DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »トラピスチヌ修道院
このページの記事一覧

2012年8月12日 北海道の史跡と鉄道を巡る旅16 トラピスチヌ修道院  

遠征3日目は函館を発つ前にトラピスチヌ修道院へで向いてマダレナ・ケーキを購入し、午後から札幌へ向かうと言う流れです。

20120812_hakodate-03.jpg

ホテルをチェックアウトして函館駅のコインロッカーに鞄を預けると、函館バスの五稜郭タワー・トラピスチヌ・シャトルバスに乗車します。
このシャトルバスはトラピスチヌ修道院のすぐ近くにあるトラピスチヌ前停留所まで乗入れ、函館駅ターミナルでののりばは4番。

20120812_hakodate-01.jpg
20120812_hakodate-02.jpg

シャトルバスに乗り込んで函館駅を出ると五稜郭タワーまで出向いて、湯ノ川を経由してトラピスチヌ前へと進みます。
一般の路線バスはトラピスチヌ前までは乗り入れずに道道83号線上にあるトラピスチヌ入口停留所が最寄りとなっることから、このシャトルバスは有り難いのですが、如何せん本数が少ないと言うのがネックです。

40分ほどでトラピスチヌ前に到着。

20120812_hakobus-01.jpg

トラピスチヌ修道院は停留所から南へ歩いてすぐの場所。

20120812_trappistine_convent-01.jpg

さて、この上湯川にあるトラピスチヌ修道院はカトリック系のトラピスト会(厳律シトー会)の修道院で正式名称を「天使の聖母トラピスチヌ修道院」で、国内で最初に出来た観想女子修道院なのだそうです。
ちなみにトラピストというのは、フランスノルマンディー地方のトラップ修道院の厳しい規律に従うシトー修道会のグループのことを指し、その修道院の場所の名を取ってトラピスト(女子はトラピスチヌ)と呼ばれるようになったのだそうです。

20120812_trappistine_convent-03.jpg

修道院の大半は非公開であるため、一般観光客が立入れるのは写真正面から上までに限定されています。

20120812_trappistine_convent-02.jpg
20120812_trappistine_convent-04.jpg
20120812_trappistine_convent-05.jpg
20120812_trappistine_convent-06.jpg

最上段まで来ましたが、この建物内部には入れません。
このあたりは一般的な観光スポットとは違うため、この来訪に際しては念頭に置いてください。

20120812_trappistine_convent-07.jpg

では下へ。

20120812_trappistine_convent-08.jpg

売店。
ここには修道院の概要などを紹介した資料館が併設されています。

この売店で目的のマダレナ・ケーキを購入・発送の手配を済ませます。

20120812_trappistine_convent-09.jpg

修道院入口周辺。
財団法人函館市住宅都市施設公社が管理する市民の森が隣接しています。

20120812_trappistine_convent-10.jpg

時間の都合があるため函館駅へ戻ります。
先ほどバスで上がってきた道を下りて行きます。

20120812_trappistine_convent-11.jpg

しばらくすると道道83号線との交差点へ出てきます。

20120812_trappistine_convent-12.jpg

上湯川町交差点。

20120812_trappistine_convent-13.jpg

ここは三叉路なっていて、函館市街地から来るとトラピスチヌ修道院は右側の上り坂へ向かえばいいわけです。

20120812_trappistine_convent-14.jpg

上湯川町交差点を西へ歩いた先にトラピスチヌ入口停留所があり、ここからバスに乗って函館駅へ戻りました。

20120812_trappistine_convent-15.jpg

→次に続く。
スポンサーサイト

category: 北海道遠征

tag: 函館バス  トラピスチヌ修道院 
tb: 0   cm: 0

北海道遠征日記 2012年8月12日  

2012年8月12日(

遠征3日目は函館を発つ前にトラピスチヌ修道院へで向いてマダレナ・ケーキを購入し、午後から札幌へ向かうと言う流れです。

20120812_hakodate-01.jpg

ホテルをチェックアウトして函館駅のコインロッカーに鞄を預けると、函館バスの五稜郭タワー・トラピスチヌ・シャトルバスに乗車。
車両自体は特別仕様ではなく通常の路線バスの車両が使われていました。

20120812_hakodate-02.jpg

トラピスチヌ前停留所で降車。
一般の路線バスはここまで乗り入れないため、このシャトルバスは有り難いのですが、如何せん本数が少ないと言うのがネックです。

20120812_hakobus-01.jpg

さて、この上湯川にあるトラピスチヌ修道院はカトリック系のトラピスト会(厳律シトー会)の修道院で正式名称を「天使の聖母トラピスチヌ修道院」で、国内で最初に出来た観想女子修道院なのだそうです。
ちなみにトラピストというのは、フランスノルマンディー地方のトラップ修道院の厳しい規律に従うシトー修道会のグループのことを指し、その修道院の場所の名を取ってトラピスト(女子はトラピスチヌ)と呼ばれるようになったのだそうです。

20120812_trappistine_convent-01.jpg
20120812_trappistine_convent-02.jpg

さて、目的のマダレナ・ケーキを購入・発送の手配を済ませると函館駅へ戻って鞄を回収してスーパー北斗9号に乗って札幌へ。
先へ進むたびに曇ってゆく様子は明日以降の行程に不安を覚えてしまいます・・・。

20120812_jrhokkaido_dc_281-01.jpg
20120812_Super_hokuto9-01.jpg

札幌に到着後はホテルに入るまでの時間を撮影タイムに充てることにしました。
とりあえずきっぷのフリー区間に入っていることから、それを活用してひとまず千歳へ足を伸ばし、ここで折り返してくる721系や731系の車内写真を撮影。

20120812_chitose-01.jpg
20120812_jrhokkaido_ec_721_0-01.jpg
20120812_jrhokkaido_ec_721_0-in01.jpg
20120812_jrhokkaido_ec_731-01.jpg
20120812_jrhokkaido_ec_731-in01.jpg

一つ目的を済ませると新千歳空港へ移動し車内写真の撮影をしたのですが、人気が無いタイミングが掴めず難儀します。

20120812_new_chitose_airport-04.jpg
20120812_jrhokkaido_ec_721_4000-in01.jpg
20120812_jrhokkaido_ec_721_4200-in01.jpg
20120812_jrhokkaido_ec_721_3200-in01.jpg
20120812_jrhokkaido_ec_789_1000-in01.jpg

撮影を切り上げて空港の展望デッキへ。

20120812_new_chitose_airport-01.jpg
20120812_new_chitose_airport-02.jpg
20120812_new_chitose_airport-03.jpg

20分ほど滞在した後はエアポート203号に乗車。
札幌からスーパーカムイになるその列車は789系1000番台が充てられていたため、初乗車達成。

20120812_jrhokkaido_ec_789_1000-01.jpg

札幌へ戻って鞄を回収してホテルへ向かい3日目は終了です。

category: 日記

tag: 函館バス  トラピスチヌ修道院  JR北海道 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop