DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »備中高松城
このページの記事一覧

2011年4月29日 吉備国の城を巡る旅10 備中高松城・その2  

備中高松城本丸跡の次は羽柴秀吉の水攻めにより築かれた築堤跡がある高松城水攻め史跡公園こと蛙ヶ鼻へ向かいます。

20110429_bicchu_takamatsu_castle-16.jpg

その前に高松城の役について。

豊臣秀吉が織田信長を主君・羽柴秀吉として活躍していた当時、信長の命により中国攻めの一環として備中の小城を攻め落としたあと備中高松城を攻めていたが、城周辺は沼地で攻めにくい上に城主の清水宗治が籠城したため膠着状態になった。

毛利の援軍が迫る中、軍師である黒田孝高の策により沼地である当地を利用して堰堤を築き城の周辺を水没させることになるが、戦ならぬ土木工事の様相であった。
堰堤完成と同じ頃に梅雨入りし足守川から取水した水で溢れることになり思惑通り城ごと水没させることに成功した。

秀吉が信長に報告する段になり、明智光秀による本能寺の変で信長が落命したことを知り、一刻も早く光秀を討つことを決意した秀吉は毛利方と和睦、その条件として城主である清水宗治は切腹した。


さて、蛙ヶ鼻へは宮西川に沿って東へ歩いて行くと。

20110429_bicchu_takamatsu_castle-17.jpg

左手に公園が見えてきます。
ここは高松城水攻め史跡公園で築堤の一部が残された蛙ヶ鼻を史跡公園として整備したものです。

20110429_bicchu_takamatsu_castle-18.jpg
20110429_bicchu_takamatsu_castle-04.jpg

築堤と備中高松城の高さを示すモニュメント。

20110429_bicchu_takamatsu_castle-20.jpg

このモニュメントには現存する築堤の高さ、本丸最上段、二の丸の高さが記されています。

20110429_bicchu_takamatsu_castle-21.jpg

手前にある側溝は発掘調査時に検出した土俵などの痕跡。

20110429_bicchu_takamatsu_castle-22.jpg



20110429_bicchu_takamatsu_castle-23.jpg
20110429_bicchu_takamatsu_castle-24.jpg

片手間に軽く撮影。

20110429_bicchu_takamatsu_castle-25.jpg
20110429_bicchu_takamatsu_castle-03.jpg
20110429_bicchu_takamatsu_castle-19.jpg

そろそろ岡山市内へ戻ります。

20110429_bicchu_takamatsu_castle-26.jpg

吉備線の車内から見えるこの大鳥居は最上稲荷(最上稲荷山妙教寺)の大鳥居。

20110429_bicchu_takamatsu_castle-27.jpg

同じような車両乗ったような気もしますが、日も暮れた頃に岡山に到着。

20110429_jrwest_dc_40_2000-02.jpg

ホテルに入る前に夕食タイム。

20110429_diner-01.jpg

夕食後、荷物を回収してホテルにチェックインし遠征初日が終了。
二日目を迎えます。

→次に続く。
スポンサーサイト

category: 中国地方遠征

tag: 日本の城郭  備中高松城  日本の古戦場  備中高松城の戦い 
tb: 0   cm: 0

2011年4月29日 吉備国の城を巡る旅9 備中高松城・その1  

服部から吉備線に乗って備中高松へ移動。

20110429_bicchu_takamatsu-02.jpg

備中高松駅は2面2線。
東総社・吉備津・大安寺と共に吉備線内では4つある列車交換可能な駅の一つです。

20110429_bicchu_takamatsu-03.jpg
20110429_bicchu_takamatsu-04.jpg

服部から備中高松まではキハ40形2000番台。
こちらはまだ単色塗装化されていません。

20110429_jrwest_dc_40_2000-01.jpg

備中高松駅の駅舎。
吉備線内の中間点に位置するこの駅は業務委託駅で数年前からみどりの窓口も開設されています。

20110429_bicchu_takamatsu-01.jpg

駅名の由来でもある備中高松城はこの駅の近くにあると言うことなので、短時間勝負ながら行ってみることにします。

20110429_bicchu_takamatsu-05.jpg

総社方にある踏切を渡りますが、踏切の名称は文字通り「城趾道」と称されています。

20110429_bicchu_takamatsu-06.jpg

踏切を渡ってしばらく北へ進むと小さな橋があります。
史蹟舟橋と呼ばれ、羽柴秀吉に水攻めにあった備中高松城の役に際して大きな濠が掘られ、長さ64mの舟橋が設けられていました。
実際に攻め込まれた際、舟橋を撤去して主郭部を守る重要なものだったようです。

現在は廃城後の耕作地化されたため細い用水路がその跡を示している程度でしかありません。

20110429_bicchu_takamatsu_castle-05.jpg

この北西側の宅地を挟んで場所に備中高松城跡があります。

20110429_bicchu_takamatsu_castle-06.jpg

史蹟舟橋から北へ少し歩いた先に高松城址公園として整備された備中高松城跡の入口があります。

20110429_bicchu_takamatsu_castle-07.jpg
20110429_bicchu_takamatsu_castle-01.jpg

先に触れた通り、廃城後の備中高松城は耕作地化されたのですが、その過程で殆どが消滅して、現在残されているいるのは本丸が城址公園として整備されている程度で、あとは三の丸の極一部が公園前の駐車場に掛かるぐらいです。

20110429_bicchu_takamatsu_castle-08.jpg
20110429_bicchu_takamatsu_castle-09.jpg

園内にある資料館。
来訪時にはすでに閉館していました。

20110429_bicchu_takamatsu_castle-10.jpg

しかしこれだと何処に何があったのか分からなくなります。
元々、沼地に建てられたことから周囲は土塁で固められただけで石垣は構築されなかったこともあって、城らしき痕跡が乏しいのが難点です・・・。

20110429_bicchu_takamatsu_castle-11.jpg
20110429_bicchu_takamatsu_castle-12.jpg
20110429_bicchu_takamatsu_castle-13.jpg
20110429_bicchu_takamatsu_castle-14.jpg
20110429_bicchu_takamatsu_castle-15.jpg
20110429_bicchu_takamatsu_castle-02.jpg

このあとは水攻めの痕跡が残された蛙ヶ鼻(水攻め史跡公園)へ向かいます。

→次に続く。

category: 中国地方遠征

tag: 日本の城郭  備中高松城 
tb: 0   cm: 0

黄金週間日記 2011年4月29日  

今年のGWは暦通り前となったことから後半に3連休ずつ別れてしまいました。

昨年と同じく今年も城廻をすることにしたのですが、未登城の位置関係から昨年のように四国全域のような広域での移動を伴った城廻がしにくいことから、今年は滞在場所を絞り、そこを軸に未登城の城郭を巡る事にしました。

前半戦となる今回の三連休は岡山県内にある日本100名城選定の城を巡る事にしました。

2011年4月29日(

初日は現地入りからスタートとなります。
往路はひかり495号。

20110429_shin_osaka-01.jpg

岡山に到着すると鞄をロッカーに預けて身軽になって現地行動の開始。

天候の都合から当初の予定を変更して、まずは総社市にある鬼ノ城へ。
鬼ノ城へは吉備線で服部駅まで乗車し徒歩で。

マリンライナーの接続待ちで若干遅れを伴いながらの移動。

20110429_jrwest_dc_40_3000-01.jpg
20110429_hattori-01.jpg

服部駅から鬼ノ城までは歩いていきますが、古代の山城であった鬼ノ城までは山道を含めて約5km。

20110429_kinojo_castle-01.jpg
20110429_kinojo_castle-02.jpg

麓にある砂川公園を突っ切り、ややきつい坂道を延々と登ること約95分(撮影しながらなので余計に掛かる)で資料館と休憩所がある鬼城山ビジターセンターに到着。

20110429_sunagawa_park-01.jpg
20110429_kinojo_castle-03.jpg
20110429_kinojo_castle-04.jpg

鬼ノ城の主郭部自体はビジターセンターから歩いて約10分の場所にあり、整備された第一展望台と復元された西門が出迎えてくれます。

20110429_kinojo_castle-05.jpg

現状は復元整備の途上と言うことで、西側以外は一般のハイキング道と変わらずですが、険しい地形を生かした突起部は圧倒させられます。

20110429_kinojo_castle-06.jpg
20110429_kinojo_castle-07.jpg
20110429_kinojo_castle-08.jpg
20110429_kinojo_castle-09.jpg

外周だけでも1時間ほど掛かる上にアップダウンが激しく、下山するときにはヘロヘロになってしまいました。

吉備線での移動途中に備中高松城の存在に気づいたことから岡山へ戻ってくるついでに寄ってきました。

20110429_bicchu_takamatsu-01.jpg

備中高松城は城址公園として整備されていますが、如何せん廃城後の耕作地化で瞬く間に遺構のほとんどが消滅して、現在はその一部が宅地化されているため、そこに何があったのかサッパリ分からない状態と言うのが実態でした。

20110429_bicchu_takamatsu_castle-01.jpg
20110429_bicchu_takamatsu_castle-02.jpg

ついでに豊臣秀吉が備中高松城を水攻めしたときに構築した築堤跡が残されている水攻め史跡公園も見てきました。

20110429_bicchu_takamatsu_castle-03.jpg
20110429_bicchu_takamatsu_castle-04.jpg

この日はこれで終了し、岡山市内のホテルへ向かいました。

category: 日記

tag: 日本100名城  鬼ノ城  日本の城郭  備中高松城 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop