DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »伊賀鉄道
このページの記事一覧

週末日記 2011年11月20日  

2011年11月20日(

20日は昼前に自宅近くのJoshinへ。
ここで買ってきたのはBluetoothキーボード。

20111120_keyboard-01.jpg

iPodやiPhoneは入力方式がフリック入力ですが、ブログのような長文を入力するには難儀した経験から外出先で使えるキーボードが欲しかったので・・・。

20111120_keyboard-02.jpg
20111120_keyboard-03.jpg

午後からは伊賀鉄道の撮影のため外出。
単純に近鉄でアクセするのは面白くないので、布施から高速バス「京都特急ニュースター号」で京都へ出向いて、京都から「みやこ路快速」で木津へ移動し大和路快速で加茂へ。

20111120_kyoto-01.jpg

加茂からはキハ120系に揺られて伊賀上野へ。

20111120_jrwest_dc_120_0-01.jpg
20111120_iga_ueno-01.jpg

伊賀上野からようやく伊賀鉄道に乗り換え。
乗車した車両は、これまたようやく捉えた元東急1000系の200系。

20111120_igatetsu_200-01.jpg

上野市で乗換した車両はギャラリー列車編成。

20111120_igatetsu_200-02.jpg

車内写真も撮っておきましたが、標準仕様も撮っておきたいところです。

20111120_igatetsu_200-in01.jpg

帰りは近鉄特急で帰ってきました。

20111120_kintetsu_12200-01.jpg
スポンサーサイト

category: 日記

tag: iPhone  キーボード  JR西日本  伊賀鉄道  近畿日本鉄道 
tb: 0   cm: 0

2009年9月27日 伊賀上野城5  

伊賀上野城を見終えると城址公園内にある芭蕉翁記念館と園外にある上野歴史民俗資料館へ寄ってきました。

ここに松尾芭蕉の記念館があるのは、伊賀上野が誕生の地であるからで、伊賀上野城のある旧上野市の市街地には生家を始めとする史跡がいくつかありますが、今回は上野公園内にある施設のみに絞りました。

20090927_basho_memorial_hall-02.jpg
20090927_basho_memorial_hall-01.jpg
20090927_basho_memorial_hall-03.jpg

上野公園内にある松尾芭蕉関連ものとしては俳聖殿と言う建物があり、1942年に芭蕉生誕300年を記念して建てられたものです。
俳星殿では芭蕉の命日である10月12日に芭蕉祭が伊賀市の主催で行われ、当日は内部に安置されている大伊賀焼の等身大の芭蕉坐像(川崎克作)が公開などが行われます。

20090927_iga_ueno_castle-28.jpg

上野歴史民俗資料館
こちらには旧上野市にまつわる歴史や資料などが紹介されています。

20090927_ueno_history_museum-01.jpg

時間がきたので上野市駅へ戻ってきます。

20090927_uenoshi-05.jpg
20090927_uenoshi-06.jpg

ここでダークグリーンのレトロ塗装車に遭遇。
昭和30年代まで使用されていた色で旧型車両では現役で見られたものだそうですが、写真の860系ではそれを再現したものです。

20090927_iga_rail_860-02.jpg

1本見送って先ほどまで車庫内に引っ込んでいたマルーンレッドのリバイバル塗装車も撮影。
こちらは伊賀線に転用される前の820系時代を再現したもの。

20090927_iga_rail_860-03.jpg

伊賀鉄道では東急の1000系を転用した200系を2009年から順次導入されていることから、これらのリバイバルカラーがあること自体は数年後に廃車と言うことを意味しています。

これに乗って当日は帰宅しました。

#おわり

category: 関西地方

tag: 日本100名城  伊賀上野城  松尾芭蕉  近畿日本鉄道  伊賀鉄道 
tb: 0   cm: 0

2009年9月27日 伊賀上野城1  

3月遠征が無かったことからネタのストックが尽きましたので、当面は未公開だった過去ネタを順次アップします。

2009年9月27日に伊賀上野城へ行ってきました。
日本100名城巡りの一環としてですが・・・。

合併後は伊賀市となった上野市駅に伊賀上野城がありますが、近鉄から伊賀鉄道に転換されてからの伊賀線に乗るのはこのときが初めて。

20090927_iga_kambe-02.jpg
20090927_iga_kambe-01.jpg

別会社になったため、券売機などは伊賀鉄道専用のものになり、食券販売機タイプの機種に変更されてコストダウンを図っているようです。
改札口は近鉄側のみとなったことから自動改札機などが近鉄大阪線寄りに移設され、伊賀鉄道のりばへは直接入って車内または降車時精算か駅で精算という形になっています。

20090927_iga_kambe-03.jpg
20090927_iga_kambe-09.jpg

当時は東急1000系が入線する直前だったことから各駅でのホーム改修工事による運休が行われる告示が掲示されていました。

20090927_iga_kambe-05.jpg
20090927_iga_kambe-04.jpg

伊賀鉄道移管により1面1線化と近鉄の自動改札機移設による既存のスロープ閉鎖と代替のスロープ設置などが施工されました。

20090927_iga_kambe-06.jpg
20090927_iga_kambe-07.jpg
20090927_iga_kambe-08.jpg

伊賀神戸から上野市へは860系の忍者電車。

20090927_iga_rail_860-01.jpg

そのまま、まったりと揺られて上野市に到着。

20090927_uenoshi-03.jpg
20090927_uenoshi-02.jpg
20090927_uenoshi-01.jpg

ここからは伊賀上野城を目指して歩いて行きます。

20090927_uenoshi-04.jpg

→次に続く。

category: 関西地方

tag: 伊賀鉄道  近畿日本鉄道 
tb: 0   cm: 0

2009年9月27日 近鉄・伊賀鉄道 860系  

伊賀鉄道では820系として登場した当時のマルーンレッドに銀帯のリバイバル塗装と旧型車両で1950年代まで使用されたダークグリーンのレトロ塗装のそれぞれ1本ずつ登場しています。

20090927_iga_rail_860-02.jpg
ダークグリーンのレトロ塗装となっている862編成
2009.9.27 上野市にて

20090927_iga_rail_860-03.jpg
マルーンレッドと銀帯のリバイバル塗装となっている863編成
2009.9.27 上野市にて

このタイミングでの登場は引退間近を意味します。

860系の種車である820系は近鉄奈良線向けとして1961年に登場した以降、48年間にわたり使用されてきた車両で、伊賀線へ転用されるのに際し6800系の台車と主電動機を流用して狭軌化され、現在は伊賀線を分社化した伊賀鉄道に貸与し、車両の所有は近鉄となっています。

しかし48年間使用された来た車体の痛みが激しいため車両更新が行われることが決定し、新たに使用する車両を受け入れるためにホームを削る工事が各駅で進められています。

近鉄ではローカル線区で使用される車両は特殊狭軌の内部線・八王子線と第3軌条方式のけいはんな線を除き幹線区で使用された車両を転用させることで賄ってきたのですが、伊賀鉄道の規格は狭軌で18m級車体までしか入線出来ないため、現在の近鉄では現有の車両が上記の例外を除いて21m級車体で揃えられているため、転用出来る車両がありません。

そこで、狭軌で比較的新しい18m級車体を使用し短編成でかつ先頭車電動車を採用している事業者を探すことになるのですが、関西圏では存在せず首都圏では京王3000系・東急1000系しかありません。

ネット上では東急の1000系が有力とされていますが、現時点では公式なリリースがなく、推測の領域を脱しません。

20080628_tokyu_n1000-03.jpg
譲渡車両として最も有力な東急1000系
2008.6.28 洗足池にて

20081123_keio_3000-01.jpg
地方に幅広く譲渡されている京王3000系
2008.11.23 高井戸にて

category: 関西地区の鉄道

tag: 近畿日本鉄道  伊賀鉄道  東京急行電鉄  京王電鉄 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2009年9月27日  

2009年9月27日(

27日はいつもの週末に早い時間にお出かけですが、特に予定は立てずに出掛けため、以降は思いつきで動くことになりました。

20090927_higashi_ikoma-01.jpg

まずは近鉄奈良線の編成写真の撮影。
ここは午前中での撮影には都合が良く、昼近くまで撮影しました。

20090927_kintetsu_1252-01.jpg
20090927_kintetsu_9020-01.jpg
20090927_kintetsu_8600-01.jpg

昼食を挟んでから大和西大寺へ。
橋上駅舎の増床工事が行われた大和西大寺駅は拡張された部分は駅ナカ「Time's Place SAIDAIJI」に充てられています。

20090927_yamato_saidaiji-01.jpg
20090927_yamato_saidaiji-02.jpg

大和西大寺から京橿特急に乗って大和八木へ向かい、大和八木から大阪線急行に乗り換えて伊賀神戸へ。
目的は日本100名城の1つである伊賀上野城へ行くため、最寄り駅である上野市駅へ向かうためです。

20090927_iga_kambe-02.jpg
20090927_iga_kambe-01.jpg

伊賀神戸で遭遇したのは忍者列車塗装。

20090927_iga_rail_860-01.jpg

これに乗って上野市へ移動中、かつて近鉄伊賀線で使用されてきた旧型車両の塗装として1950年代まで使用されていたダークグリーンのレトロ塗装に遭遇したものの撮れず、たどり着いた上野市駅に隣接する上野車庫でマルーンレッドに銀帯のリバイバル塗装車を見かけたものの、こちらも奥に引っ込んでいるため断念。

20090927_uenoshi-02.jpg
20090927_uenoshi-01.jpg

上野市駅から地下道を通って伊賀上野城へ。

伊賀上野城の現在ある天守の場所には本来改築による5層の天守が建つ予定だったのですが、竣功を控えた1612年に発生した嵐により倒壊、それ以降は武家諸法度により天守は再建されることなくそうで、現在建っている天守は築城当初と同じ3層なのですが、史的考証などもなされていない模擬天守だそうです。
天守自体は建設費を出資した川崎克氏の純和風への拘りから木造です。

20090927_iga_ueno_castle-01.jpg

上野城天守を観覧した後は芭蕉翁記念館と上野歴史民俗資料館へも入館しました。

20090927_basho_memorial_hall-01.jpg
20090927_ueno_history_museum-01.jpg

上野市駅へ戻ると丁度良いタイミングでレトロ塗装車に遭遇。

20090927_iga_rail_860-02.jpg

車庫の方ではリバイバル塗装車が伊賀神戸行きとして出庫してきたため1本見送って捉えることが出来ました。

20090927_iga_rail_860-03.jpg

伊賀鉄道では車体更新が今年の秋か冬から予定されていて、2011年度までに完了する事になっていることから、塗装変更=引退間近と言うことを意味しています。

この日はこれで終了し帰宅しました。

category: 日記

tag: 近畿日本鉄道  駅改良工事  大和西大寺駅  伊賀鉄道  日本100名城  伊賀上野城 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop