DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »くろしお号
このページの記事一覧

2011年1月8日 紀伊半島巡る旅1 381系くろしお号  

1月8日から10日の三連休を利用して城廻の旅をしてきました。
約2か月ぶりの遠征となりますが、今回は夜勤明け帰宅後出発と言うタイトなスケジュール。

どうにか間に合って天王寺へ。
天王寺からくろしお1号に乗って本州最南端の駅・串本へ向かいます。

20110108_tennoji-01.jpg

2012年から置き換えの決定が昨年末に発表された381系に乗車。
くろしおを始めとする紀勢本線特急は紀伊半島沿岸部の観光と阪和間の速達列車と言う2つの側面があり、利用客層が異なりますが、基本的には複数名グループもしくは団体ツアーが多く車中は騒々しいので、ここではグリーン車を指定。

20110108_kuroshio1-01.jpg

数年前まで単線だった阪和線への連絡線は現在複線化されていますが、特急でここを通るのは初めて。

20110108_kuroshio1-02.jpg

阪和線内では快速列車に頭を押さえられてダラダラ~と進み、紀勢西線に入るといよいよ本領発揮かと思われたのですが、中央西線の「しなの」や中央東線の「スーパーあずさ」よりも線形的に厳しく、うねうねと進むようなルートがとられているため思っているほど早く進みません。

紀勢本線はイメージ的に海岸線を通るように思われますが、リアス式海岸の影響や比較的古い建設年代における土木技術上の理由から実際にはイメージされているよりも内陸部を通っています。

20110108_kuroshio1-03.jpg
20110108_kuroshio1-04.jpg
20110108_kuroshio1-05.jpg
20110108_kuroshio1-06.jpg

実際に海が見えるのは入り江が奥に入り込む場所や海岸線沿いの平地があるような場所ぐらいです。

20110108_kuroshio1-07.jpg
20110108_kuroshio1-08.jpg
20110108_kuroshio1-09.jpg
20110108_kuroshio1-10.jpg

くろしお用の381系はリニューアルされた際、新宮方の普通車をグリーン車に改造したため、窓配置とシートピッチが合わない箇所がでてしまうため、一部のシートピッチが変則的に長い箇所があります。
グリーン車にはフットレストが用意されているのですが、該当箇所はそこまで足が届かないため、その対策として足置きが別途用意されていいます。

20110108_kuroshio1-12.jpg

さて、くろしお号で使用されている車両が振り子電車の381系から非振り子の287系に置き換えられるということから所要時間云々の話題があるのですが、実際乗った印象だと振り子電車を導入するのは無駄です。

振り子電車は曲線が比較的長い区間が有利ですが、くろしお号の場合やや急な曲線がある以外に線形が左右にうねるように設定されていることと、建設年代がより古い紀伊田辺以南は線形そのものが悪いため、振り子の機能自体が威力を発揮しにくく、機能自体が無駄に使われているが故に快適性が損なわれるという本末転倒になっているのに過ぎないというのが今回の非振り子電車への置き換えへの結論の一つとも言えます。

さて、オーシャンブルーの105系と横目に。

20110108_kuroshio1-11.jpg

しばらくすると遠くに潮岬と思われる地形が見えてくると間もなく串本に到着です。

20110108_kuroshio1-13.jpg

11過ぎに串本に到着。

20110108_kushimoto-01.jpg

ここまで乗ってきた381系。

20110108_jrwest_ec_381_100-01.jpg

このあとは本州最南端の地、潮岬へ向かいます。

→次に続く。
スポンサーサイト

category: 関西地方

tag: JR西日本  くろしお号  381系 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop