DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »ヲンネモトチャシ
このページの記事一覧

2012年8月14日 北海道の史跡と鉄道を巡る旅29 ヲンネモトチャシ  

納沙布岬に到着しました。

20120814_cape_nosappu-01.jpg
20120814_cape_nosappu-02.jpg

ここからは日本100名城に認定されている「根室半島チャシ跡群」の一つであるヲンネモトチャシを訪れることにするのですが、史跡がある温根元漁港まで向かうには納沙布岬から徒歩しか手段がありません。
:温根元まで結ぶバスもありますが、平日の1往復に限られている上に時間帯も合わない)

20120814_cape_nosappu-03.jpg

オーロラタワーを横目に温根元漁港を目指します。

20120814_cape_nosappu-04.jpg

納沙布岬からオホーツク海沿いに10本ほど歩くと温根元の東端にたどり着きます。

20120814_onnemoto-01.jpg

集落の中程まで進むとヲンネモトチャシが見えてきますが、まだ遠いです・・・。

20120814_onnemoto-03.jpg

集落に入ってから10分ほど進むと分岐点に出てきますが、ここから右の住宅地へ向かいます。
ここは太平洋側に抜ける道路とも交差しています。

20120814_onnemoto-04.jpg

もう少し先へ進むと。

20120814_onnemoto-05.jpg

ヲンネモトシャチの入口が見えてきます。
納沙布岬から歩いて35分ほどかかりました。

20120814_onnemoto_chashiato-01.jpg

少し入ると貨物の貨車を使用した倉庫らしきものと「ヲンネモトチャシ」への案内を記した簡素な看板が置かれています。

20120814_onnemoto_chashiato-04.jpg

チャシとはアイヌ文化で言うところの砦に相当するものですが、これには諸説色々とある他、時代によって位置づけが違っていたと言うこともあったとかで・・・。

では、先へ進みます。
写真の場所は周囲に縦穴があった場所です。

20120814_onnemoto_chashiato-05.jpg

小階段を上って先へ進むと。

20120814_onnemoto_chashiato-07.jpg

チャシ跡群の中では比較的整備されている方で、ここには案内板が。

20120814_onnemoto_chashiato-02.jpg

案内板から東へ歩いて行くと・・・。

20120814_onnemoto_chashiato-06.jpg

史跡跡を示すものが。

20120814_onnemoto_chashiato-08.jpg

さらに進むと・・・。

20120814_onnemoto_chashiato-09.jpg

ヲンネモトチャシの史跡指定範囲に出てきます。
この平坦な箇所およびその周辺が指定範囲となっています。

20120814_onnemoto_chashiato-10.jpg

ヲンネモトチャシからみる温根元漁港。

20120814_onnemoto_chashiato-03.jpg

同じ場所から西側を見る。

20120814_onnemoto_chashiato-11.jpg

5分ほどの滞在ですが、急いで納沙布岬へ戻ります。
先ほどの入口から西側に階段があるようです。

20120814_onnemoto_chashiato-12.jpg

階段をもぼった先にある入口から撮影。
先ほどの貨車との位置関係はこんな感じで。

20120814_onnemoto_chashiato-13.jpg

札幌への最終列車であるスーパーおおぞら14号に接続する釧路行きの連絡するバスに間に合わせるべく納沙布岬に向けて走りました。

20120814_onnemoto-06.jpg

逃すと厄介なので必死でした・・・汗。

20120814_onnemoto-02.jpg

バス出発の5分前にたどり着きました。

20120814_cape_nosappu-05.jpg

流石に灯台まで行くには時間が無かったため「四島のかけはしと祈りの火」だけ撮影しただけです。
2005年8月の来訪時は到着後に霧に包まれてしまったため、期を改めて来訪しないとダメです。

20120814_cape_nosappu-06.jpg

→次に続く。
スポンサーサイト

category: 北海道遠征

tag: 日本の城郭  日本100名城  根室半島チャシ群  納沙布岬  温根元  ヲンネモトチャシ 
tb: 0   cm: 0

北海道遠征日記 2012年8月14日  

2012年8月14日(火)

遠征5日目である14日は根室半島シャチ群の一つであるヲンネモトチャシを訪れるため納沙布岬へ出向いて札幌へ戻ると言う日帰りコースとしました。

20120814_sapporo-01.jpg

出発は7時過ぎのスーパーおおぞら1号。

20120814_sapporo-02.jpg

以前発生した石勝線のトンネル内における走行中の火災事故の影響などで、同線内でのトンネル区間内は減速運転が実施されているため、遅延が最大20分近くに拡大したものの、釧路到着までに10分ほどに回復するというヒヤヒヤものの道中でした。

20120814_jrhokkaido_dc_283-01.jpg

釧路からは快速ノサップ号に乗り換えて根室へ。
満席状態ではあるものの、如何せん単行でまかなえる程度・・・。

20120814_kushiro-01.jpg
20120814_jrhokkaido_dc_54_500-01.jpg
20120814_nemuro-01.jpg

根室からは根室交通の納沙布岬行きに乗換。
スーパーおおぞら1号の遅延に引きずられる格好で5分遅れで出発。

20120814_nemuro-02.jpg
20120814_nemuro_transport-01.jpg

納沙布岬に到着するとその足でヲンネモトチャシがある温根元漁港方面へ歩いて行くのですが、温根元自体は納沙布岬からは2kmも離れている上に史跡であるヲンネモトチャシはその西端に位置しているためプラスαの距離があり、史跡にたどり着くまでに35分。

20120814_cape_nosappu-01.jpg
20120814_onnemoto-01.jpg
20120814_onnemoto_chashiato-01.jpg

あまり悠長に撮影をしていると根室駅前ターミナル行きのバスに乗れなくなるため、駆け巡るように撮影を済ませて撤収。

20120814_onnemoto_chashiato-02.jpg
20120814_onnemoto_chashiato-03.jpg

余裕がないため納沙布岬への帰りは走って何とか間に合いましたが・・・。
これを逃すと釧路の札幌行き最終であるスーパーおおぞら14号にを逃すことになるため必死でした。

20120814_onnemoto-02.jpg

根室へ戻ると6分の接続で釧路行きに乗車。
往路で見た面々がチラホラと見かけるのですが、来訪先が向こうは納沙布岬、こっちはヲンネモトシャチと違うとは言え、それ以外は考えることは同じだったようです。

20120814_jrhokkaido_dc_54_500-02.jpg

釧路からはスーパーおおぞら14号に乗換。
ここまでくれば楽勝モノですが、往路と同じくトンネル区間の減速の影響で15分の遅れを持って札幌に到着。

20120814_kushiro-02.jpg
20120814_jrhokkaido_dc_283-02.jpg

遠征5日目はこれで終了。
もう一泊して明日は帰帆するだけとなります。

20120814_sapporo-03.jpg

category: 日記

tag: JR北海道  根室交通  日本の城郭  日本100名城  根室半島チャシ群  納沙布岬  温根元  ヲンネモトチャシ 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop