DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »八甲田丸
このページの記事一覧

2009年8月14日 東北地方の名城と鉄道を巡る旅25 青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸・その2  

4階の航海甲板からエレベータで1階の車両甲板へ下りていきます。

20090814_hakkodamaru-10.jpg

1階の車両甲板は貨物列車などの貨車などを収容するためのフロアで、現在は車両の静態保存のためのスペースとなっています。

20090814_hakkodamaru-11.jpg

甲板の隅の方には実際に使用された道具や部品など展示されています。
写真の船首側は車止めが設けられています。

20090814_hakkodamaru-12.jpg

右舷側から撮影したもの、海の上にある特有の揺れがあるため独特の雰囲気です。

20090814_hakkodamaru-13.jpg

ここに展示されている車両はキハ82形や控車など9両が展示されています。

20090814_hakkodamaru-14.jpg
20090814_hakkodamaru-17.jpg

船尾側には車両搬入口があり、船体にあわせて軌道が集約されて行くのが分ります。

20090814_hakkodamaru-15.jpg
20090814_hakkodamaru-16.jpg

細い階段を下りて地下1階の第2甲板へ。
ここは総括制御室があり電力を供給するディーゼル発電機などもここに配置されています。

まずは動力用エンジン。
八甲田丸には8機用意されています。

20090814_hakkodamaru-18.jpg

総括制御室。

20090814_hakkodamaru-19.jpg

発電機が置かれている部屋。

20090814_hakkodamaru-20.jpg

発電機はメインが3機、サブが1機、主軸駆動発電機が1機の他に補助電源があるそうです。

20090814_hakkodamaru-21.jpg

これで八甲田丸の見学は終了です。

20090814_hakkodamaru-22.jpg

→次に続く。
スポンサーサイト

category: 東北地方遠征

tag: 青函連絡船  八甲田丸 
tb: 0   cm: 0

2009年8月14日 東北地方の名城と鉄道を巡る旅24 青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸・その1  

五能線を乗りつぶした後は青森へ移動しました。

20090814_aomori-01.jpg

予定よりも五能線の乗りつぶしが早く終わったため、八戸への移動とホテルのチェックインの都合から余った時間を青森駅近くの八甲田丸見学に充てることにしました。

現在は青函連絡船メモリアルシップとして展示されている八甲田丸はかつて桟橋のあった場所に係留されています。

20090814_aomori-02.jpg

桟橋は車両搬入のための設備が一部残されている程度ですが、当時を偲ぶものとしては十分だと思われます。

20090814_hakkodamaru-02.jpg
20090814_hakkodamaru-03.jpg
20090814_hakkodamaru-04.jpg
20090814_hakkodamaru-01.jpg

乗船口は中央にある階段から。

20090814_hakkodamaru-05.jpg
20090814_hakkodamaru-06.jpg

内部は3階遊歩甲板は青函連絡船に纏わる概略や展示物があり、4階の航海甲板は操舵室(ブリッジ)・無線室などが見学出来ます。
一部は柵やガラスで仕切られるなどして立ち入ることが出来ません。

操舵室。

20090814_hakkodamaru-07.jpg

無線室。

20090814_hakkodamaru-08.jpg

操舵室から外に出ることも出来るそうですが、今回はパスします。

20090814_hakkodamaru-09.jpg

さて、エレベーターで1階へ下りて車両甲板などを見てきます。

20090814_hakkodamaru-10.jpg

→次に続く。

category: 東北地方遠征

tag: 青函連絡船  八甲田丸 
tb: 0   cm: 0

夏期休暇日記 2009年8月14日  

2009年8月14日(金)

遠征3日目であるこの日は午前中に久保田城を巡り、午後に五能線の乗りつぶしと八甲田丸の見学をしてきました。

朝8時に秋田駅近くのホテルをチェックアウトし、まずは久保田城へ。
復元公開されている御隅櫓や佐竹史料館は9時からなので先に本丸表門などを見てからとなりました。

20090814_kubota_castle-01.jpg

本来は9時ごろからのんびりと見る予定でしたが、五能線「リゾートしらかみ3号」しか空席が残されておらずその影響で、予定が前倒しになっているためです。

御隅櫓は鉄筋コンクリートで復元されたため内部はエレベータまで用意されていました。
ここには佐竹氏が藩主となった久保田藩の歴史が紹介されています。

20090814_kubota_castle-02.jpg

佐竹史料館は二の丸跡の一画にあり、佐竹氏に纏わる武具や衣装などが展示されています。

20090814_kubota_castle-03.jpg

お次は五能線なのですが、リゾートしらかみを指定券完売器「みどりの券売機」で購入しようとしたところ、券売機のプログラム上の理由から融通が聞かなかず東能代~弘前でしか指定が取れず、やむを得ず奥羽本線下り列車た東能代へ先行し、1時間のインターバルを置いて後追いのリゾートしらかみ3号に乗ることになりました。

20090814_jreast_ec_701_100-01.jpg

私の最寄にはみどりの券売機までしかなく、みどりの窓口となると布施の近畿日本ツーリストまたはJTBか放出・徳庵・鴻池新田まででないとだめで前者は仕事帰りだと営業時間外という有様なのでJRの指定席を押さえるには何かと不便です。

金銭感覚が失われる理由からクレジットカードは持たないと決めているので、これはあえて目を瞑るしかありません。

さて、今回乗ったリゾートしらかみ3号はぶな編成。
この列車は6本設定されているリゾートしらかみの中では唯一千畳敷に停車するため、私も10分間の停車中に千畳敷海岸に出てきましたが、あわただしく撮影して戻りと言う有様でした・・・。

20090814_jreast_dc_48_shirakami-01.jpg
20090814_senjojiki-01.jpg
20090814_senjojiki-02.jpg

弘前から奥羽本線に乗り換えて青森へ。
前倒しとなって余裕が出来たことからかつて青函連絡船で使用されていた八甲田丸が展示されていることから、さらっと見てきました。

20090814_hakkodamaru-01.jpg

ついでなので青森ベイブリッジまで出向いて青森駅構内を撮ってきましたが、末端は機回しや入換用としての引上げ線となっているようです。
まあ、本数が少ないことからこれでも十分なのでしょうけど。

青森からつがる98号に乗ってこの日は終了しました。

20090814_jreast_ec_e751-01.jpg

category: 日記

tag: 日本100名城  久保田城  五能線  リゾートしらかみ  八甲田丸 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop