DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »伊賀上野城
このページの記事一覧

2009年9月27日 伊賀上野城5  

伊賀上野城を見終えると城址公園内にある芭蕉翁記念館と園外にある上野歴史民俗資料館へ寄ってきました。

ここに松尾芭蕉の記念館があるのは、伊賀上野が誕生の地であるからで、伊賀上野城のある旧上野市の市街地には生家を始めとする史跡がいくつかありますが、今回は上野公園内にある施設のみに絞りました。

20090927_basho_memorial_hall-02.jpg
20090927_basho_memorial_hall-01.jpg
20090927_basho_memorial_hall-03.jpg

上野公園内にある松尾芭蕉関連ものとしては俳聖殿と言う建物があり、1942年に芭蕉生誕300年を記念して建てられたものです。
俳星殿では芭蕉の命日である10月12日に芭蕉祭が伊賀市の主催で行われ、当日は内部に安置されている大伊賀焼の等身大の芭蕉坐像(川崎克作)が公開などが行われます。

20090927_iga_ueno_castle-28.jpg

上野歴史民俗資料館
こちらには旧上野市にまつわる歴史や資料などが紹介されています。

20090927_ueno_history_museum-01.jpg

時間がきたので上野市駅へ戻ってきます。

20090927_uenoshi-05.jpg
20090927_uenoshi-06.jpg

ここでダークグリーンのレトロ塗装車に遭遇。
昭和30年代まで使用されていた色で旧型車両では現役で見られたものだそうですが、写真の860系ではそれを再現したものです。

20090927_iga_rail_860-02.jpg

1本見送って先ほどまで車庫内に引っ込んでいたマルーンレッドのリバイバル塗装車も撮影。
こちらは伊賀線に転用される前の820系時代を再現したもの。

20090927_iga_rail_860-03.jpg

伊賀鉄道では東急の1000系を転用した200系を2009年から順次導入されていることから、これらのリバイバルカラーがあること自体は数年後に廃車と言うことを意味しています。

これに乗って当日は帰宅しました。

#おわり
スポンサーサイト

category: 関西地方

tag: 日本100名城  伊賀上野城  松尾芭蕉  近畿日本鉄道  伊賀鉄道 
tb: 0   cm: 0

2009年9月27日 伊賀上野城4  

今度は伊賀上野城の高石垣を見てきます。

20090927_iga_ueno_castle-20.jpg

西に豊臣家の居城である大坂城を睨む形の伊賀上野城は、徳川家の側に立つ藤堂高虎が豊臣家との戦いに備え、城の防備を強化するべく徳川家康が筒井家から没収した領地にあったこの城郭を拡張し、既存の内堀をさらに拡張して濠を掘った時に構築したのがこの高石垣なのですが、実際は西側だけ守りが堅くその他三方は守りが甘い形になっています。

これは豊臣家が大阪の役で滅亡し徳川家が勝利し当初の役目を終えたことから、藤堂高虎が津城を本条に据えてへ移ったため未完成のまま現在に至ったためです。

20090927_iga_ueno_castle-21.jpg

南側の見える県立上野高校があるあたりから西面が二の丸跡で、侍屋敷や藤堂家の御殿などがありました。

20090927_iga_ueno_castle-22.jpg

この高石垣は大坂城に次ぐ高さだそうです。

20090927_iga_ueno_castle-23.jpg
20090927_iga_ueno_castle-24.jpg

二ノ丸北西側から撮影。
西面。

20090927_iga_ueno_castle-25.jpg

同じく北面。
内堀北面辺りは筒井氏時代の濠を活用しています。

20090927_iga_ueno_castle-26.jpg

この後は芭蕉翁記念館と上野歴史民俗資料館へ行ってきます。

20090927_iga_ueno_castle-27.jpg

→次に続く。

category: 関西地方

tag: 日本100名城  伊賀上野城 
tb: 0   cm: 0

2009年9月27日 伊賀上野城3  

伊賀上野城の天守へ。

現在の伊賀上野城の天守は筒井氏が築城した当初と同じ3層なのですが、藤堂氏による改築では5層の天守が建設されたものの、竣功を控えた1612年に発生した嵐により倒壊し、それ以降は武家諸法度や本城を津に移したこともあり、天守は再建されませんでした。
写真の天守は1935年に建設されたもので、築城当時と時代考証がなされていない模擬天守で、建設費を出資した川崎克氏の純和風への拘りから木造で建設されたものですが、建設年代が古いため現存天守と間違いそうなほど馴染んでしまっています。

20090927_iga_ueno_castle-01.jpg
20090927_iga_ueno_castle-10.jpg

観覧券と冊子。

20090927_iga_ueno_castle-11.jpg

伊賀上野城に関する解説と鯱。

20090927_iga_ueno_castle-12.jpg

天守自体は伊賀文化産業城と言う名称である通り、内部は当地に関連した資料などが展示されています。

20090927_iga_ueno_castle-15.jpg
20090927_iga_ueno_castle-14.jpg
20090927_iga_ueno_castle-13.jpg

最上階からの眺め。

20090927_iga_ueno_castle-16.jpg
20090927_iga_ueno_castle-17.jpg
20090927_iga_ueno_castle-18.jpg
20090927_iga_ueno_castle-19.jpg

このあとは伊賀上野城の特徴である高石垣を見てきます。

→次に続く。

category: 関西地方

tag: 日本100名城  伊賀上野城 
tb: 0   cm: 0

2009年9月27日 伊賀上野城2  

伊賀上野城へ登城します。

20090927_iga_ueno_castle-02.jpg

現在は上野公園(東京の上野ではなく)という城址公園として整備された伊賀上野城は未完の城郭で、豊臣家を迎え撃つため改易された筒石氏に代わり藤堂氏が城の防備を強化や拡張をしていたのですが、完成間近の天守が暴風で倒壊したことと、大阪の役で豊臣家が滅亡したことで防備の強化が不要となったため改修が一部中止となり、交通の便の良好な津城を本城とし伊賀上野城は支城となり明治維新まで天守の再建は行われませんでした。

20090927_iga_ueno_castle-03.jpg

明治維新後は三重県の上野支庁が置かれて当地の中心的な役割を果たし、その後城址は現在の公園として整備され現在に至ります。

順路に沿って本丸へ歩いて行くと、本丸よりも一段高い場所があります。

20090927_iga_ueno_castle-05.jpg

ここは筒井氏が城主だった時代に天守が建てられていた場所で、改易後入城した藤堂氏の時代は御殿が置かれていました。
来訪当時、この場所では発掘調査が行われていました。

20090927_iga_ueno_castle-04.jpg

また、本丸に近接している場所でも発掘調査が行われていました。

20090927_iga_ueno_castle-06.jpg
20090927_iga_ueno_castle-07.jpg
20090927_iga_ueno_castle-08.jpg

本丸に到着。

20090927_iga_ueno_castle-09.jpg

続いては天守内へ入ります。

→次に続く。

category: 関西地方

tag: 日本100名城  伊賀上野城 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2009年9月27日  

2009年9月27日(

27日はいつもの週末に早い時間にお出かけですが、特に予定は立てずに出掛けため、以降は思いつきで動くことになりました。

20090927_higashi_ikoma-01.jpg

まずは近鉄奈良線の編成写真の撮影。
ここは午前中での撮影には都合が良く、昼近くまで撮影しました。

20090927_kintetsu_1252-01.jpg
20090927_kintetsu_9020-01.jpg
20090927_kintetsu_8600-01.jpg

昼食を挟んでから大和西大寺へ。
橋上駅舎の増床工事が行われた大和西大寺駅は拡張された部分は駅ナカ「Time's Place SAIDAIJI」に充てられています。

20090927_yamato_saidaiji-01.jpg
20090927_yamato_saidaiji-02.jpg

大和西大寺から京橿特急に乗って大和八木へ向かい、大和八木から大阪線急行に乗り換えて伊賀神戸へ。
目的は日本100名城の1つである伊賀上野城へ行くため、最寄り駅である上野市駅へ向かうためです。

20090927_iga_kambe-02.jpg
20090927_iga_kambe-01.jpg

伊賀神戸で遭遇したのは忍者列車塗装。

20090927_iga_rail_860-01.jpg

これに乗って上野市へ移動中、かつて近鉄伊賀線で使用されてきた旧型車両の塗装として1950年代まで使用されていたダークグリーンのレトロ塗装に遭遇したものの撮れず、たどり着いた上野市駅に隣接する上野車庫でマルーンレッドに銀帯のリバイバル塗装車を見かけたものの、こちらも奥に引っ込んでいるため断念。

20090927_uenoshi-02.jpg
20090927_uenoshi-01.jpg

上野市駅から地下道を通って伊賀上野城へ。

伊賀上野城の現在ある天守の場所には本来改築による5層の天守が建つ予定だったのですが、竣功を控えた1612年に発生した嵐により倒壊、それ以降は武家諸法度により天守は再建されることなくそうで、現在建っている天守は築城当初と同じ3層なのですが、史的考証などもなされていない模擬天守だそうです。
天守自体は建設費を出資した川崎克氏の純和風への拘りから木造です。

20090927_iga_ueno_castle-01.jpg

上野城天守を観覧した後は芭蕉翁記念館と上野歴史民俗資料館へも入館しました。

20090927_basho_memorial_hall-01.jpg
20090927_ueno_history_museum-01.jpg

上野市駅へ戻ると丁度良いタイミングでレトロ塗装車に遭遇。

20090927_iga_rail_860-02.jpg

車庫の方ではリバイバル塗装車が伊賀神戸行きとして出庫してきたため1本見送って捉えることが出来ました。

20090927_iga_rail_860-03.jpg

伊賀鉄道では車体更新が今年の秋か冬から予定されていて、2011年度までに完了する事になっていることから、塗装変更=引退間近と言うことを意味しています。

この日はこれで終了し帰宅しました。

category: 日記

tag: 近畿日本鉄道  駅改良工事  大和西大寺駅  伊賀鉄道  日本100名城  伊賀上野城 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop