DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »伊予松山城
このページの記事一覧

2010年5月1日 日本100名城を巡る四国の旅11 伊予松山城・その5  

松山城の最後は二の丸史跡庭園と三ノ丸跡を見てきます。
槻門跡を横目にまずは二ノ丸史跡庭園から。

20100501_matsuyama_castle-70.jpg

松山城の二ノ丸には平時の政務や藩主の住居などに使用する二の丸御殿と庭園がありました。

20100501_matsuyama_castle-71.jpg

写真の建物は多聞櫓の一部で内部は展示室などになっています。

20100501_matsuyama_castle-72.jpg

茶室「聚楽亭」
二ノ丸に3つある茶室の一つで、聚楽亭は松山城天守がよく見える場所にあります。

20100501_matsuyama_castle-73.jpg
20100501_matsuyama_castle-74.jpg

二ノ丸御殿跡。
現状は御殿の間取りが再現されているだけです。

20100501_matsuyama_castle-02.jpg

座居間あとから見る庭園。

20100501_matsuyama_castle-75.jpg

観恒亭。

20100501_matsuyama_castle-76.jpg

大井戸遺構。

20100501_matsuyama_castle-77.jpg
20100501_matsuyama_castle-78.jpg

二ノ丸の正門である四脚御門の傍らにある番屋。

20100501_matsuyama_castle-79.jpg

黒門口登城道から撮影した四脚御門。

20100501_matsuyama_castle-89.jpg

米蔵。

20100501_matsuyama_castle-90.jpg

本丸の井戸を基に再現された井戸屋形。

20100501_matsuyama_castle-80.jpg

槻門跡。

20100501_matsuyama_castle-81.jpg

黒門跡。

20100501_matsuyama_castle-82.jpg

黒門跡側から見た三ノ丸跡。

20100501_matsuyama_castle-83.jpg

黒門跡から見る三の丸跡。

20100501_matsuyama_castle-84.jpg

三ノ丸跡全体。
写真右奥に三ノ丸御殿があったとされています。

20100501_matsuyama_castle-85.jpg

三の丸跡から撮影した二ノ丸御殿跡と勝山山頂にある天守を絡めた周辺の様子。

20100501_matsuyama_castle-86.jpg

写真右側奥に県庁が建っている。

20100501_matsuyama_castle-87.jpg

三ノ丸の三方を囲うように掘られている水堀。

20100501_matsuyama_castle-88.jpg

松山城観覧はこれで終了。
次は道後温泉に近い場所にある湯築城へ向かいます。

→次に続く。
スポンサーサイト

category: 四国地方遠征

tag: 日本100名城  伊予松山城 
tb: 0   cm: 0

2010年5月1日 日本100名城を巡る四国の旅10 伊予松山城・その4  

本壇を出て残りの櫓などを見つつ、二の丸の方へ向かいます。

20100501_icecream-01.jpg

紫竹門。
大手と搦手の仕切門として設けられ、門の北側に紫竹が植えられていたことからこの名がつけられているとされています。

20100501_matsuyama_castle-56.jpg

西側から見る北櫓・十間廊下・南櫓。

20100501_matsuyama_castle-57.jpg

野原櫓。
騎馬櫓とも言うこの櫓は城郭北西及び北側の防衛を担ってきた櫓で、現存の建造物です。

20100501_matsuyama_castle-58.jpg

乾門関連の建造物で、3棟とも築城時に正木城から移築されたものだそうです。
左から順に乾門東続櫓・乾門・乾櫓

20100501_matsuyama_castle-59.jpg

古町口東城道側から見る乾門。

20100501_matsuyama_castle-60.jpg
20100501_matsuyama_castle-61.jpg

ここから下へ歩くと古町へ続いてますが、写真の石垣は麓の黒門口登城道入り口(二の丸跡付近)までつづいている石垣です。

20100501_matsuyama_castle-62.jpg

さて、本丸を通って大手門へ戻り、今度は黒門口登城道を二の丸の方へ降りていきます。

20100501_matsuyama_castle-63.jpg

ひたすら歩くこと約10分ほどで石垣で見えてきます。

20100501_matsuyama_castle-64.jpg
20100501_matsuyama_castle-65.jpg

二ノ丸の北側に出てきます。
二ノ丸跡が史跡庭園として整備されているため、このあたりは比較的整備されています。

20100501_matsuyama_castle-66.jpg
20100501_matsuyama_castle-67.jpg
20100501_matsuyama_castle-68.jpg

黒門跡を横目に進むと二ノ丸史跡庭園はもうすぐです。

20100501_matsuyama_castle-69.jpg

この後は二ノ丸史跡庭園と三ノ丸跡を巡ります。

20100501_matsuyama_castle-70.jpg

→次に続く。

category: 四国地方遠征

tag: 日本100名城  伊予松山城 
tb: 0   cm: 0

2010年5月1日 日本100名城を巡る四国の旅9 伊予松山城・その3  

松山城の天守と櫓群内に入ります。
建物内部は展示室になっていますが、以下提示する写真は順路通りに紹介していきます。

まずは内門上部にある続櫓。
写真奥側が玄関と北隅櫓。

20100501_matsuyama_castle-37.jpg

玄関。

20100501_matsuyama_castle-38.jpg
20100501_matsuyama_castle-39.jpg

北隅櫓。

20100501_matsuyama_castle-40.jpg

北隅櫓から見る本壇北側。
左から順に乾門東続櫓・乾門・野原櫓。

20100501_matsuyama_castle-41.jpg

十間廊下。

20100501_matsuyama_castle-42.jpg

南隅櫓と小天守の間にある多聞櫓。

20100501_matsuyama_castle-43.jpg

小天守。

20100501_matsuyama_castle-44.jpg

小天守最上階。

20100501_matsuyama_castle-45.jpg

小天守から見る本檀南西側。
左側から時計回りに三ノ門東塀、三ノ門南櫓、二ノ門南櫓、一ノ門東塀、一ノ門南櫓、一ノ門。

20100501_matsuyama_castle-46.jpg

同じく中庭。
左側から順に十間廊下、北隅櫓、玄関多聞(玄関、内門)、大天守。

20100501_matsuyama_castle-47.jpg

麓にある二の丸と三の丸(堀之内)とその手辺を囲む松山市街地。

20100501_matsuyama_castle-48.jpg

大天守最上階。
当日は混雑していて登るのも降りるのも時間がかかりました。

20100501_matsuyama_castle-49.jpg
20100501_matsuyama_castle-50.jpg

大天守から見る松山市街地。
(4枚とも合成パノラマ写真でクリックすると元のサイスで表示されます)

東側。
直下に見える独立した櫓は艮門・艮門東続櫓で不浄門とも呼ばれています。
また、ここから道後温泉と湯築城跡(道後公園)を見ることが出来ます。

20100501_matsuyama_castle-51.jpg

西側。

20100501_matsuyama_castle-52.jpg

南側

20100501_matsuyama_castle-53.jpg

北側。

20100501_matsuyama_castle-54.jpg

天守を出て内門の外側に位置する仕切門。

20100501_matsuyama_castle-55.jpg

本壇を出て残りの乾門などを巡ります。

→次に続く。

category: 四国地方遠征

tag: 日本100名城  伊予松山城 
tb: 0   cm: 0

2010年5月1日 日本100名城を巡る四国の旅8 伊予松山城・その2  

2007年夏遠征でしくじった松山城本壇へ入ります。
松山城では天守曲輪を本壇と呼ぶそうです。

20100501_matsuyama_castle-01.jpg

本檀入り口に立つのは松山城築城400年祭の時に登場した「よしあきくん」
松山城を築城した加藤嘉明をモデルにしたマスコットです。

20100501_matsuyama_castle-22.jpg

松山城天守の観覧券

20100501_matsuyama_castle-23.jpg

紫竹門東塀。
現存建装物ですが、江戸時代に一度焼失し再建されています。

20100501_matsuyama_castle-24.jpg

一の門。

20100501_matsuyama_castle-25.jpg
20100501_matsuyama_castle-26.jpg

二の門。
薬医門とも呼ばれています。

20100501_matsuyama_castle-27.jpg

本壇外側にある天神櫓。
ここには菅原道真が祀られています。

20100501_matsuyama_castle-28.jpg

三の門。

20100501_matsuyama_castle-29.jpg

三の門南櫓。

20100501_matsuyama_castle-30.jpg

筋鉄門東塀。

20100501_matsuyama_castle-31.jpg

筋鉄門。

20100501_matsuyama_castle-32.jpg

本団中庭を撮影。

まずは大天守ですが、築城当初は5層天守が建っていました。
しかし本丸自体は勝山山頂の谷を埋め立てているため地盤が弱く、後に3層天守に改修されたものの1784年の落雷で焼失し、現在ある天守は1854年に再建された3代目と言うことだそうです。

幕末である当時なら再建されることがなかった天守が再建できたのは、当時の藩主が親藩大名の松平容保であったからともされています。

20100501_matsuyama_castle-33.jpg

小天守。

20100501_matsuyama_castle-34.jpg

下の写真は小天守(左)と南隅櫓(右)
写真右側に続く建物は南隅櫓と北隅櫓を結ぶ十間廊下。

20100501_matsuyama_castle-35.jpg

内門。
この左側に玄関があるのですが、撮り忘れました。
ただし内部からは撮ってます。

20100501_matsuyama_castle-36.jpg

次は天守を含めた建物内部に入ります。

→次に続く。

category: 四国地方遠征

tag: 日本100名城  伊予松山城 
tb: 0   cm: 0

2010年5月1日 日本100名城を巡る四国の旅7 伊予松山城・その1  

※:松山城と称する城郭は分かっているだけで8箇所(出羽・武蔵・下総・備中・石見・伊予・豊前・大隅)あることから、今遠征で登城した愛媛県の松山城関連の記事名は旧国名を冠して「伊予松山城」と記します。

大街道電停を降りて松山城へ向かいます。

20100501_matsuyama_castle-03.jpg

2007年GW遠征の時は天守を目前にして入場札止めに遭ったと言う失敗をしているため、今回はリベンジとなりますが、麓側に二の丸跡があるためこれらをまとめて巡ることにしました。

登城は前回と同じく一般的なルートである東雲口から。

20100501_matsuyama_castle-04.jpg

ここからリフトに乗って長者ヶ平へ上がります。
今回は二の丸跡・三の丸跡も見るためリフトは片道のみチケット購入です。

20100501_matsuyama_castle-05.jpg

リフトの終点である長者ヶ原に付くと天守までは歩きです。

20100501_matsuyama_castle-06.jpg
20100501_matsuyama_castle-07.jpg

長者ヶ原から歩いてまずは揚木戸門跡。
本丸南東側に位置するもんで南西側の大手門とともに本丸入口としての重要な拠点となっていました。

20100501_matsuyama_castle-08.jpg

筒井門側の石垣に沿って進むと大手門跡があります。
東雲神社に通じる揚木戸門とは異なり、城の中核である二の丸や堀之内と呼ばれた三の丸に通じる門として機能していました(写真左側が大手門跡)

20100501_matsuyama_castle-09.jpg

こちらはこの後入る筒井門・戸無門と大手門跡との位置関係です。
写真左側から順に筒井門、小ぶりな門が戸無門、右側に大手門となっています。

20100501_matsuyama_castle-10.jpg

この背後にあるのが本丸上段にある太鼓櫓。

20100501_matsuyama_castle-11.jpg

高麗門の様式となっている戸無門。

20100501_matsuyama_castle-12.jpg

櫓門の様式である筒井門。
本丸正面を固める門で伊予郡松前町にあった正木城から移設されたと伝えられているが1949年に焼失したため、現在あるこの門は1971年に資料を基に復元されたものです。

20100501_matsuyama_castle-13.jpg

筒井門の石垣に隠れるように設けられている隠門。
筒井門に到達した敵を奇襲するためにあったとされています。

20100501_matsuyama_castle-14.jpg

筒井門と隠門の関係を本丸側から撮影したもの。
両者の上部を東西に続櫓で渡している様式です。

20100501_matsuyama_castle-15.jpg

太鼓門と巽櫓。

20100501_matsuyama_castle-16.jpg

この太鼓門をくぐると天守がある本丸上段に到着します。

20100501_matsuyama_castle-17.jpg

本丸上段に到着。

20100501_matsuyama_castle-21.jpg

巽櫓。

20100501_matsuyama_castle-18.jpg

太鼓門とは続櫓でつながっている太鼓櫓。

20100501_matsuyama_castle-19.jpg

現在は松山城防災施設の操作室である馬具櫓。
こちらは鉄筋コンクリートで再建された二層隅櫓です。

20100501_matsuyama_castle-20.jpg

この後は天守曲輪に当たる本壇へ入ります。

→次に続く。

category: 四国地方遠征

tag: 日本100名城  伊予松山城 
tb: 0   cm: 0

黄金週間日記 2010年5月1日  

2010年5月1日(

2010年のGWは四国の城巡りをすることにしました。
昨年に引き続き日本城郭協会が認定する日本100名城を主に巡り、初日であるこの日は愛媛県で未登城である4つあるうちの3つをめぐってきました。

混雑を避けるために前日に岡山入りとしたため、この日はマリンライナー1号の乗車から始まります。
この列車はグリーン車なしの2両編成という短編成ですが、さほど混んでいるわけでもなく、ほぼ座れてしまう程度利用状況で、宇野線と瀬戸大橋線の初電扱い的要素ということも考えるとそんなものかなと…。

20100501_okayama-01.jpg
20100501_jrwest_ec_223_5000-01.jpg

坂出からいしづち3号に乗り換え、松山から宇和海3号に乗り換えて伊予大洲へ。
松山から乗った宇和海は2000系試作車。

20100501_jrshikoku_8000-01.jpg
20100501_jrshikoku_2000-01.jpg

2007年遠征の時も乗っているのでこれで2度目ですが、何か縁めいているのか…。

伊予大洲では大洲城をメインに大洲市内観光。

20100501_iyo_ozu-01.jpg

先ずは大洲城から。
大洲城の天守は復元されたものですが、掛川城や白河小峰城と同じく木造で再建された天守です。

20100501_ozu_castle-01.jpg

大洲城関係では城の中核以外はほとんど市街地化したため南隅櫓が大洲高等学校に隣接した場所にあったり、苧綿櫓が市民会館の近くに残っていたりして城関係だけで殆どの時間が潰れてしまいました。

20100501_ozu_castle-02.jpg
20100501_ozu_castle-03.jpg

臥龍山荘は建物内部の撮影が禁止されているため撮れませんでしたが、景勝地である臥龍淵に建つ日本家屋です。

20100501_garyu_sanso-01.jpg

昼食を挟んでから松山へ戻ったのですが、伊予大洲で乗る予定の宇和海12号に危うく乗りそびれるところでした…。

松山へ移動してしばらくは伊予鉄の市内電車の再撮影。

20100501_matsuyama_shi-01.jpg

前回と同じく松山市駅前で撮影すると言うお手軽撮影スタイルとなりました。

20100501_iyotetsu_m50-01.jpg
20100501_iyotetsu_m2100-01.jpg
20100501_iyotetsu_dl_d1-01.jpg

撮影後は松山城へ。
前回の四国遠征ではタイムアップで札止めとなってしまったためリベンジとなりましたが、麓の二の丸跡も含めてまとめてやっつけてきました。

20100501_matsuyama_castle-01.jpg
20100501_matsuyama_castle-02.jpg

松山城を出て夕方になった頃に道後温泉の近くにある湯築城跡にも行ってきました。

20100501_yuzuki_castle-01.jpg

現在は道後公園として整備されている城跡は、併設されている資料館には入れなかったものの、園内の半分は復元されています。

20100501_yuzuki_castle-02.jpg
20100501_yuzuki_castle-03.jpg

これでこの日の予定は終了です、最後に道後温泉駅へ足を伸ばして撮影をしてからホテルへ向かい初日を終えました。

20100501_iyotetsu_dl_d2-01.jpg

category: 日記

tag: JR西日本  JR四国  伊予鉄道  日本100名城  伊予大洲城  伊予松山城  湯築城 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop