DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »京成電鉄
このページの記事一覧

週末日記 2015年10月17日  

2015年10月17日(

小田急ファミリー鉄道展2015において登場10周年を迎えたVSEが展示されることから、数年ぶりに小田急のイベントに来場するため、この週末を首都圏遠征としました。

往路はのぞみ206号。

20151017_shin_osaka-01.jpg

東京に到着後は京成曳舟駅の連立事業の見聞。

20151017_keisei_hikifune-01.jpg
20151017_keisei_hikifune-02.jpg

今回の切替で上下線とも高架化されましたが、下り線側の一部は旧線があった関係で未完成の箇所が見られます。

また、高架下の工事が終わっていないため、改札外の通路も仮の状態です。

20151017_keisei_hikifune-03.jpg
20151017_keisei_hikifune-04.jpg
20151017_keisei_hikifune-05.jpg
20151017_keisei_hikifune-08.jpg
20151017_keisei_hikifune-06.jpg
20151017_keisei_hikifune-07.jpg
20151017_keisei_hikifune-09.jpg

工事の画像をツイートしているとTwitterのタイムラインに川越車両センターでイベントが模様されていることを知り、急遽川越へ飛んでいきました。
埼京線・川越線の車両基地であるJR東日本川越車両センターは川越線南古谷駅が最寄り。

20151017_minami_furuya-01.jpg

イベントの規模自体は比較的小規模ではあるものの、特に荒れることがないので安心してみていられます。

20151017_jr_kawagoe_event-01.jpg
20151017_jr_kawagoe_event-02.jpg
20151017_jr_kawagoe_event-03.jpg
20151017_jr_kawagoe_event-04.jpg
20151017_jr_kawagoe_event-05.jpg
20151017_jr_kawagoe_event-06.jpg

ここでは洗車線体験があったので、実際に乗ってきました。
洗車線の乗車体験は神戸市営地下鉄の時以来なのですが、ワクワクします。

1時間ほど滞在しましたが、14:30にはイベントが終了と言うことで撤収。

20151017_jr_kawagoe_event-07.jpg

その後は東武東上線や都営新宿線を乗ってきましたが、ここでは特に撮るものがないため単純に乗車で終わりこの日は終了。
ホテルへ戻って明日は今回の遠征の主目的である小田急のイベントへ出向きます。
スポンサーサイト

category: 日記

tag: 連続立体交差事業  京成電鉄  鉄道イベント  JR東日本 
tb: 0   cm: 0

三連休日記 2013年11月3日  

2013年11月3日(

遠征2日目は鉄道工事見聞をメインに据えて動きました。

20131103_jreast_ec_e233_7000-01.jpg

午前中は京成押上線の曳舟駅周辺の連立事業からスタート。

20131103_keisei_hikifune-01.jpg

今年8月下旬に上り線が高架切り替えとなった京成曳舟駅はホーム幅が広く取られていますが、3階構造でホーム階が高い場所にあることから上り下りするという負担が増えてしまいます・・・。

20131103_keisei_hikifune-02.jpg
20131103_keisei_hikifune-03.jpg
20131103_keisei_hikifune-04.jpg

横浜へ移動して昼食後は相鉄の天王町~和田町の連立事業見聞。
高架橋を構築し直しとなる天王町ではホームの二俣川方の一部が閉鎖され、横浜方に仮設ホームを設けて工事スペースを捻出している様子。

20131103_tennocho-01.jpg
20131103_tennocho-02.jpg

一方、星川では下り仮線の真上に巨大な高架構造物が構築されており、数年前に見たJR奈良駅の高架工事を連想させられます。

20131103_hoshikawa-01.jpg
20131103_hoshikawa-02.jpg

相鉄線内では東海道貨物線の横浜羽沢を経由して東急東横線・目黒線とJRとの相互直通運転に備えた工事が進められており、相鉄線側の分岐点となる西谷駅も見てきました。

20131103_nishiya-01.jpg

工事自体は待避線が一時閉鎖され、横浜方では分岐までの複々線化と交差部分の仮設工事が進められています。

20131103_nishiya-02.jpg

夕方からは南武線へ。
南武線は沿線自治体の予算編成や執行手続きなどの都合により順次立体交差化と駅改良工事が進められていますが、今回は2005年にあるオフ会で見た矢野口と現時点では見聞していなかった稲城長沼と南多摩の工事も見てきました。

矢野口は2005年に来訪したときは下り線の高架切り替えが済んだところでしたが、来訪後数ヶ月後には上り線も高架切り替えが完了していたということで、今回ようやくまともに見ることが出来た次第です・・・。

20131103_yanokuchi-01.jpg
20131103_yanokuchi-02.jpg

一方、矢野口から立川寄りにある稲城長沼と南多摩は2011年に下り線の高架切り替えが完了し、上り線が今年12月に切替えの予定で、両駅では上り線の主要工事がほぼ終わっている状態ですが、稲城長沼駅は切替え後に旧線の撤去後に2面4線化される予定となるため、次回の行われる上り線の高架切り替え時点では暫定的に2面3線となる模様です。

20131103_inagi_naganuma-01.jpg
20131103_inagi_naganuma-02.jpg
20131103_minami_tama-01.jpg
20131103_minami_tama-02.jpg

橋本へ移動して夕食後は京王線の車内写真の撮影。

20131103_keio_9030-01.jpg

ここでは9000系30番台後期車と都営10-300形を撮影しました。

20131103_toien_10_300-01.jpg
20131103_toien_10_300-in01.jpg
20131103_toien_10_300-cab01.jpg

ここでの撮影を持って遠征2日目は終了。
ホテルへ戻って遠征最終日を迎えることにします。

category: 日記

tag: 連続立体交差事業  京成電鉄  相模鉄道  輸送改善工事  JR東日本  京王電鉄  東京都交通局 
tb: 0   cm: 0

2011年8月27日 節電モードの首都圏遠征2011夏6 京成押上線の撮影  

東京総合車両センターのイベント巡りを終えてフリーになったため、ホテルへチェックインするまでは撮影タイムとしました。

品川から都営浅草線経由で京成押上線入りして、八広で撮影という流れで・・・。

まずは北総鉄道7300形。

20110827_hokuso_7300-01.jpg

京成3700形。
写真の3851-3858編成は最終増備車の一つ前の8次車に当たり、前照灯が上部に移されている他、標識灯の形状が横長の細めになっているのが特徴です。

20110827_keisei_3700-01.jpg

京急新1000形。
1次車の1009-1016編成。

20110827_keikyu_n1000la-02.jpg

京急1500形1700番台。

20110827_keikyu_1700-01.jpg

京成3400形。

20110827_keisei_3400-01.jpg

京成3000形3050番台。

20110827_keisei_3050-01.jpg

北総7260形。
京成から3300形1次車の3308編成・3316編成をリースしたもので通常は2本繋いだ8両編成で運行されていますが、なかなかお目見えにならない車両のため、ここで捉えたのは偶然の確率でした。

20110827_hokuso_7260-01.jpg

芝山鉄道3600形。
京成から3600形を同鉄道へリースされたもので、3618編成1本のみがリースされている。

20110827_shibayama_3600-01.jpg

京成3700形3711-3718編成(第2編成)
1991年に投入された1次車でさっきの8次車と違い前照灯・標識灯の形状が異なる。

<20110827_keisei_3700-02.jpg

京急新1000形。
2次車の1025-1032編成。

20110827_keikyu_n1000la-03.jpg

都営5300形
こちらは前期車。

20110827_toei_5300-01.jpg

京成3600形。

20110827_keisei_3600-01.jpg

京急新1000形。
1次車の第1編成である1001-1008編成。

20110827_keikyu_n1000la-01.jpg

京急新1000形。
こちらはステンレス車体の6次車以降のグループで、写真の10次車の1121-1128編成で車内案内表示器が液晶モニタに変更されています。

20110827_keikyu_n1000sus-01.jpg

都営5300形
こちらはスカートが大型化された後期車。

20110827_toei_5300-02.jpg

京急600形「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」

20110827_keikyu_600-01.jpg

北総9000形。
住都公団からの車両で当初は2000形と呼称されていましたが、後に9000形に改番されています。

20110827_hokuso_9000-01.jpg

撮影終了後、京成高砂へ移動。

20110827_keisei_takasago-01.jpg

ここから金町線に乗換えて金町へ向かい常磐線へ乗換えました。

20110827_keisei_3300-01.jpg

→次に続く。

category: 関東地方遠征

tag: 京成電鉄  北総鉄道  京浜急行電鉄  東京都交通局  芝山鉄道 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2011年8月27日  

2011年8月27日(

大井町にある東京総合車両センターと入曽の西武鉄道南入曽車両基地のイベントを見に行くため、この週末は上京することにしました。

前日までは残業だったことから当時と早朝出発。
往路は上京手段のデフォルトとなったのぞみ204号。

20110827_shin_osaka-01.jpg

品川到着後、イベント開始までには時間があったことから京急に乗り換えて編成写真撮影と京急蒲田駅の連立事業の見聞さらりと済ませてきました。

20110827_keikyu_2100-01.jpg

横浜から横須賀線に乗り換えて武蔵小杉へ。

20110827_musashi_kosugi-01.jpg

連絡通路の工事が進んだ武蔵小杉駅は動く歩道が整備されていました。

20110827_musashi_kosugi-02.jpg
20110827_musashi_kosugi-03.jpg

武蔵小杉から武蔵溝ノ口へ移動。
タッチの差で南武線快速に逃げられという醜態をさらしましたが、節電対応で東急大井町線が二子玉川折り返しになっていたのは目が点ものです・・・。

大井町へ戻るといよいよ会場入り。
首都圏の車両をメンテナンスする大工場であるため、見て回るのに手間取った上、時間が掛かってしまったため、南入曽の方は現地着が間に合わないことから断念することにしました。

20110827_jr_event-01.jpg
20110827_jr_event-02.jpg

結果的にフリーとなったため、このあとは京成押上線へ出向いて編成写真の撮影。
前回同様、八広での撮影は北総の7260形や芝山鉄道3600形を捉えました。

20110827_keisei_3050-01.jpg
20110827_hokuso_7260-01.jpg
20110827_shibayama_3600-01.jpg
20110827_keikyu_n1000la-01.jpg
20110827_keikyu_n1000sus-01.jpg

八広の撮影のあとは金町へ移動し金町から常磐線へ。

ちょうどいいタイミングで東京メトロ16000系に遭遇。
しかも同系同士で続行というものでした。

20110827_tokyo_metro_16000-01.jpg
20110827_tokyo_metro_16000-02.jpg

10000系に次ぐデザイン性の高い車内を取手で撮影。

20110827_tokyo_metro_16000-in01.jpg
20110827_tokyo_metro_16000-cab01.jpg

撮影終了後は松戸で夕食タイムを挟んで都内のホテルへ向かい、初日であるこの日は終わりました。

20110827_diner-01.jpg

category: 日記

tag: JR東日本  鉄道イベント  京浜急行電鉄  京成電鉄  北総鉄道  東京メトロ 
tb: 0   cm: 0

2010年9月18日 首都圏の鉄道車両と工事を巡る撮影の旅1 京成電鉄撮影  

JR東日本がハイブリッドシステム搭載のリゾートトレインHB-300系「リゾートビューふるさと」を9月18日と19日の両日に上野駅構内で展示されるなったことから、9月18日~20日の三連休は首都圏遠征としました。

20100918_furusato-01.jpg

今回は撮影を軸に動くことにし、展示会イベントのほかにE233系2000番台の導入による引退することになった203系の車内外の撮影、ホームドア導入に伴う山手線の6ドア車とこれに代わり挿入される変則窓配置の車両などを撮影することにしました。

往路はのぞみ206号。

20100918_shin_osaka-01.jpg
20100918_jrcentral_n700_0-01.jpg
20100918_nozomi204-01.jpg

当日の富士山は山頂付近が雲で覆われています。

20100918_mt_fuji-01.jpg

品川に到着すると鞄をロッカーに預けて撮影に繰り出します。
まずは京成電鉄の撮影のために都営浅草線経由で京成高砂へ。

20100918_shinagawa-01.jpg

撮影場所として選んだ京成高砂は京成電鉄の撮影ポイントとしてはメジャーな場所で、到着した時は占有されていたので撤退された頃合いを見計らって撮影開始。

展示会の時間の都合上手短で済ませましたが、捉えた車両は以下の通り。

20100918_keisei_3400-01.jpg
3400形

20100918_keisei_3000_2g-01.jpg
3000形(2代目)

20100918_keisei_3500-01.jpg
3500形

20100918_keisei_ae_2g-01.jpg
AE形(2代目)

20100918_keisei_3500-02.jpg
3500形

撮影終了後は金町経由で車両展示会場入りします。

→次に続く。

category: 関東地方遠征

tag: JR東海  京成電鉄 
tb: 0   cm: 0

三連休日記 2010年9月18日  

2010年9月18日(

9月18日から20日まで続く三連休を首都圏の鉄道撮影に充てるため、この日から上京しています。

この週末ではハイブリッドシステム搭載のリゾートトレインHB-300系「リゾートビューふるさと」18・19の両日に上野駅に展示されることから、この日は展示会を絡めながら撮影という流れにしました。

20100918_furusato-01.jpg

往路はのぞみ206号。
指定席は比較的埋まってそうな感じでしたが、自由席に居たこちら側は4割程度といったところ。

20100918_shin_osaka-01.jpg
20100918_jrcentral_n700_0-01.jpg

品川に到着後、鞄をロッカーに放り込んで身軽になり都営浅草線から京成押上線へ移動。
京成高砂に到着すると、ここから撮影開始。

京成高砂で午前中での撮影というのは今回が初めてでしたが、秋に入る現地で10時過ぎた状況だと前面が影になるためもう少し早い時間帯での撮影が宜しいというところでした・・・。
成果としては新型スカイライナーを綺麗に収めれたということ。

20100918_keisei_3000_2g-01.jpg
20100918_keisei_ae_2g-01.jpg
20100918_keisei_3500-01.jpg

金町経由で展示会場となっている上野へ。
会場に到着すると展示開始から少したったぐらいで混んでました。

20100918_jreast_dc_hb_e300-01.jpg

内部も公開されていましたが、この混雑では・・・。

20100918_jreast_dc_hb_e300-in01.jpg

展示会場をあとにして午後からはひたすら常磐線の車両を撮影することに専念。
その前に山手線のE231系500番台の撮影。

20100918_jreast_ec_231_500-01.jpg

目的はホームドア導入により消滅する6ドア車の撮影と差し替えで挿入される変則的な窓配置の10号車などの撮影。
今回は外観のみですが、早いうちに車内写真も撮っておきたいところです。

20100918_jreast_ec_231_500-02.jpg
20100918_jreast_ec_231_500-03.jpg
20100918_jreast_ec_231_500-04.jpg

常磐線の撮影はE233系2000番台導入により姿を消すJR203系と16000系導入により勢力が大幅に減ると予想される6000系を中心に編成写真のみならず車内写真も撮影。

20100918_jreast_ec_203_0-in01.jpg
20100918_tokyo_metro_6000-01.jpg
20100918_tokyo_metro_6000-02.jpg
20100918_tokyo_metro_6000-03.jpg
20100918_tokyo_metro_6000-04.jpg

撮影時の行動に関してはホリデーパスを活用して我孫子と取手を往復という忙しない形でしたが、203系のトップナンバーと209系1000番台を捉えることが出来ました。

20100918_jreast_ec_203_0-01.jpg
20100918_jreast_ec_209_1000-01.jpg
20100918_jreast_ec_209_1000-in01.jpg

当日はE233系2000番台が3本運用に入っているところを捉えています。

20100918_jreast_ec_e233_2000-01.jpg
20100918_jreast_ec_e233_2000-02.jpg
20100918_jreast_ec_e233_2000-in01.jpg

18時前に撮影を終了。
品川で夕食をいただきホテルに向かいこの日はここまでとしました。

20100918_diner-01.jpg

category: 日記

tag: 京成電鉄  JR東日本  リゾートビューふるさと  東京メトロ 
tb: 0   cm: 0

2010年7月19日 首都圏鉄道を巡る三連休17 締め括りは東武鉄道撮影  

成田空港から京成関屋に戻ってきました。

20100719_keisei_sekiya-01.jpg
20100719_keisei_sekiya-02.jpg

京成関屋駅の正面には東武伊勢崎線の牛田駅が向い合せに構えています。

20100719_keisei_sekiya-03.jpg
20100719_ushida-01.jpg
20100719_ushida-02.jpg

東武伊勢崎線に乗り換えて編成写真の撮影に挑みますが、今一つと言うことでせんげん台でのワンショットのみで切り上げて再び移動しました。

20100719_tobu_50050-01.jpg

春日部から東武野田線に乗り換えて大宮へ。
武蔵野線よりも外延部を半周する形の路線ですが、ダラダラと宅地化されていった日本の典型的な郊外を行く路線であるのは言うまでもありません。

20100719_omiya-01.jpg

大宮から埼京線に乗り換え。
東北・上越新幹線建設の見返りとしての路線ですが、大宮側から新宿方面へ利便の高いことから、利用率の高い路線です。

20100719_omiya-02.jpg

武蔵浦和に到着。
埼京線では大宮と同じ緩急接続できる配線となっています。

20100719_musashi_urawa-01.jpg

武蔵浦和から武蔵野線に乗り換え。
北朝霞で降車した際、189・183系に遭遇。

20100719_jreast_ec_189_0-01.jpg

朝霞台から東武東上線に乗り換えて編成写真撮影へ。
ここへ乗り入れている東京メトロ10000系で比較的最近入った編成の装備が変わっているようで、屋根上に載っている冷房装置の筐体がコンパクトになっているようでしたが、今回は撮りませんでした。

他で撮影したのは東京メトロ7000系更新車、東武50090系・10030系(50番台)・9000系でした。

20100719_tokyo_metro_7000n-01.jpg
20100719_tobu_50090-01.jpg
20100719_tobu_10050-01.jpg
20100719_tobu_9000-01.jpg

川越まで撮影しつつ移動した後、ここで終了。
東京へ戻ってくる途中で夕食タイム。

20100719_diner-01.jpg

上野で鞄を回収し東京からのぞみ263号に乗って大阪へ帰りました。

20100719_tokyo-01.jpg
20100719_nozomi263-01.jpg

#「2010年7月17日~7月19日 首都圏鉄道を巡る三連休」おわり

category: 関東地方遠征

tag: 京成電鉄  東武鉄道 
tb: 0   cm: 1

2010年7月19日 首都圏鉄道を巡る三連休16 成田空港駅  

成田空港駅に到着しました。
今回で二度目となる成田空港駅は成田スカイアクセスの開業に合わせて改良工事が行われていました。

20100719_narita_airport-01.jpg

成田湯川からここまでの移動は京急新1000形10次車。

20100719_keikyu_n1000sus-01.jpg

今回は全体では見てきてないため、新設されたホームと運賃体系が異なる本線系統との中間改札口を見てきました。
まずは新設されたホーム。

20100719_narita_airport-02.jpg

改札階。
本線系はブルー、スカイアクセス系はオレンジで案内されている。
右手奥に見えるのが本線への中間改札。

20100719_narita_airport-03.jpg

空港ターミナルビルへも出向いてきました。

20100719_narita_airport-04.jpg

展望デッキにあるこの穴は写真撮影用の穴。
大小異なる大きさのものが用意されています。

20100719_narita_airport-05.jpg

この手は鉄道の世界にはない発想。
メディアによる昨今の撮影者バッシングが目立つ中、安全を確保しつつ撮影できるような環境づくりと発想の転換が必要に段階に来ているにも関わらず、鉄道事業者、鉄道趣味者やその団体・組織などからは出てきません。

この状況が続くと事業者・撮影者の両者とも不幸になるだけなのですが、未だに前時代的発想でしか論じられないのは困ったものです。

この後は東武鉄道での撮影に入るので成田をあとにしました。

→次に続く。

category: 関東地方遠征

tag: 京成電鉄  成田スカイアクセス  成田空港 
tb: 0   cm: 0

2010年7月19日 首都圏鉄道を巡る三連休15 成田湯川駅  

成田湯川駅に到着しました。

20100719_narita_yukawa-01.jpg

成田湯川駅は成田スカイアクセス線の新規建設区間である印旛日本医大から空港第2ビルの間に新設された駅で、駅名の由来は地元で馴染まれている湯川に知名度の高い成田を冠したのだそうです。

ここで降車して駅の様子を見てきます。

20100719_narita_yukawa-02.jpg

ホームは2面4線で、ホームは待避線側に面し通過線にはホーム画面していない構造で、成田空港側は単線であるものの高速運転に対応するため合流地点にある分岐器は番数が大きい38番分岐器が用いられています。
国内で同じものは上越新幹線下り線の高崎駅北方にある北陸新幹線との分岐点にあるだけで、国内では最大級のものだそうです。

まずはホーム階。
成田空港側。

20100719_narita_yukawa-03.jpg
20100719_narita_yukawa-06.jpg

羽田空港・京成高砂・京成上野側。

20100719_narita_yukawa-07.jpg
20100719_narita_yukawa-04.jpg

駅自体は、成田線の我孫子支線の交差する位置に有り、ホームからでも確認することが出来ます。

20100719_narita_yukawa-08.jpg

中間にある2階。

20100719_narita_yukawa-09.jpg
20100719_narita_yukawa-10.jpg

地上にある改札階。

20100719_narita_yukawa-11.jpg
20100719_narita_yukawa-12.jpg
20100719_narita_yukawa-13.jpg
20100719_narita_yukawa-14.jpg

駅前はロータリーが整備され、京成電鉄系の千葉交通バスが乗り入れています。
また周辺は成田ニュータウンが造成されていますが、駅入口側とは反対側は開発の手があまり入っていない状態です。

20100719_narita_yukawa-05.jpg

先程触れた成田線我孫子支線との交差部。
ここに駅を設置する要請が成田線活性化推進協議会などから出されているそうですが、JR東日本千葉支社の反応は鈍いのだそうです。

まあ、あそこは左派系組合の五月蝿いからね。

20100719_narita_yukawa-15.jpg

ホーム階へ戻って新型スカイライナーの撮影。
撮影隊がいるので次善の策的な位置で撮ってますが・・・。

20100719_keisei_ae_2g-02.jpg

撮影後は成田空港駅へ移動します。

→次(2010年8月16日更新分)に続く

category: 関東地方遠征

tag: 京成電鉄  成田スカイアクセス 
tb: 0   cm: 0

2010年7月19日 首都圏鉄道を巡る三連休14 京成電鉄の撮影  

最終日を迎えました。
最終日の午前中は成田スカイアクセス線が開業した京成電鉄へ。

20100719_keisei_ueno-01.jpg

今回は京成上野駅から。
切符売り場に掲げられている運賃表は経由地により異なる運賃が掲示されている。

20100719_keisei_ueno-02.jpg

発車案内板はLCD式が整備されています。

20100719_keisei_ueno-03.jpg

乗車する前に撮影を・・・。
3700形は長らく造られた車両で製造年次により前面の灯具類や車内の仕様も異なります。
また、近年は行先表示を白色LED・種別表示がフルカラーLEDに変更された編成も存在します。

20100719_keisei_3700-02.jpg

車内写真を・・・。

まずは初期車。
座席自体は表地がパープルに変更されています。

20100719_keisei_3700-in01.jpg

中期車。
肘掛の形状が変更されていますが、バケットシートは後年変更されたもの。

20100719_keisei_3700-in02.jpg

後期車。
車端部の窓が貫通扉以外閉鎖されていることと、袖仕切りが大型化されています。

20100719_keisei_3700-in03.jpg

ドア鴨居部にある車内案内表示器。

20100719_keisei_3700-in04.jpg

続いて2代目AE形。
撮影隊が進出していたためアイコンショットを撮るにも難儀しました。

20100719_keisei_ae_2g-01.jpg

2代目AE形の車内写真を。
まずは車内全体。

20100719_keisei_ae_2g-in01.jpg

荷物置場。
E259系と違いオープンな印象を受けます。

20100719_keisei_ae_2g-in02.jpg

デッキ部。

20100719_keisei_ae_2g-in03.jpg

撮影後は京成高砂へ移動します。

20100719_keisei_3700-01.jpg

京成高砂から成田スカイアクセスに乗り換えになりますが、上位優等同志の接続は今一つのようで、誤乗対策で意図的に3分程ずらしているらしいです。
おかげで当てが外れて十数分の穴にはまってしまいましたが、この間にシティライナーで継続されているAE100形を捉えました。

20100719_keisei_ae100-01.jpg

この後は成田スカイアクセス線に乗り成田湯川へ移動しました。

→次に続く。

category: 関東地方遠征

tag: 京成電鉄 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop