PC294122-e01
PC294122-e01 posted by (C)dk_kawachi

新宿での撮影が一通り終わったということで、今度は池袋へ移動。
池袋ではハイシーズンに1便十数台充てるというトンデモ夜行バスを見てきましたが、手狭なターミナルに続々と乗り込むバスを裁くという光景はマジキチの領域と言えるものでした・・・汗。

PC294132-e01
PC294132-e01 posted by (C)dk_kawachi

PC294134-e01
PC294134-e01 posted by (C)dk_kawachi

PC294150-e01
PC294150-e01 posted by (C)dk_kawachi

PC294152-e01
PC294152-e01 posted by (C)dk_kawachi

PC294161-e01
PC294161-e01 posted by (C)dk_kawachi

PC294165-e01
PC294165-e01 posted by (C)dk_kawachi

PC294168-e01
PC294168-e01 posted by (C)dk_kawachi

PC294176-e01
PC294176-e01 posted by (C)dk_kawachi

PC294182-e01
PC294182-e01 posted by (C)dk_kawachi

池袋での撮影を終えた時点でようやく解散。
都内のホテルにチェックインしてこの日は終了しました。
スポンサーサイト

category: 日記

tag: コミックマーケット  C87  JR東日本  南武線  西鉄バス  秋北バス  岩手県交通  国際興業バス 
tb: 0   cm: 0

2011年8月27日 JR武蔵小杉駅横須賀線ホーム新設工事見分  

横浜から横須賀線に乗り換えて武蔵小杉へ移動してきました。
南武線と交差する横須賀線のホームが昨年新設されてからしばらく経過していることから、その後の進捗状況を確認してきました。

20110827_musashi_kosugi-01.jpg

工事の進捗で階段の位置が変更されるなどの動きがあります。
写真はホーム中程から品川方にある階段。

20110827_musashi_kosugi-04.jpg

階段を下りるとこんな感じ。
まずは横浜方。

20110827_musashi_kosugi-05.jpg

品川方。
南武線との乗換通路はこちら側。

20110827_musashi_kosugi-06.jpg

延々と通路を歩くとこの場所。
ここは南武線から歩いてくると最初に横種架線ホームへの階段がある場所です。

20110827_musashi_kosugi-07.jpg

この場所にはエスカレーターが数基設置されていますが、実運用開始以降の流動を見ながら運用方法の変更を実施しているようです。

20110827_musashi_kosugi-08.jpg

同じ場所から横浜方を撮影したもの。
写真のエスカレータは2基であることから、この品川方にもう1基エスカレータがあります。

20110827_musashi_kosugi-09.jpg

この少し先へ歩くと動く歩道があります。
東海道新幹線は盛土高架なのに一度地下へ下りるのは新幹線の西側に網島街道(東京都道・神奈川県道2号東京丸子横浜線)の盛土が低く通路の高さを確保するには低いためと想定されます。

20110827_musashi_kosugi-02.jpg

新幹線と網島街道との交差部。
この箇所だけパネルなくコンクリート剥き出し。

20110827_musashi_kosugi-10.jpg

南武線側。
写真で見ると左から順にエレベータ、階段、動く歩道となり、左奥が横須賀線ホームが使用開始当初に暫定供用されていた仮通をがあった場所。

20110827_musashi_kosugi-12.jpg

のぞき込むとこんな感じ。
向こう側が横須賀線と新南改札口への通路

20110827_musashi_kosugi-13.jpg

同じく南武線側。
長いですね・・・。

20110827_musashi_kosugi-03.jpg

最後に南武線立川方面ホームから見た乗換通路入口

20110827_musashi_kosugi-11.jpg

このあとは溝の口から二子玉川経由で大井町入りします。

→次に続く。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: JR東日本  駅改良工事  武蔵小杉駅  横須賀線  南武線 
tb: 0   cm: 0

2010年7月17日 JR武蔵小杉駅横須賀線ホーム新設工事見分・その1  

武蔵小杉駅に到着しました。

東急東横線では東京メトロ副都心線・東武東上線・西武有楽町線および池袋線との相互乗り入れに備えて優等停車駅のホーム延伸工事が進められています。
現行の東横線はホーム長が20m車両8両分までですが、今回は優等列車を10両編成にすることから、対象となる駅のホーム長を東京メトロ・東武・西武の最大値である10両編成対応にするため2両分延長されることになっています。

20100717_musashi_kosugi-01.jpg

さて、今回は東急ではなくJR横須賀線のホームが設置されたことを受けて武蔵小杉へ来訪したわけです。

JRの武蔵小杉駅は南武線の駅として設けられていますが、東海道新幹線と並走する形となっている品鶴線は同駅付近で南武線と交差する位置関係にありながら、横須賀線がこのルートの切り替えられて以降も駅が設けられていませんでした。

ホーム新設に関しては西隣に並走する東海道新幹線を管轄するJR東海や東隣にあるNECとの調整などが必要となり、最終的には東隣のNCEから土地を譲受ける形で拡張されることになったそうです。

また、南武線・横須賀線の位置関係がやや離れていることから横須賀線側に新南改札口(横須賀線口)が新設され、南武線川崎方と横須賀線品川方を結ぶ連絡通路の新設という大掛かりな工事となりました。

まずは新設された新南改札口から入ります。
ここには新たに駅前広場が整備されています。

20100717_musashi_kosugi-02.jpg

新南改札口へは駅前広場側からのみ出入りできます。

20100717_musashi_kosugi-03.jpg
20100717_musashi_kosugi-04.jpg

新南改札口の入口
東側はNECの敷地内であるため、下の写真を撮っている私の背後はフェンスで仕切られています。
写真左側が駅前広場からの通路。

20100717_musashi_kosugi-05.jpg

新南改札口のきっぷうりばと自動改札機。乗換距離が長い武蔵小杉駅のために改札外連絡の規定が制定された関係で改札機の筐体がオレンジ色の塗り分けられています。

20100717_musashi_kosugi-06.jpg

横須賀線口側改札内コンコース。

20100717_musashi_kosugi-07.jpg

横須賀線口の新南改札と南武線口の北改札とを結ぶ連絡通路。
横須賀線ホーム品川方への階段付近まではこのように整備されています。

20100717_musashi_kosugi-08.jpg

そこを過ぎると仮設の通路となっています。
整備後は動く歩道が設置されますが、暫定の仮通路なので延々と歩かされます。

20100717_musashi_kosugi-09.jpg
20100717_musashi_kosugi-10.jpg

仮通路・南武線側の東端。
この写真でいうと動く歩道が整備されるのは左側で、撮影ポイントの通路はエレベータが設置される側となります。

20100717_musashi_kosugi-11.jpg

南武線下りホーム(立川行きのりば)から川崎方を撮影。
連絡通路は暫定・本設とも下りホーム側に設置されるため、川崎方新設された跨線橋を通じて上りホームからの乗り換えができるようになっています。

20100717_musashi_kosugi-12.jpg

動く歩道設置予定場所にある工事の概要。

20100717_musashi_kosugi-13.jpg

→次に続く。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 駅改良工事  JR東日本  南武線  横須賀線  武蔵小杉駅 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop