DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »伊予鉄道
このページの記事一覧

黄金週間日記 2016年5月1日  

2016年5月1日(

GW前半遠征最終日は湯築城の再登城から。

20160501_yuzuki_castle-01.jpg

湯築城は一度登城しているのですが、当時は松山城を登城してからの来訪だったため、時間切れで資料館には入れず、今回再度登城した次第です。

20160501_yuzuki_castle-02.jpg
20160501_yuzuki_castle-03.jpg
20160501_yuzuki_castle-04.jpg
20160501_yuzuki_castle-05.jpg
20160501_yuzuki_castle-06.jpg
20160501_yuzuki_castle-07.jpg

湯築城を再登城した後は道後温泉本館へ。

20160501_dogo_sap-01.jpg

相変わらず人が多いので入りませんが、裏側を見てきました。

20160501_dogo_sap-02.jpg

昼からは郡中港へ。
9年ぶりに乗車した伊予鉄の郊外電車は京王から譲渡された3000系がお出迎え。

20160501_iyotetsu_3000-01.jpg
20160501_gunchu_port-01.jpg

郡中港に隣接して整備された五色浜公園にある旧郡中港灯台(萬安港灯台)へ。
もとは近くの場所に木造で建設されたのですが、後に防波堤の改修により石造りに改築され、1912年に現在の場所に移されたそうです。

20160501_gunchu_port-02.jpg
20160501_gunchu_port-03.jpg

松山市内へ戻り、郊外電車の編成写真の撮影。
まずは余戸で撮影を始めたのですが、やってくる列車は3000系が圧倒し、600系は数えるだけと言う・・・。

20160501_yougo-01.jpg
20160501_iyotetsu_3000-02.jpg
20160501_iyotetsu_600-01.jpg

市内電車と交差する古町へ。

20160501_komachi-01.jpg

ここでも3000系が圧倒していましたが、比較的新しい610系を2本とも捉えることができました。

20160501_iyotetsu_3000-03.jpg
20160501_iyotetsu_3000-04.jpg
20160501_iyotetsu_3000-05.jpg
20160501_iyotetsu_610-01.jpg
20160501_iyotetsu_610-02.jpg
20160501_iyotetsu_3000-06.jpg

駅に隣接する古町車庫にはオレンジ一色に塗装された700系がいたのですが、時間切れで捉えることができず撤収となりました。

松山駅で鞄を回収して、しおかぜ30号に乗って岡山へ。

20160501_matsuyama-01.jpg

こちらも所定は8600系のはずだったのですが、繁忙期の輸送力確保のために8000系に差し替えられていました。
結局、今遠征で8600系に乗れたのは高松~多度津のいしづち23号だけに終わりました。

20160501_jrshikoku_8000-01.jpg

岡山からさくら752号に乗り換えて帰阪。

20160501_okayama-01.jpg

たった一日夜勤をするという現実に引き戻されに帰宅しました。
スポンサーサイト

category: 日記

tag: 日本の城郭  日本100名城  伊予湯築城  伊予鉄道 
tb: 0   cm: 0

黄金週間日記 2016年4月30日  

2016年4月30日(

遠征2日目は数年ぶりに宇和島へ来訪しました。

その宇和島へ行く前に、伊予市駅前で撮影。

20160430_matsuyama-01.jpg

目的は市内電車とバス車両ですが、伊予鉄グループでは市内電車と路線バスのオレンジ一色塗装に変更されるとのことで、現行と新塗装の過渡期にあるこの時期は貴重と言えます。

20160430_iyotetsu_m50-01.jpg
20160430_iyotetsu_m50-02.jpg
20160430_iyotetsu_m50-03.jpg
20160430_iyotetsu_m2100-01.jpg
20160430_iyotetsu_m2100-02.jpg

伊予鉄の市内電車も古いですが、路線バスも負けておらず、結構古いメーカーのロゴを出した車両がリムジンバスに充てられていると思ったら割と新しい車両が入っていたりして退屈しませんでしたが、もう少し機材を整えてから撮りたいものです。

20160430_iyotetsu_bus-01.jpg
20160430_iyotetsu_bus-02.jpg
20160430_iyotetsu_bus-03.jpg
20160430_iyotetsu_bus-04.jpg
20160430_iyotetsu_bus-05.jpg
20160430_iyotetsu_bus-06.jpg
20160430_iyotetsu_bus-07.jpg

伊予市から宇和島自動車の宇和島・松山線に乗車。
城辺・宇和島~松山線は特急および急行の種別がある一般路線バスに分類されますが、伊予市~大洲市および西予市までは松山道を経由するため高速バス車両が充てられています。

20160430_uwajima_bus-01.jpg

圧倒的早さがあるJR特急に対し、松山市の中心部と大洲・卯之町・宇和島を格安で直接結ぶことをアピールしていることや、予讃線の末端部はローカル列車の本数が少ないこともあって利用は概ね良好と言ったところ。

20160430_uwajima_bus-02.jpg

1時間50分ほどで宇和島に到着。
前回来訪したときは曇っていましたが、今回は天候も良い感じ。

20160430_uwajima-01.jpg

昼食を挟んで午後からは宇和島城へ登城。

20160430_uwajima_castle-01.jpg
20160430_uwajima_castle-02.jpg
20160430_uwajima_castle-03.jpg
20160430_uwajima_castle-04.jpg
20160430_uwajima_castle-05.jpg

前回は予土線へ乗り継ぎ待ちの間に来訪したため天守のみでしたが、今回はじっくりと回れるので本丸および天守以外も巡ってきました。
一部の曲輪が修復工事のため入れないところがありましたが・・・。

20160430_uwajima_castle-06.jpg
20160430_uwajima_castle-07.jpg
20160430_uwajima_castle-08.jpg
20160430_uwajima_castle-09.jpg
20160430_uwajima_castle-10.jpg
20160430_uwajima_castle-11.jpg
20160430_uwajima_castle-12.jpg
20160430_uwajima_castle-13.jpg
20160430_uwajima_castle-14.jpg

宇和島市立伊達博物館へ。
こちらは江戸時代から宇和島藩を治めていた宇和島伊達家が所蔵していた史料や宇和島に関する文化遺産が展示されています。

20160430_uwajima_date_museum-01.jpg
20160430_uwajima_date_museum-02.jpg
20160430_uwajima_historic_museum-01.jpg

伊達博物館から1分ほど歩いて天赦園へ。
2代藩主の伊達宗利が海を埋め立てて造成した浜御殿の一部を7代目藩主の伊達宗紀が築庭したものです。

20160430_tenshaen-01.jpg
20160430_tenshaen-02.jpg
20160430_tenshaen-03.jpg
20160430_tenshaen-04.jpg
20160430_tenshaen-05.jpg

天赦園から市街地の反対側(北側)に位置する歴史資料館へ。
この洋風の建物はその昔、宇和島警察署として宇和島広小路に建設されたもので、戦災を免れた後、西海町役場として移築されました。
その後、新庁舎建設に際して現在の場所に再移築されて現在に至ります。

20160430_uwajima_kabasaki-01.jpg

歴史資料館の向かい側には樺崎砲台跡があり、黒船を迎え撃つために構築された砲台の一部が保存されています。

20160430_uwajima_kabasaki-02.jpg

宇和島での活動はここまでとし、帰りは宇和海22号を利用しましたが、それに充てられていたのは2000系の試作編成+量産車1両の4両編成だったことをここで記しておきます。

20160430_uwajima-02.jpg
20160430_jrshikoku_dc_2000-01.jpg

松山へ戻って遠征2日目は終了です。

category: 日記

tag: 伊予鉄道  伊予鉄バス  宇和島自動車  日本の城郭  日本100名城  伊予宇和島城  JR四国 
tb: 0   cm: 0

2010年5月2日 日本100名城を巡る四国の旅14 2日目スタートは今治へ  

初日の宿泊先はホテルJALシティ松山です。
2007年遠征の経験から格安系と松山駅から遠いと言うのは避けたところ、たまたまここに絞り込まれたわけです。

例によってシングルでの予約としました。
客室は比較的広い方です。

20100501_hotel_jal_city_matsuyama-01.jpg

ベット周り。
電話機の下にあるものは目覚まし時計。

20100501_hotel_jal_city_matsuyama-02.jpg

デスクトップ周り。

20100501_hotel_jal_city_matsuyama-03.jpg

客室エントランス。

20100501_hotel_jal_city_matsuyama-04.jpg

ユニットバス。
広さは一般的なもの。

20100501_hotel_jal_city_matsuyama-05.jpg

明けて2日目はホテルで朝食をとり、7:40頃にチェックアウト。
伊予鉄の郊外電車を撮影するため歩いて大手町へ向かいます。

大手町駅は市内電車と郊外電車が平面交差しています。

20100502_otemachi-01.jpg

大手町での狙いは京王から転用されてきた3000系なのですが、やってきたのは既存の800系と700系。
まあ、3000系自体は今後主力になることや、700系・800系も銚子電鉄に行ったり廃車される系列なので今回は由としておきます。

20100502_iyotetsu_700-01.jpg
20100502_iyotetsu_800-01.jpg

2日目は最初は今治城へ登城するため、今治へ向かいます。

20100502_matsuyama-01.jpg

ここでは単行の7000系に乗車しました。

実は過去何度か行った四国遠征でJR四国の電車となると「しおかぜ・いしづち」の8000系や「マリンライナー」の5000系・121系に乗っていますが、この7000系に関しては写真こそ収めていてもこれまで乗ったことがなく初乗車でした。

20100502_jrshikoku_7000-01.jpg

1時間ほどで今治に到着。

20100502_imabari-01.jpg

ここからは歩いて今治城へ向かいます。

→次に続く。

category: 四国地方遠征

tag: 伊予鉄道  JR四国 
tb: 0   cm: 0

2010年5月1日 日本100名城を巡る四国の旅13 湯築城・その2  

湯築城の後半は山頂部の本壇へ。
まずは南側から登りますがここには岩崎神社があります。

20100501_yuzuki_castle-18.jpg

中腹に位置する岩崎神社を横目にさらに上へ登ります。

20100501_yuzuki_castle-19.jpg

約3分ほどで山頂にある展望台に到着。
このあたりには建物が建っていたとされている定石が発掘されています。

20100501_yuzuki_castle-20.jpg

湯築城が築城された当初はこの丘陵部が縄張りだったそうで、後に麓の方にまで拡張されたらしいです。

20100501_yuzuki_castle-21.jpg

本壇の規模が小さいのでさっさと下りて北側半分を見てきます。
道後公園の北側半分は一般的な公園然としていてグラウンドや遊具類があり、そこを横目に西側へ回ります。

写真は園内北西側にある湯釜。

20100501_yuzuki_castle-22.jpg

外堀(園内北西側)

20100501_yuzuki_castle-23.jpg
20100501_yuzuki_castle-24.jpg

これで湯築城巡りは終了。
道後公園から歩いて道後温泉駅へ。

20100501_dogo_sap-01.jpg

丁度いいタイミングで坊っちゃん列車の第2編成が到着。

20100501_iyotetsu_dl_d2-01.jpg

当日の運用が終了のようで、一旦引き上げ線へ向かったあと駅前の留置場所へ移動し店じまいされました。

20100501_dogo_sap-02.jpg

例の時計台には人だかりが…。

20100501_dogo_sap-03.jpg

初日の予定はこれで終了ということで、松山駅へ鞄を回収にし戻ります。

20100501_iyotetsu_m2100-cab01.jpg

鞄を回収したついでに夕食。

20100501_diner.jpg

この後ホテルにチェックインして2日目を迎えます。

→次に続く。

category: 四国地方遠征

tag: 日本100名城  湯築城  伊予鉄道  坊っちゃん列車 
tb: 0   cm: 0

2010年5月1日 日本100名城を巡る四国の旅6 伊予鉄の市内電車撮影  

伊予大洲から松山へ移動してきました。
初日の宿泊先はここ松山市内としているため、カバンをロッカーに預けます。

20100501_matsuyama-04.jpg

ホテルにチェックインするまでの間は前回遠征時に天守へ入れずにしくじった松山城と未登城の湯築城を巡るのですが、その前に伊予鉄の市内電車の車両写真を捉えます。

松山駅の観光案内所で市内電車の一日乗車券を購入。

20100501_iyotetsu_1day-01.jpg

↑市内電車に何度も乗り降りするので…。
早速松山市駅へ。

20100501_matsuyama_shi-01.jpg

ここでは前回遠征した時と同じく伊予鉄市内電車の車両写真撮影タイム。

モハ2000形。

20100501_iyotetsu_m2000-01.jpg

同じくモハ2000形ですが、市内電車の路線網が松山市駅を盲腸線状態であるのと、市内循環系統がある関係で松山市駅を出発した時と戻ってきた時の向きが異なる場合があり、写真のように逆向きになるケースも有ります。

20100501_iyotetsu_m2000-02.jpg

モハ50形。
写真の51号車は前期型で昔ながらの路面電車然としている。

20100501_iyotetsu_m50-01.jpg

同じくモハ50形ですが、写真の77号車は後期型で前期型とは車体構造が異なる上、屋根の高さも異なる。

20100501_iyotetsu_m50-02.jpg

市内電車では最新鋭となるモハ2100形。
アルナ車両の「リトル・ダンサー」シリーズのボギー構造の単車型であるタイプSを採用していますが、従来型のボギー構造を踏襲しているため台車間のみ低床化されているだけで、収容能力的にも在来車に比べて劣るという欠点が露呈されています。

20100501_iyotetsu_m2100-01.jpg

さて、ここで坊っちゃん列車が入線してきました。

20100501_iyotetsu_dl_d1-01.jpg

ここで方向転換するのですが、伊予鉄道では方向転換できるターンテーブルがありません。
そこで、機関車側に方向転換するための方向転換装置とジャッキが装備されています。

20100501_iyotetsu_dl_d1-02.jpg

所定の位置に転がされた機関車は底面に取り付けられているジャッキで車体を浮かせ、人力で方向転換します。

20100501_iyotetsu_dl_d1-03.jpg
20100501_iyotetsu_dl_d1-04.jpg

方向転換後はジャッキを下ろして車輪をレールに載せ、自力で南堀端方へ移動。

20100501_iyotetsu_dl_d1-05.jpg

機関車の方転が終わるのと同時に客車を車止め側へ人力で移動させます。

20100501_iyotetsu_pc_h1-01.jpg

最後尾の車輪が分岐器を通過したことを確認すると今度は転線して機関車に連結。
連結後は直ちに坊っちゃん列車の乗車位置に移動させます。

20100501_iyotetsu_pc_h1-02.jpg

この後は大街道へ移動して松山城へ登城します。

→次に続く。

category: 四国地方遠征

tag: 伊予鉄道  坊っちゃん列車 
tb: 0   cm: 0

黄金週間日記 2010年5月1日  

2010年5月1日(

2010年のGWは四国の城巡りをすることにしました。
昨年に引き続き日本城郭協会が認定する日本100名城を主に巡り、初日であるこの日は愛媛県で未登城である4つあるうちの3つをめぐってきました。

混雑を避けるために前日に岡山入りとしたため、この日はマリンライナー1号の乗車から始まります。
この列車はグリーン車なしの2両編成という短編成ですが、さほど混んでいるわけでもなく、ほぼ座れてしまう程度利用状況で、宇野線と瀬戸大橋線の初電扱い的要素ということも考えるとそんなものかなと…。

20100501_okayama-01.jpg
20100501_jrwest_ec_223_5000-01.jpg

坂出からいしづち3号に乗り換え、松山から宇和海3号に乗り換えて伊予大洲へ。
松山から乗った宇和海は2000系試作車。

20100501_jrshikoku_8000-01.jpg
20100501_jrshikoku_2000-01.jpg

2007年遠征の時も乗っているのでこれで2度目ですが、何か縁めいているのか…。

伊予大洲では大洲城をメインに大洲市内観光。

20100501_iyo_ozu-01.jpg

先ずは大洲城から。
大洲城の天守は復元されたものですが、掛川城や白河小峰城と同じく木造で再建された天守です。

20100501_ozu_castle-01.jpg

大洲城関係では城の中核以外はほとんど市街地化したため南隅櫓が大洲高等学校に隣接した場所にあったり、苧綿櫓が市民会館の近くに残っていたりして城関係だけで殆どの時間が潰れてしまいました。

20100501_ozu_castle-02.jpg
20100501_ozu_castle-03.jpg

臥龍山荘は建物内部の撮影が禁止されているため撮れませんでしたが、景勝地である臥龍淵に建つ日本家屋です。

20100501_garyu_sanso-01.jpg

昼食を挟んでから松山へ戻ったのですが、伊予大洲で乗る予定の宇和海12号に危うく乗りそびれるところでした…。

松山へ移動してしばらくは伊予鉄の市内電車の再撮影。

20100501_matsuyama_shi-01.jpg

前回と同じく松山市駅前で撮影すると言うお手軽撮影スタイルとなりました。

20100501_iyotetsu_m50-01.jpg
20100501_iyotetsu_m2100-01.jpg
20100501_iyotetsu_dl_d1-01.jpg

撮影後は松山城へ。
前回の四国遠征ではタイムアップで札止めとなってしまったためリベンジとなりましたが、麓の二の丸跡も含めてまとめてやっつけてきました。

20100501_matsuyama_castle-01.jpg
20100501_matsuyama_castle-02.jpg

松山城を出て夕方になった頃に道後温泉の近くにある湯築城跡にも行ってきました。

20100501_yuzuki_castle-01.jpg

現在は道後公園として整備されている城跡は、併設されている資料館には入れなかったものの、園内の半分は復元されています。

20100501_yuzuki_castle-02.jpg
20100501_yuzuki_castle-03.jpg

これでこの日の予定は終了です、最後に道後温泉駅へ足を伸ばして撮影をしてからホテルへ向かい初日を終えました。

20100501_iyotetsu_dl_d2-01.jpg

category: 日記

tag: JR西日本  JR四国  伊予鉄道  日本100名城  伊予大洲城  伊予松山城  湯築城 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop