DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »下田歌子
このページの記事一覧

2009年9月22日 東海地方の城郭と鉄道を巡る旅40 岩村城・その5  

岩村城の出丸です。

出丸は東曲輪同様、防衛上重要な曲輪で下の写真左側には二重櫓が2基と多聞が配されていましたが、現在は車で登城されるための駐車場となっています。

20090922_iwamura_castle-54.jpg

出丸と本丸との間にある帯曲輪。
正面にあるのが本丸の石垣。

20090922_iwamura_castle-53.jpg

氷餅蔵跡。
戦闘時の籠城に備えて氷餅を貯蔵していた蔵があった場所で、現在は売店「売店蘭丸」があるのですが、来訪時は閉まっていました。

20090922_iwamura_castle-55.jpg

立身出世の鐘。
力加減をミスッたので大音響の鐘の音が響き渡りました・・・汗。

20090922_iwamura_castle-56.jpg

南曲輪。
奥にそれらしき移行があるのですが、むやみに藪の中に入るのは避けようと言うことで今回はパス。

20090922_iwamura_castle-57.jpg

以上で岩村城観覧は終了。
下山してきて藩主館跡付近にある下田歌子勉学所。

20090922_iwamura-06.jpg

岩村出身である歌人・教育者の下田歌子の勉強部屋を再現したもので、勉強部屋自体は元々彼女の父が使用していた書斎だったそうです。

20090922_iwamura-07.jpg

勉強所の敷地内にある下田歌子銅像。
こちらは比較的新しく造られたものです。

20090922_iwamura-08.jpg

石畳の道を挟んだ勉強所の向かい側には下田歌子顕彰碑があります。
この石碑は亡くなる一年前に実践女子学校関係者の善意により、同校の校庭で製作されてから岩村の地に運ばれてきました。

20090922_iwamura-09.jpg

4日目の来訪予定はこれで終了し岩村駅へ戻ってきました。
岩村駅には2004年まで使用されていた腕木信号機が復元されています。

これら写真のものは基本的には産業遺産としてのモニュメントですが、駅員の指導の下で操作することが出来ます。

20090922_iwamura-10.jpg
20090922_iwamura-11.jpg
20090922_iwamura-12.jpg
20090922_iwamura-13.jpg
20090922_iwamura-14.jpg

恵那からは中央西線快速に乗り換えたのですが、レジャー利用と部活帰りの学生で混雑していました。

20090922_ena-09.jpg

多治見で混雑した快速から降りてガラガラの各駅停車の乗り換えて名古屋へ向かい遠征4日目を終えました。

20090922_jrcentral_ec_211_5000-in01.jpg

→次に続く。
スポンサーサイト

category: 東海地方遠征

tag: 日本100名城  岩村城  下田歌子  明知鉄道 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop